« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

2024年2月の29件の投稿

2024年2月29日 (木)

令和5年不正競争防止法等改正説明会

20240224  先週、表題の継続研修必修科目をe聴講。
 知財一括法の改正として話題になった「ブランド・デザインの保護強化、デジタル手続整備、国際的事業展開の整備」に関して。
 以下、自分用メモ。(施行日はまちまちなので注意)
・不競法第2条1項3号(H5~)において、デジタル空間での形態模倣行為も防止(実質的同一)
 (電気通信回線を通じて提供する行為)も…/リアル空間とデジタル空間双方を規律対象に
・不競法第2条7項の限定提供データの定義の明確化(秘密管理性条件を緩和)
・不競法第5条1項の損害額の算定規定の拡充(ライセンス料相当額)
・不競法第5条4項の損害額の算定規定の拡充(ライセンス料相当額)
・不競法第5条の2の営業秘密の不正な使用等の推定規定の拡充(技術上の秘密)
 (元々アクセス権限のある者や、不正経緯を事後に知った者にも推定)
・不競法第21条等の外国公務員贈賄に対する罰則強化(外国人従業員が海外で贈賄の場合も)
・不競法第19条の2,3の営業秘密侵害事案における手続の明確化
・商標法第4条等の、商標におけるコンセント制度の導入(混同を生じるおそれがない場合)
・  〃    他人の使命を含む商標に係る登録拒絶要件の見直し
・意匠法第4条等の、登録手続の要件緩和(最先日に公開した意匠の証明書提出で)
・特許法第186条等の、裁定における営業秘密を含む書類の閲覧制限
・特許法第191条の、 国際郵便引受停止等に伴う公示送達の見直し
・工業所有権に関する手続等の特例に関する法律の、第5条のオンライン送達制度の見直し
 (10日間受取なしで、送達したとみなす)
・      〃          第8条等の書面手続のデジタル化のための改正(PDF形式も)
・商標法第68条の2等の、e-Filingによる手数料納付方法の見直し(一括でWIPOにスイスフランで)
・優先権証明書のオンライン提出のための規定整備(写しも可)
・特許法第195条の2等の、手数料減免制度の見直し(件数制限を設ける)
●「特許出願非公開制度」…ちょっとミソがついた…、令和6年5月1日施行~
・経済安全保障推進法に基づく
・第65,66,67条(非公開、スクリーニング←特許庁、保全審査←内閣府)
・意思確認の後、出願取下も可→保全指定→指定解除
・第70,78,80条(保全指定、外国出願禁止、補償)
・保全審査は出願日から10カ月以内に結論が出される
特定技術分野(1~25、政令でIPCで指定)と付加要件(防衛・軍事、国又は国研、国の委託等)
・過去の特定技術分野の対象案件は300件/年ほど
・外国出願禁止に関しては代理人も要注意(事前確認:25,000円、クレーム記載不要):10開庁日程度で判断
 (白黒ハッキリさせたければいったん出願すべし)
・保全審査に付される場合は出願日から3ヶ月以内に必ず第66条3項の通知が届く
・保全指定の解除・期間満了後に優先権主張して外国出願するのは、タイミング的に難しくなる…?!
・保全指定されるのは「発明」単位(「出願」単位ではない、公開や査定は出願単位なので分割対応等)
・優先権証明書の発行留保(審査中は全体マスク、保全指定中は黒塗り状態で発行)
 (↑ 全マスク状態でも優先権が認められる??!)
・DASの発行自体、上記の留保が行なわれる(問い合わせなくても庁から事後通知)
 (保全指定されてしまった場合は、庁に要請求)
・US,EP,CN.KR等は優先権証明書は優先日から16カ月以内に可のため、保全審査後でも…
・保全審査に付することを求める旨の申出は、出願とともに提出(オンラインで可能)
〔解説:特許出願の非公開に関する制度 - 内閣府 (cao.go.jp) 、IP ePlat


| | コメント (0)

2024年2月28日 (水)

家庭画報3月号

20240224_2  弊ブログを時々覗いてくださるshushu様にご紹介いただき、「家庭画報3月号」の星野道夫さんの関連記事掲載号を入手♪
 三連休最終日の雨の午後、洗濯乾燥機をフル回転させながら、ゆるりゆるりと拝読しました^^。
 星野さんの写真と文章には、生命や自然に対する素直な畏敬の念が感じられて、いつ観てもいつ読んでも涙が湧いてきます。
 『森と氷河と鯨』というのは、「家庭画報」での連載だったのですね?! 今度是非読んでみたいと思います!!
 この記事で知ったのですが、今年の4月20日から6月30日に、北海道立帯広美術館で「写真展 星野道夫 悠久の時を旅する」が催されるのだとか♪ 写真美術館で一度鑑賞させていただいてはいますが、初夏の帯広に赴いて、オジロワシの撮影と併せて美術館も訪問出来たら素敵だなぁ~…。
 本号には他にも、アフタヌーンティー特集や、ビオワイン紹介や、西オーストラリアレポート(夫が今年AUに行くかもしれない…)などもあり、まったりな休日にぴったりの号でした(^0^)♪ ご紹介、本当にありがとうございましたm(_ _)m!

| | コメント (4)

2024年2月27日 (火)

大町自然観察園(2024/2/24_AM)

20240224_1  鳥見の禁断症状に抗えず、三連休中日には3週間ぶりに大町自然観察園へ。
 開園時間より早く到着してしまったため、大町霊園を抜けて裏口の方まで歩き、裏側から入園することに^^;;。
 前回は、ルリビタキやウソさんたちに破格のサービスを受けたのですが、今回は「おミソさん、いないかな~?」と思って出掛けました(一昨年の今頃はいたらしい…^^;)。東高根森林公園へヒレンジャクを観に行こうか…とも思ったのですが、なんとなくちっちゃい小鳥と戯れたい気分で。。。(笑)。
 地元の方に伺っても「ボクはここでミソサザイは観たことないなぁ…」とおっしゃって、案の定、私もこの日逢うことは叶いませんでした。この日は、結構大きなドラミング音が響き渡り、オオアカゲラの気配を何度も感じつつ、撮れたのはアカゲラさんのみ…^^;;;。
20240224_akagera1 20240224_akagera2 20240224_kakesu
 奥の方の高い樹の上にいたので、どれも証拠写真程度です(苦笑)。また、カケスも4~5羽はいたのですが、上から睨みつけられて、気づいた時には飛び去っていました(T T)。
 朝の光の中で、ヒヨさんやアオジさんやメジロさんも美しい♪
20240224_hiyo 20240224_aoji 20240224_mejiro
 一瞬ミソサザイかと思いきや、ジョビ男君だったものでガッカリしつつ(ゴメン!)、カワセミさんやモズさんと共に"いつメン”にも遊んでもらいました^^。
20240224_jobio 20240224_kawasemi 20240224_mozu
 暗い藪の周辺では、シジュウカラさんやシロハラさん。
20240224_sijukara 20240224_sirohara
 そして、いつものごとくサービス満点で出て来てくれたのは、ルリビタキさん♪
20240224_ruri1 20240224_ruri2 20240224_ruri3
 朝イチで出て来てくれた子はポールの上で、帰り際に歩道の上に出て来てくれた子は、なんと虫を捕まえていました(^0^)!
(開いた口の中にちっちゃい虫がいるのですが、アレを丸飲みしたのかな??)
20240224_ruri4 20240224_ruri5 20240224_ruri6 20240224_ruri7
 前回より若い2期目くらいのオスが多かった印象でしたが、瑠璃色がいろんな輝きを見せていました。
 「帰りたくない病」をなんとか抑えて出口に向かっていたら、最後の最後にルリ子さんが見送ってくれ、心残りなく帰路へ(笑)。
20240224_akagaeru  そうそう、池の中には、アカガエルのものと思しき卵がうじゃうじゃとありました!!
 今度来る時はみんなオタマジャクシになってるのかな~?

【パワフル鳥見】近頃、友人の鳥見ペースに驚かされています。三連休も、初日の雨の中でも鳥見、中日は2箇所のはしご、最終日の雨予報でも鳥見に行く予定と聞き、そのパワフルさに仰天!? この時期ならではというのもあるのでしょうが、スゴイ!!(完全に沼にどっぷりハマったな^0^!)

| | コメント (0)

2024年2月26日 (月)

確定申告窓口での苦情

 目下、確定申告真っ最中で、窓口も裏での事務仕事も大わらわかと思いますが、自民党議員の裏金問題で、窓口でポロリと苦情をこぼす人が後を絶たないというニュースを見ました。
 税金の使い道や期ごとの予算消化もさることながら、税徴収の思想も検証する時期に来ているのではないかな…というのが正直な感想。
 国会議員に限らず、宗教法人や学校法人など、税負担の優遇を受けている個人や団体は、減免に足る本来の使命をきちんと果たしているのか…?
 今や、戦争すらビジネスのように見えてしまう中、大義名分の正当性を疑わざるを得ないような体のいい利益追求がまかり通るなら、いっそ遍く税を負担してもらい、別の形で理想のための助力をした方がいいんじゃないのかしらん…?

【雨の日は…】先の三連休初日は、ミゾレ模様で鳥見に行けず、禁断症状を紛らわせるべく、キッチンを右往左往。普段作らない杏仁豆腐を作ってみたり、フライドポテトを作ってみたり、豚肉の白菜埋めを作ってみたり…^^;;。
20240223_1 20240223_2 20240223_3

| | コメント (0)

2024年2月25日 (日)

部屋の片づけ

20240220  先週一週間、息子が何やら部屋でゴソゴソと部屋の片づけをしていました^^;;。
 レゴやプラモの嵩張る作品を解体したり、本棚を整理したりしたようで、燃えるゴミや資源ゴミが出るわ出るわ…。
 一種類の雑誌だけまとめても、4束くらいありました^^;;;。
 部屋の片づけは大歓迎ですが、溜め込まずに小まめに捨てれば、こんなことにならないのでは…???と一瞬思ったものの、家の中を見回すと、自分の本棚や納戸も似たような状態…。
 息子の部屋のことは、寝具の交換や洗濯以外は一切関知しないので、自己管理に任せていますが、この親にしてこの子あり…(苦笑)。
 なんでもかんでも溜め込んで、どうしようもならなくなるまでは捨てられない(特に本)のは、まったく非難できないのでありました(^0^);;。

| | コメント (0)

2024年2月24日 (土)

ふれあい松戸川(2024/2/19_朝)

20240219_01  「ちょうど一年前の今日、ふれあい松戸川で初めてベニマシコに逢ったんだったなぁ…」と思いながら、先日再びふれあい松戸川へ。
 なにせこの週は、ほとんど雨模様で鳥見に出られそうにない天気予報だったため、折り畳み傘を携行して朝一番で!
(先日の三郷の河原には、もう菜の花が咲いていましたが、下流のこの辺りは3月下旬までお預け??)
 すごい曇天で時折小雨がちらついたりもしましたが、日差しもチラっと差したりして、なによりベニマシコ祭り状態で素晴らしい朝になりました(写真は暗いものばかりですが悪しからず…^^;;)。
 まず出迎えてくれたのはジョビ男くん。アオジさんも例によって堂々と歩道に出ています♪
20240219_jobio 20240219_aoji1 20240219_aoji2
 ツグミもたくさんいましたが、それに混じってオオアカハラさんも!
20240219_tugumi 20240219_akahara1 20240219_akahara2
 この日、半ば一緒に鳥見をしたような形になった常連の女性バーダーさんによると、このあたりには7~8羽のアカハラがいて、入口付近に出る子は一番人馴れしているのだとか?! 動きだけ見ると、ツグミとアカハラはホントに区別が付きません^^;;;。
(私はまだここで逢ったことはありませんが、アリスイも結構いるとのお話でした?!)
 エナガさんが大量の巣材を咥えているのを何度も見ましたし、シジュウカラさんやコゲラさんも木の芽を突くのに大忙し!!
20240219_enaga 20240219_sijukara 20240219_kogera
 恋と子育ての季節の始まりですね♪ ハシボソガラスも何やら長いヒモを咥えて飛んでいたし、キジバトやモズやムクドリも活発です。
20240219_hasiboso 20240219_kijibato 20240219_mozu20240219_muku
 そして、、、ベニマシコさんがこの日はなんと、軽く見積もっても十羽前後はいたのではないでしょうか…?!
 歩道脇の葦原や、対岸の藪の中ーーー
20240219_benimasiko01 20240219_benimasiko02 20240219_benimasiko03 20240219_benimasiko04
 江戸川沿いの樹の上にもーーー
20240219_benimasiko05 20240219_benimasiko06 20240219_benimasiko07
 なかなか目の前には出てくれず、枝被りばかりのピンボケ写真ですが、目視ではずいぶん楽しませてもらいました!
20240219_benimasiko08 20240219_benimasiko09 20240219_benimasiko10
20240219_jobiko  いつもは人懐っこく何度も出て来る強気のジョビ子さんが、この日はなんだか控えめで、遠巻きにこちらを気にしていたのが印象的でした。早朝にノスリやハイタカが飛んでいたそうなので、怖い思いでもしたのかな…?
 常連さんによると、以前は水質がとても良かったふれあい松戸川ですが、予算がなくて古ヶ崎浄化施設のモーターを回すことが出来なくなってからは、どんどん水が汚くなり、以前はたくさん来ていた水鳥が、パタリと見えなくなったのだとか。。。虫の種類も減っているように感じるのだとか…。公共の予算も、どこにどう振り分けるかは、その時々で判断が分かれるのでしょうけれど、水や空気や土壌をきれいに保つことは、ヒトにもいいことだと思いますし、あんまり削り過ぎないで欲しいなぁ~^^;;。
 ご近所なので、これからも時々お邪魔して、温かい目で見守りたい…♪

| | コメント (0)

2024年2月23日 (金)

薩摩寒桜と福寿草

20240218_01 20240218_02  先の日曜日は、あまりの好天に誘われて、新宿御苑へ。
 まだ、前回訪問時から2週間も経っていませんでしたが、前回が雪景色だったのに対し、今回は花景色?!
 日本庭園の雪はすっかり消え、オシドリたちも心なしか活発に動いています。
 そして、なんとも見事だったのは薩摩寒桜♪
 4~5本の樹の花がかなり咲いていて、観光客が皆、桜の樹々の下で記念撮影をしていました。
 もちろん、梅林でも小さな花が咲き乱れ、来園者の目を愉しませています。。。
20240218_03 20240218_04 20240218_05
 広大な芝生広場は、遠目には沙漠のような色ーーー。
20240218_06 20240218_07
 それを囲むように、真っ白い水仙や福寿草がたくさん咲いているのが、不思議な感じでした^^。
20240218_08  この日、新宿通りでは消防団募集のイベントが行われていて、楽団が「負けないで」を演奏していたり、仮設テントで救急処置の講習をしていたり、首都直下地震に備えてか、一般市民の消防活動参加を促していました。
 この日のようなお天気の日は、そぞろ歩きするだけで幸せな気持ちになりますが、地震大国においては、常に災害と隣り合わせにいることを忘れてはダメですね。

【水元公園】 この日、夫は夕方からの出張前に独りで水元公園に鳥見に出て、オオカワラヒワらしき個体を撮影して帰ってきました。カワラヒワにも亜種がいるなんて、、、?! 風切羽の白が多いとのことですが、見分け付かな~い!!
20240218_ookawarahiwa
 これまで、そんな観点でカワラヒワを撮ったことがなかったので、今後は頭部の色や、三列風切の白い部分の面積にもっと注意して撮るようにしてみよう~^^;;。

| | コメント (0)

2024年2月22日 (木)

三郷河川敷(2024/2/17_PM)

20240217_01  先週末、実家訪問タスクをこなした後、三郷の河川敷に寄り道(^0^)。
 なんでも夕方頃にコミミズクが出没するらしい…との噂を聞き、下見がてらちょこっと寄ってみました。
 隣駅の新三郷の駅前には、コストコやIKEAや巨大なショッピングモールがあり、戸建ての新興住宅が並んでいたし、三郷駅にもマンションや食料品店が新築されており、なかなか便利な雰囲気。
 駅からすぐの河原に着くと、河川敷にはたくさんの菜の花…♪ 空が広い!
 土手の上には、サイクリストのための"みさとの風広場”という休憩スポットがあり、トイレもしっかり完備。
 武蔵野線と"つくばエクスプレス”ラインとの間を往復して、コミミズクの飛来を待とうと歩き始めると、いきなり上空でチョウゲンボウがホバリング!(ホバリング中なら、私の腕でもなんとか撮影出来ます♪)
20240217_chogenbo1 20240217_chogenbo2 20240217_chogenbo8
 人工物の上に留まった姿も見せてくれ、予想外のLiferゲットとなりました♪
 ホバリングしていたのはオスのようですが、留まっている方は、頭部も背中も褐色で、トラのような横縞が見えるので、メスでしょうか…??
(目の周りの黒模様が、マスカラ付けて泣いたような感じ…^^;;;)
 他には、ハクセキレイやツグミやムクドリが大量にいて、あちこちの芝生を行ったり来たり。。。
20240217_hakusekirei 20240217_tugumi 20240217_muku
 早くもヒバリが高らかな囀り飛翔を見せてくれたと思ったら、こちらも芝生の上で休憩。。。
20240217_hibari 20240217_mozu
 藪の木の枝にはモズもいました^^。
 ホオジロのオスメスもかなりいて、賑やか賑やか。
20240217_hoojiro1 20240217_hiijiro2
 15時まで、と決めて歩いていたので、コミミズクには逢えないままカメラをしまおうとしたら、、、
20240217_chogenbo4
 最後にチョウゲンボウが再び頭上でホバリングして、まるでお見送りされているかのようでした(笑)。
(この河川敷では、アオジやシジュウカラを見掛けませんでしたが、チョウゲンボウに恐れをなして、別の場所に行っちゃったのでしょうか…?)
 …ということで、この日は予想外の"チョウゲンボウ”DAYとなりました。
 私の帰り際に、駅の方から河川敷に来たカメラマンの方は、「昨日も来たんですけど、コミミズクに逢えなかったんで、今日も来ちゃいました^^;;」とのこと。
 一朝一夕には出て来てくれそうにないので、私もまたいつか再チャレンジしたいと思います~!

| | コメント (0)

2024年2月21日 (水)

実家のPCサポート

20240102_8  先週土曜日午前、H3ロケット打ち上げ後、実家に向かい、PCやスマホサポートDAY。
 毎日のように庭仕事に精を出しているせいか、両親とも顔色もよく元気そうで、庭には立派なジャガイモ畑が新設されていました!
 例によって、PCやスマホの疑問点や調子の悪い所をヒアリングして、トラブルシューティング(笑)。
 買い物は困っていないか尋ねると、「最近は駅前のマルエツが、買った物を届けてくれるので助かっている」とのこと!
 持ち帰らずに済むので、思い切り一週間分買い溜めて、全部後で運んでもらうのだとか。いいサービスに助けられているようで、マルエツさんに感謝!
20240205yuki  私があれこれしている間に、塗装屋さんの営業の方が来訪し、「足場を組む費用はサービスしますんで、シリコン入りの特性塗料で、壁の塗り直しをしませんか?」との営業^^;;。丁重にお断りしておきました。
 実家にはこの手の営業が日々あるようで、「ちゃんと断らないとダメだよ」と釘を差しておきました^^;;。
 ランチに、母お手製のフレンチトーストとリンゴをご馳走になり、昼過ぎにお暇。
 お正月に撮った親戚での記念写真と、2月5日の雪の日の庭の写真とをお土産に持たせてくれました(昨日の関東は夏日だったんですが…?!笑)。
 気の早い話ですが、2年後に父と母の傘寿のお祝いを合同で開催しよう…という話になっているので、しばらくは会場やらお料理やらの相談でワイワイ楽しめそうです^^♪

ポケモンGO Plus+ジャック】この日、スマホの歩数計の使い方も指南したのですが、ちょうど昨日、東西線の社内がポケモンGO Plus+ジャックされていました。まぁさすがに、ポケモンGOは両親には敷居が高いかな…^^;;。

| | コメント (0)

2024年2月20日 (火)

「ブラタモリ」3月終了?!

 大好きな番組「ブラタモリ」が、3月で終了とのニュースを聞きました📺。
 なんとも残念ではありますが、タモリさんもLife Shiftの頃合いなのでしょうか。。。
 北海道から沖縄まで、全国を飛び歩き、地層や鉄道なんていうマニアな着眼点でも地域の魅力を掘り起こしてくれて、本当に毎回楽しく拝見していました。
 異色の芸能人として、いつも最前線で活躍されていた印象ですが、最近では円熟した魅力がまた格別ですよね~^^。
 引き際も見事と言うほかない感じ…。新たな境地でのご活躍を期待します!
(今後も私は"ブラタラコ"の精神で、ぶらぶらあちこち徘徊しま~す!)

| | コメント (0)

2024年2月19日 (月)

木場公園(2024/2/16_朝)

20240216_01 20240216_02  そういえば、今季はまだウメジローを撮ってなかったな…と思い出し、朝のチョコッと時間、木場公園へ♪
 前日に都内では春一番が吹き、この日の朝もかなり風は強かったのですが、ムクドリやオナガの群れは元気に飛び回っていました^^。
 大横川沿いの河津桜は、日向の樹はかなり艶やかになっており、園内では菜の花の黄色が鮮やか♪
 開錠前の"都市緑化植物園"の梅林周辺では、いろんな鳥たちが朝のお食事中~。
 シメやツグミやムクドリのもぐもぐタイムーーー
20240216_sime 20240216_tugumi 20240216_muku
 それを眺めるキジバトやアカハラ!(木場公園にアカハラなんているんですね?!)
20240216_kijibato 20240216_akahara
 ハクセキレイやヒヨドリやオナガも長閑に日光浴ーーー
20240216_hakusekirei 20240216_hiyo 20240216_onaga
 そして~、ウメジローももちろん撮れました(^0^)¥
20240216_umejiro1 20240216_umejiro2 20240216_umejiro5
 枝被りでなかなか前には出て来てくれませんでしたが、梅の"おしべ"を首元にくっつけた可愛いメジロが、飽くことなく"めしべ"の根元に嘴を突っ込んで甘味三昧(笑)。
20240216_umejiro6 20240216_umejiro3 20240216_umejiro4 20240216_umejiro7
 朝からそんなに甘いものばっかり食べてていいのかな?
 季節モノのシャッターチャンスを捉えて、ご満悦で帰宅したのでした^^。

【ヤマセミ】ところで、時々拝見する"鳥探しちゃんねる"ちれまるさんの最新動画が、ヤマセミ特集でした! これはマジスゴです!!

| | コメント (0)

2024年2月18日 (日)

葛西臨海公園(2024/2/14_朝)

20240214_01 20240214_mejiro  先の日曜日、夫が葛西臨海公園へイスカ探しに行ってフラれてしまったので、今度は私がトライ!
 まぁ、こんな都会のど真ん中でイスカに逢えてしまったら逆に怖い…と思いつつも、淡い期待を抱いて向かったのですが…。
 「朝の1時間半、芦ヶ池周辺だけ!」と決めて松の木のてっぺんばかり注視して歩きましたが、顔を見せてくれたのはメジロやシジュウカラやスズメやヒヨさんだけ(T T);;。(一瞬ビンズイっぽい鳥も見掛けました。) 
20240214_sijukara 20240214_suzume
 
赤いイスカの代わりに、吊り橋のたもとでカサカサやっていた普通のアカハラさんに逢えたのはせめてもーーー。
20240214_akahara1 20240214_akahara2
 顔も暗っぽくないし、紛れもない普通のアカハラ(笑)! ある意味Liferです♪
 また、小川沿いの石の上ではシロハラも♪
20240214_sirohara1 20240214_sirohara2
 かつてサメビタキさんに遊んでもらった場所を、この日はシロハラさんが行ったり来たりしていました。
20240214_02 今月の「安西さんの野鳥講座」は「冬を彩るツグミのなかま」と題して、ツグミ・シロハラ・アカハラのお話でしたので、シンクロした探鳥となりました^^♪(もちろん葛西にはツグミさんもたっくさんいました~)
 あっという間にタイムアップで、水仙なぞ眺めながらそそくさと帰ってきましたが、葛西臨海公園の観覧車って、いつ見ても傾いて見えるのは私だけ??

| | コメント (0)

2024年2月17日 (土)

4年ぶりの“無〇会”新年会@割烹 熊谷

20240212_01  コロナ以前は、可能な限り毎年のように開催していた、アニメ・マンガ好き仲間“無〇会”の忘年会。
 コロナ禍を境にすっかりご無沙汰してしまっていましたが、先日ついに、4年ぶりに新年会を開催~!(割烹 熊谷@西荻窪)
 この間仲間たちは、新たな画集を出したり、新書を上梓したり、関連省庁に任官されたり、政治家として著作権法改正他多方面でご活躍されたり、大学や専門学校の講師を務められたり、もちろん新作アニメの仕事に関わったりと、それぞれ大活躍!
 そんな中、私は単なる一ファンという立場で依然この会合に混ぜていただき、業界の最新情報に触れさせていただいているわけですが。。。
 近年の日本のコンテンツの海外需要はかなり高まっている割に、人材不足が深刻で、国も一定の予算を組んで人材育成に取り組んでいく模様。KADOKAWAさんや東映さんや京アニさん等々、各所に養成所が設けられつつありますが、この日初めて知ったのは"ササユリ”という研修所。元ジブリの方が運営されているとかで、結構な数のスタジオが、新人さんの研修を依頼していると聞きました。
 働き方改革で、業界の待遇もすごく改善されている割に、いまだ昔のブラックぶりが伝説化して、新人さんが二の足を踏んでいる状況もあるようで…^^;;。
 皆さん仕事が好きで好きで面白くて仕方ないようで、彼らの"プルスウルトラ”ぶりが眩しかった~(^0^)!
 会場となったお店のお料理もすごく美味しくて、堪能致しました♪(咳止めの薬を服用していたせいで、日本酒が飲めなかったのが痛恨^^;;;)
20240212_02 20240212_03 20240212_04
 今年は、コロナ禍の分を取り戻すべく、何回か開催しよう♪という話になり、この翌朝には、次回開催日の"調整さん”URLが送られてきました(笑)。次回も楽しみにしております~!

| | コメント (0)

2024年2月16日 (金)

コンセント制度の導入と氏名商標の要件緩和

 先日、表題の内容に関するWebinarを聴講。
 ここしばらく、「商標法第3条の趣旨に反する拒絶理由」の復習をしていたところだったので、事業拡大・事業転換や吸収合併等、流動的な時代の商標まわりの、ユーザーフレンドリーな改正はしっかり押さえておきたいところ。
 コンセント制度については、かねてより希望していたので、細かい点をしっかり押さえるべく、集中集中! 以下自分用メモ。
・①4条1項8号「他人の氏名を含む商標の登録要件緩和」
・②「他人の先行登録商標があっても併存登録を認めるコンセント制度」導入(4/1~)

・"他人の氏名”と出願人の相当関連性があること、不正の目的がないこと
・有名な他人の承諾or無名な他人がいても不正目的がなく相当関連性があればOKに
・"一定の知名度”→その分野において,需要者の間に広く認識されている氏名("広く"のレベルは高くはない)
・外国人の氏名の場合、ミドルネームの有無で適用の厳格さが変わるのは検討課題(※)
・氏名商標が増えていくことで、フルネーム同士や姓との4条1項11号の類似判断の予測可能性も検討課題(※)

・先行登録権利者からの承諾 and 混同を生ずる(広義の混同の)おそれがない場合
・査定時を基準に、将来にわたっても混同を生じないこと(※将来…は担保しきれない)
・完全型コンセント制度より需要者保護のハードルが高いため、今度の判例集積に注目

【AIと著作権パブコメ】一方、"「AI と著作権に関する考え方について(素案)」に対する意見"という声明が、有志の先生方から公開されています。法は社会を自由にもするし縛りもする…ということでしょうか。。。

| | コメント (0)

2024年2月15日 (木)

掃除機故障からの花粉症??

 立春の日曜日、掃除機掛けをしていたら、掃除機の吸い込み口の回転ヘッドが回らなくなっていたことに気づき、急遽ドライバーで解体して掃除するハメに…(T T);;。
 どのくらいの期間回らずにいたのかは定かではありませんが、回転ヘッドには髪の毛やホコリが絡まって、スゴイことになっていました(どんだけホコリっぽい家なんだ…?!)。
 その解体&ヘッド掃除の作業中、どうも大量の粉塵を吸い込んでしまったようで、翌日から妙な咳が止まらなくなりました…^^;;。
 一週間ほど放置していたのですが、土曜の日中、なんだか熱っぽく感じ、体温計で測ると37.5℃。
 ちょうど、能登半島地震の家屋掃除で粉塵を吸い込んだ人が肺炎になったというようなニュースを聴いたばかりだったこともあり、念のため病院へ行くことにーーー。
 コロナとインフルの検査は陰性。レントゲンも撮りましたが、肺はキレイだとのことで一安心。
 ただ、「夜中に咳がひどくなる」とお話ししたら、「何かのアレルギーかもしれませんね」とのことで、とりあえず、咳止めや抗生剤を出していただきました。
20240210
 薬嫌いの私ですが、咳と鼻水と夜明けの目ヤニに辟易して、仕方なく言いつけ通りに服用。
 現在は錠剤は消化して、あとは、気道の粘膜を修復するという吸引式の粉薬が残り一週間分…というところですが、果たしてスッキリ治るのか?! なんだか、掃除機のホコリを吸ったのをキッカケに、花粉症が重症化してしまったような気がしています^^;;;。まだ鼻声が止まらない~(T T)。
 花粉症って、鳥見には大敵では…?!! いや~ん!!!

| | コメント (0)

2024年2月14日 (水)

AM局の運用休止

20240209_02  先日、秋ヶ瀬公園を訪問した帰り道、ロケットのような電波塔の横を通りました。
 これは、NHK平野原FM放送所だそうですが、独特のデザインで、公園内の水路からもよく見えます。
 そういえば先日、AM局の一時運用休止のニュースを見たばかり。。。
 我が家にはAM電波が入りづらいこともあって、ほとんどラジオを聴きませんが、維持コストの負担が苦しくなっていたんですね。
 これもインターネットの影響か…。どれだけ産業構造を変えていくんだろう。。。
 ChatGPTの影響も、これからあちこちに出てくるのかと思うと、ホントに諸行無常を感じざるを得ません。

【後日譚】2/15:Sora見たことか…?!

| | コメント (0)

2024年2月13日 (火)

秋ヶ瀬公園(2024/2/9_AM)

20240209_01  夫が有給を取ったのに合わせ、先週末はTimesCarで秋ヶ瀬公園へ。
 出来ることなら、普通のアカハラと、アリスイとクロジに逢いたくて…。
 また、噂では既にヒレンジャク&キレンジャク数羽が目撃されたというので、それも頭の片隅にーーー^^。
 まずはラジコンカー広場脇の駐車場に車を停めて、"さくらそう水門”の向こう側へ。
 途中、ジョビ男くんやアトリやベニマシコさんなどに迎えられましたが、この日はダンプカーが次々と河原沿いに入って来て、何かの工事をしていたせいか、思いのほか出が悪かった印象^^;;。
20240209_jobio1 20240209_jobio2 20240209_atori
 彩湖寄りの葦原は、夫が初訪問だったので粘ってはみたものの…。
20240209_benimasiko1 20240209_benimasiko2 20240209_mozu
 モズやカワラヒワやホオジロやツグミばかり。。。
20240209_kawarahiwa 20240209_hoojiro 20240209_tugumi
 結局、水門の向こう側ではあまり稀有な出逢いはないまま、さくら草公園の方に戻ってきたのですが…。
 草焼き後の広場の手前の葦原で、なんとなんとアリスイが羽繕いしている所に遭遇~!!!
20240209_arisui1 20240209_arisui2 20240209_arisui3 20240209_arisui4
 この子、以前私が水門の向こうで逢った幼鳥さんでは??
 友人が撮ったアリスイの写真は、図鑑通りのスリムさなのに、私が逢うのはどこか黒っぽい、アリスイらしからぬアリスイさんばかり…^^;;??
 とはいえ、夫は初めてのアリスイとの遭遇に感動していました(笑)。…ということで、夫撮影のアリスイさんも1枚掲載~♪
20240209_arisui
 風切羽のチェッカーフラッグ模様がすごい!!
 さくら草公園の草焼き後の原っぱには、ツグミやカワラバトやタヒバリの他、ムクドリの群れも来ていました。。。
20240209_muku
 その後は、Coffee Breakを挟み、子どもの森や水路の方へーーー。
 こちらでは、毎度お馴染みの"いつメン”さんの他、今季初のシメさんに逢えたのが収穫~♪
20240209_kogera 20240209_sijukara 20240209_seguro
 ウソさんのようななめらかな質感が美しい~♪
20240209_sime1 20240209_sime2
 水路では、人懐っこいジョビ子さんや、アオジやスズメとのんびりしてーーー
20240209_jobiko 20240209_aoji 20240209_suzume
 三ツ池や笹藪ではシロハラさんと逢い、アカゲラさんに見送られて探鳥終了~。
20240209_sirohara1 20240209_sirohara2 20240209_akagera
 まだそこここに雪が残っていましたが、雪と小鳥のコラボ写真はなかなか撮れないものですね^^;;。

【イスカ?!】先の三連休の初日に、葛西臨海公園でイスカを撮影した方のSNSを見てビックリ! 夫が早速翌朝行ってみましたが、見つからず。。。今年はイスカの当たり年だということですが、私も逢いたいよぉぉぉ~!!!

| | コメント (0)

2024年2月12日 (月)

特選8種盛り!

20240208  我が家が、記念日や何かの節目などに利用させていただく焼き肉屋さんがあります。
 先週、久々に訪問して、これまでに頼んだことのない“特選8種盛り”というメニューを初注文!
 すると、お品書きのようなパネルが添付されて、写真のように供されました!!
 それぞれ、“レモンたれ”や“わさび”や”ポン酢”や"つけタレ”でのオススメの食べ方までアドバイスいただき、それはそれはおいしくいただきました♪
 滅多に食べられない贅沢品ですが、まぁ年に数回くらいは食べた~い(^0^)!
 ご馳走様でした~。

| | コメント (0)

2024年2月11日 (日)

新宿御苑(2024/2/7_noon)

 久々の降雪直後、昼休みの2時間ばかり、新宿御苑へ。
 雪の庭園を見たかったのと、明るい陽射しの下ならオシドリも少しはましに撮れるのでは…と思いつつ。
(ただ、このところ頼り切っているDxO Photolabという現像ソフトが、アップデート後なぜかRAWデータを認識してくれなくなってしまい、解像の悪い写真ばかりで恐縮です^^;;)
 入口前の広場には、うっすらと雪が残り、いくつかの雪だるまが鎮座ましましていました^^。
20240207_01 20240207_02 20240207_03
 庭園は空気が澄んで、雪の白さとあいまって清々しい!!
 まずは、メジロやコサギやヒヨちゃんがお出迎え♪
20240207_mejiro 20240207_kosagi 20240207_hiyo
 そして、日本庭園の池には、たくさんのオシドリたち(^0^)♪
20240207_osidori1 20240207_osidori2 20240207_osidori3
 いつも通り、暗~い暗い奥の方の日陰にいることに変わりなかったものの、雪の乱反射の影響か、心なしか明るい雰囲気。
20240207_osidori4 20240207_osidori5 20240207_osidori6
 同じオスでも、微妙にカラーリングやスタイルが違っていて面白い♪
20240207_osidori7 20240207_osidori8 20240207_osidori9
 地味ながらも可愛らしいメスさんも、牽制し合うオスの間をのんびり泳いでいました。
 この日はほとんど、オシドリだけを観に行ったようなものだったのですが、驚いたことに、去年の1月に小石川植物園で見たワカケホンセイインコが、御苑の空をあちこち飛び回っていました!
20240207_wakake
 エメラルドグリーンの身体が目立つ目立つ!
 13時前にそそくさと出口に向かうと、遠くの雪の上にシロハラが?!
20240207_sirohara
 そして、恐れ知らずのムクドリやカシラダカやヤマガラが、間近で見送ってくれました^^。
20240207_muku 20240207_kasiradaka 20240207_mayagara
 母と子の森と日本庭園の一画しか回らなかった割には、いろんな子たちに逢えて愉しかった♪
 ただ、雪景色の中での撮影は、設定がなかなか難しいことが分かり、また、現像ソフトのデモザイシング前提での撮影をしてちゃいけないな、と認識させられた探鳥でした^^;;。
 また時間のある時に、今度はのんびり散策しま~す(年パス買っちゃおうかな…?)。

| | コメント (0)

2024年2月10日 (土)

著作者人格権…

 ここしばらく、痛ましいニュースを巡り、様々な声を耳にします。
 著作権と著作者人格権とビジネスをめぐる多角的な問題だし、当事者でもないので、ただただ事の成り行きを見守っています。
 出版権を預かる者の迷い、原作者の血の滲むような創造、脚本家の四方への配慮とオリジナリティ、ビジネスとして成功させるための関係各所の努力…どれも理解できるがゆえに、今回の不幸は尚更痛ましい。。。
 肝に銘じなければならないのは、著作者人格権は絶対だということ。
 ただ、その権利の受け止め方や考え方は、著作者によっても様々だし、時と場合によっても変わって来るということ。
 そして、著作者人格権のうちの同一性保持権と、著作権における“翻案権”とは、著作者視点の権利であって、作り変える側にとっては“改変”や時に“創造”であるケースもあるということ。
 世の中の多くの著作物は、往々にして入れ子構造やモザイク構造になっていて、もちろん核になる著作物はあるにせよ、いろんな創造性がそこに付加されていく。。。また、世の中へ発信・頒布していく術をもつ者の影響も、ビジネスとしては看過できない。。。
 だからこそ、核たる著作者の声を丁寧に拾い上げて、出来るだけ尊重する姿勢を貫く代理人が必要なのだけれどーーー。
 こうして見ると、創造物って本当に“子ども”みたいだなぁ…と思います。
 産み落としたが最後、親の与り知らぬあらゆる環境が“子ども”に影響を与え、やがては一人歩きを始めてしまう。
 どこまで行っても“子ども”は“子ども”なのだけれど、“子ども”にも確固たる人格が備わって、親の出る幕がなくなってくる。。。
 編集者時代は、この親子関係を良好に保つために常に四苦八苦していたわけですが、関係各所の尽力で“子ども”がビッグになればなるほど、親の声が届きづらくなる皮肉。。。
 それでもやっぱり、親がいなければ子どもは生まれなかったんだよねーーー





| | コメント (0)

2024年2月 9日 (金)

水元公園(2024/2/5_AM)

20240205_1  今週頭、夫も息子も朝7時過ぎには外出し、私も諸々頭の整理が必要なタイミングで、雪予報にもかかわらず水元公園へ。
 どんよりとした空の下、公園管理の方々が凍結防止剤を撒いている中、アカハラの赤いお腹を拝むべく、ポプラ並木沿いの湿地まわりをウロウロ。
 先月、ふれあい松戸川でアカハラらしき姿は捉えたものの、肝心のお腹がほとんど写っていなくて消化不良だったため、この日はとにかく、アカハラかオオアカハラの赤いお腹だけを目当てに赴きました^^;;。
 最初に出迎えてくれたのは、タヒバリさんとジョビ子さん。
20240205_tahibari 20240205_jobi2 20240205_jobi1
 午後から雪が降るとの天気予報のせいか、いつもより人がまばらな印象で、鳥たちもどことなく油断している感じ…(笑)。
 湿地では、いきなりアカハラさんが出て来てくれました♪
20240205_oakahara1 20240205_oakahara2 20240205_oakahara3
 今回ばかりは、赤いお腹がしっかり見え、間違いなくアカハラ(か亜種オオアカハラ)!
 枝の上に留まったり、葦原の中をうろうろしたり、湿地でカサコソしたりと、活動的でした^^。
 GoogleLensで検索するとアカコッコと出るのですが、上嘴が黒っぽいので、やはりオオアカハラでしょうか…??
 今度は亜種でない、正統派のアカハラが観たいぞぉぉぉ~!
 早々に目的を果たしたので、あとはフラフラと園内を散策ーーー。
20240205_akagera1 20240205_akagera2 20240205_ruri
 アカゲラの雄雌が森から出て来ていたり、ルリちゃんが歩道に現われたり、
20240205_sijukara 20240205_jobi3 20240205_uguisu
 シジュウカラにメジロにジョビ男くんにウグイスさんなどが次々登場~♪
20240205_aosagi 20240205_tugumi
 湿地の主たるアオサギさんがじっと佇んでいる先で、たくさんのツグミが、“ツグミさんが転んだ”をしていました^^。
 撮影はしませんでしたが、ヒヨドリ、ムクドリ、シジュウカラ、カワラヒワなどの“いつメン”もたくさん!
 ほんの2時間弱の探鳥でしたが、曇天にもかかわらずいろんな小鳥に逢えてHappyでした♪

20240206 【立春後の雪】 この日、午後から都内でも雪が降り始めました!
 翌朝、東北に出張中の夫からはこんな雪景色の写真が…!!

| | コメント (0)

2024年2月 8日 (木)

北の丸公園(2024/2/4_PM)

 雨で始まった先の日曜日、午後になってようやくやんだので、有楽町への買物がてら、カメラも持たずに夕方ちょこっと北の丸公園へ。
 シジュウカラやエナガやヒヨドリやシロハラは目視できたのですが、いかんせん、双眼鏡もカメラもない中、iPhoneの25倍ズームで辛うじて撮影してみたものの、その非力さを痛感(T T);;;。
20240204_sijukara 20240204_sirohara 20240204_
 はっきり認識できたのは、1枚目のシジュウカラだけで、2枚目のシロハラっぽいのは「もしかしてヒヨ??」だし、3枚目のシルエットに至っては「スズメやシジュウカラではない何か…」としか分かりません(泣)。
 やはり、カメラも双眼鏡も持たず、なまじ探鳥の雰囲気だけを味わいに公園に赴くと、ストレスが溜まってしまいますね^^;;。
 同じ日、“ミニ野鳥友の会”の友人は、朝から北本自然観察公園へ行ったそうで、美しいシメやルリやジョビ子やタシギやシロハラさんの写真を見せてくれました。いつもカバンにコンデジをしのばせている彼女は、今日の私のようなストレスとは無縁だろうと思うと、俄然軽いコンデジが欲しくなってきます(笑)。まぁ、日常と探鳥をしっかり切り分けて暮らすしかないのかなぁ。。。^^;;

| | コメント (0)

2024年2月 7日 (水)

節分過ぎて…

20240203_3 20240203_1  先週末の節分の日、例によって隅田川テラスにウォーキングに出ました。
 週明けには雪が降るかも…なんていう天気予報を聞いてヒヤヒヤしつつも、街のあちこちには春の気配…。
 梅の花も咲き始めたし、水仙や菜の花も。。。
 春さん春さん、早く来て~!

 …というブログを書いていたら、週明けはいきなりの雪と雷でびっくり!!

| | コメント (0)

2024年2月 6日 (火)

大町公園(2024/2/2_AM)

20240202_01 20240202_kawarahiwa  2月最初の鳥見は、3度目の大町公園へ。
 なにやら、アオバトがいるらしい…との噂を聞きつけてーーー^^;;。
 真冬のような寒さで曇天でしたが、小鳥をキレイに撮るには最適…?と思い、ブルブル震えながらもガンバリました!
 まだカメラを出す前から、カワラヒワやアオジやシロハラが公園入口でカサコソ…(帰り際はカメラをしまった途端、カワラヒワが明るい所に出てきたので、iPhoneでパシャリ!)
 歩き出すなり、きれいなルリ男君が登場~^^♪
20240202_ruri01 20240202_ruri02 20240202_ruri03
 いつぞやの北本自然観察公園のルリ男ファッションショーを彷彿させる、素敵なお立ち台状態♪♪
20240202_ruri04 20240202_ruri05 20240202_ruri06 20240202_ruri07
 曇天効果で瑠璃色が映える映える! ホントになんて美しい鳥なんでしょう!!
 地元のCMさんが「3羽くらいキレイなルリビタキがいるんだけど、この子が一番キレイなんだよ」と教えてくださいました^^。
 1~2mほどの至近距離でたっぷり堪能させてもらい、大満足で公園の奥へーーー。
 すると今度は、以前逢ったのと同じ場所で、ウソ夫妻に再会♪
 のんびりと小川の対岸の地面に降りて、下草を突いていました。
20240202_uso1 20240202_uso2 20240202_uso3
 4名くらいのCMさんと一緒に眺めていたのですが、全然こちらを気にする風もなく、ずいぶん人馴れしてきたようです。
20240202_uso4 20240202_uso5 20240202_uso6
 オスもメスも相変わらず、しっとりと美しい~^^。
 地元の方に「アオバトがいると聞いて来たんですが…?」とお尋ねするも、「いやぁ、ここでは見たことないな。里見公園の方じゃない?」とのこと^^;;。う~む、大磯までの遠征に踏み切れずにいたけれど、やっぱり今夏は大磯か??!
 とはいえ、安定の大町公園では、ルリやウソの他にもアオジや、アリスイと間違えそうになったヒヨや、
20240202_aoji1 20240202_aoji2 20240202_hiyo
 カワセミや、タヌキと間違えそうになったネコが、楽しませてくれました(^0^)♪
20240202_kawasemi1 20240202_kawasemi2 20240202_neko
 チバエナガがいるというフレコミもありましたが、目視できたのは普通のエナガ。そして、やたら臆病なかくれんぼツグミ^^;。
20240202_enaga 20240202_tugumi
 さらに嬉しかったのは、カサコソしていたシロハラをかなり間近で観られたことと、
20240202_sirohara1 20240202_sirohara2
 ウグイス・チャレンジに成功したこと!
20240202_uguisu2 20240202_uguisu1
 いやはや、いつ来てもこれだけの小鳥たちに逢える大町公園、素晴らしい~!!!
 3羽ほどのカケスの声や、アカゲラの声とコツコツする音も聴こえてはいたのですが、今回は姿を見せてはくれず、「また来いよ~」と言われたかのよう…^^;;。
 はいは~い、もちろん、またお邪魔しま~す^^¥

| | コメント (0)

2024年2月 5日 (月)

保険の見直し…

20240203_2  先週末、恒例の保険の見直し打診訪問がありました。
 定期的にいろいろ情報をいただけるのはありがたい限りなのですが、正直、私にとっての保険は“1度入ったら死後残された者へのささやかな足し”程度の存在で、あまり医療特約等を見直す必要性を感じていません。
 かつて、就職した年に入った生命保険は、今では考えられないほどお得な保険で、払込額の倍以上の額が保証されており、特約の医療保険は、ほんの微々たる補助を受けるために、80歳まで更新して払い込む…という体裁。この特約部分を見直して、三大成人病やがんや先進医療にまで保証を広げませんか?という打診をいただくわけですが、それによって支払期間も払込額も当然増えます。
 が、もはやいつ死んでもおかしくない年齢に足を踏み入れているので、保険に対してもマインドセットが変わって来ているのを感じます。
 余生は、とにかく適度に働けるだけ働いて、働けなくなったら潔くあきらめる…というマインドへーーー(苦笑)。
 年金も保険も、“損して幸せ”的なマインドとでも言いましょうか…^^;;。
 年金受給は出来るだけ先延ばしして、もらえなければその分、誰かの助けになるーーー。
 保険も、大病をして受給を受けるより、元気に払い込み続けて誰かの助けになるーーー。
 自分が動けなくなったら、無理に延命するよりは、潔く土に還るーーー。
 まぁ、これを実現するのも結構大変で、健康に留意した暮らしとワークライフバランスが不可欠。。。
 保険会社の方には、いつもご足労いただいて申し訳ない限りですが、今回も見直しは見送りかな~^^;;;。

| | コメント (0)

2024年2月 4日 (日)

舞岡公園(2024/1/31_noon)

20240131_01 20240131_02 20240131_03  1月最後の鳥見は初訪問の舞岡公園へ!
 昨年からずっと、「ヤマシギを見に行きたいね」と夫と話していたのですが、なかなか時間が取れずにいたもので、スキマ時間が出来た瞬間思い立ち、エイやッと一人でーーー^0^♪。
 舞岡公園は、丘陵地帯の小高い場所にある起伏に富んだ公園で、園内には動物保護区や田畑や古民家等があり、面白い構成の場所でした。
 京急ニュータウンのバス停を降りてすぐの入り口から公園に踏み入った途端、ものすごいガビチョウの声とガサゴソ音…!
 まず出迎えてくれたのは“いつメン”(いつものメンバー)の、お馴染みガビチョウやアオジやシジュウカラさん♪
20240131_gabicho 20240131_aoji 20240131_sijukara
 もちろんエナガやウグイスやヤマガラさんも♪♪
20240131_enaga 20240131_uguisu 20240131_yamagara
 “さくらなみ池”や“宮田池”周辺には、ハシビロガモやカルガモ、“かっぱ池”の方にはアオサギやカワセミもいました。
20240131_hasibiro 20240131_kawasemi
 そしてそして、肝心のヤマシギはというと、公園の真ん中にある“きざはし池”という所にいるとの前情報だったので、最初にそこに赴きました。
 その時は、柵からだいぶ離れた暗い藪の向こうにおり、辛うじて目視は出来ても、写真には到底写らない状態ーーー。
 先に来ていたバーダーさんが「ほらほら、あのモズが留まってる木の右奥の地面にいますよ!」と教えてくださったにもかかわらず、遠いし暗いしで、証拠写真程度にとりあえずシャッターを切りました^^;;;。
20240131_mozu 20240131_yamasigi1
 当分近くには出て来そうになかったので、いったんその場を離れ、ぐるりと園内を散策して戻ってみるとーーー。
 今度は、先ほどより少しは手前に出て来てくれていたので、横向きや正面、斜め向き…と、一通り全体像を把握できるよう、いろんなアングルで撮る撮る撮る!!
20240131_yamasigi2 20240131_yamasigi3 20240131_yamasigi5 20240131_yamasigi4
 身体の模様は背骨に沿って縦縞なのに、頭だけものすごいバーコード状態で、ちょっと可笑しい^^;;。
 どうも2~3羽いたようで、ちょうど2羽がフレームに収まった所も撮りましたが、オスとメスだったのか、微妙に身体の色と模様が違って見えました。
20240131_yamasigi7 20240131_yamasigi620240131_yamasigi9
 目がものすごく頭頂寄りについていて、落ち葉の中深くに嘴を突っ込んでも、まだ目だけは周囲を見渡せて便利そう。。。(^0^)♪
 縦縞と横縞が交錯する独特の縞々模様は、本当に見事な迷彩状態!!
 ヤマシギをたっぷり堪能した後は、“きざはし池”の向かいの田んぼで、ヒクイナやタシギも眺めることが出来ました♪
20240131_hikuina1 20240131_hikuina2
 タシギとヤマシギは、パッと見区別が付きづらいですが、タシギの方が明るい色味で、嘴がとにかく長い!
20240131_tasigi1 20240131_tasigi2 20240131_tasigi3
 ちょい長めの尾羽の先のオレンジっぽい色がチャームポイントでしょうか…?
 ともあれ、目的のヤマシギに逢え、タシギとも見比べられて、素敵な公園も新規開拓出来て大満足♪
 帰り際、1本の木に3匹ほどのリスを目撃して驚いていたら、地元の方が「台湾リスとガビチョウが増えすぎちゃってねぇ…」と困った顔をされていたのが印象的でした^^;;。
20240131_risu2 20240131_risu1
「タシギがいる田んぼには、コジュケイも時々出て来るんですよ」と教えていただいたので、また折を見てお邪魔したいと思います。

20240203_kojukeiコジュケイ】昨日、夫も一人で舞岡公園を訪問し、ヤマシギやジョビ子さんやヒクイナの他、コジュケイにも逢って来ました! 3羽が仲良くヤマシギエリアにいたそうです! この写真を観て、以前私が小宮公園の叢の中でお尻だけ見た鳥は、やはりコジュケイだったことを確信。いいな~いいな~、私も早く全身を拝みたいな~!

| | コメント (0)

2024年2月 3日 (土)

隅田川テラス(2024/1/29_noon)

 先日、久々にウォーキングコースにカメラを持って出掛けました。
 隅田川テラスの水辺でも、そこそこの野鳥は撮影出来ます^^。
 まずはメジロにスズメにハクセキレイ。
20240129_mejiro 20240129_suzume 20240129_hakusekirei1 20240129_hakusekirei2
 ハクセキレイの開いた嘴の間に、舌のようなものが見えるのですが、これは何??
 また、以前見たのと同じ場所に、この日もカワセミがいました♪
20240129_kawasemi1 20240129_kawasemi220240129_yurikamome 20240129_kosagi
 ちょっと疲れた風に見える女の子でしたが、ユリカモメと並んでフェンスに留まったり、コサギを眺めたりしていました。。。
 また、干潮で岩肌が見えるところには、イソシギやハシボソガラスやムクドリも。
20240129_isosigi 20240129_hasiboso 20240129_mukudori
 水面には、お馴染みのカルガモの他、マガモやオオバンやオナガガモ。
20240129_karugamo 20240129_magamo1 20240129_magamo2 20240129_ooban
 オスのオナガガモの尾がピンッと立って、メスと一緒にウロチョロ。。。
20240129_onagagamo1 20240129_onagagamo2
 そしてなんと、枝にはキジバトやジョビ子さんも顔を出してくれました♪
20240129_kijibato 20240129_jobiko2 20240129_jobiko1
 隅田川テラスで逢う野鳥たちは、かなり人馴れしているので、どの子もアップで撮れるのが嬉しい^^。
 ただ、公園での鳥見と違い、大きなレンズを付けて歩いていると、悪目立ちするのが玉に瑕…^^;;;。
 10回に1回くらいは、カメラを担いで出掛けたいな~!

| | コメント (0)

2024年2月 2日 (金)

温素 琥珀の湯&白華の湯

20240127_02  先月友人からいただいた「温素 琥珀の湯&白華の湯」という入浴剤。
 「芯からあったまるよ」とのことで、早速使わせていただきました♪
 そして、琥珀の湯も白華の湯も、実際本当にポカポカになりました!
 琥珀の湯は、漢方薬のような香りもいかにも効きそうだし、白華の湯は、和風の香袋のような香木の香りで包んでくれて、どちらも諸々弱った身体にはありがたい効能で、ぐっすり眠れるような気がしました^^。
 いつも色んな優れものを教えてくれる友人ですが、これはありがたかったぁ~!!! ありがとうございましたm(_ _)m

20240129_8 【せとか・ネーブル】そして、パソコンのお困りごとを助けてあげたご近所さんからは、せとかとネーブルを頂戴しました。なんかいつもスミマセン^^;;。

| | コメント (0)

2024年2月 1日 (木)

劇場版「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」

20240128_1 20240128_2 20240128_3  先週日曜日、舞台挨拶中継付きDolby-ATMOSの劇場版「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」を鑑賞。
 多忙で病院に行く暇もないくらいだった夫が鳥見をしたがるのを留め、せめて座りっぱなしの映画鑑賞なら…と^^;;。
 18年の時を経て公開された本作、ものすごいスタートダッシュのようですね!
 ネタバレはご法度でしょうから、詳細な感想は避けますが、個人的には、故 両澤女史の遺作ともいえる本作が、これだけの人気のまま多くの人に届けられたことが、なんだかとっても嬉しい。。。
 また今回は、往年のファンが楽しめるMS遊びの要素もふんだんに詰め込まれていたようで、夫や息子にはエンタメとして大好評^^;;。
 私の今回のお気に入りは、コンパスの技術責任者のアルバート・ハインライン。ああいう仕事人が好き^^♪
 また、ラストで“砂漠の虎”が一瞬写り、クーデター制圧の一翼を担っているのが観れて嬉しかった!
(もちろんSEEDの頃から“不可能を可能にする男”は大好きですが、まぁ私なんぞが応援しなくても、彼推しのファンは数知れず…^0^;;)
 結局、“戦争をなくす”という意味では何の解決にもなっていない気がしましたが、唯一光を見たのは“全弾外し”のワザ。
 ヤバい上官の命令に従わざるを得ない時でも、このワザを駆使して、部下全員がとにかく人死にを出さない選択をし続ける…って平和への第一歩かも…?!
 新宿ピカデリーからの舞台挨拶中継では、監督と西川さんと5人の声優さんたちの様子が見られて愉しかったです♪
 それにつけても、公開後3日目だったにもかかわらず、すでにパンフレットが完売になっていてショック! 初日に観てきた息子は小説とカードももらってきてましたが、3日目はそれも無し。予想を上回る動きってことでしょーか??
 奇しくもこの日、「ガザ地区のUNRWA職員が、ハマスからのイスラエル攻撃に関与した疑い」なんていうニュースが飛び込んだ矢先だったため、リアル・ファウンデーションの存在まで懸念させられてしまいましたよ。。。(泣)。
 そんな状況下だからこそのスタートダッシュかもしれません。。。
 一応の完結を見た本作ですが、今後の続編もあり得るし、サイドストーリーやスピンオフもたくさん出来そうで、2000年代ガンダムの令和への再展開が楽しみです^^。

| | コメント (0)

« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »