2018年8月15日 (水)

「この世界の さらにいくつもの 片隅に」

 クラウドファンディングに参加し、素晴らしい成果を上げたアニメーション映画「この世界の片隅に」――。
 今年の12月には、新規映像を加えて、新しいバージョンの「この世界の さらにいくつもの 片隅に」という作品が、劇場公開されるそうです!
 片渕監督が、今度はどんな片隅を見せてくれるのか…。

――世界が、フツーの家族や子どもたちの笑顔で溢れるようになりますように。。。

20180812_5  【繊維と強壮】 このお盆中は、ゴボウだのニラだのニンニクだのサニーレタスだの、繊維と強壮の食材多数(笑)

| | コメント (0)

2018年7月 2日 (月)

男ってやつは…

 あれよあれよという間に、もう7月になってしまいました! 今月も、しまって参りましょー!

 で、先月で最終回を迎えた諸々の番組ですが、、、。
 TBSドラマ「ブラックペアン」も、アニメ「メガロボクス」も、そう終わらせたか~!と余韻に浸っていますが、どちらも“男”の物語だったなぁ…。こういうのを見ると、どうにも“男”ってやつが、羨ましくもあり、“バカ”にも見え――。
 外科医もボクサーも、それぞれの生活はあるんでしょうが、なんというか、“家庭”を見せない…。ドラマ的に、そんなところはすべて省略して見せるからこその熱さですが、現実でも、家庭を顧みない生き方をしている人は多いかもしれません。それくらいしないと結果を出せないとか、生き甲斐を感じないとか、懸けるものにまっしぐら――。
 いやいや、最近は“女”でもそういう生き方を選ぶ人は増えているのかもしれませんね(先日、“子どもを産まない選択侵害”とかで二階発言が問題視されていましたが。。。sweat02)。日常に追われつつ、ひととき、“がむしゃら”の美学を感じた番組でした~♪

20180701  【ほうじ茶ソフト】 昨日は、あまりの暑さに辟易して、久々に“ほうじ茶ソフトクリーム”に飛びつきました…。

| | コメント (0)

2018年6月10日 (日)

「ブラック・ペアン」

 海堂 尊さん原作のTVドラマ「ブラック・ペアン」が、今期の我が家の視聴ドラマ。むか~し、『医学のたまご』という作品を拝読したような記憶がうっすらあるのですが、本作は読んだことはありません。
 ネット上では、嵐の二宮君の出番が少ない、との声もあるようですが、あれだけの天才的なオペの技術を持つダークヒーロー的な存在でありながら、出過ぎず、目立ちすぎずの演技に徹していることが、周囲の人間ドラマを浮き立たせ、ミステリー感を深めているように感じられ、私はいいバランスじゃないかと思っています。
 悪役っぽくはありますが、あれだけ勉強家で努力家な人も珍しい。。。ドラマを観ながら、「私の仕事人生で、渡海先生みたいな人、いたっけかなぁ~??」と振り返りました。協調性がなく人受けは悪くても、やるべきことをキッチリこなし、ワルっぽいのに実はすごい正義漢…みたいな。
。。
 よくよく考えても、、、、、いない!? 普通は、あの手の人は会社組織にはいられなくなっちゃうんでしょうかね~^^;;。(強いて探すなら、遊戯王の海馬瀬人くん??)
 第7回の、「患者がいる、その人を助ける、以上!」という、ごくごくシンプルな仕事への取り組み方にすごく共感しました。ブラック・ペアンの謎はたぶん、復讐劇なんかじゃなく、感動を呼ぶ結末に続いていると想像してますが、果たして?! 今晩も楽しみです!

| | コメント (0)

2018年5月 7日 (月)

「Ready Player One」

20180502_320180502_4  我が家の唯一のGWイベントは、開業ホヤホヤのミッドタウン日比谷で家族で夕食を取った後、映画「Ready Player One」を観たこと。
 息子はこの春だけでも、文豪ストレイドッグス、名探偵コナン、パシフィック・リムを観ており、この日の映画は4本目(最近は、観たい映画があると、ふらりと独りででも観に行ってしまいます…)。
 久々のスピルバーグ作品には、なんとガンダムが出て来るということで、家族一同ワクワクしながら赴きました(笑)。
 冒頭、いきなり「AKIRA」のバイク(←常温超伝導による電気バイクだったんだ?!)が出てきて驚きましたが、全編にものすごく大量のオマージュが散りばめられており、とても1回の鑑賞ではすべてを把握しきれない感じ! どこかで見たようなシーンやセリフやポーズが頻繁に出てくるのですが、記憶をたどる暇もなく、すごいスピードでストーリーが展開! リアルとバーチャルを交錯させながら、天才ゲーム・クリエイターが作り出したゲームを攻略する若者たち。作者の思い入れやこだわりを探り出すことが、攻略への鍵、という所がおもしろかった! それにしても、この映画に登場した数々の過去作品を、すべて網羅して知っている人というのは、相当なギーク&オタク&ナードだと思いますsweat01。まぁ、何も知らなくても、十分楽しめるとは思いますが…(笑)。
 それにしても、スピルバーグ監督の感性…、まだまだ若いな~!

【著作物利用】 個人的には、こんないろんな作品てんこ盛りの映画、どんな風に著作権クリアしたのか興味深いですが、パンフの表紙の雰囲気がちょっとStar Wars風に感じられたものの、かの“D”からは許諾が得られなかったそうで。。。さらにさらに、つい先日、国際管轄の講義で出てきた円谷プロの“ウルトラマン”も、裁判中を理由に使えなかったのだとか(先月、アメリカでは全面勝訴ってニュースがありましたが…)。かように著作物の利用は、一筋縄ではいかないようで。。。sweat02

| | コメント (0)

2018年5月 5日 (土)

「コマンドー」

 息子が、飽きることなく繰り返し観ている映画のひとつに、シュワちゃんの「コマンドー」があります。去年から今日までで3回観ました(一緒に観ている私も私……苦笑)。
 ストーリーはいたって単純。娘を守るために、元コマンドー部隊隊長のシュワちゃんが一心不乱に立ち回るアクション活劇。子どもを取り返すためとはいえ、無茶苦茶やりたい放題の過激さだし、ここまでできる人間はそうはいないでしょうが(笑)、普通の親なら、心意気だけはすご~くわかるんじゃないでしょうかhappy02
 本日、子どもの日。もはや、大人の息子のために兜を出すことはしませんが、「子、守るど~!」の気持ちは健在sign03 そのための、日々の精進と鍛錬ですgood

20180501_220180502_5  【宇宙兄弟33巻】 でもって、『宇宙兄弟』33巻では、ムッタが“コマンダー”に! 『宇宙に命はあるのか』もポチっとな、してしまいましたが、いつ読む?!

| | コメント (0)

2018年3月29日 (木)

絶望してるヒマなんてない!

 あまり多くのドラマを観る我が家ではありませんが、今期、文句なしの称賛は、TBSドラマ「アンナチュラル」にお送りしたいと思います! 中堂さんが救われて、よかった~! 三澄さんが絶望しなくて、よかった~! 六郎くんが目標を見つけられて、よかった~! 神倉さんが上司で、よかった~! 東海林さんの居場所が元通りになって、よかった~! 最終回のエンディングのスッキリ感、良かった~! 
 息子は、すご~く、六郎くんに感情移入して観ていたようですが、絶望してるヒマなんてないくらい、没頭できる何かを見つけられるといいなぁ。脚本の野木亜紀子さんはじめ、スタッフの皆さま、どうもありがとうございましたー!!
(あ、標題のセリフは、本ドラマ中に出てきたフレーズですcoldsweats01
 で、我が家の次席は、アニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」――手紙って、いつの時代も素敵なものですね~…(丁寧に心をこめて手紙を書く人に、悪い人はいない)!!
 今期は、この2作で、毎週のように“涙活”させていただきました。本当は、「ドラマ観てるヒマなんてない!」という状態にしないといけないのかもしれませんが、こればっかりは、ココロの健康のために、欠かせません~coldsweats01

20180327_3  【旅券】 すっかり忘れているうちに、家族全員のパスポートが期限切れになっていたので、改めて旅券申請しようと、一昨日申請書を取りに行きました。秋の学会はハワイのようだし、私も折を見てまたあちこち行ってみたいし、、、。あれ? 勉強してるヒマなんてない?!(それにしても、GW前だからか、パスポート・センターは激混みでした?!)

| | コメント (0)

2018年3月 3日 (土)

「のび太の宝島」

 この春のドラえもん映画は「のび太の宝島」だそうですね。なんと、(プロデューサーでなく)脚本が川村元気さんなのだとか?! 未だ、彼の小説は読んだことがありませんが、どんな脚本を書かれるのか、映画を観たくなりました~(小説の前に、『理系に学ぶ。』が読みたいんですけどね…)。
 私と息子が大好きなドラえもん映画は、なんといっても「のび太のひみつ道具博物館」♪ 5年前の春先を、なつかしく思い出します。。。

【クールジャパン再起動】 政府主導の“クールジャパン”機構が再起動とのニュース。コンテンツ重視とのこと。個人的には、まず、アメリカ人に「ドラえもん」の良さをわかってもらいたいなぁ~♪

 本日、絶好のお散歩日和…!
20180303_120180303_220180303_320180303_420180303_5

| | コメント (0)

2018年2月23日 (金)

ヴィンソン・マシフ登頂SP

 録画してあった日テレの「ヴィンソン・マシフ登頂SP」を家族で見ました。
 近頃いろいろ、へこたれそうになって弱気な日々が続いているのですが、南極大陸最高峰に挑むイッテQ登山部の方々のガンバリに、勇気をもらいました。薄い空気、マイナス数十度の世界、人里も病院もない極限地、強い紫外線、重いリュック、過酷なテント生活、、、今の私が置かれている状況なんて、極楽ですな…coldsweats01
 それでも、あの絶景をナマで堪能できる贅沢は、うらやましぃ~!

20180220_3  【ここ2年の体重変化】 グラフは、ここ2年の体重変化。昨年の9月あたりで底を打ち、徐々に増加傾向。だいたい、気苦労に反比例して増減しているようですが、最近の増加はむしろ“慣れ”によるもの?? ここ3週間の父の入退院騒ぎで、母は2kg痩せたとのこと。。。母は、毎日2回欠かさずお見舞いに出向いているので、退院が先送りになると、さらに痩せちゃうかも…sweat02

| | コメント (0)

2018年2月 9日 (金)

クソがっ!バカがっ!使えねぇ…

 (お下品なタイトルでスミマセン…)
 「HERO」の「…あるよ。」以来でしょうか…、ドラマ出自の名台詞としては久々に、我が家で密かなブームが巻き起こっています。そう、「アンナチュラル」の中堂系のセリフ…(笑)。どうもうちの息子は、ああいうタイプに萌えるらしく…(いや、かくいう私自身も中堂先生にメロメロですheart04)。
 彼がパワハラで部下から訴えられた第三話、罵詈雑言があんなにセクシーに感じられたことはありません!(言われる方はたまったもんじゃないでしょうが…sweat02) 第四話もすごくよかったのですが、息子に言わせると、「中堂先生がどんどん丸くなっちゃう…」と、やや不服の模様coldsweats01
 そんなにケナして欲しいなら…と、私が中堂先生に成り代わって「バカがっ!クソがっ!」と息子に言い放ったところ、「なんか品がない…」と横から夫…eyesweat02。こういうセリフって、言う資格のある人が言わないと、ホントに品がなく感じられちゃうんですよね~sweat01。息子からは「もっと低い声で無機質に…」とか、わけのわからないアドバイス。。。(笑)
 この手のセリフを脚本に入れ込むのは、勇気がいるだろうなぁ…と感じます。井浦新さんあっての「クソバカ」だったと感じつつ、文字だけで鑑賞する小説と、いろんな化学反応を起こすドラマとの違いや妙味にも、感じ入ってしまうのでした。。。
(最近では、生と死の境目をやたらと意識させられているので、第三話のセリフ中、「皮をむけば肉の塊」の方が、私にはズシンと響いたわけですが…)
 今晩の第五話も楽しみにしています♪

【父が個室へ】 昨日昼、父がCCUと同じフロアの個室に移動となりました。少しは回復してきたということでしょうか…?!

| | コメント (0)

2018年1月15日 (月)

TBS金曜ドラマ「アンナチュラル」

 先日、TBSの金曜ドラマ「アンナチュラル」の第一話を鑑賞。いやぁ、最近のTBSドラマ、めちゃくちゃ面白いんですけど、なぜ??!
 「逃げ恥」の野木亜紀子さん脚本の法医学ミステリー。スタッフに新進気鋭の女性が多いせいか、仕事に打ち込む女性のカッコ良さとジレンマがひときわ光ってました!
 第一話の二転三転するスリリングな展開も、重さと軽さのバランスも、洒落た台詞の数々も、第二話へつなげる全編通したミステリー感も、すごく計算されているにもかかわらず鼻にはつかず、なんというか、ハリウッドの練りに練られたシナリオの安定感を感じました。
 第一話でここまでテンション上げちゃって、二話以降は大丈夫なのか?!とドキドキしますが、次回も楽しみにさせていただきます♪

20171214  【次の一冊】 一昨日、『英語は3語で伝わります』を読了し、昨日から『量子力学で生命の謎を解く』へ移行! 本書の原題は、“Life on the Edge”というのですが、どうやら、「生命とは、量子世界と古典世界の境界線上にある」というのが、この本のメインテーマのようです。第1章からなかなかハードな出だしですが、興味深い!!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧