« 物々交換(^^;; | トップページ | カモメの学校 »

2013年11月 6日 (水)

「スティーブ・ジョブズ」

 先月末にガンの検査をした友人から、良性だったという結果を聞いて、ホッと一安心。で、その友人と映画「スティーブ・ジョブズ」を観てきた(膵臓ガンで亡くなった人の映画を観に行くのもどうかと思ったが、趣味が一致したためcoldsweats01)。TOHO六本木ヒルズにて。まだ電子書籍『Steve Jobs』の方は II 巻目途中なのだけれど…(汗)。

 アシュトン・カッチャーの“なりきりぶり”だけでも一見の価値ありだと思う♪ ジョブズのあの色気のある眼光と佇まいを活き活きと演じてくれていた。ストーリー自体は、書籍を読んでいるせいもあるかもしれないが、正直スカスカ過ぎて、多分背景をあまり知らない人が見たら「何のこっちゃ?」という感じだと思う。でも、実家のガレージの雰囲気とか、Apple社内の様子とか、ジョブズの自宅の感じなど、想像だけしていたものが映像としてインプットされて、より鮮明にイメージできるようになった。泣けたのは、共同創業者のウォズニアックがAppleを去ることをジョブズに報告に来たシーン。ウォズニアックってホントに素敵な人なんだろうな~…と思うと同時に、この2人を引き合わせた“巡り合わせ”こそが奇跡だな~と感じた。
 一緒に行った友人は、まだ知り合って1年弱なのだけれど、「あー、ハンダ付け、小学校のときによくやったわ」とか「ブロック崩し、なつかし~♪」とか、年代バレバレな感想をかっ飛ばしてくれて、私よりかなり年下と思っていた認識を改めさせられた(笑)。
 もう一作、ジョブズの映画が制作されていると聞くけれど、個人的には、過去のジョブズのプレゼンとか、AppleのCMとか、雑誌等のインタビュー記事など、可能な限りのホンモノの映像資料や文字資料を全部寄せ集めて見せて欲しいと思ってしまう(ボブ・ディランのデジタル・ボックス・セットみたいに)。

 さぁて、書籍の II 巻も残りを一気読みするぞぉ~♪

|

« 物々交換(^^;; | トップページ | カモメの学校 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 物々交換(^^;; | トップページ | カモメの学校 »