« 饒舌なる哲学の夜 | トップページ | ヤクルト容器 立体商標! »

2010年11月18日 (木)

年賀状印刷

 今週前半は、息子のインフルエンザ予防接種の2回目を打ちに出かけたり、小学校の集金集計のお手伝いに出たり、年賀状印刷をしたり、学校提出用の進路相談票を書いたりと、もろもろの雑用をちぎっては投げちぎっては投げ……。
20101116  年賀状印刷はここ数年、すっかり私のルーチンワークと化し、年の暮れが近づくと、素材を選びデザインをして、3時間ほどで一気に印刷というのが年課だ。つまらない単調な作業と言えばそれまでだが、作業の過程で実のところ、気持ちのリフレッシュをしている気がする。
 素材を選ぶときには、その一年の家族のあれこれを思い出しつつ、夫のPCに貯められている写真をひととおり眺めて、しばし思い出に浸る。デザインの際は、毎年写真の配置に苦労するが、今年はどこにも旅行に出かけなかったこともあり、シンプルな写真1枚構成にし、挨拶文だけチョコッと追加。
 さて印刷、という段になると、秘蔵のアレを取り出す。。。アレというのは何のことはない、プリントごっこの付属品である“カードラック”のこと。単に、プリントアウトしたハガキを1枚ずつ立て掛けて乾燥させられるようになっているアイテムだが、これがなかなかの優れもの。狭いスペースに整然と並べられたハガキを見ると、なんだか青田にお行儀よく並んだ稲の美しさを見るようで、心が洗われる。1枚1枚、腰を曲げて田植えするように作業して、この1年会えた人にも会えなかった人にも感謝の気持ちを送りつつ、整然とした青田が完成すると、来年の家族の実りを想って手を合わせたくなる。年末の儀式のようだ。
 年々要領がよくなって、今年は午前中の早い段階でフィニッシュ! にわかハガキ職人と化した私であった。

|

« 饒舌なる哲学の夜 | トップページ | ヤクルト容器 立体商標! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 饒舌なる哲学の夜 | トップページ | ヤクルト容器 立体商標! »