« 口述アドヴァンステキスト | トップページ | 嘆かわしいこと »

2011年7月31日 (日)

行ける?行けない?富士登山

20110729 息子と一緒に旅行に出られるのもここ1,2年だろう…と思い、この夏は性懲りもなく、富士登山を計画中。とはいえ、すっかり体力の衰えた夫婦と、運動不足の息子なので、頂上を目指すなんて大それたことは考えず、「行けるところまで行ってみようか」という程度の意気込み。
 息子のこれまでの登山歴をざっくり振り返ると、ごくごくわずかな経験値。
○保育園の頃に茶臼岳(1915m)…9合目から頂上までボチボチと親の手を借りて登頂
○小学2年生の頃に浅間隠山(1756m)…1380m地点のパーキングから登頂(高度差376m)
○小学3年生の頃に湯の丸山(2101m)…1732mの地蔵峠から登頂(高度差369m)
○小6と中1に宿泊学校で富士山五合目のお中道めぐりを2~3時間(?)
 これらに比べると、富士登山はかなりの過酷さだ。富士宮口からを考えているのだけれど、空気が薄い上に高度差も相当なもの。
五合目:2390m
新七合目:2800m(高度差410m)
八合目:3230m(高度差430m)
九合目:3410m(高度差180m)
九合五勺:3540m(高度差130m)
頂上付近:3720m(高度差180m)
剣ヶ峰:3775m(高度差55m)
 五合目から剣ヶ峰までの高度差はなんと1385m! 高度順応も兼ねて新七合目で一泊するつもりではあるけれど、それでも八合目まで行ければ御の字という感じ。私の弟はこれまでに2度登頂しており、「今年も行くかなぁ~」などと気楽に言っていたけれど、こうして高度差を書きだしてみると、北岳や槍が岳までは登っている私としてもかなりビビってしまう。二泊すれば息子でも登頂できるとは思うのだけれど、いかんせんスケジュールが取れない。欲張らず、新七合目の“御来光山荘”で星空とご来光を拝めればよし!というつもりで準備中。果たして実現なるか?!

|

« 口述アドヴァンステキスト | トップページ | 嘆かわしいこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 口述アドヴァンステキスト | トップページ | 嘆かわしいこと »