« Lego最新作 | トップページ | トリック写真!? »

2008年4月 1日 (火)

暫定税率期限切れ

 新年度が始まった。暫定税率の期限切れで、ガソリン価格のニュースが飛び交う他、環境問題や円高の影響で、バター・牛乳・ビール・電気代等の生活直結のモノモノの値上がりも報じられている。借金まみれの国の財政状況を考えると、値段を下げている場合ではない気もするし、環境問題を考えれば、ガソリンなど倍額にしてしまえ!とも思うけれど、流通や交通手段全般を考えればそう簡単にも割り切れない。“便利な生活”と“エネルギー”の相関は、今年度も大きな注目を集め続けそう。当面は、バイオ燃料の効率と有効性のウォッチングかな。小麦の値段が30%も上がるのは、バイオ燃料向けの転用に押される農家の姿勢の他、世界的な旱魃も影響する。まるで“鶏と卵”のように、環境と経済が相互に影響して“堂々巡り”しているように見える。
 他にもさまざまな新制度が導入される。中でも、メタボの胴回り測定は、管理社会の極み…という感じ。“本人のため”とも言えるのだろうが、むしろ「他人がどう暮らそうがその人の勝手」と言っていては、医療費とか保険とか、経済で結ばれた同時代人に迷惑がかかるから…という側面の方が大きいのだろうか? 著作権問題もそうだけれど、今後ますます、“便利”の効用に合わせた“制度”の改革も増えてくるのだろうなぁ。

「試験当日まで、残り18日」

|

« Lego最新作 | トップページ | トリック写真!? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Lego最新作 | トップページ | トリック写真!? »