« ”絶品微糖”の朝の愉しみ | トップページ | 桜の開花日の皇居回り散歩 »

2022年3月28日 (月)

大横川さくらクルーズ

20220326_1 20220326_2 20220326_9 20220326_3  春の嵐直前の週末、珍しく夫の発案で、家族揃って“大横川さくらクルーズ”へ。4月からはまた皆忙しくなるのを見越して、春休み最後の団欒の趣。
 日本橋のたもとから出るクルーズ船で、60分のお花見ツアー。たもとに咲くソメイヨシノや枝垂桜が人の目を引き付けて、足を止める人がたくさんいました。
 船は、屋根のない開放的なタイプで、座席の半分くらいは空けた状態で、ソーシャルディスタンスはバッチリ。川面から見上げる日本橋は、普段とはまた違う格調高さを感じさせました。
20220326_6 20220326_5 20220326_4  日本橋川から大横川へと、隅田川を横切ってクルージング。川縁の桜は、まだ3分咲きくらいでしたが、それでも春の風情はそこここに。潮位の高い日だったせいか、橋の下を抜ける時は、乗客全員頭を思いっきり下げないと欄干にぶつかりそうで、スリル満点でした!
 遊歩道を歩く人と手を振り合いながら、見ず知らずの人ともお花見気分を満喫。行き交う船もいつにも増して多く、カヤックや小型ボートや屋形船や遊覧船などなど、様々なタイプの水上交通を眺められました。
 同じ経路を通って引き返す途中、急に雨が降り始め、係員さんが配ってくださったレインコートを着て、復路はさながらジャングルクルーズのようでした(笑)。なかなか出来ない体験につい頬も緩み、雨水を滴らせながら低い欄干を避けるクルーズは、遊園地のアトラクションのようでもありました^^。
20220326_7 20220326_10 20220326  再び戻ってきた日本橋をくぐり、焼夷弾に焼けた黒い石や、石灰石のつららなどを見つつ、一時間の船旅が終わりました。ガイドの男性に拍手を送って下船。
 家族で鰻の昼食を取って、帰ってきました。
 楽しいクルーズと美味しい昼食に大満足して、新しい年度を迎える心の準備をした花の週末でした♪

|

« ”絶品微糖”の朝の愉しみ | トップページ | 桜の開花日の皇居回り散歩 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ”絶品微糖”の朝の愉しみ | トップページ | 桜の開花日の皇居回り散歩 »