2019年8月15日 (木)

防衛費削減のための知恵を絞りたい

 今年度の防衛費は5兆円超だったとか。。。牽制し合うのが当たり前のようになってしまっているけれど、フツーに考えて、もったいない。削減のための知恵を、もっともっと絞りたいものです。

【The Origin完】 先日、やたらハイクオリティだったThe Origin、完。一年戦争が始まる直前まで。様々な立場の人の思惑が錯綜し、戦争の火蓋が切られてしまう悲劇。なんだか、今の世界状況と妙にシンクロして見えてしまうところが怖かった~…。

| | コメント (0)

2019年8月 8日 (木)

ダンベル何キロ持てる?

20190730_5  今年の夏アニメの初速ランキング第1位は、、、表題のアニメだそうで!?。息子が夢中で観ているのを、横目で見ていたので知ってますが、確かにインパクトがあります(笑)。私もお腹が割れるまでダンベルで鍛えてみる~?!(ちなみに我が家には、5kgのダンベルがありますが、このアニメの主人公(?)は50kgのダンベルを持ち上げるらしい…(笑)

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

ジ・オリジン

 NHKの「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」のクオリティが素晴らしくて感動中ですが、先週末、大学院同期の方が、これを鑑賞するために、初代からず~っと全作見返しているとの情報! すごい! ただ、その見返しリストの中に、Gガンダムが入っていなかったので、是非こちらもオススメしたいところです(笑)。

20190519_3 【根っこ】 アボカドの根っこが、伸びています。芽より先に、こんなに根が長くなるんだね。

| | コメント (0)

2019年1月26日 (土)

「約束のネバーランド」

 今期アニメ、こわいのが結構あるけれど、「約束のネバーランド」は、12歳の子どもが主人公ということもあり、いちばんハラハラドキドキ…! 脳がいちばん美味しいとか、、、いやぁぁぁぁぁ~
…「ブギーポップは笑わない」も、別の意味でこわいけど…
 JoJoはもはや、こわいを通り越して、あまりのギミックの巧みさに感嘆!
 今期の「モブサイコ100」も「ソードアート」もよくできてるし、く~、視聴を絞れない~!!

アングレーム・グランプリ】 高橋留美子さんがグランプリ受賞とのニュース! おめでとうございます!!

| | コメント (0)

2018年11月12日 (月)

『宇宙兄弟』34巻

20181108  『宇宙兄弟』34巻、出ました! 今回は、ベティとカルロの恋模様。。。Gの小さい空間でカルロにシャンプーしてもらっているベティを見たら、思わず「愛と哀しみの果て」の草原シーンを彷彿としてしまいました(ちゃんとオチがありましたけど…笑)。
 地上とISSを結んだ遠隔ロボット手術は、さすがにまだ現在は難しいのかな?と想像しますが(電波状況がきちんと確保できれば可能なのかな? タイムラグは問題ないのかな?)、近い将来にはそんな時代がやってくるのかしらん…?! 私もベティみたいに強くなりたいな~! カルロみたいに、ちょっとチャラくてもきちんと仕事できる人になりたいな~! ムッタはいつ、地球に戻れるのかな~?!(笑) 次巻も楽しみです♪

【小型カプセル回収成功!】 昨日、「こうのとり」7号機から放出された小型カプセルが、無事回収されたとのニュース。日本の宇宙関連技術も、日進月歩なのでしょうねー! (そういえば昨夜の「下町ロケット」では、ヤタガラスも無事に軌道に乗りましたね~。佃製作所のトランスミッション事業は、この先どうなっていくのでしょうか?!) 『宇宙ビジネスガイド』なんて本も出るようです。

| | コメント (0)

2018年10月23日 (火)

くまモンアニメーション

20181022

 先日発表された「くまモンアニメーション」のスタッフ。なんだか、予想よりもずっとしっとりした抒情的な「くまモン」になりそう。。。プーさんのように、長く愛されるキャラクターとして、さらにファンが増えるといいですね~♪

【クリープ】 小さい頃から、森永のクリープが大好きです。今でこそ、ドリップ・コーヒーには牛乳か生クリームを入れますが、まだ実家にいた頃は、紅茶やコーヒーにドカッと大量のクリープを入れると、不思議な香りとミルキー感が際立って、美味しく飲める気がしていました。
 近頃は、生協の牛乳がなくなってしまった時の非常用に常備していますが、ここしばらく使わずにいたら、中身がすっかり湿気て、固まってしまいました。クリープの難点はここ。長期保存に向かず、湿気て固まると溶けなくなってしまう――。やっぱり今後は、スティックタイプにするしかないかなぁ(そういえば、最近は瓶容器も見掛けなくなりました)。

| | コメント (0)

2018年9月30日 (日)

ヒロアカ公開録音

20180922  先週、友人からお誘いいただいて、ラジオの公開録音を観覧。今をトキメク男性声優さん3名が揃い踏み!(学生時代、ラジオ番組の裏方としてアルバイトした経験や、十数年前に別の友人に誘われて行った池袋の執事カフェを思い出しながら…笑)
 お昼過ぎに待ち合わせ、質問票を書いて入場。前日まで沖縄観光に出掛けていた友人、水納島でのシュノーケリングが最高に気持ちよくてキレイだったと、興奮気味に話してくれました。ところが、某社の飛行機が前日に飛ばず、なんとこの日の朝の便に振り替えられ、飛行場に宿泊後に昼前に帰宅して、すぐさま出て来たというから、その若さとパワフルさに恐れ入ってしまいました(笑)。
 公開録音はつつがなく、愉しく進行。今時の声優さんはトークが上手でびっくり! 観客を飽きさせず、時にコミカルに、時にしみじみと、イイ声で耳心地よく語らう3人が、総合芸術たるアニメーションの一端を担っていることに頷けました。キャラに命を吹き込む仕事、楽しそうだなぁ~。
 TVアニメは間もなく最終回というタイミング。また何クールか後には放送再開するとは思いつつ、ロスになりそうだね~と話しながら、お茶して帰宅。オモシロ体験をありがとうございました~。

【日米アニメコミックビジネスの今】 本日午後、渋谷ロフト9で行われるトークショー。時間があれば行きたいと思っていたのですが、難しいかなぁ…

【アニメランキング15選】 また、某メルマガでアニメランキング紹介。15個中8個は観てました。アニオタの弁護士さんがいてくれて嬉しい(笑)!

| | コメント (0)

2018年8月 1日 (水)

「バケモノの子」

 夏の間に、細田守監督の「未来のミライ」を鑑賞するつもりでいますが、その前座として、先日TV放送された「バケモノの子」を観ました。「おおかみこども…」以来、身近な家族の中にいろんなテーマを見つけては物語を紡いでおられるように感じますが、真正直で多感な監督ならでは、でしょうか…。
 「バケモノの子」は、両親が離婚し、女手ひとつで育てられていた男の子が、そのお母さんにも事故で先立たれ、親戚に引き取られるのを拒んだ末、異世界に迷い込んでしまう物語。そこで、粗削りだけれど腕っぷしの強い“熊徹”に弟子入りし、共に暮らしながら強くなるための修行を続けつつ、たくさんのバケモノに囲まれ育てられるのですが…。
 どちらかと言えば、人間の方が心に闇を抱えがちな“バケモノ”にも感じましたが、それより何より、“親も、子どもと共に成長する”という構図に、とてもシンパシーを感じました。生みの親でも育ての親でも、親は最初から親であるわけではなくて、日々ぶつかりあいながら、干渉し影響しあって、親みたいなものになっていく…。

 アクションもありますが、しっとりとして後味のいい作品でした。

(今期から再開している「進撃の巨人」は、しっとりとは対極の凄まじさ…ある意味、初代ガンダム的な視点切り替えを余儀なくされます…。一方、友人が教えてくれた「ペンギン・ハイウェイ」、ノーマークでしたが観てみたい♪ あ、あと、インディーズの「カメラを止めるな!」もね!!)

20180729_120180729_2201807312320  【Family Lunch】 先の日曜日は、すご~く久々に、家族で外食ランチ。子どもが小さい頃は、親としてしっかりしないと!という気負いがずいぶんあった気がしますが、最近はもうユルユル…

 【火星大接近】 黒い写真は昨晩23時20分の火星。目視だとはっきり赤く大きく見えましたが、iPhoneカメラでは全然うまく撮れなかった…

| | コメント (0)

2018年7月15日 (日)

「ルパン三世Part5」

 今期の「ルパン三世」が、すごくイイ!
 背景も素敵だし、脚本もいいし、セリフも粋な感じ♪
 先日の、第14話「王国の盗み方」では、IT化されたパダール王国の描写も興味深かったし、次元が車を降りるときの車の揺れの作画にまで感動してしまいました(笑)。
 ただただ無心に観られる、こんな作品に遭えて、ホント、し・あ・わ・せ

| | コメント (0)

2018年7月 8日 (日)

「結城友奈は勇者である」

 「刀使ノ巫女」というアニメを気に入ったらしき息子は、先週、amazon primeで立て続けに「結城友奈は勇者である」というアニメの第一期・第二期作品を観ていました。共通するのは、“五組”という制作プロダクションが作っているところ。そしてどちらも、女の子たちのチームが世界平和のために身を賭して闘うというところ(苦笑)。
 オタク街道まっしぐらのようですが、傍で時々チラ見する限り、どちらも泣かせるアニメで、無下に否定できない…。学生時代、勉強せずにひたすら洋画を観まくっていた自分を、親がどんな気持ちで見ていたのかを想像して、申し訳なくなりました
20180702  息子はまた、“刀”に絡めて、小栗左多里さんの『手に持って、行こう』という本を読んだりもしていましたし、今月いっぱい岐阜の関市で行われている、「刀使ノ巫女」とのコラボ・イベントにも行く計画を立てています。もしかしたら、コレがこの夏の唯一の家族旅行になる可能性もあり、私も本書を読んでみようかと…(小刀の製作体験とか、楽しそう!笑)。聖地巡礼が家族旅行って、、、我が家のオタク度も相当なものだな

| | コメント (0)

より以前の記事一覧