« 加藤周一氏逝去 | トップページ | 今年のクリスマスプレゼントは…? »

2008年12月 9日 (火)

リンゴは天下の回りモノ?

 先月、息子の友達のお母さんから「箱で来ちゃったから」とリンゴをいただいた。その直後、私が注文しておいたリンゴが我が家にも箱で届いた。せっせといただいて半分ほどになったが、まだ二十個ほどある。
 そこで昨日、長い間本を借りっぱなしになっていたママ友のところへ、数個のリンゴとミカンを携えて本を返しに行った。傷む前においしく食べてもらった方がリンゴもミカンも嬉しかろう。。。そして家に戻ると、お隣の奥さんがピンポーン!とやって来た。「年内、家の古くなったところを工事するので、うるさくて迷惑かけちゃうけどゴメンね」と言って、紙袋を差し出してくれる―――中を見ると、リンゴだった!
 あちゃー、、、こういうことってよくあるよな。。それでもありがたく頂戴して、この季節、世の中を巡り巡っているリンゴちゃんたちに思いを馳せる。
 ふと、「お金もリンゴみたいに、時間が経つと傷んじゃえば、もう少し回転がよくなるかもなぁ、、、」なんてことを考えた。今のお金は、回る必要のないところでグルグル回って、回さなきゃいけないところには全然回ってないような気がするもんなぁ(含む:私のお財布moneybag)。

|

« 加藤周一氏逝去 | トップページ | 今年のクリスマスプレゼントは…? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 加藤周一氏逝去 | トップページ | 今年のクリスマスプレゼントは…? »