« いざ!富士登山へ | トップページ | 実家でのんびり »

2011年8月15日 (月)

五合目散策記

 「富士登山、ご来光ナウ。」と書いているはずだった月曜朝、家族揃って自宅にいる(汗)。そう―――富士山登山は五合目をちょっと行ったところで、そそくさとリタイアしてしまったのだった(涙)。三島駅から2時間バスに揺られて、五合目に着いたときには、バス酔いなのか高山病なのかわからないような頭痛に苛まれてしまった息子。先週同じく富士山に挑戦して、同じく五合目で高山病にかかったいとこのお兄ちゃんの話にも恐れをなしてしまったのかもしれない。。。また、登り始めのところにいた係員のおじさんが、「これから登るの? 無理しないでね。今年は具合悪くなる人が多くて、救助ヘリを呼んだ人もいてね~、そうなったら100万だからね」などと忠告してくれるものだから、さらにビビリは最高潮へ(汗)。こうして、体力的にというより、頭痛と精神的なプレッシャーでリタイアを決めた形。残念!
20110814_120110814_2 そうはいっても、五合目でも雲海は見えたし、涼しい風と強い紫外線も体感し、重いザックを担いでウロウロと歩いたりもしたから、多少は登山気分を味わえた。山口山荘には申し訳ないながらもキャンセルの電話を入れて、「またいつか!」ということに。
 3時過ぎに五合目を出ると、中腹で大雨。バスの中から前を見ても、数メートル先しか見えないようなガスとともに、強い雨が窓を打った。「あ~、もし無理して登ってたら、この雨に降られてたのかな?」とゾゾッとした。
20110814_320110814_4 また2時間バスに揺られて、午前中降り立った三島駅前に到着。駅前で食べたかき氷がおいしかったこと! 唯一のおみやげの木の杖には、次回挑戦時にきっと六合目以上の焼き印を押してもらうぞぉぉぉ!
 夜、帰宅して「世界の果てまで行ってQ」を見たら、イモトさんが4810mのモンブランに登頂していた! イモトさんのスゴさがいつにも増して実感された!!(カメラマンさんが特にスゴイ!) 我が家のナヨ竹たちも、もっと基礎体力つけてから、改めて挑戦します~!

|

« いざ!富士登山へ | トップページ | 実家でのんびり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

知財大好きっ子さま
はじめまして、コメントありがとうございます。
論文試験の結果待ち、落ち着きませんね。
私はもう来年を視野に、この夏は息子に付き合って
ハメをはずしまくっており、お恥ずかしい限りです。
来年の富士山登山をご計画とのこと、我が家はご参考にならない体たらくになってしまいましたが、きっと登頂できると思います! ご健闘をお祈りします!!
実家のPCからのコメントなもので、短くて恐縮です。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

投稿: Taraco | 2011年8月16日 (火) 15時08分

うーん、残念でしたね。でも、お子さんの体調とあれば、勇気ある撤退でしょう。

初めまして。関西在住の弁理士論文試験の結果を待つ50代半ばに差し掛かろうかという男性受験者です。

大して合格の期待は出来ないとは言え、待つ身は本当に辛いものです。今まで何十回も見てきた条文を口述の過去問とともに又読み始める。こんなことぐらいしか今は出来ません。

昨年と今年の短答、論文試験の出来については「桃次郎のお勉強しよう!!」というブログの5月、6月の試験直後、合格発表直後(今年は論文試験後)に、「タケ」という名称でコメントしていますので、よかったら、そちらを御覧になって下さい。

実は、まだまだ元気なうちにと思い、来年の富士山登頂を予定しているので、今回のTaracoさん御一家の富士登頂の様子は大いに参考にしたかったのですが・・・。

前哨戦ではないのですが、今月末には前回来たときはチャレンジしなかった乗鞍岳の頂上を目指す予定です。と言っても畳平(標高約2700m)まではバスで行けるし、そこから頂上までは約90分で行ける、お手軽登山ということで、これが登れないようでは富士山登頂は夢の又夢でしょう。

高山病は比較的若い人がかかりやすいということなので、自分は大丈夫だろうと高を括っていますが、さてどうなることやら。顛末は後日ということで、では行ってまいります。

P.S.ブログいつも楽しく拝見しています。いつかコメントをと思っていたので、これを機会に又コメントします。

投稿: 知財大好きっ子 | 2011年8月15日 (月) 08時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いざ!富士登山へ | トップページ | 実家でのんびり »