2018年2月20日 (火)

微妙な案件

 よく、凶悪犯と思しき人の弁護を引き受ける弁護士さんの、受任経緯や動機に思いを馳せることがありますが、先週、商標のベテラン先生と、怪しげな出願案件についてちょっと雑談する機会がありました。
 海外メーカーと代理店契約を締結しているのか怪しい、同じ商標なのに各国の出願人名が違う、扱っている商品が卑猥、ヒアリング時の担当者の様子が妙…などなどなど、首をかしげる原因はいろいろありますが、代理人としては、明確な「不正の目的」の確証を得るのは難しいこと。
 キレイごとを言えば、代理段階でフィルターをかけることで、4条1項10号とか15号とか19号とか7号を発動させるような審査負担を軽減できるとも言えますが、確証もないのに無下に断るのも筋違い、とも言え、、、。
 特許業務法人勤務のその先生は、「怪しげでも、明らかな不正目的が断言できなければ受任する」とのことで、「あ~、こういうとき、業務法人だと(心証の悪さが希釈化されて)いいなぁ~」と思ってしまいました(苦笑)。今のところ、零細個人事業主としては、怪しさが明らかに払拭できない限りは、やんわりとお断りするのがベターだと思っています。
 で、去年、そんなこんなでお断りした案件が、その後どうなっているかなぁ~?と調べてみたら、別の事務所さんを代理として出願されていました。登録されるのか否か、登録後どんな風に利用されるのか、ついつい気になってウォッチしてしまいそう…sweat02
 件の雑談の結論は、「こういう調査って、探偵みたいで面白いですねー」という所に落ち着いたのですが、これもインターネットあっての話で、手めくりの時代はむしろ、疑心暗鬼になることも少なく、おおらかだったのかな~、と、遠い目になってしまったのでした。

The Slants】 一方、アジア系米国人への侮辱的表現と取られかねない商標登録出願と、「表現の自由」に関する、米国の最高裁判決。良心に根差した表現の自由、ということでしょうか。。。

【任天堂vs.コロプラ】 昨日の栗原先生の解説記事。家族で、「やっぱりDSのタッチパネルが偉大だったね~!」と感嘆しました(笑)。息子がDSを買ったのは確か小1の時。間もなく二十歳になろうかという彼の目下の楽しみは“Nintendo Labo”だそうです(苦笑)。

| | コメント (0)

2018年2月19日 (月)

Alexandra Elbakyan

 以前から、科学論文のオープンアクセス化や、科学情報のアーカイヴについて考えさせられています。そして、出版社の役割についても――。
 それに付随して、ここ数ヶ月、アレクサンドラ・エルバキアンという女性によるSci-Hubというプラットフォームの活動への関心も高まっています。先週、彼女のこれまでの活動をまとめてくれているサイトの記事を読みました。
 インターネット出現の根本思想から促される、社会の仕組みの再構築に関わる、大きな活動のひとつに見えます。現状は非合法的な手法に頼らざるを得ないようで、残念な結果に見舞われているようですが、彼女の考え方には共感する部分があります。世界中に散らばる科学者の方々は、彼女をどんな風に見ていて、Sci-Hubはどういう人に使われているんだろう…? 当分、目が離せません。

| | コメント (0)

2018年2月18日 (日)

老夫婦の保証人

 小心者なので、何をするにも、最悪の事態を想定してしまいます。
 一方、夫は(男は?)、気が大きいのか、大した裏付けがなくても、物事をいい方にいい方に考えるタイプ。
 これまで、義父母の入院の際など、保証人が必要な時は、おおむね夫がその責を担ってきました。まぁ、入院費くらいなら、火の車の我が家の家計でも、なんとか保証することはできるだろう…と、小心者の私も気にはしませんでしたが、、、。
 このたび、義父母のホーム入居に際し、夫がまた単独保証人になるというので、さすがにちょっとビクビクしています(苦笑)。80代中盤を迎えようという老夫婦の保証人になるというのは、いわば連帯保証人にも匹敵する責任の重さ。国家財政が破綻して、年金打ち切りとか、本契約直後に詐欺に遭って、預貯金をまるまる失うとか、
首都直下地震で土地家屋とも瓦礫と化すとか、、被害妄想もいいところですが、慎重には慎重を期したいタイプの私としては、心配なことこの上なく。。。親戚には一笑に付された感じではありますが、署名する時点でキャッシュで保証できるものでなければ、保証人なんてなるもんじゃない、それができないなら、複数連名での保証にすべき、という主義なので、夫とは当分家庭内冷戦状態になりそうです(苦笑)。
 だいたいが、入居当日に契約締結ってところが納得できない。命を預けるというのに、事前に送られてきたのは薄っぺらい持ち物リストみたいな書類だけ。。。事前にもっとちゃんとした契約書を見せて欲しいものです。
 
 なんともみみっちぃ話で恐縮ですが、明日の仕事も、明日の命も、運命任せの諸行無常ですから、これくらい小心なのがちょうどいいんじゃないかなぁ~coldsweats01
20180217_1 20180217_220180217_3  …と、つらつら考えていたら、TVでは羽生結弦選手の異次元級の演技が、、、(藤井君も快挙!)。あぁ、私ってホント、小さいなぁ~。。。すっかり自分に嫌気が差し、夕食準備前のひととき、頭を冷やしに散歩に出ました。

 今日は、夫と三男さんと義父とで、ホームの部屋のサイズを測ったり、持ち物リストを確認したりする予定。今週は名前付けで、またアイロン出動かな~??

| | コメント (2)

2018年2月17日 (土)

2017年分確定申告

 きゃぁ~?! すっかり忘却の彼方でしたが、確定申告の季節?! 例年、早め早めに心積もりしていましたが、今期は何かとドタバタして、まったくアウトオブ眼中でしたsweat01
 「モリカケ」問題がスッキリしないと、なんだか手続きが馬鹿らしく感じてしまいますが、昨日、父の退院付き添いから帰宅後、あらかたの作業は済ませたので、週明けには提出しよう~!
(それにしても、マイナンバー制度の恩恵をまったく感じない…coldsweats01

| | コメント (0)

2018年2月16日 (金)

若造の時間、半寿の時間

 今週月曜の父のお見舞い――、5日ぶりに見る父は、個室に移って、諸々のチューブも外れていたとはいえ、ずいぶんとやつれて見えました。声を出すのもゼロゼロ言っている感じで、食欲もあまりなさそう。「家に帰りたい?」と訊ねても、「帰りたくない」という応えにはビックリ!
 そんな弱気な父でしたが、話しているうちに、少しずつエンジンがかかってきたようで。。。

 午前中、母の差し入れの文藝春秋を、ページを1枚1枚破きながら読んでいたらしく、ベッド周辺には破かれたページが散乱していました。「すごい読み方してるね?」と言ったら、「横になって読むには、文藝春秋は重くてさ…」とのこと。「こういう老人向けに、切り取り線の入った本を売り出してくれればいいのにな」…とのアイディアに膝を打ちましたが、病床でページを破きながらも本を読みたい人って、そうそういないんじゃ…?と思い直し、このアイディアはお蔵入り(笑)。
 「退屈だったら、TV見るとか、ラジオ聴くとかすれば?」との提案に対しては、父母揃って即却下。「最近のTVやラジオは、我々にはペースが速すぎて、言っていることの半分も理解できないんだよ」とのことsign02。早口音声を理解しようと努めると、余計に疲れてしまうのだとか、、、。確かに私も最近では、お笑いネタなど聞き取れないことも多くなり、なるほど納得coldsweats01。若者と老人とでは、流れる時間のスピードに、相当の差があるようです。

 そんな中、義父母が老人ホームへの入居を決めた話を私がしたら、少し血色が戻ってきた父が言いました。「もう今月には入居するのか? そりゃぁ大変だ。手が足りなければ、いつでも車出して送ってあげるよ」――なはははは、到底そんなことは無理な状況なのに、すかさず何か力になりたいと思う父、あいかわらずです(笑)。そんな気持ちが起こるだけでも、元気になってきた証拠だな…とひと安心。
 昼になって運ばれてきた病院食のマズそうなこと…sweat01。ご飯・サバ・ネギ・茶碗蒸し・フルーツ・牛乳というメニューでしたが、見るからにゲンナリしてしまいそうな彩(苦笑)。ちゃんと栄養士さんが管理してくださっている献立なのでしょうが、病院食って、もう少しなんとかならないものかなぁ…といつも思います。遠い目をして父が、「大福、食べたいな…」とつぶやいていましたjapanesetea。それにしても、81年間、一度も入院というものをしたことがなかった父、「いろいろ初めての体験で面白いよ」と、初々しい感想にも笑いました。

 さて、本日はなんと、早くも退院です?! 昨日は母と、退院後の父の受け入れ準備で、いろいろ買物をしたり役所に問い合わせしたり…。今日は担当医師から、退院後の生活注意を受け、CTの写真を見せてもらったりする予定。介護認定を受けるための診療情報提供書も依頼しておいたのですが、発行はいつ頃になるんでしょうか…??

| | コメント (0)

2018年2月15日 (木)

飛蚊症…

20180210  先週金曜日、右目が妙にゴロゴロして、しかも、視野の下の方を白いモノが振り子のように揺れ続け、気持ち悪い症状が続きました。
 翌朝になっても治らないので、急遽眼科へ。単なる加齢による飛蚊症かな~?とは思いましたが、急な症状だったので念のため。医師からは、「瞳孔を開いて眼球の内側を見てみないと何とも言えないので、半日使い物にならなくてもいい日に、改めて予約を取ってきてください」とのこと(そんな日は当分ありましぇ~んweep)。
 まぁ原因は、加齢に加え、諸々の気掛かりが尽きないせいであることは自覚しているので、しばらく様子見することに。
 また別の日、久々に貧血を起こして具合が悪くなりました(涙)。まぁ、貧血の方はちょっと横になってすぐに回復したので、大したことはないんですが…。
 それにしても身体ってホントに、嘘がつけないようにできてるんだなぁ~coldsweats01。(まぁ、こうやってブログに駄文を書いていられるうちは大丈夫でしょう…笑)

【肖像権】 先週、ジャニーズ事務所が、所属タレントの肖像のネット利用に関し、一部解禁にしたとのニュース。
また、貴乃花親方のテレ朝出演に関し、相撲協会による肖像権侵害コメントも。

| | コメント (0)

2018年2月14日 (水)

カイロベルト

20180206_2  息子が、「寒い中を歩いてると、腹巻が欲しくなるんだよね~」と言うのを聞き、amazonでこんなのを買いました。500円ちょっと也。その名も「カイロベルト」。
 材料を買ってきて自分でも作れそうな気がしましたが、時は金なり。。。(ウソ、不器用なので出来合いのものにお世話になるしかありません…苦笑)
 使い捨てカイロをポケットに入れて、お腹の前に当ててマジックテープで後ろで留めれば…ほんわか腹巻の出来上がり♪
 さっそく息子に試させたら、「服の上からでも結構あったかいし、意外に長くもつもんだね」とご満悦。これまで、使い捨てカイロなんて使ったことがなかったのですが、この冬はお世話になるかもしれませんsnow

| | コメント (0)

2018年2月13日 (火)

没頭…

 先週水曜の超音波検査に引き続き、本日は義父の3科検診。息子の受験真っただ中の我が家を慮って、三男さんがまたも休暇を取ってくださった模様。。。(この連休は、遠方の長男さんも実家に戻り、『クッキング・パパ』で鍛えた腕をふるってくださったようです…m(_ _)m;;;;;)。

 先日、老人ホーム入居がほぼ確定した義父が、電話越しに不安を漏らしていました。「老人ホームに入ったって、面倒みてもらえるのは生きる上での最低限のことだから、他に自分でやりたいこととか行きたいところがある場合、どうすればいいのか、どうやって生きていけばいいのかわからないよ…」――確かに、ホームに入ったからといって、かかりつけの医師にかかりたければ通院が必要で、それをホームの人に付き添ってもらう場合は別途費用がかかるし、ちょっと自主的に外を散歩したいと思っても、脚の調子が悪い時は付き添いが必要で、、、子どもたちも何の気兼ねもなく仕事に没頭できるわけではありません。
 思えば、“没頭”って、スゴく贅沢なことなんだなぁ…と、つくづく思い知らされる毎日ですsweat02。これまでの男性は、比較的仕事に没頭しやすい状況だったのでしょうが、これからの時代、女性も普通に働き続けると考えると、“没頭”はますます、稀有なブルジョア環境か、はたまた天涯孤独環境でなければ、実現は難しくなるのかもしれません。。。せめて、“短時間没頭”の技術を身に付けて、ココロの充足度を上げられるように工夫していかないと!

 …という記事を書いていたら、『生産性』という本について書かれたブログに遭遇。“限られた資源からこそ、新しい発想が生まれる”という趣旨。確かに、ワーキング・マザーは、何をするにも時間という資源が圧倒的に少ないというハンディがありますが、そんな状況で頑張っている人の“生産性”には、目を瞠るものがありますね。やっぱりこれからは、男性も家事・育児に携わることを、企業は必須にすべきでは?! “没頭”が許される環境は、贅沢なんじゃなく、甘やかされた環境なのかもしれません。

【Lemon】 昨日、父のお見舞いから疲労困憊で帰宅すると、夫が米津玄師さんの“Lemon”をiTunesで購入してくれていました。早速ファミリー共有♪ 疲れていたせいもあるのか、目を瞑って聴いているだけで、涙が次から次へと溢れて止まりませんでした…。昨晩だけで何回リフレインさせ、幾筋の涙を流したか、、、切ない唄声だけれど、心が洗われます――。

| | コメント (0)

2018年2月12日 (月)

お見舞い中の笑い話

20180207  先週水曜日、母と共に、CCUの父にCDプレイヤーやら雑誌の差し入れ(雑誌の表紙の桜並木の写真が、まるで新海アニメの1シーンのよう! 完全に虚実逆転の感覚…)。
 まだ絶対安静状態に変わりはなかったのですが、だいぶ血色もよくなっている気がしました。そんな中、笑える話がチラホラ。
 1つは、母がその日のニュースを、メモを見ながら父に解説していたこと。新聞の細かい字を読むのは疲れるものの、ニュースが気になるらしく、母に解説をお願いしたのだとか。母は、自衛隊のヘリの墜落の話や、眞子様の結婚延期の話、株価暴落の話などをしていましたが、新聞記事の解説というよりは、文春砲か?!というような説明をしていて苦笑coldsweats01
 また、父にゴミの日を確認している母にも大笑い。「全然把握してないの?」と訊くと、「そう。お父さんがゴミ係だったから…」だそうで(笑)。「冷蔵庫に、スケジュールとか貼ってないの?」と訊いても、「ない。お父さんの頭の中だけ」だそう。。。sweat02
 さらに、前日に母が父に差し入れた本が、カバー付きで置いてあったので、パラパラと見てみたら、なんと、『君たちはどう生きるか』でした(爆笑)。「なんか、こういう時に差し入れる本じゃないんじゃ…?」と言ったら、「お母さんもそう思ったんだけど、(乳がん再発で3度目の入院をしている)友だちが、“こういう時こそ、こういう本がいいのよ”って言うから…」とのこと。ものすごいアンバランス感についつい笑ってしまいました(80歳超の好々爺に本書を勧める母の友人、気が若いな!!)。。。父はおおもとの古い本を、中学生時代に読んだと言ってましたが、ホントかな??
 あとは、、、ちょうど、我々が病院に着いた時に、父がようやく大を排泄できたようで、それにもホッとしました(看護師さま、お世話になりますm(_ _)m;;;;;)。
 病床にいても、笑えることは幸せだなぁ…と、しみじみ。
 今日は、再び弟や母と待ち合わせ、個室へ移動となった父の様子見に行く予定。歩く練習を始めたと聞いてますが、回復具合はどんな塩梅でしょうか…?

| | コメント (0)

2018年2月11日 (日)

ルブタンの「赤い靴底」

 先週、ハイヒールに赤い靴底を使用する商標権に関する、欧州司法裁判所の法務官の見解が紹介されていました(対する反論も)。ルブタンの「赤い靴底」といえば、今を遡ること4年ほど前、弁理士試験後の集合研修第5回目での、商標専門の女性の先生の講義を思い出します。
 午後の講義で、導入が予定されていた「位置」「色彩のみ」の商標のお話の際、この「赤い靴底」を紹介されたのです。高級ブランドにはまるきり疎い私でしたが、ハイヒールの靴底が赤い…ということのインパクトが印象的で、その後、街で赤い靴底を見るたびに、この講義を思い出していたのでした(笑)。
 日本でも、クリスチャン・ルブタンを出願人として、“色彩のみからなる”「赤い靴底」の商標登録出願が、2015年4月1日になされています。大量の、“ファイル記録事項の閲覧請求書”が出されていることから、世間の関心の高さが伺えますが、2016年4月27日に第3条1項各号+αの拒絶理由通知書が発送された後、いまだに検討が続いている模様。パッと見、「えっ? “色彩のみからなる”商標の出願なんだ??!」というのが第一印象。てっきり、“位置商標”だとばかり思っていました。
 ちなみに、マドプロでの「1031242」の“ウィーン分類”は、「履物,ハイヒールシューズ,二つの色が顕著なもの」となっています。
 「赤い靴底」――最初に世の中に出現した時のファッション界への衝撃がいかほどだったのかは知りませんが、少なくとも私には、“黒いハイヒールの靴底が鮮紅”っていうのは、ものすごく刺激的だったことは確か! なんらかの保護を受けてもいいと思えるくらいに革新的ではありましたが、権利として未来永劫守られるべきかと考えると、複雑です。。。

| | コメント (0)

«三兄弟そろい踏み