« 東京の放射線量測定 | トップページ | 中間試験、迫る! »

2011年10月15日 (土)

真夜中の襲撃

 草木も眠る丑三つ時、右手の甲にかゆみを感じて目覚めた私。そういえば、連休中訪れた六義園にも、まだ大量の蚊がブンブンしてたっけなぁ……などと思いながらポリポリ掻いていたら、どこからともなく、イヤ~な音が……!
 プィ~~ン
わ!どこから入ってきたのか、今まさにこの部屋にヤツがいる!
 プィ~~ン
耳元に近づいてきたヤツを、手で勢いよく払う。……しかしなぁ、依然川の字で寝ている我が家なので、私さえ生贄になれば、他の二人は犠牲にならずに済むか……
 プィ~~ン
えぇい、ままよ! 喰らわば喰え!
 プィ~~ン
1,2度吸血すれば、それで満腹になってどこかに行ってくれるだろう、と、ヤツの飛びたいように飛ばせて、暗闇にじっと横たわる私。イヤ~な羽音を聴きながら、椎名誠さんの『蚊學ノ書』という本を思い出す。どこかの小さな島で大量の蚊に襲われる話。あれに比べればまぁ、ふらりと迷い込んだ一匹の蚊ごとき、なんてことない。。。
 プイ~~ン
その時だ! ヤツはなんと、私の鼻孔に飛び込むではないか?!
 ブィボッ!
これにはさすがの私もビックリ! 反射的に鼻息フンッと息んで、手で払いのけた。なんという襲撃! 放置しておけばいい気になって、人様の鼻に侵入するとは何事か?! 今度近づいてきたら、確実に仕留めてやるぞっannoy!! しかし、手ぐすねひいて待てど暮らせど――
 ………
危機は去った。あまりの烈風に肝を冷やして、部屋の隅にでも飛び去ったのだろうか……ようやく静かな夜に戻り、うつらうつらとブラックアウトした私の理性でありました。

 翌朝目覚めると、夫がポリポリと腕を掻いていた(笑)。その日のうちに、私が仇討を果たしたことは言うまでもない。。。

|

« 東京の放射線量測定 | トップページ | 中間試験、迫る! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京の放射線量測定 | トップページ | 中間試験、迫る! »