« 水道あんしん診断 | トップページ | 義父の腎臓検査と老健見学 »

2017年11月15日 (水)

『インターネットの法と慣習』

20171108_2  先週、ふとamazonで衝動買いした『インターネットの法と慣習』を読了。なんと、古本として1円で買ったのですが、存外面白くて勉強になった上、“もったいない本舗”という販売者の“しおり”まで付いてきて、申し訳なくなってしまいました(笑)。
 個人的には、前半の、「規範や法についてどう考えていくべきか」という話が面白かったのですが、後半は、「基本的人権確保のため、もっと政治参加を!」と発破をかけられた気分。

 印象的なフレーズを3つだけ抜粋。
・(26ページより)
 日本においては「法」はいつも「既製品(ready-made)」として外国からやってきていた。…私たちが現在依拠している法律も、明治時代に欧州から輸入してきたものだ。だから、形式的にはそうでなかったとしても、実質的には、私たち日本人にとって「法」とは、私たちの代表の意見が反映したものでも、私たちの社会契約から成立したものでもなく、常に「誰かよその偉い人」が作り出したものだったわけだ。
・(29ページより)
 だから、法律を学ぶ人は、法律について学ぶ基礎として、社会や、歴史や、経済や、人間の心理について知らなければならないことになる。…法律を学ぶこと自体が目的になったりしてはいないだろうか。
・(32ページより)
 具体的な「正しさ」をつかさどるのが裁判所の仕事。裁判所は、古い歴史の中から抽出された法(law)と人が定めた法律(statute)とを調和し、具体的事件に適用し、妥当で適切な状態(justice/right)をもたらすことを仕事にしている。

 次は、あるブログに触発されて、『北川一成の仕事術』というムックを読もうかな?とも思いましたが、それを紹介してくださっていた記事だけ読んで、満足してしまった感じ(笑)。

20171114_220171114_1  【クラウドツリー】 昨日の朝は、スカイツリーがすっかりクラウドツリーになっちゃってましたsweat02

 

|

« 水道あんしん診断 | トップページ | 義父の腎臓検査と老健見学 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水道あんしん診断 | トップページ | 義父の腎臓検査と老健見学 »