2018年2月20日 (火)

微妙な案件

 よく、凶悪犯と思しき人の弁護を引き受ける弁護士さんの、受任経緯や動機に思いを馳せることがありますが、先週、商標のベテラン先生と、怪しげな出願案件についてちょっと雑談する機会がありました。
 海外メーカーと代理店契約を締結しているのか怪しい、同じ商標なのに各国の出願人名が違う、扱っている商品が卑猥、ヒアリング時の担当者の様子が妙…などなどなど、首をかしげる原因はいろいろありますが、代理人としては、明確な「不正の目的」の確証を得るのは難しいこと。
 キレイごとを言えば、代理段階でフィルターをかけることで、4条1項10号とか15号とか19号とか7号を発動させるような審査負担を軽減できるとも言えますが、確証もないのに無下に断るのも筋違い、とも言え、、、。
 特許業務法人勤務のその先生は、「怪しげでも、明らかな不正目的が断言できなければ受任する」とのことで、「あ~、こういうとき、業務法人だと(心証の悪さが希釈化されて)いいなぁ~」と思ってしまいました(苦笑)。今のところ、零細個人事業主としては、怪しさが明らかに払拭できない限りは、やんわりとお断りするのがベターだと思っています。
 で、去年、そんなこんなでお断りした案件が、その後どうなっているかなぁ~?と調べてみたら、別の事務所さんを代理として出願されていました。登録されるのか否か、登録後どんな風に利用されるのか、ついつい気になってウォッチしてしまいそう…sweat02
 件の雑談の結論は、「こういう調査って、探偵みたいで面白いですねー」という所に落ち着いたのですが、これもインターネットあっての話で、手めくりの時代はむしろ、疑心暗鬼になることも少なく、おおらかだったのかな~、と、遠い目になってしまったのでした。

The Slants】 一方、アジア系米国人への侮辱的表現と取られかねない商標登録出願と、「表現の自由」に関する、米国の最高裁判決。良心に根差した表現の自由、ということでしょうか。。。

【任天堂vs.コロプラ】 昨日の栗原先生の解説記事。家族で、「やっぱりDSのタッチパネルが偉大だったね~!」と感嘆しました(笑)。息子がDSを買ったのは確か小1の時。間もなく二十歳になろうかという彼の目下の楽しみは“Nintendo Labo”だそうです(苦笑)。

| | コメント (0)

2018年2月19日 (月)

Alexandra Elbakyan

 以前から、科学論文のオープンアクセス化や、科学情報のアーカイヴについて考えさせられています。そして、出版社の役割についても――。
 それに付随して、ここ数ヶ月、アレクサンドラ・エルバキアンという女性によるSci-Hubというプラットフォームの活動への関心も高まっています。先週、彼女のこれまでの活動をまとめてくれているサイトの記事を読みました。
 インターネット出現の根本思想から促される、社会の仕組みの再構築に関わる、大きな活動のひとつに見えます。現状は非合法的な手法に頼らざるを得ないようで、残念な結果に見舞われているようですが、彼女の考え方には共感する部分があります。世界中に散らばる科学者の方々は、彼女をどんな風に見ていて、Sci-Hubはどういう人に使われているんだろう…? 当分、目が離せません。

| | コメント (0)

2018年2月15日 (木)

飛蚊症…

20180210  先週金曜日、右目が妙にゴロゴロして、しかも、視野の下の方を白いモノが振り子のように揺れ続け、気持ち悪い症状が続きました。
 翌朝になっても治らないので、急遽眼科へ。単なる加齢による飛蚊症かな~?とは思いましたが、急な症状だったので念のため。医師からは、「瞳孔を開いて眼球の内側を見てみないと何とも言えないので、半日使い物にならなくてもいい日に、改めて予約を取ってきてください」とのこと(そんな日は当分ありましぇ~んweep)。
 まぁ原因は、加齢に加え、諸々の気掛かりが尽きないせいであることは自覚しているので、しばらく様子見することに。
 また別の日、久々に貧血を起こして具合が悪くなりました(涙)。まぁ、貧血の方はちょっと横になってすぐに回復したので、大したことはないんですが…。
 それにしても身体ってホントに、嘘がつけないようにできてるんだなぁ~coldsweats01。(まぁ、こうやってブログに駄文を書いていられるうちは大丈夫でしょう…笑)

【肖像権】 先週、ジャニーズ事務所が、所属タレントの肖像のネット利用に関し、一部解禁にしたとのニュース。
また、貴乃花親方のテレ朝出演に関し、相撲協会による肖像権侵害コメントも。

| | コメント (0)

2018年2月11日 (日)

ルブタンの「赤い靴底」

 先週、ハイヒールに赤い靴底を使用する商標権に関する、欧州司法裁判所の法務官の見解が紹介されていました(対する反論も)。ルブタンの「赤い靴底」といえば、今を遡ること4年ほど前、弁理士試験後の集合研修第5回目での、商標専門の女性の先生の講義を思い出します。
 午後の講義で、導入が予定されていた「位置」「色彩のみ」の商標のお話の際、この「赤い靴底」を紹介されたのです。高級ブランドにはまるきり疎い私でしたが、ハイヒールの靴底が赤い…ということのインパクトが印象的で、その後、街で赤い靴底を見るたびに、この講義を思い出していたのでした(笑)。
 日本でも、クリスチャン・ルブタンを出願人として、“色彩のみからなる”「赤い靴底」の商標登録出願が、2015年4月1日になされています。大量の、“ファイル記録事項の閲覧請求書”が出されていることから、世間の関心の高さが伺えますが、2016年4月27日に第3条1項各号+αの拒絶理由通知書が発送された後、いまだに検討が続いている模様。パッと見、「えっ? “色彩のみからなる”商標の出願なんだ??!」というのが第一印象。てっきり、“位置商標”だとばかり思っていました。
 ちなみに、マドプロでの「1031242」の“ウィーン分類”は、「履物,ハイヒールシューズ,二つの色が顕著なもの」となっています。
 「赤い靴底」――最初に世の中に出現した時のファッション界への衝撃がいかほどだったのかは知りませんが、少なくとも私には、“黒いハイヒールの靴底が鮮紅”っていうのは、ものすごく刺激的だったことは確か! なんらかの保護を受けてもいいと思えるくらいに革新的ではありましたが、権利として未来永劫守られるべきかと考えると、複雑です。。。

| | コメント (0)

2018年1月26日 (金)

勉強会

 先日、高校・高専生や大学生向けの知財授業に長年取り組んで来られた大学の先生を講師とした勉強会がありました。個人・企業・日本として、世界に貢献するためには、知財を有効に活かせる人財が不可欠、との思いから、長い間、知財教育活動に携わっておられるとのことで、教材作りの工夫が素晴らしかったです!
 国内の他大学にさきがけ、知財授業を必修化し、12クラス2000人が毎年、知財の基礎を学べる環境を整えておられるとのこと。『これからの知財入門』というテキストを編み、海外の大学ばりに、学生たちに課題を出しまくっておられるとも。知財教育は、人文科学・工学・理学・医学・農学…社会科学といったあらゆる学問分野のインフラ的存在であり、社会人としての教養の一部として、人の創造性を涵養するものだというお話しに、強く共感しました。
 これまで行った数々の知財授業の実例をまじえ、豊富な事例を惜しみなく紹介してくださり、とても勉強になりました。教材作りは、できるだけ、大学や大学院向けでも通用するくらいのレベルで作り込んだ上、小・中・高校向けはそれらをダウングレードして使えるような構成にするといい、とのことでした。それは裏を返せば、小学生向けの授業の準備でも、大学生に話すくらいのつもりで勉強して臨め、ということ。いやぁ、まだまだ全然勉強が足りてないことを、いつものことながら痛感sweat01。ゆっくりとマイペースでしか進めませんが、自分なりに少しずつ経験値を重ね、充実度を上げていけたらな、と思います。
(各種スライドや動画等のe-Learningコンテンツも提供していただき、嬉しい限りですが、e-Learningコンテンツの著作権処理について質問させていただけばよかったな~…coldsweats01
 盛りだくさんなお話しをしてくださった先生と、貴重な機会を作ってくださった委員会の先生、ありがとうございました!

【成ったか?】 過日、日経新聞の「知財立国は成ったか」という特集記事を受けて、感想をアップされている記事を拝読。考えさせられます~。

 野中広務氏、92歳でご逝去…ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0)

2018年1月14日 (日)

任天堂 vs. コロプラ

 任天堂が、自社保有の5件の特許権に基づき、コロプラを特許権侵害で東京地裁に提訴、とのニュースに関連して、特許制度の本来目的について、先日、栗原先生のわかりやすい記事がアップされていました。以前、開放特許についてモヤモヤしていた時も、「特許を取れれば、それを実施しても他人の特許権を侵害することはない」と思っている人が多そうなことが、とても気になっていました。
 日々明細書を書いている人は、自分が書いた明細書の特許が、どんな人達の技術の上に成り立っていて、実施するにはどんな権利をどのようにクリアすべきかを踏まえているものですし、大企業の防衛出願なら、そういう抵触関係はあまり気にしないことも多いのかもしれません。
 とはいえ、単発的なアイディアを権利化した場合などは、技術の積み重ねの経緯を客観的に把握しておきたいところ、特許にまつわる仕事をする企業さんとしては、先行技術文献の明記のみならず、「少なくとも審査段階で判明している抵触特許情報も、公開情報の一部にしてもらえたらなぁ~」と思うんじゃないかと感じます。
 コロプラと任天堂の技術関係は、審査段階ではどんな風に把握されていたのか、、、白猫プロジェクトの白黒プロジェクト、気になります~!
(一応ゲームのプレイ動画なんかも見てみましたが、特許3734820号に関して言えば、キャラクターを操作するための、画面下方の原子モデルかアメーバみたいなぷにぷにの箇所の制御プロセスに関することのようです。なんだか、“2次元遠隔操作ノウハウ”(仮想ポインティング・デバイス作成方法?)みたいで、タッチパネルでのバトルゲームには必須技術のようにも感じられます。が、“ひな壇”アプリの若宮正子さんではないけれど、私のような年寄りにはこういう操作はできそうにないなぁ~coldsweats01

| | コメント (2)

2017年12月22日 (金)

中国の知財法制度の動き

 先日、「中国の知財法制度の動き」という講演を聴いて来ました(cf.)。技術が一足飛びに躍進し、モラルも環境意識も徐々に上がって、法的な整備が急激に進んでいる印象を受けているため、実際のところどんな状況なんだろう?という疑問を抱きつつ――。

 講演者の蔡(Sai)先生は、豊橋技術科学大学で教鞭を取っておられる中国人の方でした。母国で機械工学と法学を学ばれた後、日本で法学博士を取られたそうで、既に日本語も流暢に操っておられました!
 講演内容は、中国における昨今の知財保護の全体的状況報告から、専利権保護に関する法制の動き、反不正競争法の主要部分解説、商標保護その他に関する改正の動向…と盛りだくさん。
 大味の感想にはなりますが、“一帯一路構想”と並行して、中国が、国を挙げて科学技術強国を目指し、司法主導で国民の規範意識を本気で高めていく決意が感じられました。以下、自分用のメモと、後日要確認事項列挙。

・(知財系)民事訴訟事件数継増、刑事事件数減少
・民事一審事件の内訳(著作権64%、商標権20%、専利権9%、技術契約・その他数%)
・審査効率&質アップにより知財行政一審事件は減少傾向(商標5990件、専利1123件)
・北京、広州、上海の知財専門裁判機構に加え、南京、蘇州、武漢、成都にも
・民事賠償額の引き上げと懲罰的賠償適用推進(2-3倍~5倍:最大300万人民元)
 cf. Panasonicの著名商標に関する訴訟では300万人民元の全額賠償成立
・裁判結果への満足度向上により、再審率45%減、調停による訴訟取下率大幅増
・専利法第四次改正案:間接侵害(幇助・教唆、従属説)、部分意匠導入、意匠権保護期間延長(15年へ)
・審査指南:ビジネスモデル特許のハードル下がり、専利権無効のハードルは上がる
・FRAND条項に関し、権利者にも被疑侵害者にも明確な非がない場合、差止は認めない(?)
ダブルトラック問題解消:無効の抗弁は認められておらず、行政で無効の場合、人民法院は起訴却下
・反不正競争法(6~12条):不正行為の対象拡大
・商標の認定方法や審査基準改訂
・国家版権局「著作物の電子登録証の規範化に関する通知」

 今回の講演内容は、今月発売の『年報知財法2017-2018』というムックにも書かれているそうなので、不明点を確認すべく、読んでみたいと思います。。。(うっ、お財布が…sweat02

【3月イベント】 来年3月には、以下のようなシンポジウムも行われるそうです。
・3/10:デザイン法制シンポジウム「EUデザイン保護制度の現状と未来(仮)」
・3/30:情報・イノベーション保護国際シンポジウム
アメリカやドイツから錚々たるゲストがいらっしゃるようですが、英語で議論できるレベルでないと、参加不可なのかしらん…sweat01

| | コメント (0)

2017年12月21日 (木)

アニメーション商標?

 先日、『別冊Patent 第17号 Vol.70.2017』の、「音の商標の識別性と類似性」という、上野先生の記事を拝読していました。その中に、“「音」が文字や図形等と結合して標章となることは認められていない”との記載――
 確かに、商標法第2条1項柱書の商標の定義によればその通り。これまで意識してきませんでしたが、コレは、アニメ・ファンの私にはちょっと看過できません(笑)。アニメーション・ロゴって、既にイロイロありますが(映画製作会社の
ロゴやモーション・ロゴ等)、まさに、「文字・図形・記号、(3Dテレビが実現すれば立体的形状若しくは)色彩と音との結合」の動的商標ですね。現状は、こうした類いの商標は、音商標と動き商標とで別個に登録を受けていますが、音と動きのリンクのさせ方も固有な特徴の一部と考えると、無駄に広い権利範囲の占有を許している(強いている?)ような感じがしてしまいます。
 登録と侵害の場面における類似性判断において、アニメーション・ロゴが、音商標と動き商標とで別個に登録されている場合と、
(まだそんな登録はできませんが)アニメーション(映像)として登録されている場合とで、効力がどの程度変わるのか等、つらつら考えてしまいます。
 上記記事では、音商標を一つの素材として、商標の類似性判断と、著作物の類似性判断の関係や在り方についても、検討する必要がある旨、指摘されています。

20171220  【中国の動向】 昨夕は、「中国の知財法制度の動き」という講演を聴いてきましたが、レポートはまた後日。

| | コメント (0)

2017年12月16日 (土)

Patent2017.11(著作物性と著作権)

 2017.11の『Patent』は、「著作権」についての特集でした。とかくわかりにくい著作権について、典型的ケースの概略だけでも示してもらえると、だいぶ助かります。
 ただ、著作権の捉え方・考え方は、一筋縄ではいかない、というのが本音かもしれません。「こういう場合は著作権が認められ、こういう場合は認められない」と、白黒ハッキリ表明するのは難しいし、グレーの度合いも保証しきれるものではない。。。
 たとえば、一般的に、「図形商標に著作権が認められるケースはあまり多くない」と言われますが、私が自分の事務所用の
図形商標を作成する際、ラフスケッチは自分で描き、ブラッシュアップはデザイナーさんに依頼し、素案10点ほどの中から私が選択し、さらに色味や曲線などの調整を依頼――という経緯があります。このようにして生み出した図形商標に、著作権はないのか? さらに、この図形商標を商標登録出願する際、私はデザイナーさんに、自身の創作範囲の著作権は主張しないことを依頼し、飲んでもらいましたが、こういう手続きは不要だったと言えるか…?() つまり、権利判断をするタイミングやフェイズによっても、判断は変わると思われます。
 一方、CRICのサイトにもある通り、一般的に、「子どもの絵も立派な著作物」というのが通例です。著作物とは、(1)思想又は感情が(2)創作的に(3)表現されたもの、であるところ、子どもが天真爛漫に描きなぐった絵であっても、著作物であるということ。にもかかわらず、イスだの机だの、プロが丹精こめてデザインした、いわゆる応用美術と言われる範疇の意匠は著作物ではない…という論理を、一般の人は納得できるものでしょうか…? 数々の判例が、ロゴマーク等の著作物性を否定していますが、「著作物性はあるものの、デッドコピー相当の対象にしか権利行使し得ないほどの効力しかない」と言ってもらった方が、納得感があるような気がしてしまいます。
 個人的には、「意識のある人が、誰の著作物にも依拠せず(依拠したとは意識せず)、自らの手で何かを形作ったら(表出させたら)、そうして出来た(出てきた)モノには、とりあえず“著作物性”はある」というのをスタートラインにして、その後、「このタイミングやフェイズで、このモノに著作権を主張し得るか?又は認められるのか(認めても社会的混乱はないか)?」と考えるようにしています。
 まだまだ勉強不足なので、グレーゾーンを狭めていく努力が、もっともっと必要なのですが、あまり厳密に考えると、世の中が回らなくなる恐れを感じるのも事実coldsweats01。ほんと、著作権はむずかしぃ~!

【アンチ・レッシグ?】 『知財の正義

| | コメント (0)

2017年12月11日 (月)

著作権法 附則 第5条の2

 かねがね、もっと体系的にきちんと著作権法を把握したいと思っている私。今のご時世、複製の技術的ハードルは限りなく下がっているにもかかわらず、現行著作権法には、そうした技術的アップデートが、パッチワークのように反映されているため、わかりづらいことこの上ないからです。生活の中で遭遇するごくごく普通の行為すら、「これって、著作権法的には、セーフ? アウト?」ということが、自信をもって判断できないのは、情けない限り。
 先日、よく拝読するサイトで、「図書館とコピーの(実は)複雑な関係 ~スマホで撮っちゃダメですか?~」という記事を読みました。その中で紹介されていて、お恥ずかしいことにその存在を知らなかったのが、“著作権法 附則 第5条の2”。「こんな大事なことが、“附則”~?!」と唖然。世の中の何%くらいの人が、この附則を知って、コンビニのコピー機を使っているんだろうか…??
 善良な市民なら、日常生活において法律になんて関知せずともフツーに暮らせるのが、よい社会…という観点からは、コンビニでの日常行為が不法にならないよう、誰かの温情でひっそりと規定された附則なのかもしれませんが、「それでいいのかなぁ~??」という疑問は拭い切れず…。 国民に周知されていない法律を、「守れ」と言われても、どうにも納得できないのは、私だけ…?
20171206_5  最近は、「Googleグラスみたいなものを装着すれば、観るものに関する権利関係や制限状態が一目瞭然!」になるようなガジェットを夢想しています(苦笑)。とりあえず、つまみ読みしている3冊の本を、きちんと読まないとなぁ~!!

 【cf.】 JASRACのコンサート使用料計算式

| | コメント (0)

より以前の記事一覧