« MBTシューズ | トップページ | 嗚呼、うれしき哉 »

2008年6月15日 (日)

小学生のプラレール遊び

3rail20080614 1rail20080614_2  プラレールで遊ぶのは保育園まで、と勝手に思い込んでいたが、昨日久々に、小学4年生の子どもたちの目の前に、山のようなプラレールを出してみた。するとすると、いつもならちょっと身体を動かして汗をかいた後は、サッサとDSやWiiのゲームに興じ始める子どもたちが、延々2時間あまりもプラレールを組み立てて遊んでいた。こちらも、早々に切り上げられては癪なので、「このプラレールの線路を、一本も残さず使ってコースを完成させられるかな?」という課題を出した。簡単簡単!と言っていた男の子たちが、あーでもないこーでもないと組み替えて議論しつつ、新幹線や機関車の電池を入れ替えたり、脱線させて喜んだり、競争させたり追突させたり、好き放題にやっていた。結局、全部の線路を漏れなく使うことはできなかったのだけれど、「あ~、面白かった!」というつぶやきが、プラレールのブロック的な変幻自在ぶりを讃えていた。
Diorama20080614  タカラトミーのプラレールページには、ものすごいジオラマが表示されている。プラレールは、鉄ちゃん好みというより、都市整備とか建築デザインとかの興味を喚起しやすいかもしれないな、と、子どもたちの遊びっぷりを観て思った。息子は、友達二人から“技術部長”と呼ばれていた。“社長”じゃないのね。。。

 岩手・宮城内陸地震――次第に被害状況がはっきりしてきて、どんどん被害者が増えている。。。

「成績照会公開日まで、あと2日」

|

« MBTシューズ | トップページ | 嗚呼、うれしき哉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MBTシューズ | トップページ | 嗚呼、うれしき哉 »