2020年8月 4日 (火)

ふちどり橋と情報過多

20200730_2 20200730_1  7月30日の朝は、いろいろ奇妙な出来事が続きました。
 ウォーキング途中で、普段はそんなに見掛けない光景。。。橋の欄干に鳩の行列。
 帰宅して一息ついていたら、福島の郡山で大きな爆発があったとの緊急ニュース。
 その直後、携帯が鳴り響き、区から配布された緊急告知ラジオとTVからは緊急地震速報。2つの小さな地震が併せて集計されたことによる誤報だったようで。。。
 自分の目で直接見たのは、鳩に縁どられた橋だけで、遠い地の爆発も地震も、情報だけが飛んできたわけだけれど、情報に踊らされるのは疲れるなぁ…^^;;;。TVを付けずスマホを手元に置かずラジオのコンセントを抜いておけば、もっと平穏な朝だったと思うと、妙な感じ。連日の世界での新型コロナ感染者や死者数の報道等も含め、一人の人間が受け止めきれる情報の量って、案外少ないんじゃなかろうか…と思った情報過多の朝でした。

| | コメント (0)

2020年8月 3日 (月)

原子燃料関連ニュース2つ

 先月末、原子燃料に関するニュースが2つありました。
 1つは、国際核融合炉「ITER」の主要部組み立て開始のニュース。この原子燃料は重水素とトリチウム(三重水素)。
 もう1つは、核燃料サイクルの再処理施設が、審査合格するとのニュース。ここで再処理されるのは、ウラン235とプルトニウム。
 日本人にとっての核融合の身近な事例は、なんといってもファーストガンダムのエネルギー源(笑)。MOX燃料に関するアウトリーチは、2010年~2011年頃に盛んに行われ、我が家では科学技術館のジオ・ラボというコーナーでちょくちょく触れていました。
 東日本大震災以来、稼働する原発が限られている中、再処理の有効性がいかほどなのか、とか、プラズマの閉じ込め技術はどのくらい進んだのか、とか、素人的な関心は尽きません。目下海洋放出の検討が進んでいる福島の汚染水処理のネックになっているトリチウムが、核融合では必要なのだというのは、なんだか皮肉な気がします。どちらの技術も、ものすごい時間をかけて研究が続いており、当初のスケジュールが遅れ遅れになっているのも哀しい事実。
 近頃、再生エネルギー普及の一環で、パルシステムさんからパルシステム電気への切り替えをしきりに勧められており、悩んでいるのですが、バイオマスも結局燃やしているという点で、温暖化対策になっているのかがよくわかりません。HISでんきのCMでは、エヴァの二大声優さんの声に思わず反応してしまいますが(笑)、これらの第二局が、従来と同じ品質のまま電力を安く安定供給できる仕組みが理解できずにいます。福島原発の後始末には、まだまだ費用がかかることが見込まれる中、一般需要者がどう振舞うのが適切なのか…??
 これらはすべて、つながった話だと思うのだけれど、お金・時間・人財を取り合って綱引きせざるをえないのも、限りある地球上ではやむをえないんでしょうかねぇ…^^;;?。

20200731_20200801094401ネギたっぷり鶏肉】 オール電化を何度か検討しつつも、どうしても直火の魅力を捨てきれない私。“炙る”って、原始的・野性的だけど、おいしさを引き立てる気がします(炙るにも、何かを燃やさないとならないんだけれど…)。
 炙ったわけではないけれど、先日、長ネギをまるまる2本刻んで鶏肉と炒めたら、おいしかったぁ~♪

| | コメント (0)

2020年8月 2日 (日)

望遠レンズ新調

20200726_2  ほぼ無趣味の夫ですが、ここ数年はデジタル一眼レフに凝って、少しずつ機材を充実させています。自称倹約家の私としては、月に一度くらいしか撮影に出掛けないのに、機材だけ充実させてどうする~?!という気持ちも無きにしも非ずなのですが、チクチク嫌味を言いつつも、(いつか私も借りちゃうもんね~♪)と思いながら眺めています(苦笑)。
 で、先の日曜日、フラリと出掛けたかと思ったら、「望遠レンズ、買ってきた」と帰宅!!! ひえぇぇぇ~!!! 日々セコセコと電気を消して回り、洋服にも化粧品にも宝飾品にも手を出さず、ただただ質素に暮らしている私の立場はぁぁぁ~?! まぁ、嬉々として試し撮りしたりする姿を見て、近い将来、野鳥撮影の旅にでも連れて行ってくれることを期待しています^^;;。

| | コメント (0)

2020年8月 1日 (土)

虹のカケラ

20200726 20200728  7月最後の日曜日、雨のあとの快晴のもと、夫とテクテク散歩に出たら、雲の隅に七色の虹。円弧というより、ちょっと筆がかすめた程度の見え方でしたが、鮮やかな紅色がはっきりと浮かんでいました。何かいいこと、起こりそう~♪

| | コメント (0)

2020年7月31日 (金)

年度の3分の1が過ぎ…

20200727  明日からは8月。早いもので、1年の3分の1が、新型コロナ禍のもとであっという間に過ぎ去りました。夫は家での仕事が主となり、職場には週に1度くらいの出勤。息子は慣れないリモート講義受講ONLYからの夏休み突入。街ゆく人の顔はマスクで隠され、レジや各種窓口には透明シートが設置され、フィジカル・ディスタンスが当たり前に。。。だんだんと、非日常が日常化し、もはや完全に元に戻ることはない…という意識も。。。ワクチンや治療薬の開発は日進月歩とはいえ、まだまだ安定供給にはほど遠く。そんな中で、技術開発や国防ではキナ臭い動きもあり、あれこれの従来の問題が、全部うやむやにされそうな気配も。
 このような状況下ですが、20年度第一四半期で私がショックだったのは、ずっと情報交換させていただいていた弁理士の友人が資格を返上して方向転換してしまったこと。理由は、今度会ったときに聞かせてもらえることになっていますが、まだまだ会うこともままならず。また、驚いたのは、お世話になっていた弁護士さんや弁理士さんが、事務所移転したこと。前職の先輩方の職務転換にも驚きました。いずれも能動的な転身ですが、こうしてみると、ずいぶんな激動の時代。まぁ、これだけ想定外のことが続く中では、柔軟にシフトチェンジしながら進まざるをえないとも言えーーー。
 9月に予定されていた夫のイタリアでの会議は来年度に延期され、息子の大学の後期講座の方向性も未定。。。さてはて、20年度のこの先も、イロイロ予想外の動きになりそうですが、臨機応変に参ります~。

 【ピーチ・フラッペチーノ】 先週末、家族でスタバのピーチ・フラッペチーノをテイクアウトして、自宅喫茶^^;;。サッパリしていて美味~♪でした。ぼちぼち梅雨明けして、夏到来…でしょうか?!
20200724_7

| | コメント (0)

2020年7月30日 (木)

波しぶきで浜辺気分

20200718_2 20200718_3  たいていは、穏やかな水面を保っている河ですが、大型の船やモーターボートが走ると、川べりにまで波が押し寄せて、波しぶきが立つことがあります。水量の多い日や満潮時は尚更。そんな時は、一時的に、寄せては引く波を見て、浜辺気分が味わえます。
 海は命の源のせいなのか、波のリズムは不思議な心地良さ。こんなところにも、散歩の効用はありますね♪

| | コメント (0)

2020年7月29日 (水)

『進化した猿たち』

20200718  今月半ば、星新一さんのエッセイ集『進化した猿たち』を読了。
 星新一さんのショートショートには、学生時代にずいぶん親しんでいましたが、最近はご無沙汰していたところ、本屋で偶然見かけて衝動買い。星さんは、欧米の一コマ漫画を蒐集するのが趣味だったのですが、それを分野別に分類し、それぞれについてエッセイを綴った雑誌連載をまとめたもの。言われてみればショートショートって、かなり一コマ漫画的。頭の体操や、価値観の転換が容易にできるという点で、共通項が多いですね。
 ところで、本書の最初のエッセイが、「ぬれ手でアワ」というタイトルなのですが、なんとなんと、発明や弁理士をめぐる一コマ漫画について書かれていました! かねがね、超マイナーな弁理士という職業を紹介するコンテンツを探しており、『下町ロケット』とか『閃きの番人』とか『ストーリー漫画でわかるビジネスツールとしての知的財産』とか『ぼくは愛を証明しようと思う』など、わずかながら無いこともない…という状況でした。
 そんな中、この1つ目のエッセイの扉には、“EDISON AT THE PATENT OFFICE”というタイトルで、弁理士が“You again?”とあきれている一コマ漫画が掲載されていたのです(笑)。星製薬創業者の長男だった星さんが、幼少時から弁理士を知っていたであろうことは想像がつきますが、本作の話の展開にはいささか度肝を抜かれました。
 なぜなら、まず、「人類の理想とは、ぬれ手でアワといった調子で大金をつかみたい、の一語につきる」と始まり、その本能の発露の第一の形は犯罪。第二の形はギャンブル。そして第三が「特許出願」と書かれていたからです(苦笑)。いつものブラックジョークなので、どこまで本気かわかりませんが、星さんにとって特許は、ぬれ手でアワの実現に寄与するものと映っていたのですね。一度は発明熱に取りつかれ、どちら側からも足を突っ込めるサンダルを考案して、実際に特許事務所に出願依頼までしたそうで! 残念ながら、先行出願があり、ぬれ手でアワとはいかなかったようですが、弁理士ネタの一コマ漫画の蒐集作品が三十種くらいはあるとのことで、是非全部見てみたいなぁ~と思いました^^;。
 このエッセイは、未来予知的に、「この装置はですね、特許の調査、書類作成など手続きを一切安くやってくれる弁理士ロボットで…」で終わっています。近い将来、「ほうれ、見たことか」とおっしゃるような状況になるのか…。(人間が審査している間は、AI利用は中途半端なままだと思っているんですが…^^;;)
 とりあえず、個人的な近々の興味は、今年の「第8回 星新一賞」で、AIの作品がどのくらい一次審査を通過するのか、ということ(笑)。

【Patent2020.7】 奇しくも、今月の『Patent』の巻頭の「今月のことば」で、弁理士業務のAIによる自動化について書かれているのを読みました。人間の文章作成能力の証明のため、弁理士諸君、星新一賞に応募して、入賞しよう!とハッパをかけられているようでした(笑)。

SUITS】 アメリカ版ドラマ「SUITS」を見始めたら、第3話に特許出願の話が出てきました。Season1の公開は2011年で、この当時のアメリカは先発明主義。先願主義の施行は2013年3月16日なので、今見ると違和感がありますが、(発明日の証明は難しいながらも)やっぱり理念的には、(権利付与はともかく)先に発明した人の名は刻まれるべきだよな~と、知財を勉強し始めた頃の思いが蘇りました^^;;。

| | コメント (0)

2020年7月28日 (火)

「半沢直樹」ふたたび

20200724_3 20200724_1  7月19日から再開された日曜ドラマ「半沢直樹」---我が家も、視聴率を押し上げた一家庭です(笑)。
 7年前、金融業界のかなりリアルな一面を感じつつ視聴を続け、最終回も家族で楽しんだ本作。あれ以来、私のプライベートもずいぶんと変遷を重ね、某大企業の子会社体験などもした結果、今回の続編は、また違った視点で観ています。
 今回は、息子はつまみ食い的に観ているようですが、社会に出て働くということの意味や、仕事に対する姿勢、現実世界の不条理やお金の怖さなど、息子にこそ観て欲しいんだけどなぁ~。。。
 新型コロナ禍でのリモートワークが中心の今見ると、オフィスの様子は“オールド・ノーマル”時代ですが、仕事への姿勢を考えるのは、オールドもニューも同じ。息子が、どんな仕事をしたいのか、どんな職場を望むのか、どんな人たちと働きたいのか、、、何も言わないのでわかりません。が、私が今アドバイスするなら、「自分自身がやり甲斐を感じて楽しめる仕事」「精神的に衡平で、極力上下関係を作らない風土の職場」「悪口陰口を言わず、正当な批判と話し合いができる人たち」かなぁ~。半沢直樹が輝いて見えるのは、この3点を弁えて働いているからだと感じます。
 今回は三つ巴の様相で、この先の展開がまだまだ読めませんが、毎週楽しみにさせていただきます!

【今どきの若者】 仕事観のジェネレーション・ギャップという点で、最近の若者のスゴイ事例がチラホラ。夫のスキー仲間の青年は、ソフトウェア開発会社を一人で興し、車上生活や農業生活をしながら悠悠自適に暮らしている模様。また、友人が教えてくれた、FIREを実現した人(早期に資産形成して30歳でセミリタイア)なども。新型コロナで、働き方や人生観を見直した人も多いようですが、どんな生き方を選ぶにせよ、生きて行くには“タフ”さは必要ですね~。

| | コメント (0)

2020年7月27日 (月)

子育てと家事

20200719_1 20200719_2 20200719_3  先週の日曜日、家に息子を残し、夫とふたりで北の丸公園ウォーキング。梅雨明け前でしたが、久しぶりに陽射しがあり、たくさんの親子連れが、虫カゴや補虫網を持ってやってきていました。また、自転車練習をする子や、ピクニックをする家族も。
 子どもにアレコレ教えながら歩いている親子連れを見て、
「うちも、子どもが小さい頃はずいぶんあちこち行って、いろんな経験をさせようと精力的だったね~」と昔を懐かしみつつ、最近はすっかりマンネリ生活に明け暮れる出不精ぶりを反省。小さい子どもが家にいると、それを取り巻く大人たちが、自然と模範的であろうとし、社会にもいい影響があるよね…と話しました。
 また、先日TVに出ていたスーパー主婦が、趣味に時間を使うときは「家事を完璧にやってからでないと夫に何を言われるかわからない」と発言していたのが印象的だったもので、「完璧な家事ってどの程度のことを言うと思う?」と夫に訊いてみたところーーー。
「洗濯や食事作りやゴミ出し等は当然として、掃除も毎日家じゅう雑巾がけして、チリひとつないようにしておくことでしょ。」
と、軽く言ってのけました。それは、さぞや我が家の家事は手抜きに見えていることでしょう。。。^^;;;
 “完璧”の捉え方も人それぞれ。「家族が元気に笑って過ごせれば、子育ても家事もそれで“完璧”」くらいがちょうどいいんじゃないかしらん?
(それにしても、昔ほど、「ママ~っ!」という子どもの声に敏感に反応しなくなっている自分を認識して、愕然とします。。。^^;;;;)

20200726_3 【手抜きカレー】 昨晩は、親二人は夏野菜カレー、息子はカツカレー。ルーはインスタントで、カツはお惣菜屋さんで仕入れ、野菜だけを切って焼いただけですが、なかなか美味しかった~っ!

| | コメント (0)

2020年7月26日 (日)

ペーパーマリオ オリガミキング

 今月半ば、息子が数年ぶりに任天堂のゲームをダウンロード購入。「ペーパーマリオ オリガミキング」というSwitch用ソフトです。息子のゲーム進捗を、巣ごもりをいいことに時折横目で眺めていました。このソフト、とてもバランス良くて楽しい出来栄えに思えました。冒険や探索やパズル要素が散りばめられ、ストーリー性も程よくて、次々と先へ進みたくなるシナリオ。しばらく眺めて探索気分に同調したあとで外出したら、道端のアレコレをハンマーで叩いて回りたい気持ちを抑えるのに苦労しました^^;;;。
 金・土・日の3日間であっという間にエンディングを迎えていてビックリ! さらに、その後数日で、アイテムの獲得率やらフィールドの修復率やらハテナブロック発見率などの数字を全部100%にしてしまい、トロフィーも全制覇して、短期集中でハマりまくった模様です。
 昔のスーパーペーパーマリオで、次元の視点切り替えをするゲームが出た時(息子が小3頃?)には、ちょっとした感動を覚えましたが、今回のペーパーマリオでは、その仕組みは使われていませんでした。
 また、1週間を待たずに全攻略を済ませた息子が、「香川県の人は、数か月かかっちゃうのかなぁ…?」と言っていて笑ってしまいました。小さいお子さんを持つ親御さんが、子どもをゲームやネットから切り離したいと思う気持ちは、すご~くよくわかるし、私自身もそうでした。「子どもの貴重な時間を奪うな~!」と、ゲーム会社に乗り込みたい気持ちになることもままありましたが、読書にせよ運動にせよ勉強にせよ他の遊びにせよ、結局のところ“何かをするには時間を使う”わけで、子どもの好奇心と時間を、どこまで大人がコントロールできるのか/していいのか、は、悩ましい問題だと思います。もはや、成人した子にとやかく言っても詮無いことですが、存分にやり込んだのだから、さっさと現実復帰しておくれ~。

20200720_5 【ポテサラ作り】 たまには息子のリクエストに応えてやるか…と、先日、手作りのポテトサラダを準備。マヨネーズで和えた直後、「味見していい?」と訊いてきた息子。「手作りのポテトサラダって、どうしておいしいんだろ…?」と言いながらムシャムシャ。ほんと、好きなんだねぇ~^0^。

| | コメント (0)

«夢〇〇の不思議なCM