2018年1月 6日 (土)

新年会 at “Pizza Da Babbo”

20180105_2  金曜の昼、元の会社の同僚4人で新年会ランチ at “Pizza Da Babbo”。約2年ぶりに再会の人も!
 それぞれ、会社を興した先輩や、部署異動等を経つつも会社でがんばっている友人や、退職して資格取得のために学校に通っている友人(間もなく、3年間の学生生活を終え、国家資格試験を控えているそうで!)など、バラエティに富んだメンツ。本当にいつも、いろいろな刺激を与えてくれて、ありがたいです。
 「最近、やたらと施設のお年寄りを目にする機会が多いもので、こうやって昔の仲間と食事する機会を持てるだけでも、幸せに感じちゃうんですよ~」という話をしたら、笑われました(笑)。もしかして、お年寄りが身近にいる人って、意外に少ないのかしらん??
 マルゲリータやシラスのピッツァ、リゾットや海鮮パスタをシェアして舌鼓を打ちつつ、前菜からデザート&エスプレッソまで、ランチタイムをほぼ占拠する形で約3時間、たっぷりおしゃべりしてお開きに♪ LINEで“ふるふる”して連絡を取りやすくし、次回を期して解散しました(笑)。次回を楽しみにしています~!!
(このメンバーの子どもの年齢構成は目下、19歳、小4、小3、4歳…、子どもの成長って早いなぁ~shine

20180105_3  【!】 先輩からは、ハンドメイドの可愛いブックカバーを、招集をかけてくれた友人からは、榮太郎の“大長レモン・キャンディー”をお年賀にいただいてしまいました♪
 

| | コメント (0)

2018年1月 4日 (木)

仕事始め――2018年の目標!

20180102  三が日が過ぎ、世間はボチボチと仕事始め。
 我が家はそもそも、この年明けは、大したお正月気分にもなりませんでしたが、2日の午後に皇居前を訪れたら、一般参賀の人の波で溢れかえっていました。5回の参賀で12万人の人出だったそうですね。
 さて、今日から心機一転、キリリと現実復帰したいところ! 本格的な仕事始めは週明けからですが、2018年も、しまって参りましょう~♪!sun
 
 年頭恒例、今年の目標は――
1.月10本の仕事をコンスタントにこなせるペースを作りたい
2.義父母が揃って暮らせる良い施設を見つけたい
3.関心のあるテーマで1本、小論が書けるよう、調査・研究を進めたい
4.最低2件の知財出張授業に出向いて子どもたちと対面したい
5.実の両親を旅行に連れて行きたい
6.健康維持のためのウォーキングをもっと習慣化させたい
7.週一でウクレレに触り、一度はユジャ・ワンのコンサートに行きたい

 ――あいかわらず低い目標設定ではありますが、私にとってはどれも大事なことばかり。今日も明日も明後日も、ほんのちょっぴりずつでも、誰かの役に立って、自分を更新していけますように――!

20171231_9  【時は金なり】 写真は、大晦日の正午のマリオンの“からくり時計”。なんと、「お正月」とか「一月一日」とか、珍しい唱歌のメロディが、特別バージョンとして流れていました! まだまだ若輩者の私ですが、それでも人生は確実に折り返してるハズ! 一刻一刻を大切に生きないとな~! そして何より、人生を愉しもう!と思っています♪

| | コメント (0)

2017年12月28日 (木)

仕事納め――2017年振り返り

 去年の年明けにフリーランスとなって、早2年が経ちました(弁理士登録して3年8か月)。今年は、我が家にとって“介護元年”とでも申しましょうか…(3年前から兆候はありましたが…)、義父母の体調が急激に衰え、何かと事務手続きやら付き添いやらでバタバタとした一年でした。
 そんな中、仕事はごくごく細々と、息も絶え絶えに継続。成果を列挙すると…
・1年越しで制作していた書籍が完成
・お客様案件での意見書→登録 初体験(自分のは去年体験済み)
・委員会活動にて知財授業5件(含:母校キャリア授業)
・調査業務開始
・来年度に向けたチャレンジ手続き1つ
 うっわぁ~、振り返ってみると、ほとんど何もしていない?! いやはや、今年は介護スキルの研鑽に励んだ一年となってしまいました。。。両実家の両親の体力が、この先も徐々に衰えゆくことを考えると、この先の四半世紀はこんな感じのまま?! なんだか気が遠くなりつつ、2017年の残りの日々は、心静かに、今年の反省と、来年の目標設定をしたいと思います。
 お世話になった皆さま、この場をお借りして、一年のお礼を申し上げます。ありがとうございました!

20171222  【著作権10大NEWS】 IT Media掲載の「著作権10大NEWS」…今年もイロイロありました。来年も、著作権がらみのTOPICSには事欠かない予感…仕事机周りのカレンダーを入れ替えて、来たる2018年に向けて気持ちを新たにしています!

 本日仕事納め。どうぞよいお年をお迎えくださいませ。

| | コメント (0)

2017年12月26日 (火)

今年の漢字

 先々週、今年の漢字が発表され、例によって清水寺にて「北」と揮毫されたそうで。まぁ、「北」にはさんざん振り回されており、今年に限らず、、、という印象もありますが、象徴的ではありました。
 で、私自身の今年の漢字も一考――

 

 今年は、コレかな?! 思えば、ささやかではありますが、いろいろなものに「挑(いど)」みました(笑)。来年は、チャレンジの結果が実って、「実」になるといいなぁ~!

20171225_220171225_320171225_4  【wine】 昨日は不思議とワインづいた一日。朝いちばんで、カタログ・ギフトで頼んでおいたボルドー・ワインが届いたのを皮切りに、友人のFBのクリスマス・マーケット・レポートを読んでグリューワインが飲みたくなったり、ウォーキング中に聴いていたラジオから、イタリア語の“ombla”という単語が聞こえ、調べてみたら、「影」の他に「ワイン」という意味があることを知ったり。。。
 夫不在のクリスマス・ディナー第2弾は、息子リクエストの手ごねハンバーグ&早春ジャガイモ。アサヒ飲料の「ほっと ゆず・かりん」をワインで割って、電子レンジでチンしたら、お手軽なわりにとっても美味なグリュー・ワイン風飲料になりました~(^0^)♪

20171225_6  夜、10時前になってようやく帰宅した夫が、GIOTTOの巨大なショートケーキをおみやげに…! 夜、こんなの食べちゃってイイのか?!と思いつつ、ペロリ♪ ご馳走さまでした~。

【天地明察婚】 密かにお慕い申し上げる岡田准一さんが(happy02)、宮崎あおいさんとゴールインとのニュース。我が家では“天地明察婚”と言っています(笑)。“算哲とえん”のような、素敵なご夫婦になりますよう――heart04

 

| | コメント (0)

2017年12月19日 (火)

異なご縁3つ

 先週、友人がわざわざ、「普段の会話の中に、“弁理士さん”が出てきたよ~!」と報せてくれました(笑)。
 なんでも、仕事で大学の先生と話していた際、「飲み屋で偶然知り合った弁理士さんに、これまでに数十件の特許出願をお願いしているけど、全部通った」とかいう趣旨のお話しだったとか…。“飲み屋で偶然知り合った”ってところが、異なご縁ですね~! やっぱり、仕事は赤提灯の下に転がってるのか?!
 世の中、いろんな異なご縁が転がっているものですが、以下の3つは、私が最近直面した異なご縁。。。

 ある日、夫が来年度、外部講師として週一で出向くことになった大学の前任者と飲んでいたら、「教え子の中に、弁理士になったヤツがいる」という話を聞いたそうで。名前を訊いてみたら、なんと、近所で事務所を開業していて、私と1度だけメール交換したことのある人でビックリ仰天!! 珍しい苗字の人だったからすぐに気づいたけれど、フツーの苗字だったら、このご縁には気づかなかったかも。

 また別の日、委員会活動でご一緒した先生と、仕事の後でランチしながら世間話をした際――その先生が、「今、着物の着付けに凝ってる」という話をされたので、「私がよく拝読している知財系ブログの中に、読書会サイトがあるんですが、そこによく、着物を着て参加されてる女性の先生がいるんですよ~」と話したら、「あ、それ私だ!」とのこと(笑)。ブログの中のボカしの入った写真で見ていた人と、現実に遭遇するなんて、奇遇~!

 で、これまた別の日、私が、日頃からお世話になっている先生から紹介していただいた、クラウドソーシング的な仕事をすることにして、その打ち合わせに出向いた時のこと――数人集まった人たちの中に、委員会活動でご一緒している先生の顔が?! この先生とは、研修でもちょくちょく顔を合わせるのですが、なんだか神出鬼没のフットワークの軽さ…。

 まぁ、それだけ知財業界が狭いってことかもしれませんcoldsweats01。(狭い割に、私の耳にはEPAの妥結内容の詳細は聞こえてきませんが…?)

20171218_120171218_2  【佇む鳥】 ひときわ冷え込んだ昨朝のウォーキング、物思いに耽るかのように、川縁に佇む鳥が2羽…。心が洗われるようなキラキラした朝陽でした。

| | コメント (0)

2017年12月14日 (木)

今年最後の知財授業

 先日、今年最後の知財授業終了~!
 某小学校の高学年のお子さんを対象に、キャリア教育と発明工作の2本立て。複数人の弁理士先生で担当しました。“弁理士”という言葉を聴いたことがある人が数人いたのは驚きでしたが、大部分は“便利屋さん”だと思っていた模様(笑)。
 ほぼボランティアベースの活動ですが、子どもたちを相手にすると、なぜかこちらもエネルギーをもらえる気がするのが不思議。今回も、いろいろユニークな発想に触れられて、楽しいひとときでした。
 個人的には、「知的財産は、他の有体財産とは異なり、皆で共有できる」という特徴を認識して欲しくて活動している面もあるのですが、知的財産“権”について説明すると、どうしても「ひとりじめできる」とか「いいアイディアを思いついたら、出願するまでは人に話しちゃダメ」とかいう話に。。。もちろん大事なことではありますが、道徳が必修化される中、ちょっと利己的な感じが拭えず、ジレンマを抱えることになります(苦笑)。とはいえ、小学生も高学年ともなると、「儲かりますか?」「お金をかけて出願しても特許が取れないことはありますか?」等、現金な質問も飛び出し、“シェア”と“モノポリー”のバランスは難しいな~、と感じますsweat01
 毎度のことですが、ご一緒する先生方のプレゼン・スタイルや、お話しの内容や、これまでのプロフィール等がとても興味深く、特に、育児をしながらどんな風に仕事に取り組んできたか、という話には勇気をもらいました。今後は、“介護をしながらどんな風に…”という話も増えてくるのかなぁ~coldsweats02

20171210_120171210_2  ともあれ、これでようやく年末を迎えられる感触。。。あ~、今年はまだ年賀状が手つかず(印刷だけはしたんですが…)!! 62円に値上がりするタイミングで(12/15~1/7は52円据え置き…)、メールをちょくちょく交換する友人たちへの年賀状送付はやめようかなぁ~?

| | コメント (0)

2017年12月 1日 (金)

弁護士法人事務所へ…

 先日、10年ほど前に仕事でお世話になった弁護士さんの法人事務所へ遊びに行きました。“遊びに”というと語弊はありますが、「久々にお話ししましょう♪」ということになり、四方山話をさせていただきにお邪魔した次第(普段はTシャツとジーンズで仕事している私が、久々のピリッとスーツ姿?!)。弁理士になりたての頃、この先生からいただいたおに、どれほど勇気づけられたことか…。感謝となつかしさの気持ち満載で、伺いました。。。
 素晴らしいロケーションの事務所は、クリスマスのイルミネーションでピカピカしており、ビル入り口のセキュリティ・ゲートを通るのに、きちんと登録の必要があって、ドキドキしてしまいました(笑)。やや緊張してエレベーターを上がったものの、久々にお会いする先生は、全然変わらず気さくな雰囲気。あれこれと、ブランク期間のお互いの変化をざっくばらんに話して、「面白いことがあったら、また一緒に何かやりましょうよ」と言っていただき、恐縮至極。本業以外の本の執筆活動にも積極的で、どれだけ睡眠時間を削っているんだろう…?という感じ。
 今や、お互いに独立独歩で自身の道を歩いており、とりたてて接点はありませんが、「本が好き」という点だけは変わらぬ共通項かもしれません。友人というのもおこがましいですが、仕事でお世話になった恩人と、こうして再会しておしゃべりできるのは、本当に幸せなことです。またガンバろう~!という気力をいただいて帰ってきましたconfident。貴重なお時間をありがとうございました。

| | コメント (0)

2017年11月24日 (金)

同期とのパワーランチ

20171122_120171122_220171122_3  先日久々に、同期友人とランチ・ミーティング。積もり積もった話がテンコ盛りだったので、朝10時前にOAZOの広場で待ち合わせ。
 友人は、特許事務所に就職して数年が経過し、自分が手掛けた案件につき、ぼちぼち登録査定や中間対応が増えてきた頃で、充実の日々を過ごしておられる模様。
 AI 代替の話にもなりましたが、「私なんて、四コマ漫画みたいなラフスケッチを見せられて、そこから明細書を起こすんだから、そんなことをAI が出来るわけない!」と断言していたのが印象的(笑)。
 「ブレードランナー」の映画の話にもなり、それに関連して、カレル・チャペックの『ロボット』の概要を教えてもらいました。この作品が“ロボット”という言葉の由来だということは知っていましたが、この物語の中のロボットは、私が想像していたような機械ではなく、まさに生体臓器の寄せ集めのヒューマノイドなのだとか?! そしてエンディングは、前作「ブレードランナー」と同じく、男女のヒューマノイドが、争いのない世界を探して消えていく…というものらしく?! いつか読んでみなくちゃっ!!と思います。
20171122_4  あれこれとおしゃべりしながら、KITTEを散策したり、ITOYAのカフェでランチしたり(下のフロア内で野菜を育ててました!)、GINZA SIXの蔦屋で本を鑑賞したり、地下で抹茶のアイスを食べたり――
 いろいろ悩み相談じみた話もしましたが、多少ギラギラしてえげつないくらいでも、意欲をなくすよりは、いつまでも意欲的でいたいよね、という結論に(苦笑)。かなり早めの忘年会状態で、別れ際には、「よいお年を~、次回は来年の桜の頃にでも!」と約束。愉しい時間をありがとうございました~。

 (ヒューマノイドの話から、『愛はさだめ、さだめは死』を読んで、お互いの感想を語り合おう!ということになったので、のんびり読んでみたいと思います~)

【?!】 ところで、NTTの“量子ニューラルネットワーク”が一部界隈で話題だとか。量子とニューラルが並んでいる時点で、よくわかりません??? 少し前にニュースになった古澤先生の量子コンピュータとは関係ないんですよね???


 

| | コメント (0)

2017年11月21日 (火)

AI に仕事を奪われる日…?

 先週、AI による失職ネタで、業界内が少し賑わっていた模様です。話の発端は、今年9月に日経新聞が報じた「弁理士業務の92.1%がAIで代替可能」(野村総研と英オックスフォード大学の共同研究)とのニュース。
 私が出版業界にいる間に、ワープロやPCやオフセット印刷・オンデマンド印刷等が普及し、あっという間に活字職人さんや写植職人さんが消え去ったのを目の当たりにしているだけに、仕事が減るだけならいいけど…という思いも無きにしも非ず。
 商標登録に関し、「Toreru」とか「cotobox」等の野心的な取り組みも生まれていますが(簡易検索で、称呼同一や関連可能性のある出願・登録商標を抽出してくれたり、完全同一の先行登録商標と重複する指定商品・役務を示してくれます)、特許庁が(審査基準も乗っけた)官製の登録用システムを作ったりしたら、ユーザーには便利なことこの上ない一方、業界は恐ろしいことになるような気もしなくもなく。。。(苦笑)。出版での取次や、流通での卸のような、中間的業務の中抜きが可能になっている時代、技術的に中抜き可能なものは、もっともっと増えることは間違いないと感じます。
 この業界も、直近は、クリエイティブな方向と、争訟的な方向のニーズに偏っていき、代書的・管理業務的な部分は効率化が進むってことなんだろうな、と思いますが、AI と一口に言っても、どの時点でのどんなAI の時代を差しているのかが不明なので、「92.1%代替可能」の信憑性は、検証しようがありません。
 AI の進歩もさることながら、知財教育が盛んになり、発明者自らが見事な出願書類を書けるようになるなんてことも、考えておくべきことかもしれません(私の同期にも、「ボクは発明家です、自分で出願できるようになるために資格取りました」って人がいました。。)。
 もし、Googleさんあたりが、Google Earthくらいの意気込みで、地球規模の知財権管理システムでも作った日には、著作権の活用を望むクリエイター等は、すべての創作物をクラウド上に登録して、自分の望む諸条件を自主設定し、ユーザーやライセンシーと直にやりとりしてアクセス権を設定するようなことも、もはや技術的には不可能じゃないように感じてしまいます。
 オープン・イノベーションとか、シェアの意識が目覚めている一方、世知辛いビジネスの上では、今後、手続きや管理については極力省力化され、諸々の権利はきちんと自分自身でコントロールしていく時代になると予想され、その端緒が、音楽著作権の自主登録・管理システムとして現れてきそうな気がする今日この頃ですsweat02。とはいえ、目利き的で、社会のニーズを把握した上で創作物をブラッシュアップする力のある専門家は、いつの時代にも求められるんじゃないかなぁ~と思います。(cf. Boston Dynamics

20171120  【AfternoonTea】 昨夕は、仕事を速攻で終わらせて(←最近使い始めた便利なツールのおかげ!)、夕刻の小一時間ばかり、友人とAfternoonTea♪ 有休を取って「怖い絵展」を堪能した後の友人は既にリフレッシュ済みでしたが、最近のアレコレをおしゃべりして私も気分転換shine。わずかな時間でも、年内に会えてよかったぁ~sign01

| | コメント (2)

2017年11月13日 (月)

クセになる?セルフ・パウチ

20171106_2  先日、仕事で使うために、A4版のプリント2枚をパウチしに、近所のKinko'sへ行きました。
 これまでは、お店の人がカウンター内でパウチしてくれるのが通常だったのですが、いつの間にかセルフ・パウチもできるようになっていました。「ご自分でやられた方が、費用が3分の1ほどで済みますよ」との店員さんの言葉に、「それなら自分でやります!」と即決(笑)。
 小型のスキャナのような機械が置いてあり、スタンバイ状態から起動して、5分ほどすると“Ready”状態に。十分温まったところで、プラスチック・フィルムに挟んだ紙ごと、その機械に通すと、みるみるパウチされました。
 まるで、書籍のカバーの色校に、PP加工したかのように、色味が鮮やかになりツルツルの手触りとピカピカの見映えに♪ これはクセになりそう~!
 上手にパウチするポイントは、A4版のシートであっても、中に挟む紙は、A4よりも少し小さめに端を落とすこと。周囲がしっかり密閉されないと、紙とフィルムも密着しづらく、出来上がりが汚くなってしまいますからね~。

 おそらく、Kinko'sさんがセルフ・パウチを導入したのには、頻繁にトラブルがあったんじゃないかな~?と推察しています。以前、ある大きなポスターをパウチしてもらおうと持ち込んだ際は、「ちょっと特殊な紙で、うまくパウチできるかわからないので、熱で変色や変形してもいけないから、お断りします」と、お店の方から辞退されてしまったことがありました。そんな感じで、お客さんが満足するようにうまくパウチできないことも多かったのではないかと。。。失敗を恐れて危ない仕事を辞退するよりは、自己責任でやってもらい、通常より安い値段で機械だけ提供する方が、事業としては堅実かもしれません。締めて129円也(←やってもらうと300円)♪ 安いし楽しいぃ~!!

【某イベント大盛況!】 そして昨日、某所でのイベントのお手伝いに馳せ参じましたが、これがまぁ大盛況! ショッピングモール内という場所柄もあったし、ゲストが素敵だったことも大きいのでしょうが、いい経験になりました♪(“オタマトーン”、今度絶対入手しようっと♪)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧