« 算数オリンピック ファイナル体験記 | トップページ | 数年ぶりの美容院 »

2010年8月24日 (火)

黒光りするP…

20100823  黒光りするGは困りものだけれど、それ以上に私が家の中に入れたくなかった“黒光りするP”が、ついに我が家へやってきた―――その名は…プレイステーション3!
 以前から、夫と息子がやりたがっていた“Anather Century's Episode R”というロボット・アクションゲームがあるのだが、それをやるために購入した次第。私はこの購入は絶対阻止したかったのだが、夏休みのはじめに、何か条件を付けて、それをクリアできたら買ってやることにしよう…と夫と話し合い、「夏休み中の塾での演習や家での過去問テストで、70%以上の得点率だったら金シール1枚、満点なら2枚、50%~70%なら赤シール1枚で、赤シールは5枚で金シール1枚と交換できる」というルールを設定。金シールが120枚集まった時点で買ってあげる、ということになった。それなりにハードな条件なので、到底夏休みが終わるまでには達成できまいと高をくくっていたのだが……。ゲームのためなら人が変わる息子が、なんとこの段階で達成してしまったのだぁshock
 …こう書くと、息子がさも頑張ったように見えてしまうが、その実は夫の援護射撃の賜物と言える。過剰な金シールコールがすさまじく、何かでちょっと頑張ると、「今日は金シール3枚やってもいいくらい頑張ったんじゃない?」とちょくちょく茶々を入れてきた。しかも、ちょっとした漢字テストレベルの満点でも2枚要求される始末。一昨日の算数オリンピック出場でも、特に何の成果も出してないくせに、まんまと金シール2枚をせしめられ、ついについに、我が家にプレイステーション3がやってきてしまったというわけだ。どこの親が、受験生にプレステ3を買い与えるというのかぁぁぁぁangryannoysign03(怒)。

 まったくあきれて物も言えない状態の私だが、約束は約束。願わくば、2時間も3時間も息抜きすることのなきよう、目を閉じて祈るばかり。。。

|

« 算数オリンピック ファイナル体験記 | トップページ | 数年ぶりの美容院 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 算数オリンピック ファイナル体験記 | トップページ | 数年ぶりの美容院 »