« 法律改正の概要 | トップページ | マラソン大会直前 »

2011年11月 7日 (月)

キッチン・アクシデンツ

 息子のお弁当作りが日々の日課になって、キッチンに立つ時間がやや増えたのに伴って、アクシデントの機会も増えている。まぁ、朝よりは夜の方がボーッと調理しているので、事故としては夜の方が多いのだけど。。。
 先日、大根おろしをしていて、右手中指の先端も一緒におろしてしまった! 陶器のおろし器だったので、それほど悲惨なことにはならなかったものの、右手中指はPCのタッチパッドで酷使するので、しばらく難儀させられた。
 それ以前にも、うっかりフライパンの持ち手に引っ掛かり、落ちそうになるフライパンを、さえ箸を持ったままの右手首で咄嗟に支えた拍子に、ジュジュッと右手首を焼いてしまったこともある。帯状の火傷ができてしまい、かさぶたになって消えるまで2か月以上かかった気がする。
 カボチャを切っていて指までザックリやってしまったり、キュウリをスライサーにかけていて指もご一緒してしまったり、ネギを刻んでいて爪も一緒に刻む…なんて日常茶飯事(ホントかっ?!)。いかに私が不器用か、容易にご理解いただけることだろう(苦笑)。
 夫がよく、「料理上手の奥さんと結婚すると、人生が数倍豊かになるよね」という言葉を口にする。もちろん、私への痛烈な当て付けなわけなのだが、最近では「そんなの、自分で料理上手になって、自分で人生豊かにすれば?」と開き直り、指の皮だけでなく面の皮もどんどん厚くなっている(笑)。Docomoタブレットか何かのCMで、タブレット越しに女性に起こしてもらった男性が、「もうちょっと早く起こしてよ~」と言っているのを聞いたときなど、「目覚ましかけて自分で起きろや、ボケ~!」と思ってしまった。ソクラテスもビックリの悪妻丸出し。
 かように女性というものは、日々の営みによって鍛えられるわけなのだが、早起き鍛錬だけは、習慣以上に季節にも左右されてしまうようで。。。夏→秋→冬と、だんだん日の出時刻が遅くなるにつれ、朝、布団を抜け出すのが辛くなる。「雪国の朝に比べれば…」と眠気マナコの自分を叱咤しつつも、真っ暗な中を静かに起き出すというのは、一番難度の高い修行かもcoldsweats01。これからの季節は、朝もボーッとしてしまいそうだけれど、アクシデントは極力避けたいものです~。

20111102 
 上記大根おろしをした原因は、こちら。小栗旬君がCMで“したり顔”で食べていた、ハクサイと豚バラのミルフィーユ鍋。これは、楽チンでおいしくてよかったんだけどなぁ~。

|

« 法律改正の概要 | トップページ | マラソン大会直前 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いや、お恥ずかし。
生傷の絶えない私の手、
かわいそうです~。

投稿: Taraco | 2011年11月 8日 (火) 05時24分

ハハハ!笑いました!
我が家も同じかな?
お大事に!

投稿: Y.Mita | 2011年11月 7日 (月) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 法律改正の概要 | トップページ | マラソン大会直前 »