« ミールボーンズって何? | トップページ | Bistro O LaLa!&六義園 »

2011年10月 8日 (土)

Jobs氏を偲ぶ人々

 どうしてこれだけ多くの人の心を魅了してきたんだろう? Apple製品のデザインとか、コンセプトとか、社風とか、ファンたちの愛するそういったものものを具現化してきたのは何もJobs氏一人ではなく、その陰のデザイナーやエンジニアたちだったのだろうけれど、指針を示し、鼓舞し、伝播するという意味で、本当のカリスマだったということか。ご自身は、デザインをするでもプログラムを書くでもなかったと聴く。プレゼンテーションの秀逸さは紛れのないものだとわかるが、日々の実務をどんな風にこなしていたのかが知りたいな(Apple I のどのへんに貢献しているのかとか)。CEOともなれば、選択と決断と指示の繰り返しだったのだろうけれど、名言よりも、泥臭い日々のディスカッションの再現フィルムが見てみたいものだと思う。私個人としては、Apple製品のデザインにいつもワクワクさせられた以外では、Pixerを設立してくれたことへの感謝の気持ちが強い。3Dアニメの先駆けに、芸術家としてのJobsマインドがブレンドされたことは、ホントに素敵なことだったと思う。
Jobs 昨日のGoogleのTOPページには、さりげなく追悼の意が込められていた。きっと全世界仕様だったんだろう…。ライバルたちをも惜しませる、彼の魅力の源泉は何だったのか…?
 起業当時と、会長に退いてからとで、やんちゃな瞳の輝きがまったく変わらないのが印象的だった。イコンとしての彼しか知らない私は、ただただあのやんちゃな雰囲気が好きだったのだと思うけれど、彼が心酔したという『弓と禅』という本でも読んで、天国でもやんちゃをしていそうな彼を偲ぼうかと思う。。。

(参考:Jobs氏のパテント317件!…90%以上は意匠らしい…)

|

« ミールボーンズって何? | トップページ | Bistro O LaLa!&六義園 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミールボーンズって何? | トップページ | Bistro O LaLa!&六義園 »