2018年6月 5日 (火)

パプリカの種

20180603  先日、何かのTV番組で、パプリカの種は栄養価が高いので、捨てずに食べて!という情報を得ました。

 そこで、日曜の夕食で、ハンバーグの付け合わせに、種ごとパプリカのグリル。苦いかな?と懸念していましたが、まったくの杞憂。普通においしかったです♪

 昨朝、チラリと義母の様子を見てきましたが、また酸素吸入しており、看護師さんに痰の吸引をしてもらっている所でした。起きていたので、「わかりますか~?」と尋ねたら、ウンとうなずいてくれました! いくつか質問を投げかけたら、うなずいたり首を振ったりして、辛うじて意思疎通ができ、良かった!
 本日は夫が、出張先から義母の入院する病院へ直行し、義父と待ち合わせて、医師と再度面談。ここ数日、親戚皆で話し合った結果、中心静脈点滴も胃ろうもせず、普通の点滴のみで対応していただくことに決めたので、そのお願いに――。
 先の日曜日は、義母の二人の妹さんがお見舞いに来たり、義父は親戚に諸々の報告に行ったりして、周囲の全員が了解の上、静かに見守ることになりました。何か特殊な病気でない限り、やはり生き物は、口から栄養を採ってこその“生”だと思います。
 ものすごくお料理上手の義母で、正直、結婚当初はプレッシャーばかりが先行しましたが(苦笑)、ここ十年近くは、自ら腕をふるうことはできませんでした。とはいえ、少なくとも半世紀以上、家族他たくさんの人たちに美味しい幸せを届けてくれていたのでした。
 今の義母が、何かをすごく「食べたい!」と思って訴えてくれたら、速攻で準備するんだけどなぁ…。

| | コメント (2)

2018年5月31日 (木)

究極の選択

 この春、せっかく義父母一緒に同室で老人ホームに入ったのに、4月18日に誤嚥性肺炎で入院してしまった義母。ここ数週間、ずっと具合が悪いまま入院が続いています。
 昨日、夫が義父とともに病院の先生と面談し、とにかく口から栄養を採るのが難しい状態のため、中心静脈栄養法か胃ろうのいずれかで栄養を採ることにしたらどうか、と勧められたのだとか。それを老人ホームの担当医に相談したら、老人ホームだと胃ろうなら対応できる、とのお返事。
 それを踏まえ、長らく主治医としてお世話になってきた女医さんに相談に行ったら、キッパリと「胃ろうは勧めない」と言われたのだそうです。
 病院からは、今後の治療方針を親族で相談し、できるだけ早く連絡して欲しいと言われたそうで、夫と義弟さんが夜遅くまで電話で話し合っていました。義父に決断させると、ある種、十字架を背負うような心持ちにもなりかねず、子どもたちで結論を出した方がいいのではないか、とか、
中心静脈栄養法や胃ろうにすれば、栄養は採れるようになるけれど、それで寝たきりで5年10年と生き永らえることが幸せなのかどうか、とか、いずれの方法を取っても、途中で止めるわけにはいかないところが難しい、とか、、、。
 もはや話すことも出来なくなっている義母に、何かを選択する力は見いだせませんが、「意識がなくなったら無理な延命はしないで欲しい」とは言っていたものの、うっすらとした意識は継続している中、どのような選択をするのが義母の幸せなのか、皆で考えあぐねています。正解のない問題に、誰かが答えを出さなければならない………同じような状況に陥ったとき、世間一般の方々は、どんな決断をしているのでしょうか…?

久兵衛】 義父母の主治医だった女医さんが、義父を元気付けるためか、おいしいお寿司屋さんを教えてくださったのだとか。人間、食欲があるうちが華…と考えると、一食一食の食事を大切においしくいただきたくなります。

 奇遇にも、今朝の毎日新聞のトップ記事が、「延命中止」に関する医療機関へのアンケート結果について報じていました。。。

| | コメント (9)

2018年5月30日 (水)

ミルセラ注射と義母の血液検査結果

 今日は夫が、義父のミルセラ注射に付き添い、その足で義母の病院へ行き、先週行なった血液検査の結果を踏まえて、担当医師と面談予定。
 先の週末は、義弟さん夫婦が義父を連れて外食したり、義母のお見舞いをしてくれたようです。
 近頃の私は、家事と仕事と大学通いと課題の消化であっぷあっぷしていて、なかなか時間が取れません。課題の量が少なめな時を見計らって、来月はお見舞いに行けるかしらん?sweat01

| | コメント (0)

2018年5月24日 (木)

父の通院

20180523_2  先週の我々夫婦の銀婚祝いに、コーヒーメーカーを贈ってくれた父ですが、火曜日は、大動脈解離後、担当医師が変わって初の通院でした。翌朝、様子伺いで電話すると、「前と同じくらいの歳の先生で、経過もちゃんと把握してくれてたよ。血圧の記録を見て、この調子で安定させて暮らしてください、だって。」と、特に暮らしぶりも薬も変える必要がなさそうで、ホッとしていた様子でした。
 7月にCT検査と、検査後の面談があるそうなので、また1か月半くらいは自宅養生。ずっと2階には上がらない生活を続けていたのですが、「先生が、ハイハイしながらなら上がっていいっておっしゃってたんで、2階にも少し上がろうかと思う」とのこと。なかなか、のんびりはしていられない性格のようで…coldsweats01
(両実家がやや落ち着いているので、少し心の余裕が出来、ポテトサラダを作る気力が湧きました…笑)

【義母の様子】 5月10日に私が様子見に行った折は、酸素吸入していなかった義母ですが、15日に義弟さんが行った際は、また酸素吸入をしていたとのこと。熱も一時9度以上になったとか。先週末は平熱に戻ったそうなのでホッとしましたが、上がったり下がったりして落ち着かず、なかなか退院の目処は立ちません。。。義父は、「オレの女房なんだから、オレが面倒みてやらなきゃな…」と言って、自分が具合悪い時以外は毎日病院へ行っています(昨日は平熱だったとのこと)。先週の血液・尿検査の結果は、来週知らされるようですが、義父の調子は良さそうなのでホッとしていますshine

| | コメント (0)

2018年5月14日 (月)

かかりつけ医

 明日は義父が、先週受けたエコーによる左頸動脈の梗塞具合の検診で通院予定。義弟さんが対応してくださる予定。
 来週火曜は、私の父の検診日。入院時にお世話になった医師は転勤になってしまったため、初対面の医師にこれまでの経緯を把握してもらうことになります。義父の腎臓の先生も転勤になってしまったし、なかなか“かかりつけ医”の位置づけも難しいな、と感じます。

| | コメント (0)

2018年5月10日 (木)

巨人は酔っ払い?!

 子どもの日の朝のNHKニュース中、「いつもここからインタビュー」に、“進撃の巨人”の作者・諌山創さんが登場していました。7月からまたアニメが放送されるそうで!
 デビュー一作目でこんな大ヒットとなった現状について、諌山さんは、「非日常が8年続いている感じ…」とおっしゃっていましたが、子どもの頃は、劣等感に苛まれ、故郷の大分から脱出したくて仕方なかったのだとか。ところが、東京に出てきてネットカフェでマンガを描いている時は、言葉の通じない酔っ払いに絡まれるなど、辛い現実にも頻繁に襲われ…。読者が巨人に何を投影するかは自由だけれど、彼にとっての巨人は、あの時の酔っ払いの象徴だ、とも。。。そして、誰しもが、被害者にも加害者にもなり得、視点の切り替えで世界の見え方も変わりうると…。
 ひとつひとつの言葉を丁寧に発する方だなぁ…という印象でした。彼なりの切羽詰まったいろいろな気持ちが、作品のそこここに散りばめられているからこそのヒットなんだろうな、と感じました。劣等感を、自分を漲らせる力に変えられる人は強いなぁ~!
 もうすぐ物語も終盤のようですが、7月からのアニメをまた楽しみにさせていただきます♪

【義母のお見舞い】 今週頭から風邪をひき、義母のお見舞いに行けずにいた義父に代わり、本日午前中に私が様子見に行きました。すでに酸素吸入チューブは取れ、それに伴って手の拘束具も外れて、すやすやと眠っていた義母(7人部屋の全員がすやすや睡眠中でした)。看護士さんがオムツ交換してくださるタイミングで一瞬起きた義母に話しかけてみましたが、どうも私のことがよくわからない模様。話しかけることにうなづくばかりで、自分では声が出せないようでした。ベッド脇のテーブルには、「つるりんこ」という森永製のトロミ付け粉末の袋が置いてありました(これを飲料に混ぜて、口に入れてもらっているそうです)。すぐにまた寝入ってしまった義母でしたが、お隣のベッドの女性が、寝言で「おうちに帰りたい、おうちに帰りたい~」と、何度も言っているのが痛々しかった…。
 自分の通院日以外は、毎日のようにお見舞いしている義父が、「あそこにいると、いたたまれなくなる」と言っていたのがわかるような気がしました。病院はもちろん、手厚く看護してくださっているのですが、入院患者さんたちの年齢が年齢なだけに、寝たきりで眠ってばかりにならざるを得ず、どうしても生気が薄く感じられるせいかもしれません。4月18日に入院した義母、早くも3週間近くになりますが、退院がいつ頃になるのか、見当もつきません。。。

| | コメント (0)

2018年5月 9日 (水)

若者は、siriで目覚める

 GW中、珍しく家族3人で夕食を取っていたときのこと。夫が言いました。
「この間、研究室の学生に聴いたんだけどさ、最近の若者は朝、siriに起こしてもらうんだって」
「へ~、でも怖いよね。そのうち、“疲れていらっしゃるようなので、起こしませんでした”とか言い出したりして」
「遅刻の言い訳が、“siriが起こしてくれませんでした”とかね」
 
それを聞いていた息子が、ボソリ。
「ボクなんて、この間、“走っれ~、走っれ~♪”って歌ってたら、siriが突然、“6分後にタイマーをセットしました”とか言い出すから、ビックリしちゃったよ」
――“走っれ~♪”が“Hey, siri”に聞こえたんだとして、何故6分後にタイマー???

【ガンダム大投票】 シャアやアムロと並んで大健闘だったオルガ(CV:細谷さん)! 最期はともかく、やっぱりカッコよかったもんね~♪(先日、“メガロボクス”を見ていた息子の一言…「コレ、油断してるとオルガに見えてきちゃうんだよね…」coldsweats01

【義父転倒】 昨夕、老人ホームから、夫と私と義弟さんの3人に電話が入りました。緊急連絡先の頭から順次掛けられたようですが、夫も私も講義中で出られず、、、sweat02。義父が髭剃り中に洗面所で転んで、トイレの角に頭をぶつけ、コブが出来たとのこと! 電話で様子を確認すると、「大したことないから大丈夫大丈夫」とのこと。ホッdash。今日はエコー検査に一人で向かう予定ですが、雨が上がりますように――!

| | コメント (0)

2018年5月 6日 (日)

忘れるのはお互い様…

20180505_4  先月の介護認定面接の結果、“要支援1”の認定を受けた父。プロの目から見て、まだその程度だと分かり、正直ホッとしました。
 とはいえ、記憶の覚束なさは歳とともにじわじわと…。実家の両親の物忘れもボチボチ出てきていますが、義父母の方はすでに、かなりのレベル。子どもたちがいろいろと奉仕・貢献しても、そのほとんどが忘れ去られているようで、情けないことに時折ふと、甲斐のなさを感じたりもしていたのですが…。
 先日、私の実家に赴いた折、母が言いました。
「孫たちにはずいぶんアレコレ手をかけてあげたし、夏休み中には4~5年ほど、孫合宿も催したのに、孫たちはそんなこと、ぜ~んぶ忘れてるのよね~」
 確かに、私がフルタイム勤務していた頃は、母には何度も我が家へ出動してもらい、朝のラッシュ時の満員電車で駆け付けてもらったり、息子が病気の時には、終日面倒みてもらったりしていたものです。息子は、そうした日々を、断片的には覚えているようですが、どのくらいの頻度で、どんなにお世話になったかまでは思いが及ばず、母としては、面倒をみた甲斐がない、と思うのかもしれません(苦笑)――coldsweats02
 ボランティアは別に、覚えていて感謝して欲しくてするわけじゃない、と頭では思っても、やはりまるっきり忘れ去られてしまうのは、存外拍子抜けするもの。とはいえ、こうしてみると、失念もお互い様で、人の世はいつも、持ちつ持たれつだよなぁ…と、思いました(笑)。人への感謝に溢れた人も含め、意外に誰しもが忘恩の輩で、特に、親への恩は忘れがち(苦笑)。息子にも、感謝なんて期待せず、ただただ自己満足で尽くすのみ、ですかね~sweat02

20180505_120180505_220180505_3  【ウォーキング2連チャン】 一昨日の“みどりの日”は、レポートに追われる息子を置いて、夫婦で10kmウォーク。そして“子どもの日”の昨日は、息子へのサービスデーにしようとスタンバイしていたものの、主役は遊びに出た後サークル活動だとのことsweat02。フラれた夫婦はお台場で再びウォーキングsweat01。子どもの日の子抜きランチは、クラフトビールと、スペアリヴ&パエリア&チキンのアヒージョ。このGWは、かなりの運動量でした!

| | コメント (0)

2018年5月 3日 (木)

義父の定期検診

 昨日は義父の定期検診日。夫が付き添って、血液検査その他の検査を受け、ミルセラ注射。この注射を2か月に一度に変えたら、また貧血状態になってしまったそうで、再び1か月に一度に戻すとのことsweat02
 確か先月は三男さんが付き添ってくれたのですが、親戚一同順繰りに都合をつけて、辛うじて付き添い仕事を継続している感じです。
 来週は超音波検査があり、再来週は検査結果に基づいた医師との面談があり…。だんだんと、都合を付けるのが難しくなってきていますが、老人ホームのスタッフさんに付き添いをお願いすると、1時間数千円のオーダーになる上、的確な質問を医師に投げるのが難しくなるという難点が、、、sweat02
 再来週は三男さん夫婦のどちらかが対応してくださるとのことですが、こんな調子で、今年度を乗り切れるんだろうか…?!

20180502_120180502_2  【橋の架け替え工事】 昨朝、面白いものを見掛けました。小さな橋の架け替え工事中だった河の近くに、こんなものが…。歩道と車道を分けて橋を架けるようで、そのうちの歩道橋部分が、待機中(笑)。ウォーキングの方は、岩手県に入るまであと4.93km。このGW中に宮城県は抜けそうです!

| | コメント (0)

2018年5月 1日 (火)

両実家の様子見

 先の日曜日は、(入院中の義母は不参加で残念でしたが)老人ホームの義父が実家の換気に帰りたいというのに合わせ、親戚で集まりました。家の換気に加え、息子の大学入学のお祝いもしていただいてしまいました(笑)。義父からお祝いをいただき、義弟さんご夫婦からは「欲しいものをリクエストして」とのありがたいお言葉。ただ、息子は目下、特に欲しい!と思うものがないようで(?!)、その時になったらご連絡させていただくことに…coldsweats01
 デパートの北海道物産展で仕入れた蟹づくしのちらし寿司や、セイジやパイン入りの珍しいチーズ、苺や琵琶やケーキを食べながら世間話をして、老人ホームの夕食に間に合うようにタクシーで帰る義父を皆で見送って帰路へ。義父が、「やっぱり自宅が一番イイなぁ~!」としみじみ言っていたのが印象的でした。
 義弟さんが、「親父さんも、認知症の検査、してもらった方がいいかも…」とおっしゃったのが意外でしたが、確かに近頃、物忘れが激しくなっている気はします。80歳を超えたら仕方ないとは思いつつ、打てる手があるなら対策しておくべきかも、、、とも思い、悩みます。

 昨日は、終日家族のんびり自宅でまったり。。。と言いつつ、洗濯機を3回回し、布団を干したりシーツを洗ったり、植木の手入れをしたり、大量の冬服をクリーニングに出したり、家中に掃除機をかけたり、朝昼晩と手作りご飯にしたり……かなり働いて、正直ヘトヘトですsweat02
 今日は、息子と夫が出掛けている間に、昨夕大量に作ったトマトソースを持参の上、私は退院後の父の回復具合を見に実家へ! 冷製トマトパスタを作って、ランチ提供してくる予定(笑)。

20180501  【おみやげ】 実家では結局、冷製パスタとプリンをご馳走したものの、煮干しのフライがすごくおいしいことを教えてもらったり、もち米や瓦煎餅や手作りジャムをおみやげに持たせてもらったりしました(苦笑)。父の血圧は最大でも120ちょっとくらいで、すごく落ち着いているし、朝晩欠かさず血圧測定をして几帳面に記録し、薬もきっちり飲んでいるようで、今月22日の通院までに、絶好調に戻すと意気込んでいましたcoldsweats01。母も思いのほか元気で、よかったよかった!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧