« 自転車 サイズアップ! | トップページ | 10月1日は都民の日 »

2008年10月 1日 (水)

両国橋架橋350年

Ryogoku20080930

Rock20080927_2  今年は、両国橋が架橋されてから350年だそうだ。江戸時代、明暦の大火という大火事があったとき、隅田川に橋がなかったことで10万人以上の人が逃げ遅れたという大惨事を契機に架橋されたとのこと。先週末はこの両国橋を渡って、回向院というお寺で“ねずみ小僧次郎吉”のお墓参りをした。サイクリングをしていてたまたま見つけただけなのだが、墓前に「お前立ち」という石があり、それを削るとご利益があるとのことで、我が家も削ってきた。昔の写真ではかなり大きな四角い石だったらしいが、我々が訪れたときにはずいぶん丸くなっていた。
 アメリカの下院で、緊急 経済安定化法案が否決された。“銀行を救済するより、貧しい人を救済すべき”という民意を汲み取った政治家たちの造反票が思いのほか多かったということらしい。次郎吉の墓前に佇んだ直後のニュースということもあり、この“お金の使い道”の議論には自然と関心が高まる。肩で風を切って複雑な金融商品を売り歩く金融マンも、ものすごい利子の危険性を顧みずにマイホーム取得を安易に決めてしまう人も、どっちもどっちな気がしているが、この混乱は決して対岸の火事ではないことを思うと目が離せない。

 

|

« 自転車 サイズアップ! | トップページ | 10月1日は都民の日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自転車 サイズアップ! | トップページ | 10月1日は都民の日 »