« 特許法、2012年大改正?! | トップページ | ジム初回講習会 »

2009年1月26日 (月)

おかあさんはみんなステキ!

 週末、息子の小学校の上履きを洗いながら、その日の朝の布団の中での会話を思い起こしていた。布団の中で目覚めた息子が、その晩みた夢の話を始めたのだ。
「夢でね、おばあちゃんの家でカブトとかクワガタをいっぱい取った夢をみたよ」「そっかー、こんな寒いのにカブトが取れたなんて、よかったね」――幸せそうに目覚めた息子に、私の夢論を開陳。「きっと、おじいちゃんおばあちゃんが○○のことを元気かな?って思ってくれてたんだと思うよ。ママの持論なんだけど、夢に人が出てきたら、それは自分がその人を想っているときもあれば、相手の人が自分のことを想ってくれてることもあると思うんだ」――すると、思いがけない言葉が息子の口から飛び出した。「えー!それじゃぁ僕は、毎日ママの夢をみることになっちゃうじゃん」――――悟られないように絶句。息子はどうやら、私が常に自分のことを想っていると信じ込んでいるらしい。(へー、そんな風に思ってくれてたんだぁ)……まんざらでもない気持ちで「へへ、そうだね(^^)」と応えておいた。
 その日の朝刊に、“子育て卒業”と題した57歳の主婦からの投稿が載っていた。4人のお子さんをついに全員社会人として送り出したとのこと。目が回るほど大変だったけど、「絆」というものをしみじみ感じているそうだ。エライなぁ、スゴイなぁ、ステキだなぁ。4人ものお子さんがみんな独立して家を出てしまったら、さぞや寂しいことだろう。でもまぁ、独立しても家を出ても、子どもは子ども。気にかけて心配し続ける母の心は変わらないのかも。
 誰かのために心を砕く人はみんな素敵だと思うけど、そういう意味では、おかあさんはみんなステキだなsun(おとうさんもか!?)

|

« 特許法、2012年大改正?! | トップページ | ジム初回講習会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 特許法、2012年大改正?! | トップページ | ジム初回講習会 »