« 夫子の道は忠恕のみ | トップページ | サイエンス倶楽部体験授業 »

2008年9月20日 (土)

半径の次は直径??

Itpro  情報システムの認証プロトコルとしてかなり長期間活躍していたRADIUSというプロトコルがある。Remote Authentication Dial In User Serviceの略だが、つなげると“半径”という単語と同じ綴りになっていた。しかし、ネットワーク利用者が増加し、アクセス管理も複雑になってきて、さすがにそろそろこのRADIUSでは機能に不足が出てきたそうだ。で、次なるプロトコルとして注目されているのが“Diameter(直径)”。ネーミングは単なるオヤジギャグ的発想で、Diameterが何かの省略形だというわけではないらしい。でもこのDiameter、RADIUSを継ぐAAAサーバ(認証→承認→アカウンティング)として、機能豊富で安全性・信頼性にも優れた拡張版になっているらしい。ITProのページにあった比較表を転載させてもらおう。まったくもって、IT周辺の取り決めの細かさや緻密さには舌を巻くが、想像力のない機械同士の言葉やコミュニケーションを一から規定しているのだから、言語学や論理学と同様の奥深さにならざるをえないのもうなずける。
 半径→直径ときたら、その次は“circuit(円周)”とか“pi(π)”とか、そんなとこかな?と、くだらない想像力で遠い将来など予測してお茶を濁そう。

|

« 夫子の道は忠恕のみ | トップページ | サイエンス倶楽部体験授業 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夫子の道は忠恕のみ | トップページ | サイエンス倶楽部体験授業 »