« 慶應中等部学校説明会メモ(at展覧会) | トップページ | 『前世療法』と息子の疑問 »

2008年11月18日 (火)

クルム伊達公子さん全日本制覇!

Date  ほんとに38歳かい?! 長時間のテニスの試合、しかもシングルスもダブルスも! 強靭筋肉・超絶技巧・剛毅果断……なんというか、吹っ切った戦いぶり。数日前の彼女のブログに「私には守るものも失うものも何もありません」と書いてあったが、そんなものだろうか? 平穏な暮らしとか、スポーツ界での確固たる名誉とか、既にたくさんのものを手にしている彼女は、私などから見れば“守るものだらけ”に感じるけれど、テニスの世界を一度引退した身としては、“ゼロからの出発”ということだろうか。。。全豪オープンの試合は、しっかり観たいな、と思う。人間、成熟してくると、自身を伸ばすことよりも後人への継承に重点を置きたくなるのが人情。伊達さんの復帰も半分は“若い選手に刺激を与えるため”なのだろうけれど、もう半分のところで、プレーを存分に楽しんでいる様子が伝わってきて、こちらまで楽しくなる。ブランクの12年間の過ごし方が、肉体的にも精神的にもとてもよかったんだろうな。その陰には、並々ならぬ努力や精進があるのだろうが、それさえ楽しんでしまいそうな彼女のカッコいい心意気を見習いたいshine

|

« 慶應中等部学校説明会メモ(at展覧会) | トップページ | 『前世療法』と息子の疑問 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 慶應中等部学校説明会メモ(at展覧会) | トップページ | 『前世療法』と息子の疑問 »