« 義母のバースデー | トップページ | 愛ちゃんの試合 »

2016年8月16日 (火)

映画「君の名は。」

20160813 先日、新海誠監督の「君の名は。」の試写会に行ってきました(at 一ツ橋ホール)♪ 受験勉強中の息子を誘い出すという、顰蹙の母――(苦笑)。

 新海監督の久々の新作に、大いなる期待を抱いて赴いたわけですが、新海節健在で、期待通りの大満足でした! ロードショー前なので、ネタバレは控えますが、人と人との不思議な縁(えにし)と、時空を超えて伝播する強い想い、切ない恋心、心象が切り出す風景の美しさ…それらが、笑いと緊張と満足を織り交ぜて楽しく鑑賞できる作品になっていました。
 先日、友人と四谷駅周辺を散歩したばかりだったのですが、この映画の中にも(プロデューサーの川村元気さんのご希望か?!)四谷周辺の景色がたくさん出てきて、尚更インパクトが強かったです♪ それにしても、飛騨は、「氷菓」の聖地になっているのに、また本作でも舞台として採用され、名作の聖地として知名度120%上昇中?!…(笑)。
 息子は、「サマーウォーズ」以来の興奮ぶりで、「いやぁ~、おもしろかった!」と何度もつぶやき、帰宅後すぐに、本編小説とスピンアウト小説の2冊をamazonで注文。「26日のロードショー当日に、もう一回観に行きたいな!」と言っていました(舞台挨拶付上映に応募中!)。
 受験生に、いけない刺激を与えちゃったかな…と思いつつ、私も息子同様、もう一度、映画館の大きなスクリーンで見返したい気持ちでいっぱいです(苦笑)。
 新海監督、スタッフ・キャストの皆さま、お疲れ様でした&ありがとうございました~!

【端緒】 先日、小説版『君の名は。』を読んでいた息子が、「ぎゃぁ~っ!」と呻くので、「何事??!」と訊いたら、「この前の模試の国語で、“たんしょ”って漢字が出たんだけど、わからなかったんだよ。で、今、小説読み始めたら、2章のタイトルが“端緒”だった…」と、悔しそうにしていました。「…それはまだ、~の端緒に過ぎなかった…」なんて、ミステリーの常套句かと思ってましたが、知らなかったのかぁ~?!

|

« 義母のバースデー | トップページ | 愛ちゃんの試合 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 義母のバースデー | トップページ | 愛ちゃんの試合 »