« 旧友とぶらぶら散策 | トップページ | SHERLOCK »

2014年3月17日 (月)

失望と責任の所在

 STAP細胞の論文の件―――
 よもやあそこまでとは想像しておらず、ナイーヴな若者を擁護するとかいうレベルの話ではなくなってしまいました。
 大学の教育、研究所の倫理、共同研究者や雑誌の査読者の責任――単なる個人の未熟や油断とかいう話にとどまらず、様々なところに飛び火しているようで。。。まだまだ芋づる式にいろんな事実が露呈してきそうで、再生医療業界から政財界にまで広がる一大スキャンダルの様相まで囁かれているらしく。。。純粋で一途な科学者像に憧れる者としては、なんともいたたまれない気持ちです。また、このタイミングで、アメリカではES細胞の不正特許が成立して問題になっているのだとか。。。今回の件の特許も、もし成立してしまっていたら、日本でも同じことになったのだと思うと、問題の根深さに、空恐ろしくなってしまいます――。
 友人が、「まるでベル研事件だね」と言っていたので、事件内容を引き比べてみたところ、本当によく似ていて驚きました。ベル研事件にも利益相反の問題が絡んでいたのか否かはわかりませんが、これらが氷山の一角でないことを祈るばかり。。。長大なミステリー小説が書けそうな展開です。
 失墜した各所の信頼、杜撰さの目立つ日本の科学界の問題、優秀なポスドクがパーマネント・ポストを得られない構造、果ては日本の教育の質や、基礎研究冷遇の予算割り……そんなもの全部が絡み合った末の悲劇なんでしょうか…?! 本当に、洗いざらい裏の裏まで明らかにしてもらい、真相究明されないことには、寝覚めの悪い日が続いて気持ちが悪いです。報道に携わる人には、こんなときこそ、事の本質を突く、丁寧で正確な取材をお願いしたいものです。
 まぁ、再発防止策としては、手近なところからは、学生への著作権教育ではないでしょうか?!

|

« 旧友とぶらぶら散策 | トップページ | SHERLOCK »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旧友とぶらぶら散策 | トップページ | SHERLOCK »