« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月の30件の投稿

2011年11月30日 (水)

大きくなったね!

 一昨日のこと、近所のコンビニで買い物をして店を出ようとしたとき、大きな男の人が斜め前に見えた。「ずいぶん大っきな人だなー」と思いながら通り過ぎようとしたら、何やら視線を感じる……見覚えのあるあどけない顔が、高い肩の上に乗っかっていた……
 ありゃりゃ~! なんと、息子と保育園で一緒だったR君! あまりの成長ぶりにビックリしながらも、「あれ~!R君久しぶり! 大人の人かと思っちゃったよ(笑)」と声を掛けたら、「こんちはー」と照れくさそうに軽く会釈。小学校は別々だったけれど、時折道で会ったりしていたが、背が高いというよりは、どんどん横に成長している印象だった。それがなんと、180cmはあろうか(いや、180cm以上だったかも?!)というほど、スラリと長身に変身していた。確かお母さんは、3人目の女の子を去年出産したはず。「お母さんにヨロシクね♪」「ハイっ」とあっさり別れてしまったが、いや~感動。子どもってホント、どんどん大っきくなるもんだなぁ!
 赤ちゃんを見るとすごく癒されるけれど、見違えるほど大きくなった子を見るとまた、別のほのぼのした気持ちになる。街ゆく誰も彼もみんな、赤ちゃんからああして大きくなったんだよな~と思うと、それだけで頬がゆるみませんかconfidentshine?。

| | コメント (0)

2011年11月29日 (火)

大阪維新の会 圧勝

 先の日曜に投開票された、大阪市長選と府知事選の結果は、大阪維新の会の圧勝だったとのニュース。もう少し接戦かな?と思っていたが、やはり閉塞感打破の期待が予想以上に大きかったということか。
 大阪に限らず、今、世界中で、この閉塞感打破の気運が高まっているようだ。中東しかり、ロシアしかり、ウォールストリートしかり、ユーロ圏しかり、巨人軍しかり(?)。。。既得権益の上にふんぞり返って汗をかくことを忘れた指導者や、既得権益保持のためだけに汗をかく指導者に、多くの人が辟易としているのは間違いなさそう。また、指導者に限らず、“働き以上の利益”に対する眼も厳しくなっているんだろう。とにかく、何でもかんでものうのうと次世代に先送りするのをまずはやめないと!
 
 友人とのメールに、「大変な時代だね」なんて書いている自分が、何もせずに口だけ達者なお調子者のようで情けなくもあるのだが、子どもの将来を憂う権利はあるよねぇ?(国の借金の推移グラフがネット上にいくつもあるけれど、それを見るだけでも暗澹たる気持ちになる)。 世の中複雑になりすぎて、“みんなが幸せ”な政治なんて容易に想像できず、とかく何かと何かの綱引きになりがちだけれど、だからこそ、自分事として真面目に政治ウォッチしていかないとなー。

| | コメント (0)

2011年11月28日 (月)

こんなに違う?!テスト期間

 先の土曜午後、私が中学のスキー学校説明会に行っている間に帰宅した息子は、着替えてすぐに公園へ飛び出したらしい。地元の友達と集まる約束をしていたようで、前の晩からリュックだの遊び道具だのを揃えていた。(学校の準備も、これくらい率先してやってくれるといいのだが…sweat02
 地元の中学は、先週が期末テスト期間だったようで、金曜に晴れて開放された友達から、「土曜の午後、遊ばない?」とのお誘いがあったのだとか。神奈川の私立に通うお子さんは、今週末から来週にかけてが期末テスト期間と聞いた。息子の中学は来週の土曜から再来週にかけて。学校によって、こんなにもテスト期間が違うなんて、ちょっと驚き。早々に終わってしまう所は、その後の冬休みまでの期間は、また通常授業をするんだろうか?
 親としては、期末テスト期間は概ね揃えてもらいたいもんだなぁ~と思う。開放感に浸ってウキウキモードのメールが飛び交っているのは微笑ましいが、まだこれからの息子まで、一緒になってウキウキしちゃってる(苦笑)。テストへのスタンスも、「赤点さえ取らなければいい!」ときわめて明確な目標設定で、先が思いやられる(汗)。

| | コメント (0)

2011年11月27日 (日)

スキー学校説明会

 昨日は、息子の中学のスキー学校説明会だった。冬休みに入ってすぐの4泊5日の合宿で、終始SAJの指導員に教えてもらえるのだとか。自由参加ではあるけれど、中1はほぼ全員が参加する上、総勢500名位がバス11台を連ねていく最大規模の合宿になるとか! 費用も破格の安さで、すごい良心的。希望者はバッジテストも受けられるそうで、例年全員が何級かを取得して帰宅するそうだ。何事も面倒くさがる息子が、珍しく自分から「行きたい」と言い出したところをみると、いろいろ楽しいエピソードを聞かされたのかも(笑)。クリスマスもゲレンデで迎えることになるので、まさにホワイト・クリスマスsnowxmas♪ さらに今年はスキー伝来100年とかで、スキー技術がオーストリア人によって初めて伝えられた長野では、イベントも行われている模様。
 それにしても、午前午後3時間ずつの講習って、ほとんど運動部の合宿並み! まぁ朝練夜練がないだけマシか(笑)。夜は一応消灯厳守を申し付けるそうだが、連夜“大貧民大会”が繰り広げられるんじゃなかろうかと心配sweat02。息子の場合、全身筋肉痛で帰宅することは確実だが、ともかく元気で楽しんできてくれることを願うばかり。

| | コメント (0)

2011年11月26日 (土)

ごっつい山芋!

 先日夫が、職場の先輩から山芋をいただいてきた。その方が農業大学で非常勤もしている関係で、構内での収穫物をお裾分けしてもらったのだとか。山芋を刻んでわさび醤油でいただくのが大好きな私は、ルンルンして袋を開いた……
20111122

???これ、山芋? 妙にごっつくて、どう見てもサツマイモ。「“山芋に見えないけど山芋だよ~”って言ってたよ」とのことで、やっぱり山芋らしい。
 水曜の晩、恐る恐るピーラーで皮をむいてみると……
山芋だ~~♪ 独特のシャキシャキした触感と粘り気。こんな太い山芋は初めてだったけれど、手がちょっぴりカユくなる程度で、家族全員おいしくいただいた。1本を3人で分けたのに、各々山盛り状態! 息子が「今度はすりおろして食べたいな~♪」と言ったので、残りは麦トロならぬ“十二穀トロ”でnote。すりおろしは、大根おろしより余程楽な上、ものすごい粘性が高くて歯離れもよく無駄がない。あまりにネバネバが強いので、息子もびっくり! シンプルなのにおいしい一品だった。
 生協でもスーパーでも、長芋は結構出るのに、山芋はあまり出てこないから、久々にたっぷり堪能させていただいた。ご馳走さまでした~!

| | コメント (0)

2011年11月25日 (金)

インクカートリッジに想う…

20111121_120111121_2 先日、年賀状印刷をした。我が家のプリンターはCanonのPixus。で、今年のインクカートリッジは、「Canon純正のリサイクル品?」(←、これ、“Canon純正”とPOPに書かれていたので買ったのに、実は別会社品! 表記がまどろっこしい…侵害品でも回収されないの?)。
 印刷中は何かと手持無沙汰なので、バックグラウンドで「平成22年(ネ)第10064号 特許権侵害差止請求控訴事件」のpdfなぞを読んだりした。数年前のCanonやセイコーエプソンの事件についてフォローしているわけでもなく、今回のものも熟読したわけではないので、ヒジョーに素人的に乱暴に本件を解釈しているだけだが、いろいろ考えさせられた。
 ことの発端はたぶん、第三者に予想外に低価格でリサイクル・インクカートリッジを販売されてしまい業を煮やした純正メーカーが、それらの販売差し止めを求めたことで、諸々の喧嘩が勃発したのだろうが、そもそも、リサイクル品ってそんなに安くできるのかが素朴な疑問。一般的には、回収の端緒から考えると、リサイクル品は高くつくようにも思うのだけれど?? まぁ中国からの輸入品もあったようだから、人件費が削られまくっていたのかもしれず、よくわからない。
 あと、消耗品の販売で利益を出すビジネスモデルにする場合、その消耗品にも特許なり何なりの新規技術を組み込まないと、他社の参入を防ぐすべはないのか?ということ。携帯電話等が、本体0円でも通信費でペイする仕組みを持てるのに比べると、なんだか不公平な感じがする(これはむしろ、周波数割り当ての問題?)。
 また、どんな新規技術も、“リサイクル”と“廃棄”についてのアイディアを併記すべきではないかということ。どんなにすっごい製品を開発しても、その耐用年数を過ぎた後までの“ライフサイクル”について考慮されていないのは、そのメーカーの信用に関わると思う。(Canon初のプリンター発売が1985年、トナーカートリッジのリサイクル回収開始が1990年のようだから、早くからそういう取り組みの意識を持った会社といえるのかな?…インクカートリッジのリサイクルは…?)
 などなど…、単調作業しながら、つらつらといろんな妄想に耽った冬の日の午後だった。

(夫に指摘されるまで、JitというのはCanonの子会社だと思い込んでいた私sweat02。いわゆる“バッタもん”を見事に掴んで帰り、大顰蹙を買ったのだった…)

| | コメント (0)

2011年11月24日 (木)

骨休めの勤労感謝の日

 「よし!ボウズ!外でキャッチボールするぞ!」「やろーやろー!」
―――こんな元気な父子像に憧れ、休日の朝の父子を観察する私。しかし、毎度期待は見事に裏切られ、リビングでだらだら過ごす父子に愛想を尽かし、さっさと一人で家を出る。結局昨日も、神宮外苑やサイクリングに誘ってもピクリともノッてこず、だ~らだ~らと過ごした。
20111123 私が掃除・洗濯・冬支度などをあらかた済まし、昼ご飯を食べた後、家族で録画しておいたONE PIECE映画「STRONG WORLD」を鑑賞。その後も外出する気配を見せない二人を置いて、一人で買い物。別に楽しい買い物でもなく、息子の制服用長袖セーターと運動靴を買うのみ。唯一、お店の前のクリスマスツリーがきれいだったくらいsweat02
 帰宅すると、夫はソファでクークーうたた寝。息子は宿題をやりながら、「HUNTER×HUNTER」のダイジェスト番組を見ていたannoy
(「HUNTER×HUNTER」は、今期の私の一押しアニメではあるけれど、)あーたもゴンのような健康優良児を目指しておくれよぉぉぉぉ!!!

 この日、立川談志さん逝去報道飛び交う。アグレッシヴな革命児が次々と…。ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0)

2011年11月23日 (水)

冬支度…

 今日は、高校時代の友人が高尾山に登っているはず。誘ってもらったので余程ご一緒したかったのだが、例年勤労感謝の日は“一気に冬支度の日”。衣類や布団類を入れ替え、足りないものを買い、年末年始の諸々準備計画などなど。事前に少しずつ準備すればいいかな?とも思い、息子と夫に「勤労感謝の日、高尾山行かない?」と訊いてみたものの、「もうボロボロに疲れてるんだよね~sweat01」と一蹴されて断念。ボロボロに疲れてる割には、カードゲームしたりTV見たりよく食べたり、ゆとりの時間が多いように思うんだけど…(?)。まぁ、仕事も学校も、意外に精神的な疲れが溜まるのかもしれず、お気楽主婦としては無理強いはできず…weep
 せめて神宮外苑の“いちょう祭り”くらいには連れ出せないかなー?と目論むが、果たしていかに?!

20111121 ちなみに、一昨日近所で撮った銀杏並木は、こんな感じ。。。新聞に載っていた昭和記念公園の銀杏並木は、もっと真っ黄黄だったけど、こちらはまだ緑がチラホラ。高尾山の紅葉&黄葉も、今日あたりが見頃だろうなぁ。。。

| | コメント (0)

2011年11月22日 (火)

プレ答練(意匠)自己採点メモ

 論文プレ答練の意匠3回を先週終えた。特実はそりゃ~もう酷い有様で、添削では史上最悪のEなんていただいてしまい、伸びシロのあることあること! 自己採点と添削評価がかけ離れている部分もあり、自分に甘くなっている感触。要注意。意匠も芳しくないけれど、特実と併せてメモ。前回の論文試験のAは間違いなくマグレAだな、と肝に銘じるcoldsweats01

【意匠】
        問題 I  【添削評価】
  第1回  80点   62点→A
  第2回  38点   57点→B
  第3回  71点   44点→C

【特実】
        問題 I  問題 II  【添削評価】
  第1回  45点  36点  42(C)、63(A)→B
  第2回  60点  70点  59(B)、53(B)→B
  第3回  70点  80点  39(D)、53(B)→C
  第4回  26点  24点  26(D)、19(E)→D
  第5回  34点  47点  64(A)、64(A)→A

| | コメント (0)

2011年11月21日 (月)

マイホーム記念日♪

 『この家がいいね』と君が言ったから……というわけでもないが、今日は我が家の“マイホーム記念日”。息子より1歳年下で、今日で12歳になる。人間で言ったらちょうど一回り。12年前の今日、この家に家族で引っ越してきた。さすがにあちこちガタがきて、壁紙や床板も汚れて年季が入ってきたが、住み慣れた我が家。いつも家族をあったかく包み込んでくれてありがとうheart01。あんまり小まめに掃除してあげなくてゴメン。リビングの柱には、息子の毎年の身長が刻まれてる。洗面所の扉には、息子が保育園時代にいたずらして開けた穴がポッカリ。トイレの便座はバネがゆるんでギッタンバッコン。玄関前の廊下は鴬張りのごとくギシギシ。リビングの扉は冬になるとキーキー……。すっかりお年を召して、新品の頃のような輝きはないけれど、しっくりじんわり、いい味が出てきたんじゃない? いい塩梅に枯れゆく家に、住み続けられることに感謝confident
 昨晩は、ボジョレーとコーラで家族で乾杯しました~♪

| | コメント (0)

2011年11月20日 (日)

きれい好き?

 「ママってホントに、きれい好きだよね~」
先日、息子からこんな言葉をたまわった。なぜかというと……
何を隠そう私、この半年の間に2度も、息子の生徒手帳を洗ってしまったからだcoldsweats01。息子は、制服のYシャツの胸ポケットに、生徒手帳と小さな手帳の2冊を常に入れているのだが、学校から帰って着替える際、出し忘れることがある。でもって、私もあまり洗濯物のポケットを確認せずにジャンジャン洗濯機に放り込むものだから……
20111119

こうなってしまう(泣)。生徒手帳はまだ、こうして乾かせばなんとか使えるからいいものの、小さい手帳の方は跡形もなくグチャグチャの紙片と化す。一緒に洗った洗濯物も紙片まみれ。結構な大惨事になるのに、懲りないというか何というか、息子の手帳だけでは飽き足らず、夫のポケットに入っていた名刺交換したばかりの名刺だとか、息子が赤ん坊の頃はどういうわけか、紙オムツまで洗った記憶がある…(汗)。紙オムツを洗濯機で洗うとどうなるかを知っている人は、あまりいないんじゃなかろうか…。
 かように大雑把な母親を持つと、徐々に鍛えられるのか、最初に生徒手帳を洗われてしまったときはすごい動揺を見せた息子が、2度目は軽口をたたけるくらい余裕シャクシャクで眺めていた。人生どんな災難に見舞われても、何とかなるってことに気づいてもらえたかな?(なんちゃってsweat02

| | コメント (0)

2011年11月19日 (土)

クリスマスを待ちわびる

20111114 数週間前から、息子がクリスマスを待ちわびている。「あ~、クリスマス、楽しみだな~♪」
……例年、取り立てて楽しみにする風はなかったのに、今年はなぜかやたらとウキウキわくわくしている模様(?)。
 先日、デパートからの
DMに、クリスマス用のペーパークラフトが付いてきたのだが、それもイソイソと組み立ててくれた(笑)。何か、よほどサンタさんにお願いしたいものでもあるんだろうか??? 「中学生にもまだサンタさんって来るのかなぁ?」とイジワルを言ったら、「大人にだって来ることあるんだから、当然来るでしょ」とニマニマ。
 まぁ、先々に楽しみがあるのはいいこと。クリスマスを楽しみに、日々の雑事をがんばってくれたまえ!

| | コメント (0)

2011年11月18日 (金)

遅ればせの放射線量測定

20111117 東日本大震災から8か月以上。いまだに福島原発からの放射性物質の不安に駆られる人は数多く、秋の遠足等にも影響が出ているようだ。福島市産のコメから630ベクレル/kgのセシウムが検出されたというニュースもあり、食物への蓄積の懸念も。。。
 一昨日夫が、職場の方から測定器を借りてきてくれた。5~6万で購入したのだそうで、ロシア製のQuartex II という携帯型デジタルβγ放射線測定器。スマートフォンと同じような大きさで軽い。1か所で7サイクルほど測定して、平均値を見るらしい。
 そんなわけで昨日の日中、少々時間を使って、玄関回りや外置きの植木鉢、雨どい下などを測定してみた。以下、単位はμSv/h。

 リビング     0.16
 清浄器フィルタ 0.12
 玄関(内)    0.11
 玄関(外)    0.10
 玄関前植木鉢 0.15
 東壁脇雨樋下 0.17
 西壁脇植木鉢 0.20
 緑道植込み   0.20
 緑道枯葉上   0.22

 センシティヴな人が多そうな世田谷区の基準が0.23μSv/h らしいが、私が測った地点はすべてそれ以下。これが原発事故前と比べてどうなのかは残念ながらわからない。1か所を測定するのに、それなりに時間がかかるので、太平洋の真ん中でカジキの当たりを待つかのような錯覚にとらわれた(苦笑、もちろん、当たりがない方がいいわけだが)。サイクルの途中で、突発的に数値が上がることがあるが、感触として要注意なのはやはり、土や枯葉の上。緑道の枯葉の上で一瞬0.44と表示されたときは驚いた。
 私が怪しい人と化して屋外でじっとしていたら、年配のおじさんが通りかかり、「おっ、これがあの放射線測定器ですか? ちょっと見せてくれる?」と近づいてきた。少し立ち話をした後、「まぁ、もういつ死んでもいいんだけどねー、カッカッカsmile」とにこやかに去って行った(笑)。おっしゃる通り、主に不安を抱えるのは小さいお子さんをお持ちの保護者の方々だろう。データの蓄積がないので、何と比較していいものやら、基準の適正性さえもが不安の種。あまり過敏になるのも考え物だが、子どもたちが将来安心して暮らせる世の中を残すのが、大人の最大の仕事なんだろうと思うと、いろいろとやる瀬ない。。。

| | コメント (0)

2011年11月17日 (木)

Welcome!Road MIXTE♪

20111115 10年以上愛用したママチャリがパンクして、かれこれ数か月。ついに私も新車に乗り換えることにした! その名は、スイスメーカー“BRUNO”の“Road MIXTE”! ブランドものの自転車なんて生まれて初めて。清水の舞台から飛び降りるつもりで(?!)購入決定。上野のY's Roadというお店で注文して、取り寄せまでに2週間くらいかかったが、火曜日に受け取りに行ってきた。
 そしてついに我が家へやってきたMIXTE君♪ かわいいし軽いし乗り心地もいい! 風になったかのような軽やかさで走れて気持ちいい。ママチャリのように買い物に使ったりするのはちょっと憚られるけれど、俄然サイクリングに出掛けたくなる。このところ自転車の交通規制が厳しくなりつつあるから、走行には注意が必要だけれど、安全運転で風を楽しみたいと思う。

20111116 ……ということで、昨日は早速、昼休みに広い空を探してひとっ走り♪ 朝吹いていた木枯らしのせいか、空には雲一つなかった。サイクリングってスポーツなんだなぁ~と、爽やかさを実感しつつ思ったのでしたhappy01

 早くも愛着の湧いてきた我がNew Bike、命名“Romy”♪ 以後お見知りおきを!

| | コメント (0)

2011年11月16日 (水)

新型ASIMO君♪

20111113 先日ニュースで、新型ASIMO君の映像を見た。二足歩行やダンスにとどまらず、小走りしたりジャンプしたり果ては片足ケンケンまで! また、聖徳太子のごとく、複数の人の話を聴き分けて整理確認したり、ボトルキャップを捻って開け、コーヒーを注ぐなど、短い映像に驚嘆した。すっごーい!もうこんなところまで来てるんだー! なんだか、人が中に入っているんじゃないかと思うような運動神経と器用さだった(笑…別のニュースでは手話も披露していたらしいが、そちらはまだイマイチの様子)。日夜の大変な研究の結晶なのだろうが、やってる人は楽しいだろうなぁ~。
 少し前に息子が、日本ロボット学会の人の講演を聴き、RoboCupやAIBOについて解説してもらったと言っていたが、「RoboCupに挑戦してみたくなった?」と訊いたら、「う~ん…」とあやふやに答えていた。保育園児の頃は、叔父さんのAIBOを触らせてもらって可愛がっていた気がするけれど、メカトロには興味ないのかな? 写真は、息子が学童クラブのパーティーで昔買った旧型ASIMO君のぬいぐるみ。息子も大きくなったけど、ASIMO君も成長してますなぁ!(原発建屋専用ASIMOの登場は十数年後???)

| | コメント (0)

2011年11月15日 (火)

知財検定1級 自己採点

 日曜日の午後、酔狂にも知財検定1級(学科)を受けた。1級は、これまでの試験に比べて実務要素の比重が高く、一夜漬けでは到底太刀打ちできない感触だったので、受けずにおこうかとも思ったが、自分のできなさ加減を実感するとともに、受検の緊張感をたまに味わうだけでも、モチベーション維持にはなるかと考え直した。45問を100分で解いて80%で合格という試験。会場は豊洲の芝浦工大だったが、これまたきれいだったなぁ。
 とにかく時間切れだけを警戒して、ひたすら速読しつつ、30分で15問を目安に進めたら、10分残して終えられた。弁理士試験とはずいぶん違った切り口の問題ばかりだったので、正解発表が待ち遠しかった。

 で、月曜午後の正解発表で答え合わせ……。
 45問中36問正解で、なんとぴったり80%。ただし、点数調整も行われるようだから、結果は年明けまでフタを開けてみないとわからない。
 間違えたのは、契約における信義則上の注意義務、裁判管轄地がらみの用語、先行技術調査における検索ステップ手順、日米欧の特許出願状況、米国特許法におけるusedの該当可否および“Information Disclosure Statement”“Inequitable Conduct”に関する9問。日本の出願においては、情報通信分野に比べライフサイエンス分野は半分ほどしかない、というのを知らなかったのは情けなかった(学生の一番人気は、理系ではライフサイエンス分野な気がするけれど、精査して出願しているということ…?)。米国への出願に関しては知らないことばかり(汗)。
 いずれにせよ、実務についたら、弁理士試験ではお目にかからないような未知の事々が、大量に待ち構えていることが実感された試験だった。

| | コメント (2)

2011年11月14日 (月)

よい論文とは?

20111107 息子が幾何のテストを持ち帰った際、答案をのぞいてギクリとした。「ザツ。式のラレツで文になってない」という先生のコメントが目に入ったからだ。一瞬、私の論文答練の添削かと思った(苦笑)。幾何の証明問題の答案に対するコメントなのだが、一般の論文試験にも大いに当てはまるご指摘だと思う。
 証明も論文も、読んだ人が順次書き手の思考の流れを把握でき、その論理に素直に納得できるように書かないといけない。前後のつながりが掴めず、「だからどーした?」とか「なんでそーなるの?」と言わしめてはいけないということだ。面倒くさがり屋の私も息子も、「たぶんこれくらい、書かなくてもわかるだろう」と無意識に手を抜いてしまっているのだと思う。余計なことをグダグダ書く必要はないけれど、鉄骨の論理構成と、どうしてそういう構成になるかの理由付けを端折ってはダメ! 「あ~、これ以上、何も足せないし、何も引けない!」と唸るような、シンプル かつ ベストな文章が書けるようになるのはいつの日か…。

| | コメント (0)

2011年11月13日 (日)

保護者会&懇親会

 昨日は、2学期の保護者会&懇親会だった。息子の中学ほど、親があれこれに関知しない学校も珍しい気がする。授業参観は一切ないし、学校公開もない。保護者会も今学年は今回が最後だとか。役員にならなければ、ほとんど顔を出さずにお任せ状態。働くお母さんにとってはこの上ない体制。
 今回の保護者会で私が最優先したかったのは、最近ちょくちょく一緒に遊んでいる4人のお友達のお母さん方にご挨拶すること。中間テストの結果に関してはもうあきらめ状態で、「なんとか赤点だけは免れていますように~!」という思いだけ(苦笑)。絶好のお出掛け日和の空の下、昼過ぎにテクテクと学校へ向かった。

 全体会では、いろいろなお話があった。岩室紳也氏の『思春期の性』という本が紹介され、これからの男の子の変化に戸惑ったときは是非参考に、とのこと。また、ピグマリオン効果(人間は期待された通りの結果を出す傾向がある)というのもあるので、お子さんにはいろいろ期待してください、とか。それから、成績表を目の前にして怒りそうになったら、目をそらして窓の外を見て冷静に…など(笑)。
 クラス会の方は懇親会。お茶とお菓子をいただきながら諸々おしゃべり。4人のお友達のうち2人のお母さんには挨拶できたけれど、他の2人のお母さんは発見できず残念! このクラスでの保護者会は最後とのことだけれど、来年以降も幹事持ち回りで時折クラス会を企画しようということになり、楽しみで心強い。

 6時前に帰宅すると、息子が恐る恐る成績表を提出。。。なんとか許容範囲だったのでうるさいことは言わず。私のその反応が嬉しかったのか、「トイトイトイ」というデーモン閣下の歌をしばらく口ずさんでいた(笑)。

| | コメント (0)

2011年11月12日 (土)

メロン♪メロン♪

20111106 写真は、先日夫が、学園祭のフルーツ市で1,000円で買ってきたメロン。贅沢に4分の1に切り分けていただいた。メロン大好きな息子は結局、取り置き予定だった残り4分の1までペロリと平らげてしまった(笑)。例年、採算度外視の学園祭フルーツ市で、季節外れのフルーツを格安で仕入れていただくのが恒例になりつつある。ま、買ってくるのはいつもメロンなんだけど…happy01

 食べ物ネタをもう1つ。食欲の秋ということでCookDoの回鍋肉のCMにそそられて、息子も食べられるようにとピーマン抜きの回鍋肉を作ったら、夫が嬉しそうに一言。「CMで見て、ちょうど食べたいと思ってたんだよね~♪」―――あのCMにはかなりそそられる人が多い模様(笑)。

| | コメント (0)

2011年11月11日 (金)

曇り空のマラソン大会

 急にめっきり寒くなってきた。そろそろ床暖房を試運転してみようか…と思い始めた昨日、息子の学校のマラソン大会が決行された。半袖半ズボンの体操着をカバンに入れて、朝8時すぎにいそいそと会場に向かった息子。ちゃんと5km完走して、晴れやかな顔で帰ってくるかな~?とそわそわして午前中を過ごした。
 帰宅予定時間になっても一向に帰ってこないので、まさかオーバーヒートして倒れてるのでは…と心配になりつつ、「どっかで油売ってますかー?」とメール。30分ほどして「これから帰ります」と返信がきたけれど、いつもなら「ガソリンスタンド」とか返ってきそうな返信が何のボケもなかったもので、「こりゃ~、かなりお疲れだな…」と思った。
20111110 それでも、思いのほか元気そうに帰ってきて、「とりあえず飲み物!」との第一声。表彰式が長びいたのだとか。息子も無事完走できたそうで、よかったよかった。順位は息子の名誉のために伏せるとして、練習のときに1km7分前後だったタイムが、初の5kmマラソンで6分半くらいだったことを褒め称えた(笑)。順位を告げたときはなんだか恥ずかしそうにしていたけれど、「スゴイ!スゴイ! 短期間でこれだけタイム伸ばせれば、走り込めばグングン速くなるよ!」と言ったら、ちょっと嬉しそうだった。
 昼食後は、大いびきで昼寝して、あっという間に完全復活した息子だった。

 今日はマラソン大会翌日で学校はお休み。雨で一日じゅう家にいるであろうと思うと、ゲッソリ。。。gawk

| | コメント (0)

2011年11月10日 (木)

中学生の数遊び

 部活のない日に、また遅く帰ってきた息子。
「なに? また教室でカードゲームしてきたの?」と尋ねると、
「いや~、今日はちょっと面白いことしてた」と言う。
「何なになに?」
「えーっとね、“49って2*2と3*3をくっつけた数で、7*7だね”って話から、
 友達と、そういう数、他にないかな?って探してた」とのこと。
「169は、4*4と3*3をくっつけて13*13、
 361は、6*6と1*1をくっつけて19*19、
 1681は、4*4と9*9をくっつけて41*41、
 ここまで考えて疲れたから帰ってきた」のだそうだ(笑)。

 その後、その友達から携帯メールが入ったようで、その後の二人のやりとり。
「3249は、18*18と3*3をくっつけて57*57。4桁はたぶん他にはない」
「すごいね、よく見つけたね! 57が素数だったらカッコよかったのにね」
「確かに、素数じゃなくて残念too」

何をやっとるんだか……coldsweats01。若いうちは、いくら時間があっても足りないわけだね。
(そういえば、某光学機器メーカーの粉飾経理で世間は大騒ぎ。ドラマ「光る壁画」に感動したばかりだったのでショック。監査法人はよもや、大人の数遊びを微笑ましく見ていたわけではあるまいが…。)

| | コメント (0)

2011年11月 9日 (水)

貧血メモ

 昨日は、平成23年度の弁理士試験最終合格発表日だった。口述受験者1006人中721人が合格とのこと。最終合格まで漕ぎ着けた諸先輩方、おめでとうございます! 私も早くあやかりたい~! 試験勉強の継続にせよいい仕事をするにせよ、体力がものをいう。弁護士の誰がしかが、「弁護士は文系・医者は理系と思っている人が多いようですが、ハッキリ言って、どっちも体育会系です」と言っていたっけ。私もそう思う。その意味で、年々体力の衰える“寄る年波”は、私の一つの懸念材料。まぁ女性は、更年期を過ぎたらまたメチャクチャ元気になるようだから、ここ数年の健康管理が重要かもしれない。

 日曜の朝、久々に貧血が起きた。外出するために電車に乗った途端、クラ~っときて、「あっ!いつものアレだ」と直感し、意識不明になる前にドア脇に座り込んだ(周囲の誰も声かけてくれなかったけどsweat02)。幸いフラフラしつつも意識を失うことはなかったため、次の停車駅で途中下車。近くのベンチまでなんとかたどりついて、そこでしばし休んだあと、歩ける状態になった段階でトイレへ。全身から脂汗が吹き出し、寒いような暑いようななんとも気持ちの悪い感覚のまま、荷物を扉にひっかけて首回りやウエスト周りをゆるめた。20分ほどでどうにか回復したので、そのまま目的地に向かったけれど、いやはや、何度経験しても嫌なものだ。
 これまでにも2回ほど、地下鉄車内で一瞬意識を失ったり、子どもを背負ったまま室内で後ろ向きに倒れたりと、突拍子もない貧血を起こしたが、今回は精神力で、倒れるところまではいかずに持ちこたえた感じ。最初の貧血のあとはさすがに病院で相談したが、特に原因は特定できないまま。2回目と今回を経験して、なんとなく、思い当たるフシが2点ほど。
 1つは排卵期。今回などは見事に時期が一致する。普段は極めて健康そのものの私も、このバイオリズムによる変調だけは毎度頭が痛い。「いつものこと」と頭痛や腰痛だけは速攻痛み止めで封じ込め、意識の外へ追いやるけれど、排卵期の身体のむくみや火照り、時折起こる貧血は、ただやり過ごすよりほかない。
 2つ目は、特定物の摂取。前に「ヘルシア」を飲んだ翌日、ひどい貧血を起こしたのだが、今回も、前日に生姜とハチミツとプルーンを煮込んで飲んだのだ。何に反応しているのかわからないが、何か苦手な特定物があるような気がする。

20111104 先日、「乳がん検診は受診されましたか?」という督促ハガキが届いた。ひどく過保護にされている気分になったが、こういうことがあると、ちょっと気弱になって、「やっぱり受けておこうかな?」という気が頭をもたげる。しかし、喉元過ぎればなんとやらで、またも放置状態。目に見えないものを見つけるメリットと、目に見えないもので見るデメリット、人によってその天秤の支点は違うのだろうけれど、私の場合、どっちに傾くのか…?(スミマセン、こんな健康診断に不真面目なことを書くと、常識的な人からお叱りをいただきそうですが、“肺がんの疑いあり”で何度もレントゲンを撮ったあげく、結局なんでもなかった…なんていうケースをいろいろ見ているものでして…sweat01)。

| | コメント (2)

2011年11月 8日 (火)

マラソン大会直前

 おそらく今日が、息子のマラソン大会前の最終練習日。これまで何のスポーツ経験もない割には、まぁ個人的には健闘しているのだろう(と信じたい…)。夏休み明け以降、聞き出せた範囲での記録は以下のとおり。

9/15 2.2km/30分 (13分36秒/km)
9/17 2.5km/20分 (8分/km)
9/27 2km/14分  (7分/km)
9/29 2km/14分  (7分/km)
10/4 2km/12分  (6分/km)
10/6 3km/23分40秒 (7.8分/km)
10/11 3km/21分20秒 (7.1分/km)
10/13 3km/20分3秒 (6.7分/km)
10/27 3km/20分55秒 (6.9分/km)
10/29 4km/28分  (7分/km)

 最初の頃のビックリ仰天タイムに比べれば、少しずつ少しずつでも記録は上向き。結局一度も5kmを走らないまま本番だそうで、心許ないけれど、がんばれがんばれ! 高校卒業までに、6分の壁、5分の壁、4分の壁を越えられるといいね!

| | コメント (0)

2011年11月 7日 (月)

キッチン・アクシデンツ

 息子のお弁当作りが日々の日課になって、キッチンに立つ時間がやや増えたのに伴って、アクシデントの機会も増えている。まぁ、朝よりは夜の方がボーッと調理しているので、事故としては夜の方が多いのだけど。。。
 先日、大根おろしをしていて、右手中指の先端も一緒におろしてしまった! 陶器のおろし器だったので、それほど悲惨なことにはならなかったものの、右手中指はPCのタッチパッドで酷使するので、しばらく難儀させられた。
 それ以前にも、うっかりフライパンの持ち手に引っ掛かり、落ちそうになるフライパンを、さえ箸を持ったままの右手首で咄嗟に支えた拍子に、ジュジュッと右手首を焼いてしまったこともある。帯状の火傷ができてしまい、かさぶたになって消えるまで2か月以上かかった気がする。
 カボチャを切っていて指までザックリやってしまったり、キュウリをスライサーにかけていて指もご一緒してしまったり、ネギを刻んでいて爪も一緒に刻む…なんて日常茶飯事(ホントかっ?!)。いかに私が不器用か、容易にご理解いただけることだろう(苦笑)。
 夫がよく、「料理上手の奥さんと結婚すると、人生が数倍豊かになるよね」という言葉を口にする。もちろん、私への痛烈な当て付けなわけなのだが、最近では「そんなの、自分で料理上手になって、自分で人生豊かにすれば?」と開き直り、指の皮だけでなく面の皮もどんどん厚くなっている(笑)。Docomoタブレットか何かのCMで、タブレット越しに女性に起こしてもらった男性が、「もうちょっと早く起こしてよ~」と言っているのを聞いたときなど、「目覚ましかけて自分で起きろや、ボケ~!」と思ってしまった。ソクラテスもビックリの悪妻丸出し。
 かように女性というものは、日々の営みによって鍛えられるわけなのだが、早起き鍛錬だけは、習慣以上に季節にも左右されてしまうようで。。。夏→秋→冬と、だんだん日の出時刻が遅くなるにつれ、朝、布団を抜け出すのが辛くなる。「雪国の朝に比べれば…」と眠気マナコの自分を叱咤しつつも、真っ暗な中を静かに起き出すというのは、一番難度の高い修行かもcoldsweats01。これからの季節は、朝もボーッとしてしまいそうだけれど、アクシデントは極力避けたいものです~。

20111102 
 上記大根おろしをした原因は、こちら。小栗旬君がCMで“したり顔”で食べていた、ハクサイと豚バラのミルフィーユ鍋。これは、楽チンでおいしくてよかったんだけどなぁ~。

| | コメント (2)

2011年11月 6日 (日)

法律改正の概要

20111101_2 本日のLECによる無料イベントに備え、特許庁が法改正説明会の時に配布したテキストのデータをダウンロードして小冊子化し、概要部分だけ読んだ。
 わかりやすくまとめられており、「現行制度の概要及び問題の所在」というのが、図表とともに解説されていてありがたかった。ザッと見状態のときにわからなかったことがわかった部分もあるが、追加でわからなくなったこともあり、イベント前の予習としてはまずまず。以下、イベント聴講時の留意点。

□ 裁定請求された場合、長官はどうやって通常実施権者の存在を把握して意見を述べる機会を与えるのか?(これは改正前からの疑問)
□ 国内優先権主張や出願変更の際、仮通は自動的に引き継がれるのに、仮専は再登録しなければいけないのか?
□ 冒認・共同出願違反の移転請求ができるようになるのはいいが、クレームの態様が、自身の求めるクオリティに達していないような場合も、移転してもらうしかないのか?
□ 審決予告の際に訂正請求されたとして、それに対して無効審判請求人が意見したり審理が再開したりすることはないのか?(審決予告は一度きりなのか?)

 本資料を読んで驚いたのは、冒認・共同出願違反された企業・大学が40%近くもあるということ! 共同研究は、なぁなぁで始めちゃいかんなぁ~と思わされた。また、ライセンス契約の契約書も厳重管理する必要性を感じたし、訴訟での証拠集めは時間との勝負で自己責任が重いなぁ~とも思った。
 それと、訂正にまつわる「一覧性欠如」の問題は、これまでどうやって処理されてきたのか不思議。“請求項ごと”と“一体不可分”の処理が入り乱れて、わけわからん状態。改正後も入り乱れ状態には変わりなく、どのくらい改善されるのかが想像つかない。クレームと明細書の書き方で、その後の訂正の苦労は天と地ほども違いそう。。。
 各種料金の引き下げは、企業には歓迎されることなんだろうが、欧米の出願の半分以上がグローバル出願なのに対し、日本のグローバル出願は20%程度にとどまっている状況で、権利取得・維持費用の国際比較をされても、いまいちピンとこない。今回の引き下げで、国外に打って出る率は高まるんだろうか?

 実務家の方々は、もっともっといろんな問題を抱えながら仕事されてるんだろうと思うと、法律改正って大変なんだろうな~と能天気に思う。それにしても、TLO法とか産活法とか中小ものづくり高度化法とか、見たことのない法律がいろいろあって(自分で見りゃいいんですがsweat02)、大学や中小企業内で、これらを把握してる人ってどのくらいいるんだろう?というのも素朴な疑問でありました。
 今日これからの解説で、少しは上記疑問点が解消しますように―――!(それにしても、4時間の講座が無料なんて、LECさん、太っ腹~♪ 改正法文集もとっても重宝しております!)

【後日譚】 いやぁ、すごい人でした。関東だけで500人前後の人が集まったとか。それだけ改正法を注視する人が多いということか。。。自分ひとりでは気づかない点などにも触れていただき、有意義な時間でした。

| | コメント (0)

2011年11月 5日 (土)

ギリシャの思い出

20111104_1 ギリシャの財政危機をめぐって、国際社会が騒がしい。国民投票だの首相信任投票だので、包括支援策を受け入れるか否かでてんやわんやの模様。
 我が家には、私のお気に入りの置き物がいくつかあるが、その中に、ギリシャの露店で買った写真のような置き物がある。一つは間違いなくフクロウなんだけれど、もう一つが馬なんだかキリンなんだか、いまだによくわからない。どちらも、見た目よりずっとずっしり重い。これらの、なんだかしっとりした趣が心を落ち着かせてくれるようで、ずっと手放さずにいる。
 「これ、いつ買ったんだっけ~?」と思い出せず、昨日は久しぶりに昔のアルバムを引っ張り出してしまった。息子が生まれて以降、自分自身のアルバムはまったく更新されないままになっているもので、いつ頃の写真がどこに貼ってあるのか全然わからない。あれこれと取っかえひっかえしてみたら、出てきた出てきた。
20111104_2 1988年2月21日に、パルテノン神殿を観光したときの写真が数枚あった。小中高と一緒だった友人と二人旅をしたときに買ったのだった。
 ギリシャの思い出として覚えているのは、広い空と一面のオリーブ畑、巨大なアイスクリーム屋さんと巨大なアイスの山。どっかの島に渡って、白い壁の家々を見たような気もするし、「イカ焼き~」とか(日本語で)叫んでいたおじさんや、大量のネコがいたようないなかったような…。納戸の奥底にしまってある雑記帳を引っ張り出せば、もうちょっと詳しい記録が残っているはずなんだけれど、そこまでする気も起きず。ただ、写真を見て、広い空と、すご~くのんびりしたお国柄をぼんやりと思い出した。メジャーな観光地しか見ていないから、ひたすらのどかに感じられたのかもしれないが、時間的にとても豊かに見えたあの国が、四半世紀のうちにこんなことになってしまうとは……(…って、日本も他人事じゃないんだよなぁ)。

 そういえば、我々が赤ん坊の頃は35億人だった地上に、いまや70億人のヒトがいるのだとか。。。全然実感わかないけれど、この繁殖率って、生物学的に見てスゴイのかな?大したことないのかな?

| | コメント (0)

2011年11月 4日 (金)

読書週間の直前に…

 10月27日~11月9日は読書週間だというのに、その直前、近所の本屋さんが潰れた。友達が大挙して引っ越してしまったような、なんとも寂しい出来事。絶好のロケーションで大通りに面した角地で、いつもお客さんがいるように見えたのに、経営は厳しかったのか…。
 本の流通は、ネットに押されて年々問題が深刻化していたのだろうけれど、それにも増して、読書する人が減っているのも一因なのかな?
 読書は、著者やその本に携わった人と“心の友”になることだと思っているが、この時代、わざわざ本の中に友達を探さなくとも、興味関心や趣味などを通して、SNSやら何やらでもっと手っ取り早く友達を見つけられるから、友達に飢えるってことがないのか? 娯楽としての読書は、TVやゲームに浸食されているしなぁ。また、本作りにもスピードが要求されて、丹精込めた本作りがしづらくなっていることも要因かも。
 …と、活字離れ・本離れの原因を考えだせばキリがないけれど、逆に、ネット書店で僅少本を簡単に入手できるようになったことはすごくいいことだとも思え、複雑な心境。少なくとも、私のまわりには本好きな人がたくさんいるし、きちんと装丁を施された書籍の存在感は、電子書籍には代えがたいんだけれど、街の小さな本屋さんは、今後のことを本当に真面目に考えないと、厳しいだろうなぁ。。。

 あの書店の跡地にはドラッグストアが入るという噂だが、通り隔てた向かい側にはマツモトキヨシがあるんだけど……規制緩和のせいか、ぐるり見渡すだけで6~7軒の薬局がある。ふと、弱肉強食のサバンナにいるような錯覚。。。(TPPはどうなるか?)

| | コメント (0)

2011年11月 3日 (木)

AKB総選挙?!

 月曜の息子の携帯電話に…「AKB総選挙!」なる件名のメールが。。。
最近は、メールの内容を無断で読むと猛烈に怒るので、いちいちお断りを入れてから。
「なにこれ?」
「AKB総選挙。“明後日”“観光したい”“場所”総選挙だよ」
 創立記念日の代休で学校がお休みになる水曜日を前に、クラスメイトでまたお出掛け計画が発動したそうで。候補地がいくつか挙げられ、そこから選んで多数決で決めるのだとか。

 ここ最近の私の心配の種は、息子の友達関係だった。文化祭以降、ほとんど部活に顔を出そうとせず、(部長さんが代変わりして休閑期間なのかもしれないのだが)、休日といえば小学校時代の友達と遊ぶばかりなので、「中学でちゃんと、大事なことを真面目に話せる友達ができてるのかな?」「部活、こんなユルユルでいいのかな?」と気になって気になって仕方なかった。
 けれど、10月下旬にクラスメイトと終日遊びに出た際に撮った写真を後から見せてもらって、ちょっと安心した。一緒に写っていた同級生が、みんな明るく優しい表情の男の子たちで、とても楽しそうだったから。少しずつ、いろんな話をするようになっているみたいだし、テストの点なんかも開けっぴろげで、問題を出し合ったり、わからないことを教え合ったりもしている様子。部活の方の心配は尽きないけれど、彼は彼なりに考えて、学校生活を楽しんでいるんだろう…。部活バカだった私には永遠に理解不能な暮らしぶりだけれど、とにかく、仲間を見つけて、興味のあることをとことんやってくれればいいな…。
 昨日はそんなわけで、またまたクラスメイト5人で終日科学技術館三昧。先日のリスーピアといい今回の技術館といい、渋い選択(笑)。映画とか遊園地とかフットサルとかじゃないんだね?sweat01

 文化の日の今日は、小学校の友達と、駒込にある女子校の文化祭へ行くそうで(汗)。奥手で出不精だと思っていたのに、ずいぶん行動範囲が広がってきましたな。。。coldsweats01

| | コメント (0)

2011年11月 2日 (水)

YouTubeとPSP

 先日遊びに来ていた息子の友達が、PSPでいろんな動画を再生していた。お笑いの動画やらアニメを次々と息子に披露して、二人でケラケラと笑い転げている。私が、「何見てるの?」とチャチャを入れたら、その友達が嫌がりもせずに丁寧に説明してくれた。
「YouTubeにあった面白い動画をPSPに移して見てるんです。アキバでソフトとケーブル買ってきてパソコンにつなげば、すぐできますよ」
 ほぉほぉ。今どきの中学生はそんなことも朝飯前なのか?! そういえば、以前お世話になったライターさんが、大量の録画アニメをPSPに移して、移動中も観てたっけ。それにしても、ストリーミングの映像をダウンロードして保存しちゃうって、著作権的にはどうなんだろう? 違法ダウンロードに当たる場合も出てきそうで、ハテナマークが脳内に大量発生。子どもはおそらく、そんなことは露とも思わず、技術的にできるからやっているのだろうけれど、大人として何か言っとくべきなのか…?
 結局そのときは何も言わずじまいにしてしまったが、マジコンやらプロアクションリプレイやらの流れで、気になることが累積して気持ち悪い。暗号解読のように、どんな技術的制限をかけても、いたちごっこで破られてしまうのかもしれず、それを追いかける法律も大変だ。何より、子どもにどう説明すればいいかがはっきりしないのが一番困る。

| | コメント (0)

2011年11月 1日 (火)

日比谷図書館は11/4オープン!

 今日から早くも11月?! 早い、早い、早すぎる~!
 今月は文化の日やら勤労感謝の日がある上、息子の学校の創立記念日やその代休、短縮授業やマラソン大会、保護者会&懇親会にプラネタリウム見学、日曜の予備校訪問など、なんだかバタバタしそうな予感。

 そんな中だが、今週金曜、ついに日比谷図書館がリニューアルオープン! ホームページも新しくなった模様。開館したら即行ってみようと思っていたのだけれど、ホームページを見て愕然。“特別研究席”なる勉強机が、なんと有料になっている! 終日利用で1,200円って…sweat02。無線LANも完備だし、レストランやカフェもあるから、終日フルに居座れることは確かなのだが、この席料は単なる試験勉強にはちょっと贅沢すぎ。一日かけて徹底的に調べものや資料整理をするような単発での利用を想定してるのかな? 到底常連にはなれそうにない哀しい一般人…。セミナールームは比較的割安かもしれないが、使う予定もなし。当面行くことはなさそうだけれど、館内のレストランは丸善プロデュースだというし、ショップやカフェもいい雰囲気のようなので、一度はヤジ馬で覗いてみたい。
 それにしても、息子の電子辞書に大量の著作権切れ書籍のデータが入っているのを見たりすると、都会の一等地の書架スペースがなんだかすご~くもったいなく感じられてしまうなぁ(苦笑)。

| | コメント (2)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »