« 従兄弟からのFaxLetter | トップページ | “化ける”ということ »

2010年3月 8日 (月)

やれやれの火災報知機

 しばらく前に、消防署の人に促されてキッチンと階段に火災報知機を設置して、義務を果たしたつもりでいたら、先週再び消防署の人が現れた。「もう付けましたよscissors」と答えたら、「全室ですか?」との質問。「えっ? 火の出そうなところだけでいいんじゃないんですか?」「いえ、基本的に全室お願いしたいんです。この用紙を置いていきますので、全室設置が済んだら消防署にFAXしてください」とのこと。ひぇぇぇ~sweat01
 そんなわけで、新たに3つの火災報知機を買ってきて、設置することとあいなった。ずーっと壁に穴を開けるのがイヤで、絵をかけたりするのも控えていたというのに、今回の火災報知機設置義務化のために10個も穴を開けるハメになった。火事は心配だし、万が一のときにご近所に迷惑をかけないためにも、報知器はないよりあった方がいいのは確かなのだけれど、各家庭がお金を出して全室設置なんて…とんだ出費だ~sweat02
 全室設置義務化の前に、タバコのポイ捨てsmokingを是非とも皆無にしてほしいと願うケチな主婦である。

|

« 従兄弟からのFaxLetter | トップページ | “化ける”ということ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 従兄弟からのFaxLetter | トップページ | “化ける”ということ »