« 黄色い彼岸花? | トップページ | 紅白の鳴子 »

2008年10月 8日 (水)

ノーベル物理学賞!

Nobel20081007  なんとも、予想外の物理学賞! もう半分あきらめかけていた頃なのに、スウェーデン王立科学アカデミーの英断に、素粒子&核理分野の研究者たちも大騒ぎ! 日本の小林・益川両氏と、米国籍の南部陽一郎氏が対象性の破れに関する研究で同時受賞との報せに、ささやかながら我が家の夕食卓も沸いた沸いた! 何のことやらチンプンカンプンであろう息子も、夫の上機嫌は敏感に察知したようだ。CERNでの新たな加速器起動でただでさえウキウキしていた夫には、今回の日本人三名の受賞は本当に元気の出るニュースだったと思われる。安物のチリワインで急場しのぎの乾杯! 基礎科学の人たちが、ようやく少し活気づくのかな?と嬉しそうな夫の顔を見ながら思った。IPCCだのIAEAだの、どうも最近の国際機関の判断には政治的色合いが濃くて辟易していたのだけれど、今回のノーベル賞は、医学生理学賞といい物理学賞といい、創造性を正当に評価しようという気概を感じて好ましくも思った。
 各メディアが博士らにインタビューを試みているようだが、夫の話だと、益川氏は脳梗塞を煩って以来、短期記憶がなくなってしまったらしく、まさに『博士の愛した数式』のような感じだとのことだ(でも、翌朝の「とくダネ」での益川さんのインタビューを聴く限り、決して記憶があやふやになっているようなことはなさそうだったけれど…?)。真偽のほどは知らないが、芸能レポーターのような質問をぶつけるのだけは止めてもらいたいものだ。

|

« 黄色い彼岸花? | トップページ | 紅白の鳴子 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黄色い彼岸花? | トップページ | 紅白の鳴子 »