« 野次 | トップページ | 表計算週報#23 »

2014年6月27日 (金)

AR

 先日、TVにAR開発者の川田十夢さんが登場し、AR技術について紹介していました。
 記憶にある限り、私が最初にARに触れたのは、息子がNintendoクラブの景品か何かでもらったプリントに、3DSをかざしたら、ポリゴン・マリオが現れたのを見た時だったような気がします(何年前だ?!)。
 AR技術を使った最近の事例をいろいろ見せてくれましたが、ずいぶん凝ったものがたくさんあって面白かったです。要は、「何かのマークを認識するプログラムを走らせて、そのマーキング認識をトリガーに、別のプログラムを走らせる」ということらしいですが、アイディア次第でいろんなことができそうです。
 当番組で、川田さんと対談していた津田大介さんは、ドラゴンボールのスカウターの話をされていましたが、そういえば、アニメ「東のエデン」でのARの使い方も印象的でした。お二人が、「こんなこともできる」「あんなこともできるかも」…とアレコレ次々とアイディア出ししている様子が微笑ましく、小学生がドラえもんの“ひみつ道具”を考案している様と大して変わらないな…とクスクスしてしまいました(笑)。

|

« 野次 | トップページ | 表計算週報#23 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野次 | トップページ | 表計算週報#23 »