« 「大規模法改正 10の要諦」 | トップページ | 日比谷図書館は11/4オープン! »

2011年10月31日 (月)

日本橋架橋百年

20111030_120111030_220111030_3_2 昨日はのんびり日曜日。息子の小学校時代の友達が遊びに来て、ウィンナーパイを焼いたり、日本橋架橋百年のイベントを見に行ったり。あいにくの曇り空だったけれど、日本橋周辺はすごい人だった。
 タイムスケジュールに沿って、山車や踊りやブラスバンドなどのパレードが入れ替わり立ち代わり練り歩いて、大人はゆっくり見たかったのに、子どもたちはまったく関心なし。ソフトクリームとか香ばしい串だんごなどを食べて帰ってきた。
 COREDO室町も一周年とのことで、11月20日まで一周年記念企画が諸々催されているらしい。日本橋・呉服橋の交差点や室町周辺も、新しいビルが続々と建設中で、東京駅の赤レンガ駅舎も着々と出来つつあるらしく、いろいろ楽しみなエリアだけれど、子どもにとっては広場か駄菓子屋か、さもなければ家の中でゲームというのが何よりも魅力的なようで、日本橋も形無しである(汗)。

20111030_4 この日は、晩ごはんもオーブンを使って巨大グラタンを3つ焼いた。来週再来週は超手抜きにする予定なので、先手を打ってクレーム回避coldsweats01scissors

|

« 「大規模法改正 10の要諦」 | トップページ | 日比谷図書館は11/4オープン! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

知財大好きっ子さま
コメントありがとうございます!
本がお好きなのですね~。元編集者としては嬉しくてたまりません。神社での古本市とは素敵ですね!

特許庁で改正法の冊子がいただけるのでしょうか?
青本に反映されるのは相当先でしょうし、調べてみて、いただけそうなら行ってみます。LECの論文講座は、一応両対応とはいえ、あまり充実した改正対応にはなっておらず、不安があります。噂では施行はほぼ確実と聞いておりますが、落ち着かないですね。。。
私は、来年の京都の紅葉を、晴れやかな気分で愛でに行きたいなぁと思います♪

投稿: Taraco | 2011年10月31日 (月) 16時45分

秋は何処も種種様々なイベント真っ盛りの季節ですね。

私は先週土曜日(10月29日)に、京都大学向かいの百萬編知恩寺にて行われた秋の古本まつりに行ってきました。まさに小春日和で、少し汗ばむような陽気の中、思う存分楽しめましたね。

8月には京都の下鴨神社での下鴨納涼古本まつり、3週間前には大阪天満宮古本まつり、その他行かなかったけれど、四天王寺秋の大古本まつりなど、関西では神社、寺院での古本市がやたら多いみたいです。

大阪では、特に百円均一では新刊かと見間違えるようなものがゲット出来て大収穫でした。

白夜行(東野圭吾)、ビタミンF(重松清)、蟹工船(小林多喜二)食堂かたつむり(小川糸)、夜のピクニック(恩田陸)、悪夢のエレベーター(木下半太)、永遠の0(百田尚樹)、オコナー短編集(フラナリー・オコナー)など、オコナー以外はいわゆる話題作ですね。

知恩寺では戸川昌子の読んだことのない作品、ディクスン・カーの短編集3冊が800円(後で調べるとヤフーオークションでは4500円で出されていて驚き!)など、ミステリー大好きっ子なので、こちらも満足でした。

話は突然変わりますが、平成23年特許法等改正法の施行日が今だに決まらないのは何か落ち着かないですね。まさか4月2日以降になるとは考えられないのですが・・・。

今、代々木塾の答案構成講座という論文向けの講座を通信受講しており、ここでは当然改正法対応で問題、解答が作られているのですが、来年の論文の問題が改正部分のみをターゲットにズバズバ出題されるとは考えられないとはいえ(短答ではズバズバ問われるでしょうが)、改正部分がけっこう多岐にわたっているのでなかなか面倒ではありますね。

特許庁のホームページでは先の説明会用のテキストがアウトプット出来るみたいだし、冊子をもらいに直接行かれてもいいんじゃないでしょうか。発明協会が出す改正法の解説書は12月にならないと多分出ないでしょうね。

P.S.来年は口述試験を受けた後、日本最大の東京名物神田古本まつりに行くぞーーーーーというのを目標にするぞーーーーー。

投稿: 知財大好きっ子 | 2011年10月31日 (月) 14時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「大規模法改正 10の要諦」 | トップページ | 日比谷図書館は11/4オープン! »