2017年4月26日 (水)

ケアハウス

 義理の父の入院をきっかけに、母が一時的にケアハウスのショートステイでお世話になることになり、未知の体験をいろいろしています。
 今回のことで、父が「要支援1」(今回の退院後には「要支援2」又は「要介護1」になるかも…?)、母が「要介護4だったものが2」に回復していること、介護度は区の調査員の面接により決められること、月間使える介護点数が母は「19676点」であること、ショートステイは1日30点の使用が適用され、30日以上は連続で使えないこと、収入具合で決まる介護負担額の割合(父と母で異なる)、資産額による減免適用の有無、介護のどんな項目に医療保険が適用されるのか、特別養護老人ホームは要介護度3以上でないと使えない、などなど、介護保険の仕組みの一部を垣間見ることとなりました。
 ただ、この国の老後の社会保障が、こんな状態でいいのか?という問題意識もものすごく大きくなったことは確か。ただでさえ認知能力も体力も落ちている人達に、こんな複雑な仕組みを理解して活用させるのも問題だと思うし、ケアマネさんの助けを借りたり・お任せするにしても、現役世代にも大きく依存する仕組み(現役世代の生産性も確実に落ちる…)――。。。生まれながらに不平等な人間だけれど、自分のことを自分でできなくなる余生期間くらい、誰もが平等に、何の準備も心配もなく、(希望すれば)自動的に施設に入れ、安心して過ごせるようにしないといけないんじゃないか?――現役世代も後期高齢者も、老後の確実な安心が得られれば、消費税12%以上でも厭わず、将来の不安から解放されるんじゃないのか?――

 ケアハウスに初めて立ち入りましたが、最初に通された共用の食堂は、当初、必ずしも温かい印象ではありませんでした。多くの人が、食事には介添えが必要で、認知症か老齢によるボケで、黙っていたりずっと手拍子していたり、机をドンドン叩いたり、それを「うるさい!」と怒る人がいたり。施設の入り口も、フロアのエレベータや階段等も、お年寄りが簡単には出て行けないように、暗証番号が必要だったり、わかりづらい所に開放ボタンがあったり。。。
 義母も物忘れはかなり進んでいますが、「家の方が安心するけれど、お父さんの病気が治って退院するまでは、私もここで頑張らないとね」とおっしゃり、状況をわかってくれているようでした。頑張る場所として、居心地良い場所であって欲しいと思いますが、なかなか難しいのが実情のよう。。。(2度目・3度目に行ったときは、静かで皆さん落ち着いていました)。
 ケアハウスは、どちらかというと、お年寄り本人のためというより、介護する側の人の休息のための施設なので、パジャマ等の服は3セットも準備しておけば、施設の方で洗濯してくれるため、頻繁に交換に行く必要がないのは大助かり! 薬もしっかり飲ませてくれ、朝夕の着替えもさせてくれるので、家でパジャマで寝たきりでいるより、筋力トレーニングにもなる印象で助かります。心なしか、起きていられる時間が増えたような気すらします。
 父には早く退院して欲しいですが、退院しても、おそらく今までのようにはとても過ごせないだろうと考えると、この状況に適応する方法を、あれこれ検討する必要があり、夫とはそんな話ばかりしています。
 介護で何より辛いのは、何をしてあげても「忘れられてしまうこと」「役立っているのかよくわからないこと」かもしれないなぁ~、、、なんて、手前勝手な感想も初めて抱きました(“シーシュポスの神話”感?)。別に、覚えていて欲しくて対応しているわけでも、介護が進歩的な仕事でないと思っているわけでもないですが、やはりなんとなく寂しいものです。まさに無私の奉仕の気持ちがなければ、到底できない仕事ですね。

 今回のことで、いろいろな書類を書く際、「続柄」の欄がありました。最初の1枚の時、「“次男嫁”でいいですよ」と言われ、その後は全部“次男嫁”と書いていましたが、“義娘”とか“二男妻”の方がまだ適当だったな…、と後で思いました。「嫁」と言われるとどうも、介護について全面的に責任を負わないといけない気がして、看護士さんやヘルパーさん達に対して、申し訳ない気持ちが一層高まり、なんとなく視線が痛くて、精神衛生上よろしくないなぁ…と思ってしまいました。私が動いているのは、別に“嫁”だからでなく、親戚のうちで一番時間に融通が利く立場だし、身近な人が困っていたら、“可能な範囲で”助けるのが当たり前だからであり、100%自分が対応しなければいけないと思ったら、逆に腰が引けてしまう気がします。
 高校時代の友人で、ご主人のご両親の介護で十数年献身的に尽くしていた人がいますが、どんな風に気持ちの上で割り切っていたのか、無性に話を聞きたくなっています。
 どこのご家庭でも、似たような状況を乗り越えていらっしゃるのでしょうが、皆、どんな風にされているんでしょう。。。

 

| | コメント (0)

2017年4月25日 (火)

後期高齢者向けの薬について

 義理の両親の薬事情を見て、つくづく感じたのは、「医療機関、クスリ、出し過ぎ!!」ということ。
 認識力が衰え、数分前のことを忘れてしまうような人たちに、十数種類の薬を、朝昼晩、食前食後を飲み分けさせるなんて、ムゴいことだと思いますし、飲み忘れたり、飲んだのを忘れて2回飲んでしまったりしていることを、どう考えているのか、訊いてみたい気持ちでいっぱいです。
 最近では、お金さえ出せば、調剤薬局で小分けサービスもありますが、それでも一度にいくつもの薬を飲むのが日常になってしまうのは、解せません。たくさん飲むことで安心する人というのもいるのかもしれませんが、医療者としては、必須のもの以外は、できるだけ薬は飲まずに改善する方向を検討するのが本来の仕事のような気がするのですが、、、。床の間が、“念のために”と出された薬でいっぱいになっている光景を見たときには、唖然としてしまいました。
…ショートステイ利用に際し、普段飲んでいる薬を小分けにする必要に迫られ、あまりの大量ぶりに気が狂いそうになったことからの問題意識ですが(苦笑)、たくさんの税金が投入されていることを考えれば、古くなって捨てられている薬量をきちんと把握するのは、行政の在庫管理的観点から必須だと思われます。
 薬の、過不足のない利用環境の実現には、(個人レベルでも業務レベルでも、)まだまだものすごく改善の余地があるように見えます!

【eお薬さん】 電機メーカー各社でも、多少なりとも服薬補助機器の開発を手掛けていたりすると思いますが、昨日のブログにコメントくださったshushuさんによると、エーザイさんから“eお薬さん”というものも出ているそうです。離れた場所からも服薬状況を把握できるのが良さそうです(機器の外観だけからだと、“食前”と“食後”の飲み分けまでフォローされているのかがわかりませんが…。また、粉薬や貼り薬・塗り薬まではさすがに管理できなさそう…)。

【介護付有料老人ホーム探し】 昨日資料請求したのは、以下の会社のもの。
・有料老人ホーム・介護施設の総合検索サービス
オアシスナビより13件
株式会社ベネッセスタイルケアより3件
ヘーベルVillageより3件
ニチイホームより7件
・ケアマネさんのご紹介の組織へも相談(ケアマネさんの対応は最速で丁寧!!ありがとうございます!)
みんかい:0120-57-5950、シニアのあんしん相談室:0120-371-652、ロイヤル入居相談室:0120-87-6186〕

――これまでの「居宅サービス計画」表を眺めても、少なくとも5~6人の方々の手を借りて生活を維持しており、本当にありがたいことです。ただ、昨日のお見舞い時にそれとなく、退院後の暮らし方のご希望を伺ってみましたが、「今まで通り、家が一番…」という雰囲気だったので、前途多難な印象です。

| | コメント (0)

2017年4月24日 (月)

急転直下・怒涛の一週間

 先週、予約投稿でブログは更新していたものの、実のところ、怒涛の一週間を過ごしていました。
 2015年6月に、義理の母が居間のベッドで過ごすようになってからずっと、父がヘルパーさんの力を借りながら、家事一切を頑張っていました。折に触れ、親戚が代わるがわる電話したり訪問したりして様子をみたり、入院や通院の付き添いをしてはいますが、仕事一筋だった男性が、身体の利かない奥さんの面倒を終日見続けることの大変さは、想像に余りあります。
【日曜ー月曜】
 先週日曜の夕方、電話を入れてみたところ、誰も出ない…? 翌朝かけても誰も出ない…。夕方になってやっとつながったと思ったら、ヘルパーさんが出て、「なんだかご主人が、雨戸も開けず朦朧となさってます」とのこと?!
 急遽駆け付けて話してみると、呂律が回らず「自分がどこにいるのかわからなくなった」とか、「土曜あたりから熱が出て、足がガクガクしちゃって」とか、要領を得ず。食欲がないとのことでしたが、リンゴを2切食べてもらい、安静に。普段2階で寝起きしているものの、階段の昇降は危なそうなので、布団を1階に降ろし、その晩は居間の母のべッドと横並びで寝てもらうことに。
【火曜】
 翌朝、再度行ってみると、38.1℃の熱。軽く朝食を食べてもらい、かかりつけのお医者さんのもとへ。糖尿を刺激してはマズいとのことで、子ども用の点滴を400cc。点滴の間、ぐーぐーと鼾をかきながら熟睡した後は、37.5℃まで熱は下がり、少しふらつきも直ってきた模様。出掛ける時に玄関で転んだり、病院に向かうタクシーに乗車する際に頭をぶつけたりして、「これは大変だ…」と思いましたが、帰宅後は昼食(ご飯・味噌汁・キャベツのお浸し・サンマの蒲焼)をペロリと平らげ、会話も普通に戻った感じでした。
 普段の飲み薬が13種類もあり、母の分の10種類近くも父が管理しているので、記憶とか認識力がだいぶ低下しているため、心許なし。ケアマネさんと鍼灸の先生が、ずいぶん親身に世話を焼いてくださっていましたが、親戚での情報共有の必要性を痛感。
【水曜】
 「翌朝も調子が戻らなければ、再度点滴を打ちに来て」、とのかかりつけ医の進言に従い、再訪して様子を確認。症状は悪化しており、再度病院で点滴。いまだかつてない衰えぶりを見た先生が、「このままじゃ、おばあちゃんと共倒れになっちゃうから、調子良くなるまで入院させた方がいい」と。そのまま、区内の別の病院へ行き、午後中かかっていろいろ検査の後、「肺炎になっているらしい」とのことで入院することに。実家で寝たままの母の所と、病院とを往復しつつ、夫やケアマネさんと電話で連絡を取りながら、入院手配やら、母の身の回りの世話やショートステイ手配やら。。。
【木曜】
 正規の入院手続き。母の身の回りのケア。ヘルパーさんやケアマネさんと情報交換。父のお見舞いや追加荷物運び。。。ショートステイの荷物準備。
【金曜】
 母のショートステイ入所契約と付き添い。母の薬の小分け作業と父のお見舞い。親戚に連絡したり、新聞を止めたり。
【土曜】
 関西にいる兄が母のお見舞いに。私は予備校の保護者会と病院の洗い物。夫は仕事。
【日曜】
 息子が模擬試験中に、母の所へ薬を届け、午後は父の病院へお見舞い。洗濯済パジャマや下着等を届け。三兄弟揃ったところで今後の相談等。介護付老人ホームを探し、入ってもらえるように説得する方向で合意。(果たして納得してくれるかが問題)
【本日】
 今日は、お見舞いと洗濯物引き上げ、牛乳配達のストップ手配、かかりつけ医に退院後の介護認定変更依頼。介護付老人ホームの資料請求。

(今週は、パジャマ等を洗濯して届けるをリフレイン…)

 老人ホームに入所することに同意してもらえなかった場合、ここから先の数年は、こんな状態が繰り返されるのかもしれません。私の親には、なんとか元気でいてもらいたい!!! 本ブログ、状況によっては途切れ途切れになるか、介護日誌と化すか…(汗)?!。
(今期から参加しようと思っていた会務の最初の大事なMTG直前に今回のことがあったので、参加できなかったのがとても残念でした。。。)

20170423_4 20170423_1 20170423_2 20170423_3  バタバタてんやわんやの中ですが、昨日は病院そばの公園を少し歩き、バードサンクチュアリで“コゲラ”を見たり、新緑を愉しんで、命の洗濯もしていますのでご安心を!

 

| | コメント (4)

2017年4月23日 (日)

血豆っ!

20170416_120170421  先週末、鉢植えの椿の剪定作業をしていて、太めの枝を花バサミで切ろうとしたとき、左手の薬指を挟んでしまいました(泣)。見事な血豆が…sweat02
 一週間後の昨日までに、ずんずん黒ずんだ血豆。。。何度も、リンゴの種と間違えて、指から払い落とそうとした私でした(^0^;;;。

| | コメント (0)

2017年4月22日 (土)

名探偵コナン「から紅の恋歌」

 先週の金曜ロードショーで、アムロとシャーが闘う「漆黒の悪夢」を観た(笑)翌日の土曜日、映画「名探偵コナン から紅の恋歌」を観てしまいました。勉強では「今でしょ?!」がまったく実践できないのに、遊びとなると恐れ入るほどの「今でしょ」ぶりを発揮する息子。フットワーク軽く、「行ってくる」というので、「私も行く行くー!」とつい釣られ…。今年はストイックに過ごすとか言っていた舌の根の乾かぬ内に――sweat02。(以下、ネタバレ注意)

 今回の最大の謎は――。
「ヨメに取ったるさかい…」でしょうか(笑)。
 最近のコナン人気は国民的で、初日ロードショーの我々が観た回は、満席でした!!
しょっぱなからスゴいアクションで始まったかと思ったら、いつもの安心感のあるキャラ立ちしたストーリー展開、そしてラストに再びものスゴいアクション! 爆発したり燃えたり倒壊したりする建造物からの脱出アクション、何か新ネタを考えてあげたくなってしまいます(笑)。ハリウッドの実写映画のようなアクションは、なかなか日本では実現が難しそうな分、アニメが代替している印象も。
 本作では、和葉ちゃんが競技カルタの大会に出場するのですが、和歌って素敵だな~と、改めて認識。紅葉の美しさも、現実の京都で堪能したくなりますmaple
 最近の、私にとってのコナンの魅力は、謎解きでもアクションでもなく、ただただ一途に想い合う、新一と蘭ちゃん&平次と和葉ちゃん&京極さんと園子&高木刑事と佐藤刑事、、、その他いろんなペア・カップルの人模様だなぁ~♪

 来年の22作目も、楽しみにしています♪

 

| | コメント (0)

2017年4月21日 (金)

神田祭2017

 来月は、神田祭再び。5月11日~17日の一週間、江戸っ子が熱くなります! 一昨年はご遷座四百年奉祝大祭でしたが、今年は御創建千三百年(平成41年)を迎えるための長期事業計画が始動する年なのだとか。13日・14日の土日は、街中を神輿が練り歩き、ひときわ賑やかになる模様。
Kandafes2017  サブカルで世界に名を轟かすアキハバラを擁す神田明神なので、近頃はアニメ作品とのコラボで若者層も積極的に取り込んでいます。一昨年は「ラブライブ」とコラボしていましたが、今年は、「ラブライブ」に加え、「ソードアート・オンライン」や「こち亀」ともコラボするそうで!! 特製の絵馬やお守りも発売されるそうなので、下町情緒やクールジャパンの威力を体感しに、是非お越しくださいませ♪

| | コメント (0)

2017年4月20日 (木)

情報実習の風景

 夫が受け持つ情報実習の、新入生の初回授業の時の話。
「パソコン、使ったことがない人は手を挙げて」
と訊ねたところ、130人中2人、手を挙げたそうで。
「えーっ?! 今どき、パソコン使ったことがない子なんているんだ?!」
と驚いたら、
「彼らはタブレットしか使ったことがないんだって。だからWindowsOSは触ったことがないって。」
とのこと。へ~。。。
「でさ、大学のマシンを起動させた後、触らせようとしたら、何人かは、画面に指を付けるんだよ。」
(笑)――タッチパネルだと思ってのことでしょうが、大学はまだ、そこまで端末にお金をかけていないようで。。。
 人それぞれの情報機器体験が、如実に現れているようで、面白い話でした。

 それにつけても最近は、小学生の頃からプログラミング教室に通う子も増えてきて、いろいろなe-Learningコンテンツも充実しているから、勉強する気のある子はどんどん向上する反面、興味のない子はどんどん取り残されるという、かつてのデジタル・デバイドとは様相の違う、恐ろしいほどの格差が生まれようとしている気がします。

 

| | コメント (0)

2017年4月19日 (水)

並行読み♪

20170412_8  近頃は、小説やらエッセイやら実用本なんかを読み散らかしている感じでしたが、新年度ということもあり、目下、興味に従って著作権がらみの本2冊を並行読みしています。
 家の本棚を眺めていたら、『デジタル著作権』という本が目に留まり、パラパラしてみたところ、2002年の刊行と古い割に、内容はすごく堅実で良さそうな感じ。。。“積ん読”だったのか、読んだ記憶なし。。。amazonで評価を見ると、星3つで高評価ではないものの、硬派な書き手でとっつきづらいというだけで、真の評価ではなさそうな感じ(?)。
 福井先生の『18歳の著作権入門』は、以前から読んでみたかったのに放置していた本。2015年初版だから、ネット時代の問題が満載に違いなく――。
 この2冊を読み比べることで、21世紀初頭からの15年間で、著作権法がどのくらい、どのように、現実の技術世界に対応してきたかが、見えるかな~…と期待して。おそらく、まだまだ、『デジタル著作権』の著者の方々が描いていた形には程遠い状況なんだろうと予想しながら、のんびりと読み進めています。
 『インターネットビジネスの著作権とルール』とか、『クラウド時代の著作権法』って本も、以前読んだはずなんですが、内容をすっかり忘れているので、このへんもペラペラめくりながら、TPP騒ぎが収まって少し落ち着いた2017年度最初の、真面目な読書にしたいと思います♪

【これからの著作権法】 …『18歳の~』は既に、先週末に読了していますが、最終章(20章)で、1983年の時点で早くも「オプトアウト」式の“超流通”の仕組みを提唱されていた筑波大の森亮一先生のことを知りました。また、先日、AI の知財問題につき、中村先生が議事録を公表してくださっていました。これまで騙しだまし現実に対応してきた著作権法ですが、いよいよドラスティックに変わらざるを得ない時代??!

| | コメント (0)

2017年4月18日 (火)

日本人初の米国特許取得者

 本日、「発明の日」――。
 時折拝読するブログ「出願の誉れ」さんに、先週、日本人初の米国特許取得者 平山甚太さんという花火師さんの話が書かれていました。なんと、日本で専売特許条例が公布されるより前の、明治16年8月7日に、アメリカで特許を取得されたのだとか?! 平山さんという方が当時住んでいたのが横浜ということで、文明開化の中心地で、ハイカラな気質が身近だったのかもしれませんが、それにしても、(この調査をされた櫻井氏も指摘されているように、)そんな時代に、花火のビジネスで米国に渡り、特許を取得して地歩固めまでするような活動的な花火師さんがいたなんて、粋だなぁ~♪ なんだかとても誇らしく思います!
 物が飛び出す花火と言えば、私が小さい頃、打ち上げた後に落下傘が落ちてくる花火があって、ずいぶん夢中になった記憶があり、「最近でもまだあるのかな~?」と思ってググってみたら、結構いろいろあるようです。こういうの、子どもは大好きなんだろうなぁ~(^^)。
 貴重なお話しをご紹介いただき、ありがとうございました!!

【こちらもヨロシク】
・日本人初の女性弁理士 井上清子さん
・未来の世界に影響を与えるテクノロジーブログ

| | コメント (0)

2017年4月17日 (月)

Tokyo Snowman!

 昨日のTV「がっちりマンデー!」で、マイナス7℃で冷やしてくれる冷蔵庫「Tokyo Snowman」というのが紹介されていました。過冷却状態でモノを冷やせる冷蔵庫ということですが、地震が起きても大丈夫なのか?とか、ペットボトルを取り出す時に凍り始めないのか?とか、最初にコップに注ぐ段階で凍らないのも不思議でした。今までこういう冷蔵庫ってなかったの?!というのが、これまた不思議。展示会に出展したところ、ドバイから千台一括購入の受注があったのだとか!
 あ~、無性に“フローズン・ダイキリ”が飲みたくなった~!!♪
 そういえば、土曜日、室町周辺で日本酒の利き酒イベントをやっていて、結構賑わっていました! 夏場は、クラフトビール・イベントとか、シャーベット・イベントもやらないかな~?

20170416_2 20170416_3 20170416_4 20170416_520170416_7 20170416_6 20170416_8  【皇居東御苑ウォーキング】 夏のような陽射しの昨日の午後は、皇居東御苑内ウォーキング。新緑が清々しく、たくさんの人で賑わっていました。年明けからのウォーキング距離概算で、伊能忠敬万歩計によると、目下、房総半島西側を南下中!

| | コメント (0)

«『ばらかもん』14巻まで