« ナースコール!? | トップページ | 声変わり… »

2009年9月17日 (木)

東野圭吾さんの新刊

 新型インフルに罹った息子に振り回され、二三日の張り付き看病を覚悟していたけれど、意外に早く回復してくれて本当に助かった。日曜夜に熱が出て、火曜の昼には平熱になったから、正味42時間くらいか。まだ物珍しいから、いろいろな人に症状や経過を具体的に訊かれたが、ワクチン接種していなかったことを思えば、通常のインフルと変わらない印象だった。しかし、食欲はあるものの、どうも体力回復が遅い。金曜日の登校を検討しているのだけれど、昨日のヘタレ具合ではまだ難しいかも……???
Sinkan20090916  火曜日も『かいけつゾロリ』や『あたしんち』や『ケロロ軍曹』などをドッカと枕元に置いて、片っ端から読み漁っていたが、水曜も「読むものが欲しい」というので、本屋で数冊見繕った。そのときに書店員さんが入れてくれたチラシに“東野圭吾の新刊は甘酒横丁が舞台!”とあった。『容疑者Xの献身』も浜町周辺が舞台だったし、以前スポーツセンターで東野さんらしき人を目撃したりしたから、やはり東野さんはこのあたりによく出没しているのかもしれない。今度の新刊のタイトルは『新参者』とのことで、昔ながらの地元住民と、他地域から流入してきたマンション族や新住民との係わり方を彷彿とさせられ、「いいとこ突いてるかも!」と思った。このところエッセイや実用書ばかり読んでいた気がするから、久々に東野さんの新刊、読んでみよっかなぁ~?(先着50名様の特典プレゼントって何だろう?)

 それにしても、今回の息子の看護時は一度も朗読などしてやらず、自分が寝不足に対して極端に弱くなっているのを実感した。昨晩など、バイオリズムが狂ってなかなか寝ようとしない息子に「今度はママが罹るかもってヒヤヒヤしてるんだから、さっさと寝なさい!!」と、かなり理不尽に怒鳴ってしまい、今朝は寝覚めが悪い。早く寝せたいというのは本当の親心なのだが、あそこで怒鳴ることはなかったなぁ。上記の東野作品も“人情”が“仇”になるというような“おすすめコメント”があり、人と人との気持ちのすれ違い模様が描かれるようだが、体力的精神的に弱っているときに自分を律するのって、ホントに難しい。。。

|

« ナースコール!? | トップページ | 声変わり… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナースコール!? | トップページ | 声変わり… »