« 侃々諤々 事業仕分け | トップページ | エドフロニス中アラポカン »

2009年11月20日 (金)

劇場的日常に生きる彼

 最近、息子の機嫌がすこぶるいい。明日が小学校の学芸会で、その劇中、比較的セリフの多い役柄になり、ここ数週間ずっと練習に練習を重ねているのだが、みんなから「演技うまいね」とか「役者になったら?」とかいい感じに褒められて、調子に乗っているらしい。確かに、普段は内弁慶で外ではひどくシャイなくせに、2年生の時の劇でも、人が変わったように演じていたっけか……。役者には意外とシャイな人が多いみたいだから、もしや息子も…な~んて親バカが頭をもたげるが、本人にはそんな気はカケラもない模様。
Test20091119  先日、塾の定期テストがあり、問題用紙を持ち帰ってきたので見てみたら、問題文の一部に書き込みがしてあった。「つよし」君が囲まれ、「たくや」君の下には「イレイ」と書いてある。「何、これ?」と訊くと、「えっ、別にぃ~」と笑う。「つよし」君の方は、今、息子が学校で仲良くしてもらっているお友達の名前だったのでハハ~ンと思ったが、「たくや」君の方がわからない。すると横から覗き込んだ夫が一言「あー、ユニコーンか」とボソリ。どうも、『機動戦士ガンダム ユニコーン』という小説の登場人物の名前らしかった。短い試験時間中にすごい余裕だと思ったが、全然できてなかったのでガックリ。試験の間さえ空想に耽っている息子のようだ。
 この間、「“さもありなん”って何?」と唐突に訊いてきた息子に、「“そうだろうそうだろう”って感じかな」と適当に答えておいたら、友達とのおしゃべり中にやたらと「さもありなん」を繰り返していて笑ってしまった。息子は、新しい言葉を覚えて気に入ると、ここぞ!という場面で使いたがるのだが、時々トンチンカンな使い方をしていて面白い。「天地人」を観始めた頃は「これはしたり!」も繰り返していたっけ……(笑)。
 空想好きで、芝居じみた日常を生きる、マイペースの息子は、今日もゆく!

|

« 侃々諤々 事業仕分け | トップページ | エドフロニス中アラポカン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 侃々諤々 事業仕分け | トップページ | エドフロニス中アラポカン »