« ミョウガの香り | トップページ | 「かえる」のお守り »

2013年8月31日 (土)

老子の言葉

 もう夏休み終了まで数日しかないのに、宿題はやっと折り返し地点を過ぎたくらいの息子sweat02sweat01
 この夏の英語の宿題の一部に、国公私立4校の高校入試の問題の抜粋を訳して、問題を解く、というのがあった。取り上げられた文章の内容が各校様々で面白かった。ある高校は、毎年孫に本を贈ったおばあちゃんの話。ある高校は、湖のほとりに住む老夫婦をめぐる殺人事件の話。ある高校は、仕事選びに関する考察。ある高校は、宇宙の成り立ちの理解に関する進歩の話。どれも手ごわい文章で、「今どきの高校入試って、こんなに難しいんだ!」と驚いた。
 息子は、各学校の問題文の選定について、「この学校のは面白い!」「この学校のは説教くさい」「この学校のは記憶に残らない」「この学校のは夢がある」など、勝手に品評していて笑えた。
 このうちの、仕事選びに関する文章の中に、老子の言葉が引用されていてシビれたのでメモ♪。
-----------------------------------------------------------------------
The master of the art of living makes little distinction between his work and his play, his labor and his leisure, his mind and his body, his education and his recreation, his love and his religion. He simlpy pursues his Vision of excellence in whatever he does, and he leaves others to decide whether he is working or playing. To him, he is always doing both.
-----------------------------------------------------------------------
 いまだ中学生レベルの英語力の私、面白くてついつい全部読んでしまったが、私もヒマだな……coldsweats01

|

« ミョウガの香り | トップページ | 「かえる」のお守り »

息子の中高一貫ライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミョウガの香り | トップページ | 「かえる」のお守り »