« 弁理士の日 | トップページ | 「水の彫刻」展 »

2014年7月 2日 (水)

メルエム&コムギ…涙涙…

 日曜の昼間にやっていた頃はフォローしていたアニメ「HUNTER×HUNTER」、深夜枠に移動してからはすっかり遠のいてしまっていたのですが、ずっと気になっていたのは、メルエムと小麦の最期のシーン。漫画を読んだとき、その究極のプラトニックぶりに涙が止まらなかったので、アニメではどんな感じになるのかなぁ~?と思っていたのでした。
 すると、先日の夜、リビングでPCに向かう私の脇で、TVをパチリと点けてDVDを操作する夫―――、始まったのはなんと、「HUNTER×HUNTER」の件のシーンだったのです!(夫の粋な計らいに感謝…笑)!
 もうPCそっちのけでTVに釘付け……。
 ただ二人で、“軍儀”という囲碁のような将棋のようなものを打ち合うだけのシーンなのですが、コムギが、
「私はこの日のために生まれてきた」
「私のようなものが、こんなに幸せでいいんでしょうか…?」
と、自分がこの世に生を受けたことへの感謝の言葉を発し、一緒に戦略の至高を臨める相手に出会えた幸運に歓喜するシーン―――。メルエムもまた、コムギとまったく同じ気持ちであることに開眼する。。。もうわけもなく、ポロポロと涙が止まりませんでした。
 伝染性の毒に侵されたメルエムと、向き合って“軍儀”を打ち続けるコムギ。もはや駒を持つことすらできないほどに衰弱しても、最後の最期まで頭の中で“軍儀”を打ち続け、やがて眠るように逝くメルエムと、それを見届けて自らも逝くコムギ……。あ~、なんだかすごく美しいものを見て、涙がポロポロ流れ落ちるのと同じ感覚でした。“キメラアント編”は、お世辞にも子どもに見せられる代物とは言えないんですが、メルエム&コムギの関係性については、ぐぅの音も出ません。至高にはほど遠い凡人でも、こういう関係性に触れて感動できるのって、不思議なことですねぇ~。ありがとうありがとう。

|

« 弁理士の日 | トップページ | 「水の彫刻」展 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 弁理士の日 | トップページ | 「水の彫刻」展 »