« 日の出日の入りの方角談義 | トップページ | 「ナショナル・トレジャー2」&「おさるのジョージ」 »

2008年7月 6日 (日)

「NARUTO大活劇 ! 雪姫忍法帖だってばよ !!」

Naruto20080705  岡村天斎監督の「NARUTO大活劇 ! 雪姫忍法帖だってばよ !!」を観た。岡村監督の作品では「Wolf's Rain」がとても印象的だが、今回のNARUTOも、雪国の冷たさと一転した春の暖かさが印象的な作品だった。NARUTOは原作モノだから、原作の設定に忠実に、かつ劇場版ならではのドラマを描かねばならず、ある意味難しいホン作りだったことだろう。映画屋の、映画へのこだわりや愛が描かれていたところが、NARUTOとは無関係なスタッフの自己主張に見えた。NARUTO作品はどうしても、キャラクターそれぞれのバックグラウンドを丁寧に追うことは難しくなるけれど、NARUTOの一途さだけでぐいぐい引っ張れるところが最大の魅力。NARUTO映画を観たあとの息子の顔は、いつも清々しく上気していて楽しそう。私も、NARUTOみたいに気合だけで早く走れたらいいなぁ~とうらやましく思う(笑)。

 今日は、夫があるパーティーに招かれて「東京ベイコートクラブ」というお台場に新しくできた会員制リゾートホテルに行くそうだ。ネットで見てみたら、その会員権価格がすさまじい! 世の中、お金をこんな風に使う人がいるのかと、あまりのバブリーさに舌を巻く。金は天下の回りモノとは言うけれど、大きく回す人もいたもんだ。
 上記映画中、雪の国に隠されていた秘宝というのが、金品ではなく“発電装置”だったというのが何より今風に感じられたが、投資家や資本家がいないと発電装置も作れないご時世を思い、とても複雑な心境。

秋期試験まであと105日

|

« 日の出日の入りの方角談義 | トップページ | 「ナショナル・トレジャー2」&「おさるのジョージ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日の出日の入りの方角談義 | トップページ | 「ナショナル・トレジャー2」&「おさるのジョージ」 »