« 開成学園運動会 | トップページ | 平成21年度試験の受験票届く! »

2009年5月13日 (水)

短答式試験まであと10日あまり

 4月8日以来、毎日20問と自分に課してLECの『体系別 短答試験過去問集』に取り組んできた。まだ入門講座を1度サラリと聴いただけの身には辛いものがあったが、それでも日々似たような文章を読み込んでいるうちに、条文を読むのが苦ではなくなってきて不思議。先達の方のアドバイスによると、『四法対照法文集』は、要件・効果・原則・例外を色別にマーキングすべし、とあったが、とりあえずは過去問集に出題された箇所を一色でマークした。まだ条文なんて一つも覚えていないため、回答はひたすら師匠の教えと自分の常識&良心に照らして考えるのみだが、当初は「本試験で1問でも解ければ…」くらいの感触だったものが、「うまくすると10問くらいは解けるかも…」に変わってきた。まぁ、玉砕受験に変わりはないが、法文集や逐条解説を“読みたくなってきた”という変化は素晴らしいと自画自賛。この分だと直前でやっと2冊の過去問集を1周終えられるか否かという微妙なペースで、繰り返し2周も3周もしている受験生には合わせる顔がないけれど、この取り組みによって、どのあたりの脳ミソを使わなければならないかがぼんやりとわかったような気がする。
 以下は、小学生の息子が塾からあてがわれた『算数基礎トレーニング』の中の一問だが、こういう問題を解くときに使うような脳ミソは、少なくとも短答の際は必要ないらしい。
------------------------------------
8で割ると4あまり、5で割ると1あまり、9で割ると5あまる最小の整数は?
------------------------------------
 この問題の答えは「356」なんだけれど、なんと“最小公倍数”の問題なんですよー!(これって基礎か?)
------------------------------------
パリ条約の利益を受ける者の商標として、ある同盟国において広く認識されているものと権限ある当局が認めるものの複製であり、かつ同一の商品について使用されるすべての商標について、その登録の無効を利害関係人が請求することができる期間を登録から7年に限る旨、当該同盟国の法令が定めることは、パリ条約に違反しない。○か×か?
------------------------------------
 どっちの問題を難しく感じますか???

 それにしても、例年GW明けの5月10日頃には受験票が届くと聞いていたのに、今年はまだ届かない。初受験者にとっては、会場はわからないわ、持ち物はわからないわ、正式な時間はわからないわで、なんだか心配になってしまう!もしかして、DMと間違えて捨てちゃったかな?! 日本の郵便システムを信じきったフローになっているらしいが、今日届かなかったら何かトラブルかも…ドキドキドキ…

|

« 開成学園運動会 | トップページ | 平成21年度試験の受験票届く! »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 開成学園運動会 | トップページ | 平成21年度試験の受験票届く! »