« 塾の保護者会2010-2 | トップページ | どんな授業をやってるんだろ??? »

2010年4月18日 (日)

ベジオタはキュウリもお好き

1_201004152_20100415   先日来、ブロッコリーの旨みに目覚めた我が家のオタマジャクシ。削り節にはあまり関心を示さず、ブロッコリーばかりパクついているので、ベジタリアン・オタマ化している。そこで今度は、キュウリの薄切りを数枚入れてみた。最初の10分ほどは警戒するように寄り付きもしなかったのが、時間が経つにつれてまたまた群がってきた。真ん中の柔らかいタネの部分が食べやすいようで、キュウリの真ん中に数匹が集中すると、なんだがオブジェのようで笑えた。
 オタマジャクシのシッポのピロピロを見ていると、なんだか落ち着くなぁ…と、ボーッと眺めていて、ふと思った。「まるで黒い炎みたい…」――― そう、ロウソクの火の揺らめきと、オタマのシッポの揺らめきが、ものすごーく似ている。流体力学的にどうこうっていうんじゃないが、なんとなくどちらも原始の血を騒がせる。

1_201004162_2010041620100416    翌朝、きれいに種の部分だけ食べられたキュウリを、イルカの輪くぐりのように通り抜けるオタマを見たときには、予想外に楽しませてくれるオタマたちに思わず感謝してしまった。
 輪っかキュウリを取り出して、ご飯ツブを入れてみたら、それはそれでよく食べる。好き嫌いせずに何でも食べて偉いなぁhappy02
 オタマジャクシのお腹は半透明で、よーく目を凝らすと身体の中が透けて見える。下半身の大部分がグルグルとトグロを巻いた腸になっていて驚いた。な~んだ、腸が短くなるのを心配したけれど、まったくノープロブレム! 内臓の大部分が腸のようなオタマは、ただひたすら手当たり次第に、一日中何かを食しているのだった。今度は、茹でキャベツでも入れてみるかな?

|

« 塾の保護者会2010-2 | トップページ | どんな授業をやってるんだろ??? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 塾の保護者会2010-2 | トップページ | どんな授業をやってるんだろ??? »