2017年5月22日 (月)

Patent 特集 Vol.70 2017.5

 先日、『Patent 特集 Vol.70』の第22回知的財産権誌上研究発表会の冊子が届きました。
 今回、真っ先に目についたのは、「オープンアクセス時代における学術論文の著作権管理に関する一考察」という記事。なぜなら、これまで、以下のようなことをツラツラと考えていたためです。

論文の著作権と電子出版考…
Archive Summit 2016
・イギリスのEU離脱による知財への影響
論文のオープンアクセス化と出版社と書店と

 ちょうど、この4月15日に、「デジタルアーカイブ学会」も設立され、データの保存と公開はますます大事になる時代でもあり。。。
 本文中、「一般的にわが国の理系学会は、投稿規定に設けられた著作権の帰属に関する規定により、投稿論文の採録の際、著作権譲渡契約を当該学会と締結し、著作権を学会に譲渡し、著作者人格権の不行使特約を締結することが多い」(p.66,右段)、「学会誌の著作権の取扱いは区々であり、ユーザには著作権の所在が不明瞭となる」(p.69,右段)とあるものの、「IR(機関リポジトリ)に著作者(研究者)が登録するためには、著作権を著作者が有していることが原則であるが、著作権譲渡をしている場合であっても、大学等の研究機関が発信することは許諾していることは多い」(p.68,右段)とのことなので、媒体ごとの区々の条件に、あまりシビアにならなくてもよいのか?…と、本記事からは読めました。
 データとしては、「2005年の調査では、理学、工学、医学・薬学、農学分野の学会論文の投稿規定の199誌のうち98%の学会が著作権の帰属に関する規定がある。しかし、著作権が著作者にある学会は2誌、97%が学会に著作権譲渡をする。」(p.66,右段)とのこと。

 ただ、上記のような認識や意識が、理系の研究者にどのくらい浸透して、著作権について安心安全のもとでオープンアクセスの手続きを進めているのかは不明です。学術論文のオープンアクセスの流れと、アイディアの特許化の流れは、文化の発展と産業の発展という視点の違いこそあれ、結局のところ、論文は読まれなければあまり意味がないし、発明も利用されなければあまり意味がない(又はひたすら特許数を稼いで外堀を掘るか…)、という点で、利活用を促進することがネックだと感じました。
 ちなみに、『月刊パテント』に掲載された論文の著作権は、著作者に帰属するそうです。参考URLとして提示されていた箇所に明確な規約は見つかりませんでしたが本論文にはそのように書いてあります。また、公衆送信権の許諾も受けており、公刊後一定期間の後、ウェブ公開によりオープンアクセス対応にもなっているそうです。

 一方、「知財コンサルティングの観点からみた弁理士に求められる能力」という記事については、私自身が、著者の言う“本業低キャリア弁理士”であるため、諸々耳が痛かったのと、会費の使われ方や利益相反の懸念等、尤もなご指摘が多々あり、広く会員全般の意見を伺ってみたくもなりました。

20170522 それにしても、暑い…sweat02

 

| | コメント (0)

2017年5月 4日 (木)

パルスオキシメーター

 数年前に義理の父が入院した際も、今春入院した際も、父の指先には、パルスオキシメーターが装着されていました。「赤外線で血中の酸素濃度を測る機械」という程度の認識でいましたが、どうしてあんな小さくて指に嵌めるだけのもので測れるんだろ?と、今さらながら不思議になって、ググってみました(笑)。
 いくつものサイトで解説してくれていますが、要は、酸素と結合したヘモグロビン(HbO2:鮮紅色)と、酸素を放出したヘモグロビン(Hb:暗紅色)とで、色が異なり、HbO2はHbに比べ、赤色光の吸収は少ないが赤外光の吸収は多い、という違いを利用して、両ヘモグロビンのうちのHbO2濃度を検出しているようです(脈動していないと測れないというのが、おもしろいですね)。
 ここ最近、どうも自分自身が、深呼吸で肺に入れられる空気量が減っている気がしていて(たくさん息が吸えない)、精神的に滅入っていることで、呼吸が通常モードではない感じがしているので、安く手に入るなら、毎日一定時間、パルスオキシメーターを装着して経過を見てみたいな、、、と思い調べてみると、3,200円くらいのものもあるようです。こんな感じが続くようなら、購入してみよう♪(ウォーキングすればすぐに直りそうな気もしますが…笑)。

【翻訳本の進捗…】 本日は、翻訳本の(おそらく)最終打ち合わせで神奈川方面へ! 残すところ、索引や付き物の構成と、付き物レイアウトとカバーデザインのみ! ゴールが見えてきたぁ~♪

| | コメント (0)

2017年4月18日 (火)

日本人初の米国特許取得者

 本日、「発明の日」――。
 時折拝読するブログ「出願の誉れ」さんに、先週、日本人初の米国特許取得者 平山甚太さんという花火師さんの話が書かれていました。なんと、日本で専売特許条例が公布されるより前の、明治16年8月7日に、アメリカで特許を取得されたのだとか?! 平山さんという方が当時住んでいたのが横浜ということで、文明開化の中心地で、ハイカラな気質が身近だったのかもしれませんが、それにしても、(この調査をされた櫻井氏も指摘されているように、)そんな時代に、花火のビジネスで米国に渡り、特許を取得して地歩固めまでするような活動的な花火師さんがいたなんて、粋だなぁ~♪ なんだかとても誇らしく思います!
 物が飛び出す花火と言えば、私が小さい頃、打ち上げた後に落下傘が落ちてくる花火があって、ずいぶん夢中になった記憶があり、「最近でもまだあるのかな~?」と思ってググってみたら、結構いろいろあるようです。こういうの、子どもは大好きなんだろうなぁ~(^^)。
 貴重なお話しをご紹介いただき、ありがとうございました!!

【こちらもヨロシク】
・日本人初の女性弁理士 井上清子さん
・未来の世界に影響を与えるテクノロジーブログ

| | コメント (0)

2017年4月17日 (月)

Tokyo Snowman!

 昨日のTV「がっちりマンデー!」で、マイナス7℃で冷やしてくれる冷蔵庫「Tokyo Snowman」というのが紹介されていました。過冷却状態でモノを冷やせる冷蔵庫ということですが、地震が起きても大丈夫なのか?とか、ペットボトルを取り出す時に凍り始めないのか?とか、最初にコップに注ぐ段階で凍らないのも不思議でした。今までこういう冷蔵庫ってなかったの?!というのが、これまた不思議。展示会に出展したところ、ドバイから千台一括購入の受注があったのだとか!
 あ~、無性に“フローズン・ダイキリ”が飲みたくなった~!!♪
 そういえば、土曜日、室町周辺で日本酒の利き酒イベントをやっていて、結構賑わっていました! 夏場は、クラフトビール・イベントとか、シャーベット・イベントもやらないかな~?

20170416_2 20170416_3 20170416_4 20170416_520170416_7 20170416_6 20170416_8  【皇居東御苑ウォーキング】 夏のような陽射しの昨日の午後は、皇居東御苑内ウォーキング。新緑が清々しく、たくさんの人で賑わっていました。年明けからのウォーキング距離概算で、伊能忠敬万歩計によると、目下、房総半島西側を南下中!

| | コメント (0)

2017年3月30日 (木)

Patent 2017.3

 3月の月刊「Patent」の特集は、“高齢化社会と知的財産”。
 巻頭の2つの記事はいずれも、特許や意匠のデータ調査・解析により、国内外における、高齢化社会を支える技術動向を概観するものでした。特許分類やキーワードの選び方で、結果は相当違うものになりそうですが、やはり概ね比率は上がっているのだろうと感じました。アジア圏に比べ欧米では、“アンチエイジング”っていう概念が、あまり流行っていないのかな?という印象も受けました(相応に歳を重ねることが美徳とされる?)。
 個人的に面白いと思ったのは、「テクテクノロジーのすすめ」。「テクテク(ゆっくり)」、「ノロ(のろのろ)」、「ジー(爺)」と「テクノロジー(技術)」をごたまぜにした造語だそうですが、記事内容は、「非電化」でも便利に快適さを追求できる製品開発を目指す活動の紹介でした。ふと、友人が尽力中の“食とエネルギーの地産地消プロジェクト”を思い出しました。高齢化が進むと、電化製品への依存度が高まって、消費電力が増加するのでは、、、と懸念していましたが、「非電化」でも便利に暮らせるアイテムが増やせたら、健康維持と併せて一石二鳥だなぁ~と感じました。
 それにつけても、今後2,30年の高齢化の波、、、想像するだに恐ろしい。最後まで、自分の面倒は自分でみられるように、いろんなモノ&コトをチューンしていかないといけないなぁ…と、つくづく思いますsweat02

20170329_1 20170329_2 20170329_3  【春】 土手周辺も徐々に春の装い。。。日の出もずいぶん早くなってきました。

 【スマートメーター】 昨日、電気の検針メーターを、従来のものからスマートメーターに付け替える係の方が回ってきてくれました。リモートで検針可能になるそうです。順次、全戸交換するのでしょうが、本機の採用で、電気代が余計にかかるなんてことはない…?と信じたい!

| | コメント (0)

2017年3月27日 (月)

実用品の著作物性

 先週、米国の最高裁判決で、実用品の著作物性に関する新たな基軸が示されたとのこと。従来からの判断基準である「物理的分離可能性」と「概念的分離可能性」が放棄されたことが、法曹界の方々に衝撃を与えている模様。
 日本でも、未だ明確な指針があるとはいえない状況下、美術作品も実用品も玉石混交、美術品であっても鑑賞に堪えないものもあれば、実用品でも十分鑑賞に値するものもあるのが実情で、しかも“美しい”と感動するポイントは人によりけりで。評価はとかく多数決的に収束せざるをえない審美性の不確実感――。実用品も次第に一品制作的な色彩を強める時代にあっては、尚更、個別具体的な判断にならざるをえなくなりそうですねぇ。。。
 引き続き、注目です!

20170326_4  【生協の千切りごぼう】 超便利♪!

| | コメント (0)

2017年3月26日 (日)

タイムスタンプ保管サービス

 明日から、INPITによる「タイムスタンプ保管サービス」の提供が始まるようです。
 ある文書の成立時点を証明したいような状況が予期される場合に、事前にこのサービスを利用しておくと安心です。
 このサービスがもうちょっと早く実施されていたら、是非利用してみたかったなぁ~という事例が一つ。
 友人が数年前に事業を興し、サービス名称“A”を定めて活動開始。地域に根付いた地道な活動で、着々と支持者を増やして軌道に乗ってきた頃、その名称“A”と酷似した名称で、大手家電メーカーがCM開始。幸い、このメーカーの製品と、友人のサービスとは異なるものでしたが、念のため商標登録を検討しようかな、というお話しを伺い、調べてみると、類似する登録商標が複数件。。。いずれも、友人が事業を開始した時点よりは遅い出願でした。友人の使用する商標が、それらの出願時点で周知となっていたと言えるかは微妙かもしれませんが、使用開始時に上記INPITのサービスを利用できていたら、少なくとも先使用についてだけは容易に証明できたんだなぁ…と(あ、でも商号登記はさすがにしてたのか?)。
 本来は、事業を開始する前に商標登録出願をしておくのが万全とはいえ、小規模事業者のスタートアップでは、出願費用の捻出も簡単ではない場合もあり、、、。無料で、少なくとも使用開始時の証明だけは得られるなら、保険として利用しておくのも手かも。また、出願可能な場合でも、いっそ出願とセットで実行しておくというのも一案?(※タイムスタンプ発行のためのクライアントソフトのランニングコストが、月額1万円弱くらいかかりそうなので、小規模事務所での利用は現実的には難しそうですが…)
――昨今の、商標トロール的な出願が排除されない限りは、商標法32条の周知認定に(4条1項10号とは別の位置づけで)、タイムスタンプ確保により(濫用的な)権利行使を免れるような措置があってもよいのでは…とも思ってしまいます。

20170325_3  【週末ポテサラ】 週末になると、無性にポテトサラダが食べたくなる私。。。謎です。
 

| | コメント (0)

2017年3月17日 (金)

校歌のWeb掲載と結婚式DVD内音楽

 秋元康さんに校歌の作詞を依頼した学校が、JASRACに特別な扱いの申し入れをした、という報道に関し、例によって栗原先生の記事を備忘録。
 また別の日、ウェディング・ムービーの制作会社をJASRACが提訴とのニュースも。
 こうなってくると、卒業記念DVDだの、式典DVDだの、運動会DVDだの、ありとあらゆるもののクリアランスが気になりだし、本当に心臓に悪いですね。。。

【温度差】 専門家の間でも、JASRACの昨今の動きについては温度差があるようです。私は、同い年の先生の感覚を支持したいな…というスタンス(笑)。

【復活の日】 本日、J-Plat Pat、復活!!

| | コメント (2)

2017年3月13日 (月)

Japan Content Catalogue

 3月6日に、映像産業振興機構が「Japan Content Catalogue」という、日本の映画・テレビ番組・アニメ・キャラクター・音楽・ゲーム等の権利関連情報を集約したデータベースプロジェクトについて発表されました。「JACCサーチ」で、権利者窓口等が検索できるようになるとのこと。先日の文化庁の取り組みに続き、最近の情報集約の動きはとても活発なようです。
 使い勝手のテストとして、試みに「イデオン」と入力して検索してみたら、3本のアニメ作品がヒットし、一番古い作品をクリックしたら、「放送日」「放送時間」「話数」「キャスト」「スタッフ」「制作会社等」「Copyright」の項目が表示されました! お~!! これは便利!! ©表記の確認くらいには真っ先に使えそうです。
 総合窓口が「一般社団法人日本動画協会」になっているということは、とりあえず、許諾を受けたい場合には、ここに連絡すれば取り次いでもらえるということですね♪ そこからの先の交渉が、どのようなフローになるのかは、やってみないと分からないですが、アクセスの敷居が下がったことは間違いなさそうです♪(間にワンクッション増えたことで、通常のロイヤリティ%が上がったりはしないですよね??)

【学術著作権協会】 先週、学術著作権協会の不透明取引についての報道。他人の著作物の管理をするだけの団体が、数億もかけてWebサイトの構築ができるというのは、委託している権利者団体が豊かということなんでしょうか…? また、学術情報の著作権許諾を受けるシーンって、どんなシーンがあるのか、なかなか想像できないです^^;;;。

| | コメント (0)

2017年3月 6日 (月)

MONO(3C)とセブンイレブン(4C)

 先週水曜日、特許庁のトップページでわざわざ、色彩のみからなる商標として初めて登録の日の目を見た2点の登録商標を紹介する、経産省のページへのリンクが張られていました。その2点とは、2015年4月1日に出願された株式会社トンボ鉛筆の出願2015-29914と、同日に出願された株式会社セブン-イレブンジャパンの出願2015-30037。いずれも2色以上の色彩を組み合わせたもの。登録査定が出た2017年2月28日までに要した時間は、約1年11か月――やはり、これくらいの時間待たされても全く動じないくらい、安定したロングセラーにしか適用は難しい制度なのだと思われます。現時点で(2017年3月2日朝)色彩のみからなる商標を検索すると、437件がヒットしますので、このデリケートな審査はまだまだ続き、審査官の皆さんのご苦労がしのばれます。
(尚、トンボ鉛筆さんの3色の配色パッケージの図案は、登録商標第4268401号として、20世紀末に既に登録されています。指定商品は“消しゴム”ではなく“文房具”等。)
20170301_120170301_2  ところで、我が家の息子は、学校前で配られる予備校のパンフにオマケで付けられた消しゴムを山のように蒐集(?)しており、左写真の倍以上溜まっています(苦笑)。この写真の右上に見えているのが、トンボ鉛筆さんの「MONO」ですね。青と白と黒のストライプがすっかりトレードマークになっています。長年同じデザインで、しかも“消しやすい”という安定の信頼性も獲得し、今回の登録に結びついたと考えられます。
 「安定の信頼って大事だなぁ~」と、これらの消しゴムを眺めていたら、その中に1つ、異色なMONO消しゴムが?! シルバーと白と黒のストライプで、消しゴムが黒いもの! こちらのタイプも出願されてたりするのかしらん…と調べてみたら、色彩のみからなる商標としてではありませんが、すでに2009年には登録されていました~(色彩のみからなる商標としては、現時点(上記同)では出願されていない模様です)。

【単色は…?】 色彩のみからなる商標の出願の中には、単色のものもチラホラ…。ティファニーブルーなんかは、相当識別力は高い気がしますが、何かの分野で、ある色を誰かに独占させてしまうというのは、やはり相当難しい気がします。今後の登録状況も注目ですね~。

【マリカー】 今話題の「マリカー」について、一時期(ゲームの方の)マリカー・フリークだった息子に、「“マリカー”って聞いて何を連想する?」と訊いたら、「マリオカート以外に何があんの?」とのこと(笑)。一般市民全般にとっては著名でない言葉のようですが、ゲーマーにとっては常識以外の何物でもない模様。

【パロディ商標天国?!】 本日、「フランク三浦」の商標登録に関するフランク・ミュラーの最高裁への上告が退けられました! 今後は、高級製品に対する安物パロディ商標天国になるのでしょうか?! 「スペンサー鳩」とか「ルイ美豚」とか…? 不競法による提訴、あるか?!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧