« ベンチャー・スピリッツ…『志高く』 | トップページ | 義父の退院 »

2017年10月14日 (土)

pro bono publico

 苦労して復職し、やっとこdouble incomに戻ったのも束の間、2年ともたずに再びsingle incomeに戻った我が家。昨今の家計の収支バランスは、支出側に大きく偏っています。親の介助で実家に通う交通費や、差し入れの食費、入院費の立替なども結構ばかにならず、single incomeというよりもdouble outgoといった趣sweat02。毎月数十万のお金を引き出す作業を続けていると、医療費についてはいずれ精算してもらえると見込んではいても、支出癖が付くというか、残高が減ることへの感覚が麻痺してきてしまうようで、精神衛生上よろしくない気がします。
 スマホ上で財務管理している夫が、先日、画面を見つめてつぶやいていました…「最近はちょっと厳しいな…」――。
 本格的介護をしているわけでもないから、私がもうちょっと家計に貢献できるように働けばいいのでしょうが、いつ何時、緊急対応で周囲に迷惑をかけるか知れないと思うと、大した仕事を入れるわけにもいかず…(涙)。そんな折、友人が送ってくれた小冊子に、「pro bono publico」というラテン語が紹介されていました。日本では“プロボノ”と略して使われることが多いようで、簡単に言えば「仕事の技術をいかしたボランティア」だそうです。自分の現在の状況はきっと、「pro bono publicoの季節」なんだな…と、漠然と思いました。稼げないけれど、これまでの経験を活かして、わずかながら何かに貢献する仕事をする状態。。。相方さんには一方的に苦労をかけてしまいますが、せめて、この期間にできるだけ信頼を蓄積できるよう、腐らず前向きに取り組んでいきたいと思います~!

【義父の頸動脈狭窄】 昨日、造影剤を入れて左足の付け根から行ったカテーテル検査の結果、右足の腿の太い血管がほとんど消えかかっているのが判明。しかしそれ以上に、水曜に行った脳のMRI検査の結果、左首の頸動脈がほとんど詰まっており(右目の視野欠けはこのせいだろうとのこと)、脳内も“隠れ脳梗塞”状態とのこと! 頸動脈の狭窄は、緊急で対応する必要があるため、来週もう一度、脳神経外科の先生と対応を相談することとなりました!!shock

|

« ベンチャー・スピリッツ…『志高く』 | トップページ | 義父の退院 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベンチャー・スピリッツ…『志高く』 | トップページ | 義父の退院 »