« 国立新美術館 | トップページ | 有名中学入試問題集 »

2010年7月17日 (土)

和菓子のご褒美

 金曜日、真っ赤な顔をして帰ってきた息子。「ちょっと校庭で野球してから帰ってきたー」とのこと。ただでさえ暑かったのに、よくまぁ野球なんかする気になったなぁ…と感心しつつ、「そういえば、今日の水泳の授業は検定あったの?」と尋ねると、「あったよ」とニマニマしている。聞くと、ついにクロールも25m泳げるようになって、級が上がったらしい。小学校の検定では、クロールと平泳ぎを両方泳げないと昇級できないのだが、恥ずかしいことにこれまで、クロールは息継ぎに呻吟して泳げずにいた。息子の場合、平泳ぎの方はすでに500mくらいは泳げるようになっているので、クロールの壁を越えたのは大きい。クロールは泳げないまま卒業かな?と思っていたので、「要領わかったから、クロールももうちょっと泳げるかも」という発言を頼もしく思った!
20100716_2  「じゃぁ、ひとやま越えたご褒美に、好きなものをおやつにしてあげるよ」と言ったら、「じゃあね~、玉英堂の生菓子がいい!」と言う。老舗の和菓子屋さんで、季節ごとにデザインの変わる小生菓子が、上品な甘さで最高においしいのだ。私自身も大好物なもので、ルンルンと買いに出た。初夏の風物をかたどった和菓子が8種類ほどあったが、きれいなのを3種選んでみた。「ほおづき」と「朝顔」と「水面」―――和菓子職人さんの風流な見立てにほれぼれしながら、大事に大事にいただいた。きめこまやかでほんのりと甘い小さな生菓子…たまにはこんなおやつもいいかもね。
 スイミングスクールで鍛え上げて、ガンガン昇級していく子が多い中、マイペースで少しずつ泳げるようになった息子だが、幸いにも水泳を嫌いにならなくてよかったよかった。縄跳び検定なんかも、コツコツと腕をあげているようだし、スポーツに関しては、遅い身体の成長に合わせて、のんびりと楽しみながらこなしている模様。ぼちぼちとでも続けていれば、たいていのことはそのうちできるようになるもんだなぁ…と、ぼんやり思った。

|

« 国立新美術館 | トップページ | 有名中学入試問題集 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは。早くも入門講座を終えるとは、すごいペースではないですか?! 私は目下、青本読みと逐条講座と過去問解きを3つ並行して進めていますが、逐条講座は本当に表面をサラリという感じな上にペースは早くて、あまり身にならない感じです(イトウ様のご指摘どおり…?!)。青本と一緒に聞くことで、定着率を高めたいと思っていますが、これから子供の夏休みに入り、なかなか時間が取れなくなりそうなのが気がかりです。
 来年は論文までも見据えて…と欲をかいていますが、今のペースだと論文対策までは到底手が回りそうになく、どこかでペースアップと集中度アップをしないと…と焦っています。
 ぐんと暑くなり、机に向かうのもしんどい季節ですが、がんばりましょう!!!

投稿: Taraco | 2010年7月17日 (土) 14時55分

お子様の成長が楽しそうですね。私も子供がほしいですが、弁理士試験が落ち着くまでは(苦笑)

勉強の方はいかがですか?私は今週末に入門講座をやっと終わるというところです。
やることは山ほどあるのになかなか進まないのがもどかしいです。

投稿: イトウ | 2010年7月17日 (土) 09時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国立新美術館 | トップページ | 有名中学入試問題集 »