« 短基礎答練<第6回> | トップページ | 六本木ヒルズのスカイデッキ »

2009年12月17日 (木)

寒さの中の志望校調査

 水曜日、年内最後のパソコン・ボランティアで小学校に行ったら、校庭で子どもたちが半袖半ズボンで体育をやっていた。この冬一番の冷え込みで体感気温3~4度の寒空の下だというのに、さすが子どもは風の子!
 寒くて暗くなると、夕方からの塾が億劫になるのか、ここ2回ほど、息子は連続して塾をお休みしている。私に似て身体の硬い息子なので、最近の体育のマット運動で疲労困憊してしまうせいもあるかもしれない。塾をお休みしても、容赦なくプリントは配られる。先日の教材に混じって、6年生からの志望校調査用紙が入っていた。第3志望までの学校名を記載して提出し、それと従来の成績を勘案して、土曜日の志望校別特訓のクラスが決められるらしい。この土曜授業は5時間ぶっ続けで行われるとのことで驚きおののいたのだが、先輩ママさんから聞いたところによると、必ずしも出席必須ではないようだ。「うちの子は土曜は行かなかったのよ~」とおっしゃっていたが、それでもしっかり私立附属校に入学しているお兄ちゃんのママさん。このママさんのお話を聴いていると、いろいろ安心させられる。「ゲーム? いいんじゃない? 朝パッチリ目が覚めるし。うちはずっとやってたよ」とか「サッカーやりたければあそこの学校、吹奏楽やりたければあっち」など、塾や偏差値に踊らされることなく、わが道を行っている感じ。
 それにしても、2009年度の土曜クラスの設置コースをプリントで見て、また驚いた。
「筑駒・開成コース、開成・駒東コース・駒東・慶應コース、麻布・武蔵コース、早稲田・慶應コース、早稲田・海城コース、海城・芝コース」……
なんだかホントに予備校のようで、こんな学校名を冠したコース別のクラス分けが、小学生にとっていいのか悪いのか、複雑な心境にさせられた。学校ごとに問題のタイプが違うから仕方ないことなのだろうけれど、“1点でも多く取るための勉強”に傾きすぎないように気をつけないといけないな。

|

« 短基礎答練<第6回> | トップページ | 六本木ヒルズのスカイデッキ »

中学受験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短基礎答練<第6回> | トップページ | 六本木ヒルズのスカイデッキ »