« 受験の季節 | トップページ | 病み上がり、たまには息子自慢 »

2009年1月22日 (木)

オバマ新大統領 就任演説

President  バラク・フセイン・オバマ新大統領が誕生した(写真はロイター通信より)。その就任演説は、それこそ世界中の人が聴いたり読んだりしたことだろう。私は、今の日本の政治に無関心(というかあきらめの境地)でいる自分を、恥ずかしく思った。オバマ氏について、初のアフリカ系大統領とか、名演説をするビジョナリーな大統領とか、様々な評価があるけれど、私が最も感銘を受けたのは、“普通の人の意思をつなぎ、高めるリーダーシップ”だった。そして何より、彼を本当に大統領にまで昇華させたたくさんの人たち。ワシントンモールを埋め尽くした観衆だけでなく、国中に散らばって協力し見守った縁の下の力持ちたち。“自分たちにも、何かができるはず”と立ち上がってネットワークを形成し、その小さな力をオバマ氏に結集させた普通の人たち。
 喩えるなら、『ドラゴンボール』の悟空のような感じだろうかcoldsweats01。「みんな、オラに元気を分けてくれ~!」―――オバマ氏とて、ただの人。それでも、彼に力を貸す多くの市民がいることが、彼の大きな財産だ。とかく政治家に対して、「さて、彼は何をやってくれるだろう」と傍観を決め込みがちだけれど、本来の形は「さて、ここから自分がやるべき仕事は何だろう?」と自分達の代表者への力添えを思案することなのだと思う。「日本の政治家はダメだ。総理大臣といっても自分達が選んだわけじゃない」なんて、無責任な言い訳なのかもしれない。リーダーを選ぶ仕組みが不完全なら、それができるように考えればいい。リーダーとして信頼に足る人がいないのは、自分たちがそういう人財を育てていないからだろう。失望するのは簡単だけれど、それでは悪しき堂々巡りからは決して抜けられない。「考えろ、考えろ、考えろ、それでもダメならもっと考えろ!」―――オバマ氏の就任式という一大イベントは、そんな反省を促してくれたような気がする。
 オバマ氏が超ウルトラ元気玉を出せるように、日本の総理大臣が元気玉を出せるように、私は私の領域で誠実に生きなくちゃ。。。それが“新しい責任の時代”の姿勢というものだろう。

|

« 受験の季節 | トップページ | 病み上がり、たまには息子自慢 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 受験の季節 | トップページ | 病み上がり、たまには息子自慢 »