2018年1月19日 (金)

テレワーク先駆者百選

 昨年から、総務省主導で、「テレワーク先駆者百選」として、テレワークの導入・活用を進めている企業・団体を表彰しているそうです。かつて私がお世話になった会社は、選定されているかなぁ~?と思って見てみましたが、まだ、社員全員を対象にするほどまでには拡がっていないためか、選定からは漏れていました。
 が、個人的には強く、この会社を推しつつ、感謝の気持ちを送りたいと思っています。なにせ、20年近く前から、産休・育休中の女性に、VPN環境を整えて、自宅からでもイントラに入り、出社せずして仕事を進められるように取り計らってくれていたのですから! アレがなかったら今頃どうなっていたことか、、、と思うと、本当にありがたかったと痛感します。
 リモートではなかなか仕事を進められない職種というのがあるのも確かですが、息子が就職する頃には、テレワークがもっと普通になっているのかしらん?

2018011720180118_1  【wine&ロケハン】 うちの夫は、晩酌でそれなりにワインを消費するので、毎週1本、生協で安いワインを仕入れるのですが、近頃どうも、夫が飲むのを控えているようで、飲みかけを含め、5本も溜まってしまいました。。。家で仕事していて何が困るって、こんなにボトルがあると、飲みたくなっちゃうんですよね~coldsweats01wine

…ところで、昨朝のウォーキング中、「仮面ライダービルド」のロケハンに遭遇。桐生戦兎くん役の犬飼さんと、マスター役の前川さんが、川沿いテラスのフェンスにもたれて話をするシーンの撮影のようでした。絶好の撮影日和でよかったですね~♪ 放送が楽しみです!

【新しい二重スリット実験】 ビルドつながりで物理の話題。理研と大阪府立大と日立で、新しい二重スリット実験を行ったとのニュースリリース。ざっと読んだだけでは、この実験の意味がよくわかりません(二重スリットに向けて電子を1つ飛ばしたら、両方を通るものだと思っていたんですが…汗)。夫が、論文を後で読んでみる、と言っていたので、その後で質問させてもらおう!

| | コメント (0)

2018年1月18日 (木)

CES2018の停電

 先週報じられたCES2018での停電
 この記事を読んで、「あ~、最先端の技術の祭典も、電気がなきゃ、形無しだな…」と苦笑。生活や命に密着した製品については、電源喪失対応されているものでしょうが、CESにはそのような製品の出展はなかったのかな? あの暗闇の中、ここぞとばかりに電気自動車から電源を取って、自社ブースを煌々と光らせたら、いい広告になったことでしょうに――coldsweats01
 それはともかく、ここで出展されたらしきKODAKの著作権管理のプラットフォーム、写真データだけじゃなく、データ化できる著作物全般に使えるんじゃなかろうか?と、興味が湧きました~!

20180102_5  【スーパームーン】 煌々といえば、1月2日のスーパームーンの写真。もっと高度が低い時に撮影しとくんだった…sweat02

| | コメント (0)

2018年1月17日 (水)

老健で井戸端会議

 月曜日、義母が入所している老健訪問。
 朝一番で赴いたら、義母は朝食後のダイニングでまったりしていました。
「胸が痛むって聞きましたけど、大丈夫ですか? 骨ですか? 筋肉ですか?」
――開口一番こう尋ねたら、
「骨だと思うよ…」とのこと。
 思いのほか元気そうだったので一安心。アレコレおしゃべりしているうちに、午前の入浴を済ませた同席の方々が徐々に顔を揃え、最終的には女性6人で井戸端会議状態(笑)。私と義母以外の4人のお年寄りは、以下のようなバックグラウンドでした。

・92歳の車椅子の女性:未亡人。自力では歩けないながらも、頭はしっかりしており、両手も器用さを保ち、エプロン畳みは一番上手でした! 老健にはもう2年近くも入っている大古株とのこと。
・90歳の歩行器の女性:未亡人。同席全員のプロフィールをきっちり把握されており、みんなを名前で呼んでいました。つい数年前までお元気で、自転車でどこにでも出掛けていたそうなのですが、ある日、自転車の前後に大荷物を積んで走っているときに転倒し、大腿骨骨折をして入院後、歩けなくなってしまい、入所。徐々に歩けるように戻ってきて、まだまだ矍鑠としておられます! 老健には1年以上滞在しており、3人の息子さんがいて、長男さん一家は我が家のご近所の模様。上記女性に注ぐ古株。
・82歳の車椅子の女性:未亡人。脳梗塞で倒れて入院後に歩けなくなり、義母と同じリハビリ病院に150日入院していたのですが、後半は高血圧のためにリハビリができなくなり、老健へ。左手はほぼ動かせず。片手で器用にエプロン畳みをしていました。入所は義母とほぼ同じ時期。
・70代後半女性:既婚者。車椅子を器用にあやつり、隣のテーブルからおしゃべりに加わってきました。上記90歳女性と仲良しの模様。嘘か誠か、今のダンナ様は50人目とのこと?!(頭はしっかりしておられるようだったので、JOKEだったのかなcoldsweats01?!)。一番おしゃべりで、私の手を何度も握って、「また来てね」と繰り返しておられました。施設にいるいろんな人にニックネームを付けまくっており、その由来も教えてくれました(笑)。

 皆さんとおしゃべりしているうち、義父が毎日のように老健に通う理由がわかった気がしました。すでにご主人を亡くされた方が多い中、義父が来ると、皆で義父を囲んでのおしゃべりになるようで、洗濯物を畳んだりというリハビリを兼ねた仕事も皆で一緒にやり、いわば“通いリハビリ”状態! 案外楽しい毎日を過ごしているのかもしれず、「だから老人ホーム探しを、のらりくらりとかわしているのかな??」と感じました(苦笑)。義母も、ずいぶんと施設に慣れ、居心地がよくなってきているようで、せっかく快適に回り始めた日常を、老人ホームへの転居で絶ってしまうことの良しあしについて、考えてしまいました。。。
(もちろん、依然として子どもたちの総意は、夫婦揃って老人ホームで暮らしてもらうことなのですが、不摂生でも自分の好きなものを食べて好きなように暮らし、おしゃべりできる友人と好きな時間に好きなことをする、という人生と、完璧な栄養管理と常時の見守りを得て、規則正しく長生きする人生、、、本人が前者を望んでも、やはり後者を勧めるべきなのかが、わからなくなってしまいます)

| | コメント (0)

2018年1月16日 (火)

老人ホーム見学・再び

 先々週につづき、先週末再び、義父が介護付き有料老人ホームの見学に行きました(今度は三男さんの付き添いで)。特に昼食試食付きとかではなく、施設見学と説明を受けるシンプルな訪問。自宅から、タクシーで1メーターほどの近さなので、距離に関しては義父の条件をクリアしており、あとは雰囲気や体制や費用面が問題。
 まだ義父自身に感想は聴いていませんが、三男さんによると、費用面で、入居金なしの支払い形態しかないことから、義父母2人での入所となると、ちょっと厳しいし、介護度の高い人が多くてやや暗い印象だったため、義父は相当渋っていたとのこと。また別のホームを見学して、比較対象を増やさないとダメそうですsweat02

【商標登録出願】 そういえば先日、“商標速報bot”を眺めていたら、昨年末にパナさんが、介護関連業務を指定役務として「見守り安心」という商標を出願しているのを発見。どんなサービスを展開してくれるんだろ??

| | コメント (0)

2018年1月15日 (月)

TBS金曜ドラマ「アンナチュラル」

 先日、TBSの金曜ドラマ「アンナチュラル」の第一話を鑑賞。いやぁ、最近のTBSドラマ、めちゃくちゃ面白いんですけど、なぜ??!
 「逃げ恥」の野木亜紀子さん脚本の法医学ミステリー。スタッフに新進気鋭の女性が多いせいか、仕事に打ち込む女性のカッコ良さとジレンマがひときわ光ってました!
 第一話の二転三転するスリリングな展開も、重さと軽さのバランスも、洒落た台詞の数々も、第二話へつなげる全編通したミステリー感も、すごく計算されているにもかかわらず鼻にはつかず、なんというか、ハリウッドの練りに練られたシナリオの安定感を感じました。
 第一話でここまでテンション上げちゃって、二話以降は大丈夫なのか?!とドキドキしますが、次回も楽しみにさせていただきます♪

20171214  【次の一冊】 一昨日、『英語は3語で伝わります』を読了し、昨日から『量子力学で生命の謎を解く』へ移行! 本書の原題は、“Life on the Edge”というのですが、どうやら、「生命とは、量子世界と古典世界の境界線上にある」というのが、この本のメインテーマのようです。第1章からなかなかハードな出だしですが、興味深い!!

| | コメント (0)

2018年1月14日 (日)

任天堂 vs. コロプラ

 任天堂が、自社保有の5件の特許権に基づき、コロプラを特許権侵害で東京地裁に提訴、とのニュースに関連して、特許制度の本来目的について、先日、栗原先生のわかりやすい記事がアップされていました。以前、開放特許についてモヤモヤしていた時も、「特許を取れれば、それを実施しても他人の特許権を侵害することはない」と思っている人が多そうなことが、とても気になっていました。
 日々明細書を書いている人は、自分が書いた明細書の特許が、どんな人達の技術の上に成り立っていて、実施するにはどんな権利をどのようにクリアすべきかを踏まえているものですし、大企業の防衛出願なら、そういう抵触関係はあまり気にしないことも多いのかもしれません。
 とはいえ、単発的なアイディアを権利化した場合などは、技術の積み重ねの経緯を客観的に把握しておきたいところ、特許にまつわる仕事をする企業さんとしては、先行技術文献の明記のみならず、「少なくとも審査段階で判明している抵触特許情報も、公開情報の一部にしてもらえたらなぁ~」と思うんじゃないかと感じます。
 コロプラと任天堂の技術関係は、審査段階ではどんな風に把握されていたのか、、、白猫プロジェクトの白黒プロジェクト、気になります~!
(一応ゲームのプレイ動画なんかも見てみましたが、特許3734820号に関して言えば、キャラクターを操作するための、画面下方の原子モデルかアメーバみたいなぷにぷにの箇所の制御プロセスに関することのようです。なんだか、“2次元遠隔操作ノウハウ”(仮想ポインティング・デバイス作成方法?)みたいで、タッチパネルでのバトルゲームには必須技術のようにも感じられます。が、“ひな壇”アプリの若宮正子さんではないけれど、私のような年寄りにはこういう操作はできそうにないなぁ~coldsweats01

| | コメント (2)

2018年1月13日 (土)

センター試験

 今日明日はセンター試験。夫も息子も出陣です。がんばれ~!

| | コメント (2)

2018年1月12日 (金)

骨量と骨密度

 先週末のNHKスぺシャル「人体の不思議」は、第3集「“骨”が出す”!最高の若返り物質」でした。骨からも、筋力・免疫力・精力・記憶力等にまつわる様々なメッセージ物質が出されているとのことで、面白く視聴しました。中でも、“衝撃”を感知できる臓器は骨しかなく、その衝撃をトリガーに、「骨を作って」というメッセージが出されるいう話は、考えたこともありませんでした。若かりし日に勤しんだバスケットボールというスポーツは、ダッシュ・ランニング・ジャンプをひたすら繰り返すものでしたが、骨の新陳代謝にはすごく良かったのかもしれません。
 私の目下の推定骨量は、日々の計測によると約2.1kgで、統計的には標準の水準。一方、昨年の健康診断で測ってもらった骨密度は、0.787g/cmで、やや高め。骨量は骨全体のミネラル量を算出するのに対し、骨密度は骨梁の部分だけを測る違いがあるそうですが、その違いについても解説して欲しかったなぁ~と思いました。
 また、一般的に、女性の方が骨粗しょう症になる確率が高いと言われる割に、長生きなのは女性、というのも、ちょっと今回の“若返り”の説とは齟齬があるように感じられ、男女差にも触れて欲しかった気がしました。
 まぁ、個人的には、「ラジオ体操って、ホント、よく考えられてるな…」と、全然方向違いの感想をもって見終えたわけですが、約200個あるという全身の骨、コマメに刺激したいと思います(笑)。

| | コメント (0)

2018年1月11日 (木)

義父の3科検診

 昨日は、義父に付き添って恒例の3科検診。朝一で血液検査と心電図検査を受けたあと、循環器内科、糖尿病、腎機能の検診と、ミルセラ(50μg)注射。
 クレアチニンの値が1.88と高めなのを除けば、状態はほぼ横ばいで、悪化はしていないようです。このお正月に、ちょっと食べすぎ・塩分取りすぎたようですが、そろそろ食事のペースは日常的に戻っていると期待します。

 最近も、老健に入所した義母のもとへ日参している義父。近頃元気がないという義母を心配してか、先日はついに、有料老人ホームの昼食試食付き見学に赴き、夫婦の今後の生活を、あれこれ模索し始めています――。
 「このあいだ行った老人ホーム、どんな感じでしたか?」と伺ってみたところ、
 「メシはまぁ旨かったんだけど、何せ遠くてね。。。自宅からタクシーで2500円もかかるんだよ。さすがに遠いから、もう少し近くの老人ホームを見学に行こうかと思って…」
とのお返事(汗)。――(あれれ、子どもたちはもう、ほぼあそこで決まりだと思っていたのに…?!)
 私の見立てでは、まだまだ老人ホームへ行く決断は付きそうになく、、、crying

 とはいえ、この日診ていただいた医師の中に、女性の先生がいたのですが、その先生が、義理のお母様が老人ホームに入っていること、認知症で人の区別も付かなくなってしまったので、かなり安い地域へ転所させたことなど、忌憚ないお話をしてくださり、ちょっと考えさせられていたようです。
 この先生も、高齢になっても自分の生活を維持できるか否かは、“意欲”にかかっている、と言っておられました。意欲を失って、何でもかんでも人任せで楽をしたいと思うようになったら、みるみるうちに何もできなくなる、とのこと。今流行りの『君たちはどう生きるか』ではないけれど、「自分のことは自分で決める」というプライドを持ち続けることは、若い人に限らず、高齢になっても大切なことだなぁ…と思ってしまった次第です。

| | コメント (0)

2018年1月10日 (水)

LPWA(Low Power Wide Area)通信実験

 賀状のやりとりもボチボチ落ち着いてきました。そんな中、年頭にいただいた年賀状の中の一枚に、こんなことが書かれていました。
――昨年、LPWAの実験で、〇〇の本社にお邪魔してきました。――
 昔お世話になった著者さんからの賀状。へ~、イロイロ進んでるんだなぁ…。私など、現在の携帯電話の通信技術さえ、「どうしてこんなことができるんだろ?!」というレベルだから、IoT時代の大量通信時代をSF的に想像すると、人間が、目に見えない帯域で溢れんばかりの電波の海を泳いでいくような錯覚に陥ってしまいます(苦笑)。
 一方、これまた以前お世話になった著者さんで、携帯電話が普及する前、携帯電波の脳への影響を懸念されていた先生からの賀状も。もうとっくに定年退職されて、悠悠自適にのんびり勉強を続けておられる様子。
 “十年一昔”とは言いますが、最近は本当に、技術進歩の概要を把握することさえ難しく、世の中のほとんどのものがブラックボックスに感じられて
、とってもストレスフル~coldsweats02
20180109  家人も、いろいろキャッチアップに努めているようですが、幅広くて大変そう。。。sweat02

 【ママ友賀状】 本日、息子が0歳の頃によく公園で一緒に遊んでいたママ友さんからも年賀状をいただいたのですが、息子の1つ上の娘さんが2浪中とのこと! がんばっていて偉いなぁ~! 子どもたちが落ち着いたら、また是非お会いしたいものです!

| | コメント (0)

«Gaba無料体験レッスン