« パノラまち博覧会 | トップページ | ハワイのおみやげ »

2014年10月14日 (火)

不親切な検診結果

 先週末、子宮がん検診と乳がん検診の結果票が送られてきました。
 子宮がんについては、「1.精密検査は必要ありません。」との結果。これはまぁ、特に異常はなかったんだな…と納得したのですが――。
 乳がんについては、「2.軽度の変化はありますが、心配ありません。」とのこと! その他の情報は一切なし。こんな風に書かれたら普通、「“軽度の変化”って何?」と思わないでしょうか? せっかくX線写真を撮ったのだから、せめてどの辺りのどんな部位に、どんな変化があるのかを、画像で見せるなり、文章で説明するなりしてくれないと、ただ不安を煽られるだけなのですが。。。
 そもそも、“軽度の変化”って何? マンモを受けるのはこれが初めてなのに、“変化”って?。何の異物も映らないのが正常状態だとしても、「右乳房上方右寄りに2mmほどの円形腫瘤が見られます」とか、「血管に1mmほどの石灰化が見られます」とか、(まぁ知ったところでどうしようもないのは確かですが)、もう少し具体的に把握したいと思うのは私だけ??
 カテゴリー3,4,5のような、明らかな異常や悪性のものが見つかったときだけ警告するのが検診の役目と思われているのかもしれませんが、もう少し親切な検診結果のフォームを期待します~。

|

« パノラまち博覧会 | トップページ | ハワイのおみやげ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パノラまち博覧会 | トップページ | ハワイのおみやげ »