2017年8月18日 (金)

キャリア教育授業打ち合わせ

20170817_1 20170817_2  昨日、キャリア教育授業の打ち合わせを兼ね、オファーしてくれた友人とランチ。駅前で待ち合わせて、「中村家」という鰻のお店へ(ご馳走になった上、熊本旅行のおみやげまでいただいてしまい恐縮至極!)。
 久々の鰻に舌鼓の後、授業概要をいろいろ伺いましたが、講師2人のうちのもうお一方は、参議院法制局職員の方だそうで、私が反面教師的に転職三昧のお話しをさせていただくのに対して、生え抜きのキャリア一筋のお話! 世代も二回り近くお若いようだし、対照的でおもしろいケーススタディになりそうです。
 高校1年生が、今後のキャリア設計に関してどんな話を聞きたいのか、PCやパワポの準備はどんな具合がいいか、当日の進行スケジュールはどんなかなど、アレコレとヒアリング。こちら側の最大の関心事は、高校1年の女子で、“弁理士”という仕事を事前に知っている人が何割くらいいるのか?!ということですが、そもそも、進路指導部の先生方で、“弁理士”という資格をご存じだった方は1人しかいなかったということに愕然!coldsweats01。これは、マイナー職種の紹介という意味合いだけでも、授業する価値があるかも?!
 母校の高校を卒業して早33年sweat02。校内がどんな風に変わっているのか?、生徒の雰囲気は?等々、興味津々ではありますが、同期友人がすでにベテランの域に達していることを考えると、別世界であることは必至(苦笑)。私の頃は、文理選択は高校3年に上がる時にして、9クラス中1クラスが理系でしたが、今は、高校2年生に上がる時にほぼ半々で文系と理系クラスに分かれ、高校3年に上がる時に、その理系クラスがさらに純粋理系と文理系とに分かれるのだとか(純粋理系は8クラス中1クラス)。早いうちから進路選択の必要に迫られる分、昔より真面目な生徒が多い印象とのことでしたcoldsweats01
 女子高の雰囲気だけは健在なのか、なつかしく見届けてきたいと思っています(笑)。

| | コメント (2)

2017年8月 1日 (火)

なつかしの副編集長!!

 昨日、約10年ぶりに、以前お世話になった編集部で副編集長をされていた方と再会! 今では文庫編集部の編集長となられ、猛烈にお忙しくしておられます。
 10年前とほとんど変わらない様子で仕事を愉しんでおられる雰囲気がムンムン(笑)。最近はコンスタントに文庫作品のアニメ化も軌道に乗っているらしく、「現場は楽しいぞぉ~♪」とおっしゃっていました。
 TVの枠の買い方には2通りあり、1つは、局が番組制作をして、そのCM枠を購入する方法。もう1つは、30分なら30分で固定時間帯の放送枠全体を買い取り、番組とCMの制作は自分たちでやる方法。深夜アニメの場合はほとんどが後者だそうで、数億で買っている模様。アニメ制作は、大部分が製作委員会方式で、数十%(←思いのほか比率が高かった!)は出資しているとのこと。板(DVDやBluray)はどんどん売れなくなっており、配信比率が高まっているようですが、その方法が衛星放送なのかケーブルなのかネットなのかでチャネルは分かれるものの、現場ではまだ“公衆送信”の解釈が曖昧で、著作権法的にはかなりグレーのまま諸々の契約が走っているとのこと。著作権管理の窓口になりたがる人が多い、という話は意外でした(すごく面倒くさそうなのに…?!)。
 「時間が取れれば、もっとイロイロ、アニメ化の話をしてあげるよ~」とおっしゃっていたので、そのうち飲みにお誘いしてみよう~♪!

| | コメント (0)

2017年7月26日 (水)

“はっぴょん”、ゲットだぜ!

20170723  先日某所にて、日本弁理士会のマスコットキャラクター“はっぴょん”に遭遇しました! ポケモンGOの“ルギア”以上に(?!)超レアな“ゆるキャラ”です!
 
〔勝手に絵描き歌〕
♪ヒヨコかな?♪ヒヨコじゃないよ♪オバケかな?
♪オバケじゃないよ♪バナナかな?バナナじゃないよ
♪クジラかな?♪クジラじゃないよ
♪ハテナだよ♪クリリンッと回って♪“はっぴょん”だよ♪

 君はこの夏、“はっぴょん”に遭えるかな?!
(ちなみに、hulu改めHappyOnの「はっぴょん」とは別物ですが、遭えばきっと、幸せがやってくる…らしい)

| | コメント (0)

2017年7月25日 (火)

小学生の発想力

20170723_1  先日初めて、小学校低学年を対象とした発明教室のチームティーチングに混ぜていただきました。いろいろ刺激的な一日で楽しかった!
 二十数名という少人数なので、生徒さん一人一人にできるだけ万遍なく声掛けできるし、顔も見える。積極的な子、シャイな子、黙々と課題に取り組む子、他の人の進捗をやたらと観察する子、いろんな子どもたち(笑)。先生も複数人だと、いろんな生徒さんとの相性も様々なら、アドバイスの仕方や褒め方も様々で、お互いにすごく参考になるし補い合える。
 何より、カリキュラム教育のように、ひたすら前へ前へという授業でなく、1つの課題についてじっくり1時間、好きなように取り組んでもらえるのがイイ! 系統的な教育というのも大事だとは思うけれど、子どもたちには“動機”と“自由さ”というのが、とても大切な気がしました。高校までの授業と、大学以降の学びの違いも、そんなところにあるのかもしれません。高校までの成績と、大学以降の成果の違いとも言えるかな…?
 それにつけても、まだ年端もいかない子どもたちの、楽しい発想も斬新なら、それを上手に拾い上げて褒める先生方の手腕も、とても魅力的でした。多様性を楽しめる、素敵な取り組みだなぁ~としみじみ感じたのでした♪ お疲れ様でした!&ありがとうございました!

| | コメント (0)

2017年6月30日 (金)

1年半でひっちゃかめっちゃか

 先週頭に、諸々アプリをアップデートしたついでに、仕事机周りを見回したところ、1年半前に環境設定した頃に比べ、机上も本棚も机周りも、ひっちゃかめっちゃかになっているのに気づき愕然sweat01

20151220_2_2
  (1年半前)
    ↓
20170619_2
  (現在)

 なんだか、いかにも仕事してるっぽい風景ではありますが、大したことは何もしていないのが現実(何故にこんなに散らかる??)。。。書類を溜めない工夫をしたいんですが、いつの間にやらドンドン増えるんですよねぇ?? SONYの“デジタルペーパー”でも導入して、今後の書類は全部PDF化してNASに置いとく??

| | コメント (0)

2017年6月 4日 (日)

クラウドソーシング各社メモ

 友人が、クラウドソーシングで1本、記事執筆を受注したという話を聞き、そのサイトを拝見したら、その後、ブラウザ広告が、昨今の介護関連から、クラウドソーシング関連に塗り替えられました(笑)。最近は、従来の求人サイトよりも、こうしたサイトの方がニーズが高いのでしょうか…?
 世の中を見回すと、すごく優秀な専業主婦の方や、すごくお元気なご高齢の方というのがウジャウジャいますから、「家を離れたくない」とか「顔出ししたくない」とか「フルタイムでは働きたくない」とか「細切れに働きたい」など、各々の働き方条件が通常のサラリーマンとは違っていても、クラウドソーシングで何かしら、細々と仕事するのは容易な時代になっているようです。
 私も、外に出向いて仕事するのが難しくなったときのために、いくつかのクラウドソーシング・サイトをメモしておきましょう♪coldsweats01

クラウドソーシング・サイト一覧
Crowd tech
Yahoo!クラウドソーシング

 

| | コメント (0)

2017年5月27日 (土)

久々の懇親会

 先日、奇跡的に平日、夫が早く帰れるというので、委員会MTG後の懇親会に参加しました。結構な人数の同業者の集まりですが、名刺交換できたのは、せいぜい10人ほど。それでも、、、名前が、、、覚えきれない。。。明らかに落ちている記憶力に愕然としつつも、いろいろな事務所の先生やメーカーの方とお話しできるのは新鮮でした。皆さんそれぞれに、参加動機も様々なら年代やバックグラウンドも様々。これぞダイバーシティという感じ。動機は、しゃべり友だち・飲み友達が欲しかったり、子ども好きだったり、視野を広げたかったり、人脈を広げたかったり、先輩に引っ張られたり、マイナーな士業の認知度をあげたかったり、教えることが好きだったり、、、私のように、“家庭の事情”からフルには働けなくなり、細々とでも社会とつながっているために、という先生も幾人かいらっしゃるようで安堵。動機は様々ながら、ほぼボランティアで、手弁当で長年活動されていらっしゃる先生がたくさん!! ただただ頭が下がりました。
 雑談はやはり、仕事の話になりがちで、eAccess事件なんぞを久々に思い出したりもしましたが、“Ginger”という英訳チェッカーのことを教えていただいたり、会派の活動のことを伺ったり、意外なご縁がつながったり、やはり、多少なりとも動いてみると、何かしら世界が広がります。今期のこの仕事は、小中高校生が、知財に対してどんな印象を持っていて、どんなことがわからないのか、専門家間で情報共有できるのが、貴重な機会だと思えます。
 可笑しかったのは、日頃ブログを読ませていただいている先生とも名刺交換してお話しできたこと。先方は私のことなど知る由もないのに、私の方は毎日その先生のブログを読んでいる――この不均衡な関係は、何?!coldsweats01(近頃、朝のETV0655で流れている“おはようソング”「へんな気持ち」そのもの!)
 歳の割には“駆け出し”の私にとって、ほぼ全員が業界の先輩。いろいろ教えを乞いつつも、無理せず楽しみながら、何かしら貢献できたらと思います!

| | コメント (2)

2017年5月23日 (火)

Brooklyn Parlor

20170520_120170520_220170520_3  先の土曜日、久々に同期の友人と新宿デート。半年ぶりくらいだったので、再会第一声は「わー、髪伸びたね!」でした(美容院に行くのが面倒なだけなんですが…coldsweats01)。新宿御苑をブラブラしたら、中では“ロハスデザイン大賞2017展”というのをやっていました。たくさんの木製オモチャがあって、子どもたちが楽しそうに遊んでいました。バラ園も素敵でしたが、木陰で聴く鳥の鳴き声が心地良く、森林にいるかのような雰囲気の小径が最高でした。温室が、ずいぶん立派になっていてビックリ。最初は温室内も歩くつもりだったのですが、あまりに暑い日だったので、「温室は秋冬の頃にまた来よう」ということにsweat01
20170520_420170520_520170520_6  ランチは、“Brooklyn Parlor”にて。このお店は、以前からずっと行ってみたかった所。人気があるようで、開店前から大行列になっていました。予約組の我々は、サクッと案内してもらい、私はサラダランチを注文して、常陸野ネスト・ホワイトエールで乾杯♪
 友人は、中規模事務所で情報技術関連の特許明細書を書く仕事がすっかり板についたようで、月に数回お客さん訪問をして発明ヒアリングする以外は、専らパーティションの中でマイペース仕事とのこと(大企業のノルマ達成出願がほとんどだとか…)。事務所のエースとご自身との仕事のスピードの違いを比較して勉強不足を嘆いていましたが、私から見たら羨ましい限り。取引先による事務所のランク付けで最高位になり金一封が出た話やら、所内弁理士はすべて博士か修士で難しい案件が多いという話やら(私ももう少し勉強して修士くらい取っておかないといけないのかなぁ?)、年中所員募集して増員を続けている話やら、別世界のような景気の良さ! まぁ、きちんと仕事に注力すれば、一定のニーズはあることを教えられた形。一方の私の関心はと言えば、息子のことや介護のことや、プライベートのことばかり(泣)。とはいえ、「いずれは二人で考案した便利グッズで老後のおこづかい稼ぎしよっか?」なんて茶目っ気のある夢物語も(笑)。女性のキャリア展望の話では、「結局のところ、このご時世、思った通りに進むことの方が珍しいから、いかにしなやかにしたたかに現実に対応できるかにかかってるね」と、逞しさを見せてくれました。
20170520_7  デザートで頼んだ“トマトとセロリと人参のシャーベット”が絶品で、二人でシェアしてペロリ♪ 食後は、三越伊勢丹のリビング・フロアでウィンドウ・ショッピングしたりして、午後の早めにお開き。なかなか私の方がまとまった時間が取れずに申し訳ないですが、またの機会も是非~!

| | コメント (0)

2017年5月 5日 (金)

キャリア教育

 小・中・高と一緒に過ごした友人が、高校教員となって、今、母校の教壇に立っています。今年は一年生の担任団に所属し、進路指導の係になっているとのこと。その活動の一環として、生徒たちへのキャリア教育もあるのだとか。
 そんな中、こんな不束者の私に、「一度、学年全員の前で仕事について話してみない?」と声をかけてくれました。職業紹介としての講演だったら、転職を繰り返して一つ所に注力し続けていない身でおこがましい…とお断りするところだったのですが、“女性のキャリア”設計の一事例として、ケーススタディ的に話して欲しいとのことだったので、何かしらは(反面教師的にでも)貢献できるかも…と思い、やらせていただくことにしました。少なくとも、「“知恵”や“思想・感情”を形にして伝承する仕事」という意味では、私の転職歴は首尾一貫しているからです。学校で学ぶのも、本を読むのも、発明するのも、創作するのも、人が知性を磨くのは、よりよい生き方を目指し問題解決するための手段だってことを伝えたいな~♪ また、自立・結婚・子育て・介護・老後…という長いスパンでの人生が、私自身ようやく、ほぼ視野に入ってきた年頃でもあり、仕事という一面的なキャリアでない視点をお伝えしたい!
 参考のため、先輩弁理士先生で、こうしたキャリア教育講演会を行った人はどれくらいいらっしゃるのか検索してみたところ…よくブログを拝読しているアッカー先生がヒットしました。なるほど、弁理士会の資料も、改めて読み返してみる必要がありそうです。
 秋口の話なので、まだたっぷり時間があり、今の若い人に何をどんな風に伝えたいかを考えるだけで、当分楽しめそうです♪(とはいえ、400人以上を前に話をするのは、20年以上ぶり?! 大丈夫か?!>私?) まさに、持つべきものは友。紹介してくれた友人の期待に応えられるよう、がんばりたいと思います。

20170504_3 20170504_8 20170504_120170504_2 20170504_420170504_520170504_620170504_720170504_920170504_10  【都会のオアシス】 昨日、仕事前に夫と二人、皇居周辺散歩再び。緑はイイなぁ~♪

| | コメント (0)

2017年5月 2日 (火)

十数年ぶり?!

 先週某日、ランチタイムの1時間ほどを使って、十数年前お世話になった元編集長と小川町で再会。都内で編集プロダクションの株式会社を興したとご連絡をいただき、急遽お会いすることに。年明けにお父様を亡くされたばかりとのことでしたが、仕事に忙殺されているご様子。
 昔馴染みの人たちの近況を教えていただき、いろいろ刺激になりました。中には、「アイツは今、声優養成所に通ってるよ」なんて人もいたりしてビックリ!! 他には、本社勤務になっていたり、出版業界で同じような編プロを手広くやっていたり、出版社を興した人がいたり。。。

 この元編集長ご自身は、数年前に韓国人の女性と再婚し、二人のお子さんをもうけ、下の女の子はまだ2歳なのだとか?! 前の奥様との間の二人のお子さんは、すでに社会人になっているそうですが、4人のお子さんがいることになります。「ミック・ジャガーみたいですね!」と言ったら、笑いながら、「日本の人口増加にすごい貢献してるだろー?」と言いつつ、「最近はでも、老眼と体力低下が著しくて、子どもと遊ぶのが大変。。」とも。
 仕事話もいただきましたが、、「実は目下、身内が入院してドタバタしてまして…」と、責任もって物量のある仕事はできないことをお伝えすると、「そっかー、まぁ落ち着いたらまた何か出来たらいいよね」とおっしゃり、最近、介護の本を執筆したと言っておられました。「年を取るのは、子どもに還るようなもんだから、子どもに接するように接するのが一番だよ」とおっしゃいましたが、コレについては、私はちょっと納得しかねました。老いた人には、無垢な子どもと違い、プライドとか意地とか見栄とかが、まだまだこびりついている上、尊重すべき尊厳というのが格段に大きいことが、扱いを難しくしていると感じていたからです。ここ数週間で、“老い”についてナイーブながらも一家言持つようになった自分が、内心可笑しくてたまりませんでしたが^^;;;。。。

 また、韓国人の奥様から見ると、日本の教育が甘々に見えるそうで、教育本も手掛けておられるのだとか…。さらに、「famima Printってサービス知ってる?」と、イラスト系方面の仕事も模索中らしく、分野横断的にいろいろやられているご様子。
 この編集長の元にいた20年以上前の頃は、夜中の11時から編集会議を開始して始発で帰宅とかいうこともあり、「ゲーム業界花盛りでしたね~」となつかしんでいたら、「Taracoさんが手掛けた本の元ゲームを作っていた会社に、“妖怪ウォッチ”(レベル5)の日野社長がいたって、知ってた?」と訊かれ、「え~っ?!全然知りませんでした!」と今更ビックリ!! あの頃の働き方は、今で言う“ブラック”そのものだったかもしれませんが、それなりに時代が動いている感を愉しんで、大して苦ではなかった気がします(若かったから?喉元過ぎれば?)
 。。。ともあれ、いろんな業界の浮き沈みを振り返りつつ、諸行無常を感じた十数年ぶりのMTGでした。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧