« BNI | トップページ | 「天気の子」 »

2019年7月22日 (月)

デジタルアーカイブ学会

 先週、デジタルアーカイブ学会にて、月尾嘉男先生のご講演を拝聴してきました。「デジタルアーカイブ」という言葉を世に定着させたと言われる先生、ナチュラリストでヒューマニストな印象は数十年の時を経ても変わらず(数十年前からぞっこんです…笑)、栄えある第1回目の特別功労賞の授賞式に参列できて光栄でした。(貢献賞を受賞されたProduction I.G.のアーカイブチームのお仕事も、一度見てみたいな…)
 ご講演は、ビッグデータ時代の光と影、といった感じの大局観のあるお話で、東京大学図書館の本の量とKindleの電子書籍の数がとんとん、とか(GoogleBooksが米国議会図書館ととんとん、だったっけ?←記憶が怪しい…)、GAFAの自然エネルギー推進の動向とか、数々の面白いデータや写真を提示してくださりつつ、和やかに行われました。アーカイブは、「収集」「分類」「保存」が基本で、デジタルアーカイブは電脳空間での図書館作りだなぁ~…としみじみ。いろいろ謙遜されておられましたが、一度お役人になられた時のお話し(内容はヒミツ)が印象的で、さもありなん…と、勝手に納得したりしていました。
 閉会の言葉は、なんと中山信弘先生!(お二人の巨人のお話しを、こんな間近で聴けるなんて(^^♪) アーカイブの重要性に加え、その利用をある面で阻害する著作権法を、なんとかしたいというお気持ちを吐露され、とても共感しました。

 学会誌も、一定の期間後にはJ-STAGEで公開してくださるようで、素晴らしい! J-STAGEで公開されている数々の論文誌の著作権処理は、各誌が行いJSTさんがチェックするという構成なのか…? 夫に日本物理学会誌の取り扱いを尋ねてみたところ、「一部公開。もしかしたら古いものは公開されているかも…」とあやふやな答え。学会誌の類は、一定期間経過後は、すべて公開してもらいたいものですね。

|

« BNI | トップページ | 「天気の子」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BNI | トップページ | 「天気の子」 »