« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »

2024年3月の31件の投稿

2024年3月31日 (日)

ふれあい松戸川(2024/3/24_AM)

20240324_01  去年の今頃は、3/27に満開の菜の花の元でヒバリを観て、4/8にキジの親子を観た“ふれあい松戸川"。
 今年は3/24に友人と一緒に行ってみました(この前日も友人は、雨の中同じ場所で、見事キジの母衣打ち動画を撮影!!)。
 フラワーラインは、秋はコスモスが素晴らしかったけれど、春のポピーにはまだ早め。。。
 それでも、菜の花はきれいに土手を彩っていました~♪
 この日は、入口に到着するなり、キジ雄さんがケンケ~ンと呼んでくれて、いきなり美しい姿を鑑賞!
20240324_kiji1 20240324_kiji2 20240324_kiji3
 尾が長すぎて、なかなか全身をフレーム内に納められない…(^0^);;;。
 少しずつ奥に進むと、モズやアオジやヒドリガモやカンムリカイツブリやアカハラやシジュウカラやエナガやツグミも。
20240324_mozu 20240324_aoji 20240324_hidorigamo 20240324_kanmuri
20240324_akahara 20240324_sijukara 20240324_enaga 20240324_tugumi
 菜の花の黄色がフレームに少しずつ入り込むのが素敵~^^。
 一往復しただけなのに、ジョビ男くんやホオジロさんやムクドリさんにも逢えました♪
20240324_jobio 20240324_hoojiro 20240324_muku
 そして、入口まで戻ってきたら、再び朝イチで逢ったキジ雄さんに加え、キジ雌さんまで?!!
20240324_kiji4 20240324_kiji5
 なんてラッキーな…♬
 たっぷり時間をかけて堪能した後は、フラワーラインの方へ移動。。。
 すると、囀り飛翔するヒバリさんのみならず、土手の草の中で鳴くヒバリさんも!
20240324_hibari1 20240324_hibari2 20240324_hibari3
 冠羽を立てて、地面と上空を行ったり来たりーーー。
 地上から一気に空高くまで舞い上がるヒバリの飛翔力が素晴らしい~!!("揚雲雀"って季語もあるんですね?!)
 ウグイスさんもホ~ホケキョとしきりに囀って、春の訪れを肌で感じることが出来ました♪
〔ヒバリとウグイスの春の混声合唱↓〕

20240324_uguisu 20240324_hakusekirei 20240324_seguro
 ハクセキレイやセグロセキレイさんも小花の上をチョコチョコと歩き回り、かわいいかわいい^^。
 また、驚いたことに、予想だにしていなかった夏羽のコチドリさんや、ノスリさんまで観ることが出来、友人とふたり、大満足の早春の探鳥会!
20240324_kotidori 20240324_nosuri 20240324_kijibato
 8時から10時までの2時間ほどで、冬鳥と夏鳥の混在する、ずいぶんたくさんの鳥たちに逢えました。
 思い残すことなくこの日の探鳥を終え、初めて見つけた「カルガモコーヒー」という喫茶店に移動して、ホットサンド・ランチ♪
20240324_02 20240324_03
 探鳥会の後に訪問するには絶好の店名だし、珈琲もケーキもおいしくて、癖になりそう…(笑)。
 ふれあい松戸川の魅力について語らいながら、夏鳥探鳥の計画をあれこれ夢想して、愉しい日曜ランチとなりました。
 友人が「まだカルガモの雛を観たことないのよね~」と言っていましたが、間もなく可愛い赤ちゃんがたくさん観られる季節になりますね~♪
 次はどこにご一緒出来るかな~?? 楽しみにしています!!

| | コメント (0)

2024年3月30日 (土)

今期アニメ&ドラマ

 今期は、主に以下のアニメ&ドラマをフォローしていました。
(どうやったらこんなに視聴時間を確保できるのか…??)
1.「葬送のフリーレン
2.「メタリックルージュ
3.「ダンジョン飯
4.「薬屋のひとりごと
5.「マッシュル
6.「SYNDUALITY noir
7.「俺だけレベルアップな件
8.「正直不動産2
9.「アストリッドとラファエル4
10.「光る君へ
11.「不適切にもほどがある!
12.「勇気爆発バーンブレイバーン
 どれもそれぞれに面白かったのですが、それでもピカいちで私好みだったのは「葬送のフリーレン」と「薬屋のひとりごと」!
 展開のスピードがゆるやかだったせいでしょうか…^^;;?
 特に「葬送のフリーレン」は、演出の可能性をビンビン感じて本当に素晴らしかった~♪♪♪
 それにしても、アニメのクオリティが全体的に上がっている気がするのは気のせい?? 業界が底上げされてる感じ!!♪
20240329_03 20240329_04  これらの他にも、随時Youtubeで、"バードウォッチャー佐藤"さんや"とむちゃんねる"さんや"鳥探しチャンネル"さんや"鳥撮ちゃんねる"さんや"denden"さんや"オット"さんや"登山バーダー"さんの探鳥動画も楽しんでいるのだから、まったくもって、私って暇人??
(昨日は、ご近所さんの椿の鉢植えに、2羽のヒヨちゃんが飛んできて、大きな花の中に首を代わる代わる突っ込んでいました^0^)

三体】一昨日から、話題作『三体』のNetflix版ドラマ(全8話)も観始めました! ドラマは書籍とは多少違った構成になっている感じですが、どんな展開が待っているのか?! 映画『オッペンハイマー』も観たいし、時間がいくらあっても足りませ~ん!!

| | コメント (0)

2024年3月29日 (金)

卒業…

 先日、息子の大学の卒業式がありました。
 大学の卒業式に親が出るなんてナンセンスと思っていたのですが、友人たちからしきりに「出ておいた方がいい」と言われ、結局、星明子状態でひっそり参列…||^^;;。
 研究室の先生には、温かいご指導を賜り、心から深く感謝しています。。。
 大規模なお式で驚きましたが、いろいろいいお話が聴けて感慨深かったです^^。
 親業もしっかり卒業しないとな…と思いながら、ハレの日をしみじみと噛み締めたのでした。

【花のズコット】先週末、息子と久しぶりに日比谷を歩き、一緒にランチ。奢り納め…と思うのはちと早い…^^;;??
20240323_01 20240323_02 20240323_03
 

| | コメント (2)

2024年3月28日 (木)

免許更新完全予約制

 先日息子が、2度目の運転免許更新。ついにゴールド免許です^^。
 聞けば、今年の2月から完全予約制になったそうで、更新連絡ハガキに記載の予約用IDを入力する必要があるのだとか。
 私も来年には更新しなければならないので、今回の息子の更新の要領をいろいろ聞かせてもらいました^^;;。
 ずっとゴールド免許で来ており、今後もそれを続けられるなら、あと何回更新することになるんだろう…???
 母には84歳を目前にした段階で、かなり強引に免許返納させた手前、私もあと4~5回の更新で返納せざるを得ないでしょう。。。(苦笑)。
 若い頃は運転大好きだったものの、近頃はリスクばかりが気になるので、それほど固執するつもりもありませんが、鳥見遠征の際は、やっぱり車だと便利なんですよね~^^;;;。
 たかが免許、されど免許。
 目の黒いうちに、レベル5の完全自動運転の車に乗るような日は来るのでしょうか…(^0^)???!

20240324_08 【勝手ちらし寿司】 先の週末は勝手ちらし寿司。各自好きなものしか載せないという自由気儘さ。私はサーモンとホタテがあれば幸せです~♪

| | コメント (0)

2024年3月27日 (水)

浅羽ビオトープ(2024/3/22_AM)

20240322_01 20240322_02  3月頭に、“イカル探しの旅”と銘打って友人と昭和記念公園で鳥見をし、残念ながら空振りに終わったものの、その後友人が、春分の日に一人再訪して、見事イカルを見つけてくれました♪(コイカルは見当たらなかったとのこと…)
 この時期、昭和記念公園には少なくともイカルは飛来することが分かったので、私は先週末、約一年ぶり浅羽ビオトープへ。
 コイカルとクロジに逢えたらなぁ…と思いつつ…“コイカル探しの旅”です^^。
 7:15-9:15の2時間限定で、整備された小道の方を中心に歩くつもりで行きました。
 すると、到着するなり、橋の横の木の上に、イカルの群れが…?!! かわいい~♪
20240322_ikaru01 20240322_ikaru02 20240322_ikaru03
 何枚かパシャパシャと写真を撮りながらコイカルが混じっていないか探しますーーー。
 けれど、脇腹がオレンジで、黒頭巾をかぶったコイカルは見当たらず、以前来た時に夫がイカルを見つけた中間地点まで行ってみることに。。。
 この朝は、ガビチョウとシジュウカラとウグイスの囀りが響き、アオジやエナガやカワラヒワなどの“いつメン”と、ダイサギやアオサギも高麗川のほとりで見掛けました。
20240322_gabi 20240322_sijukara 20240322_aoji 20240322_enaga20240322_kawarahiwa
 けれど、イカルの群れは入口付近以外では見掛けず、大きな実を咥えたヒヨちゃんや、イカルちっくなシメさんや、ツグミ・モズ・ジョビ子さんなどが代わる代わる現われるばかり…。
20240322_hiyo 20240322_sime 20240322_tugumi 20240322_mozu 20240322_jobiko
 遠くでケンケ~ンとキジの鳴き声が聴こえたりもしましたが、敢えて探すことはせず、とりあえずまた入口に戻ることにーーー。
 すると入口付近の木では、依然としてイカルさんたちが日向ぼっこしています。
20240322_ikaru04 20240322_ikaru05 20240322_ikaru10
 嘴の黄色がホントにキュートです💕 青みがかって見える羽の脇の構造色部分も素敵~。
 私が、少し離れた所に陣取って“石”と化していると…、7~8羽の群れが地面に降りてきました!
20240322_ikaru06 20240322_ikaru09 20240322_ikaru07
 周囲を気にしつつも、まるでシロハラさんのように、しきりに落ち葉を引っ掻き回しています(笑)♪
 昭和記念公園でお会いしたガイドさんが、「ケヤキの実が好きで、地面にも降りてきますよ」とおっしゃていたのを思い出しました。
…ということで、この日のベストショットは、“地面に降りたイカルさんたち”…かな?
20240322_ikaru08
 例によって短時間の強行軍で、コイカルさんには逢えませんでしたが、行ってよかったぁ~♪♪♪
 菜の花にはまだちょっと早かった感じですが、ムラサキハナナでしょうか…、小さな紫の花が小道沿いにたくさん咲いていてキレイだった~♪
 “コイカル探しの旅”はまたいずれーーー^^;;。

 

| | コメント (0)

2024年3月26日 (火)

知識と図書と図書館と…

 先週、本好きの友人からLINEが入りました。
「今、近所でよく行く図書館で、図書館アンケートが募集されていたんで、“高齢者向け期限管理サービス”のアイディアを自由記載欄に書いて出しておいたんだけど、採用されるといいな~」とのこと。
 要するに、独居老人の孤独死の早期発見のためのアイディア。
 何かと心配性の友人らしいな…とクスリと笑ってしまうと同時に、「Good ideaでは?!」とも思いました^^。
 地域の図書館の役割も、デジタル時代にはずいぶん変わらざるを得ないのでは…と常々思います。
 図書館大好きな私すら、近頃は、最新版の辞書を見に行くか、静かに読書したい時に机を借りに行くくらいで、図書館で本を借りることはほとんどありません(出版の世界で飯を喰わせてもらっていた手前、基本、本は買うことにしている…というのもありますが^^;;)。
 とはいえ、ブログやSNSでの情報共有には積極的なつもりで、zoopickerにはせっせと探鳥情報をアップしています。
 かつて、情報(知識)
共有のプラットフォームだった図書館が、インターネットにその地位をどんどん浸食されている現在、著作権の考え方も変化を余儀なくされるのでは…という思いは強くなるばかり。。。
20240320_8  そういえば、前職で知り合った方がFacebookで面白そうな本を紹介してくださっていたので、買い置いてあります。
 『知識コモンズとは何か』という本。さらに別の日、前職で同期だった方の本まで紹介してくださっていたので、「これも読まねば…」とメモしてあります。『デジタル時代の図書館とアウト・オブ・コマースをめぐる著作権法制』という本。
(むむ…、この知人は勁草書房の回し者か?!(^0^))
 前職でもいろいろ得たものはありますが、なにより、興味関心の近しい方々と知己を得られたのは最大の収穫♪ そして、もう一生会うこともないかもしれない人たちの活動を今もこうして垣間見られるのは、やはりインターネットのおかげ!
 こういう効果を得ると、人類の知性とインターネットが、巨大な頭脳のニューロンのように思えてしまうんですよね~^0^;!!
(2024年度からの国立国会図書館長に、女性館長就任)

Mine!】“所有権”について考える面白い本もでたそうな…。「地球は人類のみならず全生物の共有財産」っていう大前提の概念については書かれているのかな~…??

| | コメント (0)

2024年3月25日 (月)

春分の日2024

20240320_2  先週の春分の日は、前日の天気予報の「雨か雪」との情報を真に受けて、すっかりお籠りするつもりでいたら、朝9時を過ぎてもピーカン状態^^;;;。
 鳥見の計画も立てずにいたので、仕方なく、牡丹餅を仕入れがてらの隅田川テラス・ウォーキング。
 雪柳や菜の花があちこちで咲いて、レンギョウも蕾がほころび始め、陽の光に輝いていました♪
 隅田川は、お花見目当てか、カヤックや水上バスや遊覧船やジェットスキーが行き来して、春の賑わいを見せていました。
 そんな中、河面のゴミ清掃の船も出動しており、感謝感謝!
20240320_1 20240320_5 20240320_4
 たくさんのユリカモメもあちこちにいて、ぼちぼち顔が黒くなり始めている個体もチラホラ。。。(ステージ2くらい…??)
20240320_3 20240320_6  いまだに、どうしてユリカモメは、日傘の季節に顔が黒くなるのか不思議です。
 恋の準備万端のサイン…らしいですが、ガングロって魅力的なのかしらん???
 陽の光を反射しない方が都合がいいことって何??? 注目してもらいやすい??
 …と、例によって鳥の不思議にあれこれ想いを馳せつつ、牡丹餅を買って帰りました。
 帰宅後に蓋を開けた瞬間…
「あ、牡丹餅の黒光りした艶やかさは、確かに魅力的だ…!」
ーーーこうして、ユリカモメの黒い頭巾と牡丹餅の黒艶がシンクロし、恋の季節の黒光りに、妙に納得したのでした(笑)♪

【イカル!】 この日、“ミニ野鳥友の会”の友人は、立川駅近くの昭和記念公園入口広場のケヤキの木で、イカルに会ったとのこと! やっぱりあそこに飛来するんですね~♪

| | コメント (0)

2024年3月24日 (日)

愛しのSUBMISSION

20240319_5  "SUBMISSION"というと、なんだかビジネスライクな印象が先行しますが、我が家の大のお気に入りのカリフォルニアワインの名前も"SUBMISSION"です^^♪。
 初めて近所の酒屋さんで購入した折、2千円ちょっとなのにすごく美味しくてビックリしたのですが、それ以降、何かにつけて飲んでいて、かれこれ数十本は空けているかも…(笑)。
 好みは人それぞれですが、我々夫婦にしては珍しく、「これは美味しい!」という意見は完全一致しており、先日も夫が「バレンタインのお返し」と言って買ってきました(自分が飲みたいだけだろ~??!…でも、ありがとう^^;)。
 瓶が重厚でがっしりしているところも気に入っています。毎日でも飲みたい、独特の香りのフルーティなワイン。是非一度お試しあれ~♪♪♪

| | コメント (0)

2024年3月23日 (土)

春分前に寒の戻り

20240319  今週中盤は、寒の戻りで肌寒い日が続きました。。。
 そうなると、俄然温かいものが食べたくなるーーー^^。
 …ということで、とりあえずマカロニグラタン~♪
 チーズ増し増しにして♪
 この花冷えを乗り越えたら、春爛漫の桜の季節の到来ですね!

【朝の地震】一昨日の朝、外勤のため地下鉄に乗っていたら、突如車内の乗客のスマホが一斉に警告音を響かせたので唖然としました!
20240321
 地震の揺れにはまったく気づきませんでしたが、警告音に心臓が飛び出ました~^^;;。近頃、地震が多くて気掛かりですね…。

| | コメント (0)

2024年3月22日 (金)

岡谷林道 他(2024/3/17)

 八ヶ岳南麓バードウォッチング・ツアー第2日目は、岡谷林道からスタート!
 岡谷林道は、事故防止のため、冬季は年末から3月末頃まで通行止めになるので、 その間は林道で探鳥が出来ることは有名です。
 が、まさかこの冬、この地を踏めるとは思ってもいませんでした!! さらに、憧れの“あの鳥”にお目にかかれることになろうとは…?!!!
 規制柵を越えたすぐのところでは、いきなりマヒワの大群が現われ、まさに“マヒワのなる木”状態の壮観な景色を観ました♪
20240317_01_mahiwa 20240316_02_higara1 20240316_03_kasiradaka
 また、枯れ枝に擬態するかのようなヒガラ(ランドセル背負った小学1年生みたい…)を間近で観たり、夏羽に変わる途中なのか、美しいカシラダカを観たり…。
 そして、雪道を奥へ奥へと歩いていくと、遠い先に赤い点々が動いています(^0^)。。。
20240316_04_oomasiko1 20240316_05_oomasiko2 20240316_06_oomasiko3 20240316_07_oomasiko4
 だいぶ遠くではありましたが、オオマシコが、道路上や芝生で、地面に落ちた種などを突く様子も堪能出来ました♪
 さらにーーー、大好きな写真家の星野道夫さんが、「一番好きな鳥は?」と尋ねられた時、「到底決められないけれど、どうしてもと言われたら“イスカ”ですかね」と答えた、という文章を読んだことがあるのですが、その“イスカ”に、ついについに逢えたのです~!!!!!
 残念ながら、カメラの設定が下手くそなせいで、その美しさを切り取ることが出来なかったのですが、証拠写真程度には撮ることが出来ました。
 ベニマシコのメスが止まった木の脇の松の樹上には、黄色いメスのイスカが…。
20240316_10_benimasiko 20240316_08_isuka1 20240316_09_isuka2
 そして、オスも松の木の横枝に留まっていたそうなのですが、私にはどうしても見つけられなかったため、友人が撮ってくれた赤く美しい成鳥の写真を、許可を得て掲載~♪
20240317_miki
 最後の最後に、高い木の上にいた幼鳥らしきオスのイスカを撮るには撮ったものの、暗いし逆光だしで、本当に残念な証拠写真。。。羽の色も、脇腹はまだグレイで赤くなりきっておらず、個体としても赤は堪能出来ない状態。。。^^;;;。とはいえ、クロスする嘴は捉えることが出来たので、初回の出逢いとしては満足です♪^^;;。数十羽の群れが2,3度頭上を旋回しながら飛んで、何度か“イスカのなる木”状態も遠目には観ることが出来たのですが、写真が撮れそうな距離まで近づくと一斉に飛んでしまう…ということを繰り返しました(苦笑)。朝焼けのような朱色と、個体ごとに不思議な色合いを見せる、どこか幻想的なイスカ…。
20240316_11_isuka3 20240316_12_isuka4 20240316_13_isuka5
 いやぁ、まさか今冬のうちにイスカに会えるなんて…。イスカのいる森に籠って彼らの色付きの過程を観察出来たら、どんなにか素晴らしいことでしょう。。。
 この旅に誘ってくれた友人に、本当に本当に大感謝です!!
 ガイドしてくださったペンションのオーナーさんは、カヤクグリが出そうなエリアにも案内してくださったのですが、この日は姿を見せてくれませんでした^^;;。
 カヤクグリより先にイスカに逢えたんだから、贅沢言っちゃいけませんね…^0^;;;。
 その後は、諏訪湖経由でペンションに戻り、チェックアウト後も、宿の前でガビチョウやスズメやヤマガラやジョウビタキと遊びました^^♪
20240316_14_suzume 20240316_15_jobiko
 さらに、小淵沢の“えほん村”周辺まで足を伸ばし、これまた間近でヒガラやマヒワに挨拶出来ました。
20240316_16_higara2 20240316_17_higara3
 帰り際、水浴び後に羽繕いする滑稽なヒガラを観たり、別荘地の庭を飛び回るシロハラを観たりもしました^^。
20240316_18_higara4 20240316_sirohara 20240317_kuri
 また、友人のダンナ様はここで、ミヤマホオジロも撮影出来たとのことで写真を見せてくださったので、許可を得て掲載~!(上の一番右の写真です)
 もう本当に、なんて素晴らしい探鳥地なんでしょう…?!!
 敢えて種類はカウントしていませんが、とにかく多種多様な鳥たちが、共存しながら暮らしているのを体感しました。
 小淵沢と岡谷林道、また是非再訪したいと思います♪

| | コメント (0)

2024年3月21日 (木)

小淵沢あるびおん周辺(2024/3/16,17)

 八ヶ岳南麓バードウォッチング・ツアー第1日目は、甲斐小泉駅近くの三分一湧水公園からスタート♪
 きれいな水が園内を流れており、たくさんの体格のよいカワラヒワやコゲラやシメやツグミが出迎えてくれました^^。
20240316_01_kogera 20240316_02_sime
 そこから、信玄棒道に入り、観音様が点在する道を辿りながら、藪や林の脇で立ち止まっては鳥見三昧。
20240316_03_yamagara1 20240316_08_yamagara2 20240316_04_gojukara1 20240316_09_gojukara2
 すぐにヤマガラやゴジュウカラが間近で観られ、カケスの声もーーー。
 そして、この日の特筆すべきは、マヒワ天国♪
 昨年末の埼玉県民の森で、苦労してやっと小さな黄色いお腹を真下から一瞬見上げた程度だったのに比べると夢のよう!!
20240316_05_mahiwa1 20240316_06_mahiwa2 20240316_07_mahiwa3
 オスもメスも何十羽といたのではないでしょうか…。入れ替わり立ち替わり、何かの実を突きに飛んで来ます♪
 青空をバックに、黄色いボディが映える映える(^0^)♪
 ここでは他にも、4~5羽のジョビ男君たちが、ものすごい陣取り合戦を繰り広げていました!!
 小淵沢ではここ数年、ジョウビタキの繁殖が著しく、増えすぎてキビタキすら追い出し、夏鳥として居座り始めているのだとか?!
 雪の残る草地では、シジュウカラが何かを啄んだり、冬季休業中のパン屋さんの裏庭では、ベニマシコ夫妻が顔を出したりしてくれました。
20240316_10_sijukara1 20240316_11_benimasiko1 20240316_12_benimasiko2
 信玄棒道を歩いただけで、“いつメン”はもちろんのこと、かなりの種類の鳥たちに会うことが出来、この場所の素晴らしさを痛感しました。
 夕方、ペンションに到着するや、美しいジョビ男君が、玄関先1mくらいの近さまで挨拶に来てくれたり、ペンション裏の林でも、カワラヒワやシジュウカラやアカゲラやモズやガビチョウなど、とにかくウジャウジャと鳥の気配を感じながら、散歩することが出来ました。
20240316_13_jobio 20240316_14_mahiwa4 20240316_15_sijukara2
20240316_16_akagera1 20240316_17_akagera2 20240316_18_mozu
 ペンション裏の藪には、ミヤマホオジロも来ることがあるらしいとのことでしたが、我々はこの日は見つけることが出来ませんでした。
 雑誌BIRDERには“赤い鳥に会える宿”として紹介されていた“ペンションあるびおん”さんですが、赤い鳥のみならず、本当にたくさんの色とりどりの鳥に会えるお宿だと思います♪

| | コメント (0)

2024年3月20日 (水)

ペンションあるびおん@小淵沢

 友人が、雑誌BIRDERに載っていた“赤い鳥に会える”お宿のうちの一つ、“ペンションあるびおん”について教えてくれたのが3月9日
 それから日を置かず、あれよあれよと計画が進み、先の16,17日で、1泊2日の八ヶ岳南麓バードウォッチング・ツアーが実現しました!
 残念ながら夫は2日とも仕事だったため、今回は、友人夫妻と私の3人旅(おじゃま虫で~す^0^;;;)。
 旅程と撮影順にほぼ即す形で、3回に分けてレポートいたします^^。
●1日目
[小淵沢駅]-[甲斐小泉駅]-[三分一湧水公園]-[信玄棒道]-[火の見櫓跡]-[小淵沢駅]-[ペンション] 
 1日目は、晴天下、甲斐駒や鋸岳などの南アルプスと、八ヶ岳連峰などの見事な山容を眺めながら、小海線で甲斐小泉駅まで移動。
20240316_01 20240316_05 20240316_02
 たくさんのカワラヒワやシメやコゲラやツグミさんに迎えられながら、三分一湧水公園を散歩した後、信玄棒道に向かいました。
 棒道にはいくつもの観音様が道標のように点在していて、雪の残る道をのんびりと歩きながら、探鳥しつつのトレッキング♪
 途中2,3箇所、鳥の密度がすごく高い場所があり、そこにしばらく留まったり、軽食休憩(天むす&ナボナ)したりして、信玄棒道をたっぷり堪能!
20240316_03 20240316_04 20240316_06
 火の見櫓跡地周辺では、白馬に乗った人と挨拶を交わしたりして、長閑な旅行者気分を味わいつつ、春の観光シーズン前の静かな高原を愉しみました。
 キースプリングというレストランまで歩いて、そこからは小淵沢駅までタクシーで戻り、荷物をピックアップ後、ペンションへ♪♪
 ペンション“あるびおん”は、日本野鳥の会会員のオーナーが、35年くらい前から営んでおられる、小淵沢中心地にあるお宿です。
 チェックイン後も、周囲をさらに探鳥して、お腹をペコペコ状態にして、いざ!夕食~♪
20240316_07 20240316_08 20240316_09
 オーナーの奥様お手製のコース・ディナーに舌鼓^^。家庭的な優しいお味でとても美味しく、ペロリと完食しました!(滝田栄さんオススメのワインと一緒に…♪)
 夕食後はジェットバスの一番風呂をいただき、9時前には就寝~zzz(友人のダンナ様は、夜も彗星観測に出掛けておられました!)
●2日目
[ペンション]-[岡谷林道]-[諏訪湖]-[ペンション]-[えほん村周辺]-[ペンション]-[小淵沢駅]
 2日目の朝は3時過ぎには目が覚めてしまい、茶話室で雑誌「野鳥」をパラパラしながらカフェオレを飲んだ後、夜明けとともに朝の散歩♪
 鳥の囀りがそこここから聴こえ、リゾート気分に浸れます^^(ショビ男君の囀りが聴けるとは?!)。

 その後、6:30にペンションを出発して、オーナーの“スバル クロステックLimited”で岡谷林道へ連れて行っていただきました。
 林道からは、朝陽に輝く諏訪湖や、松本の街並みが眺められ、残雪を踏みしめながら、めくるめく探鳥体験!!!
20240317_01 20240317_02 20240317_03
 9:30過ぎに林道を離れ、諏訪湖のほとりで遅めの朝食。これもオーナーの奥様お手製のバターロール・サンド♪ 3種それぞれに美味しくて、温かい珈琲とともにパクパクペロリ! 食べ終わってから、ロール・サンドの写真を撮り忘れたことに気づきました^^;;。
 諏訪湖にも、少し前までハクチョウやカワアイサやミコアイサがいたそうなのですが、この朝は鳥の姿はなく、代わりに、信州大学のロケット実験を偶然目撃することに!! 10時ジャストに打ち上げられた小型ロケットは、轟音とともに一瞬で数百mの高度まで上がり、パラシュートで諏訪湖に落下したものは、ボート隊が回収していました(右下の縦長写真の右上に、小さく飛行中のロケットが写っています♪)。いつか種子島で本格的なロケット打ち上げを見てみたい身としては、とってもエキサイティングな体験でした(サンダーバードみたいでカッコよかったぁ~♪)。
20240317_04_20240318222401 20240317_05
 湖畔での朝食後は、湖の周りをドライブする形で高速インターへ向かい、ペンションへ帰還。昼前にチェックアウト後、オーナー夫妻に教えていただいた“えほん村”周辺の小川沿いで最後の鳥見を愉しんで、今回のバードウォッチング・ツアーは終了~。
 小淵沢の駅で信州そばを食べ、生信玄餅をお土産に買って帰ってきました^^♪
20240317_06 20240317_07 20240317_08
 とにかく充実して楽しい鳥見旅となり、今回の旅を企画してくれた友人に感謝!!!
 そして、素晴らしいガイドをしてくださった、ペンションあるびおんのオーナーと、温かい手料理でもてなしてくださった奥様、お世話になりました&ありがとうございました!
 たくさん歩いたので、伊能忠敬万歩計では三重に到着し、愛知まで921.08kmとなりました^^。鳥のレポートは明日・明後日の2回で~!

| | コメント (0)

2024年3月19日 (火)

トルコの紅茶「チャイ」

20240313_8  先週息子が、毎週通っている剣術道場にゲストで来たトルコ人の方から、紅茶のティーバッグを頂いてきました。
 最初、普通の紅茶を淹れる要領で入れようとしたら、「なんか、10分くらい煮出した方がいいらしいよ」と言われ、“トルコ 紅茶 淹れ方”でGoogle先生にお尋ねしたところ、「二段式のティーポットで茶葉を蒸らしてから、20分くらい煮出し、色と香りが出たらカップに注いで、お湯で薄めて飲む」と書いてあってビックリ!
 ちょっと手間がかかりそうだったので、その日淹れるのは止めました^^;;;。
 周囲に二段式のティーポット“チャイダンルック”が見当たらないのですが、どなたか、うまい淹れ方をご存じでしたら、是非ご教示くださいませ~!

| | コメント (0)

2024年3月18日 (月)

北本自然観察公園(2024/3/14)

 先日、私の外勤DAYに夫が独りで北本自然観察公園へ!
 これまでに私は、の2度訪問していますが、夫は今回が2度目で、初春ということもあり、四季折々の園内の様子が徐々に把握できるようになってきます。夫はLiferのキレンジャク狙いで赴いたようですが、到着後30分ほどしたら、レンジャクの群れが来てくれたそうで、下に降りて、水を飲んだり、リュウノヒゲの青い実を食べたりしている所をたっぷり鑑賞させてくれたとのこと♪
 羨ましい状況で、「私も行きたかった~!!!」と思いつつ、記録として夫の写真を許可を得て掲載~♪
 夫のLiferのキレンジャク。
20240314_ki01 20240314_ki02 20240314_ki03
 秋ヶ瀬や東高根でも観たヒレンジャク。
20240314_hi1 20240314_hi2 20240314_hi3
 美しい~♪♪ 今冬、私はキレンジャクには逢えず仕舞いだ~(T T);;。
(この日のSNSで、「浅羽や秋ヶ瀬はすでにレンジャクは抜けた」との記載があったので、夫の北本訪問は絶妙のタイミングだったようです♪)

| | コメント (0)

2024年3月17日 (日)

友人の退職記念ディナー

 以前勤めていた理工系の老舗専門出版社で同期だった友人が、還暦少し前ではあるものの、この度早期退職することを決めたと聞きました。
 諸々の引継ぎは4月半ばまで引っ張るようですが、先日おおよその目処が立った段階で、退職記念ディナーをすることに♪
 Sessionというダイニングバーを予約して、夜7時半からのんびりディナー^^。
 このお店には何度か訪れていますが、いつ行ってもお料理は美味しいし、サービスも絶妙で、大のお気に入り♪
20240314_1 20240314_2 20240314_3
 友人も気に入ってくれて、ゆったりと食事とおしゃべりを楽しむことが出来ました!
20240314_4 20240314_5
 少し休養した後は、また軽めの仕事はするつもりだそうですが、マンションの管理組合の仕事や、ご実家のお母様のケアなど、プライベートが忙しくなるため、知人の紹介で、時間に融通の利く仕事に移行するご予定とのこと。長年のフルタイム勤務、本当にお疲れ様でした。
 健康のためにウォーキングを始めるそうで、「近いうちに今度は一緒に歩こう~」ということになりました♪ 楽しみにしています!!

| | コメント (0)

2024年3月16日 (土)

JPO STATUS REPORT 2023

 先日、某国の特許制度について審査基準レベルの調べごとをしていたら、たまたま「JPO STATUS REPORT 2023」という特許庁作成のレポートを見掛けました。
 いつも思うのは、せめてPCT加盟国くらいは、各国共同の制度解説ページを作成して、一覧でそれぞれの国の制度が確認でき、常にアップデートされている状態に出来ないものかな…ということ。WIPOの参照ページはありますし、国内移行段階も、国ごと・事務所ごとに、必要書類だのFee Scheduleだのをまとめて下さっているケースは多いものの、とにかく一覧性が悪くて、国ごとの比較をしようとすると、結局自分で書きださなくてはなりません(別に157ヵ国すべてを一覧したいわけではないけれど、1つのサイト内で詳細情報すべてを完結して欲しい…^^;;)。
 すでに国際協調はずいぶん進んでいて、大枠は一緒なのだから、それぞれ別個にまとめるより、加盟国共同のWebページがあって、同じフォーマットに落とし込んでくれた方が四方八方効率的なのになぁ~^^;;。私の探し方がダメなだけで、WIPOサイトのどこかに、もしかしてそういうページもあるのかしらん…。

| | コメント (0)

2024年3月15日 (金)

弟の不意打ち来訪…

20240310_05 20240310_06  先の日曜日、我々夫婦が鳥見で外出中、弟が予告なく来訪!!(…というか、LINEで打診されたのに気づかなかった…^^;;)
 留守番中の息子が応待して、30分ほど話しをしたそうで、その後息子からもその旨のメッセージが入りました^^;;;。
「新しい車を買ったので見せに来た」とのことでしたが、オープンカーだったとのことでビックリ!!
 さらに、おみやげの量にもビックリ!!
 毎度何かと驚かせてくれる弟ですが、今回も相当なサプライズでした^^;;。
 3人の子どもを立派に成人させ、全員就職まであと一人。完全に子どもたち全員の手が離れた暁には、盛大に労ってあげようーーー(^0^)♪
 久々の叔父さんとのおしゃべりを楽しんだ息子に、「二人でドライブしてお昼でも食べてくればよかったのに~」と言ったら、「まぁさすがにそれはちょっと…」と照れ笑い。気の合う叔父の突如の訪問で、元気に頑張っている姿をお互い確認できて、よかったよかった^^。おみやげやプレゼント、ありがとう~!!

| | コメント (0)

2024年3月14日 (木)

渡良瀬遊水地(2024/3/10)

20240309_08 20240310_01  先の週末は、土日ともどっぷり鳥見♪
 金曜のうちに、大鍋にたっぷりとカレーを作っておいたので、晩御飯の心配もありません(笑)♪
 日曜日は夫とふたり、2度目の渡良瀬遊水地へ。首都高から真っ白な富士山が見える朝でした。。。
 前回訪問は去年の6月で、葦原が青々していましたが、今回は野焼き後で黒々…^^;;。
 3月2日の野焼き後、まだ1週間しか経っていなかったせいか、天気予報がハズレて強風が吹き荒れていたせいか、鳥の気配があまりなかったのは残念でした(野焼きの規模がハンパない!!)。
20240310_02 20240310_03 20240310_04
 それでも、到着直後にコウノトリが観られ、ウォッチングタワー周辺でしばしの拘束^^♪
20240310_kounotori1 20240310_kounotori2
 その後、前回は行かなかった鷹見台の方へ行き、渡良瀬川脇の葦原の歩道を1時間ほど散策。。。
20240310_hoojiro1 20240310_kasiradaka
 菜の花の咲く河原では、どこからか、たくさんのヒバリの囀り。。。ホオジロやカシラダカが時々顔を出してくれました。
 驚いたのは、イノシシの後ろ姿を見掛けたこと!!
20240310_inosisi
 我々が、ごちゃごちゃした葦原の脇を抜けてしばらく行った後、ふと後ろを振り返ったら、立派なイノシシが私から遠ざかっていくところでした^^;;。
 9時半を過ぎて駐車場が開いたタイミングで、谷中村史跡保全ゾーンの方へ移動し、雷電神社まで歩いたり、ウォッチングセンターから谷中橋の近くまで往復したり。。。
20240310_hasiboso 20240310_hakusekire 20240310_aosagi
 その間は、ハシボソガラス、ハクセキレイ、アオサギ、アオジ、シジュウカラ、ムクドリ、カワラヒワ、シロハラなど、"いつメン”がちょっぴり顔出し。けれど、渡良瀬の鳥たちはみんな人馴れしておらず、すごく警戒心が強いのか、滅多に全身を露わにはしてくれません(T T)。
20240310_aoji 20240310_sijukara 20240310_mukudori 20240310_kawarahiwa20240310_sirohara
 この日はとにかくトビとオオジュリン祭りで、延々とピーヒョロロロの声が聴こえ、そこここにオオジュリンの白いお腹が見え隠れしていました。
20240310_tobi1 20240310_tobi2 20240310_tobi3
 オオジュリンは、夏羽に変わる途中なのか、「もしかしてシベリアジュリン?!」と思ってしまうような、趣の異なる個体もチラホラ。。。
20240310_oojurin1 20240310_oojurin4 20240310_oojurin2 20240310_oojurin3
 そして、夫のLiferとなるノスリが、歩道脇の杭の上に留まってくれたのは収穫でした^^♪(チュウヒを期待した私はガックリ…^^;;)
20240310_nosuri1 20240310_nosuri2 20240310_nosuri3
 この日はとにかくものすごい強風で、中の島まで行くのに西橋を渡ったら、吹き飛ばされそうになりました^^;;;。
 水鳥も、カルガモやヒドリガモやマガモやコガモやハシビロガモが水辺に見られましたが、基本的には生き物の気配なし(苦笑)。
 湿原は焼け跡で炭のようだし、谷中湖にも水がほとんどなく、ハート型とはほど遠い様相でした。
 ラムサール登録地でもこんな状態の時もあるのですね~。
 とはいえ、広い空と広大な湿地に抱かれて、細々した日常をスカッと忘れた爽快な一日でした^^。

| | コメント (0)

2024年3月13日 (水)

昭和記念公園(2024/3/9)

20240309_01  先の土曜日、私にしては珍しく、終日フリータイム~!!
 家人たちはそれぞれ用事があったため、私は友人と共に昭和記念公園へ(^0^)♪
 開園前に西立川の駅で待ち合わせ、開園と同時に入園。もちろん探鳥です(笑)。
 この日は風が強めとの予報だったので、やや心配しながらの訪問でしたが、意外に無風状態の場所も多く、暖かで快適な鳥見となりました(小学生は半袖で遊んでた?!)♪
 そして、"イカル探しの旅"と銘打ってのチャレンジでしたが、残念ながらイカルには会えず仕舞い(これも鳥見の醍醐味!)。
 でも、この公園のガイドボランティアの方から「イカルコイカルもいますよ。ケヤキの実が好きで、時折地面にも降りて来て食べてますよ」と教えていただいたので、再チャレンジは必至♪
 そしてこの日は、素晴らしい天使たち&シロハラDAYとなりました♪♪
 水鳥の池の葦原では、エナガ・シジュウカラ・コゲラ・メジロ・ウグイスたちが、1mくらいの間近にまで来てくれて、近すぎてピントが合わないまま、天使たちに囲まれるという幸せ時間…^^♪
20240309_enaga1 20240309_enaga220240309_mejiro120240309_kogera
 池のヒドリガモやカイツブリも長閑に泳いでいます。
20240309_hidorigamo 20240309_kaituburi
 園内の寒緋桜の蜜を吸うヒヨちゃん。菜の花畑のヒヨちゃん&ハクセキレイさんは、蛾などの虫狙い…?
20240309_hiyo1 20240309_hiyo2 20240309_hakusekirei1
 そして、シロハラがあちこちに出没して私たちを翻弄します(^0^)!
20240309_sirohara1 20240309_sirohara2 20240309_sirohara3
 "トンボの湿地"では、とにかく数羽のシロハラが土に嘴を突っ込んで何かを探していましたし、水鳥の池のほとりや、こもれびの丘の方でも見掛けました。
 "トンボの湿地"の周囲の藪の中には、アトリやシジュウカラやシメさんも。。。
20240309_atori1 20240309_atori2 20240309_sime
 そして、木の上のツグミや松の木を飛び交うメジロさんやふれあい広場のジョビ男くんも。。。
20240309_tugumi 20240309_mejiro2 20240309_jobio2 20240309_jobio1
 最後にふれあい広場のレストハウスで遅めのPIZZAランチにして、屋根の上のハクセキレイさんを眺めたりして、「イカルの群れが来ないかな~」と空を見上げつつ日向ぼっこ^^。
20240309_hakusekirei2
 "あけぼの口”まで歩いて、そよぎの丘でもラストチャンスに期待しましたが、やはり風が強くてイカルさんたちは出て来られなかったのでしょうか…^^;;;??
 常連さんが、「"こもれびの丘"の向こう側に行けばトラツグミがいるよ」と教えてくださいましたが、そちらに向かうパワーは残っていませんでした(苦笑)。
20240309_02  いつにも増して歩いて歩いて、のんびり気持ちよく散歩したので疲れを忘れていましたが、レストハウスで座ったら、やはり18,000歩/12kmほども歩いていてビックリ!! 菜の花や水仙やロウバイやサンシュユなど、黄色い花が美しく、間もなく咲くであろうソメイヨシノにも胸を高鳴らせつつ、終日たっぷり鳥見を堪能出来ました♪ 探鳥視点で見ると、同じ公園でもまったく別モノに思えるのが不思議!!
 友人からはおみやげに、なんとグアテマラのゲシャリー珈琲豆をいただいてしまい、感激&恐縮至極~!! いつもありがとうございます~^^♪♪
 「近々、小淵沢にも鳥見に行きたいと思ってるんだ」という話を聞かせてもらい、探鳥地候補が増えてワクワクが止まりません。また是非ご一緒に~^^!
 

| | コメント (0)

2024年3月12日 (火)

久々にアップルパイ

 先週、都内でも雪がちらついた日、久々にアップルパイを焼きました。
 パイ生地と紅玉を買って来てチャチャッと^^♪
20240308_01 20240308_02
 1時間ちょっとはどうしても掛かってしまいますが、焼きたてはやっぱり美味しい~♪
20240308_03 20240308_04
20240311  そして昨日は、香り高い珈琲豆を挽いて、至福のひととき。

【長編アニメーション賞!】 宮崎駿監督の「君たちはどう生きるか」が、アカデミー賞長編アニメーション賞を受賞したとのこと。おめでとうございます!! これでさらにの読者も増えてくれるといいなぁ…。。。

| | コメント (0)

2024年3月11日 (月)

清洲の逢瀬(2024/3/8_昼)

 先週末、雨上がりの昼下がり、ウォーキングを兼ねて隅田川テラスへ。
 前回、イソヒヨドリを見つけておきながら、逆光→順光の位置替えをしている間に飛ばれてしまったのが心残りだったもので、この日もカメラを担いで行きました^^;;。
 すると、いつもの場所できれいな声で囀っているオスが…!!
20240308_isohiyo1 20240308_isohiyo2
 ものすごく近くのフェンスの上まで来てくれて感激~!!
 そして河の対岸では、小さな花壇の杭に、まるでトラツグミのようなシックな出で立ちのメスが…!!
20240308_isohiyo4 20240308_isohiyo3 20240308_isohiyo5
 メスの方がいつも、人を恐れずにじ~っとしていることが多い気がします。
 いやぁ~、重いカメラを担いで行った甲斐がありました♪
 この2羽、河の両岸でひっそりと逢瀬を重ねているようで、なんとも奥ゆかしい~!
 織姫と彦星のようなイソヒヨドリさんたち、美しい声を聞かせてくれて、見事な羽模様を鑑賞させてくれて、どうもありがとう~♪♪♪
(イソヒヨドリという名前は、是非とも“イソビタキ”に改名して欲しいな~^^;;;)

| | コメント (0)

2024年3月10日 (日)

別れの季節

 今月は夫も息子も何かとイベントが多く、夕食も外で食べる機会が多いようです。
 いわゆる"別れの季節”というやつです。
 夫は通常の学生との複数回の会食に加え、知人の定年退職のお祝いやら、現役時のご逝去に伴う研究会等々もあり、また実験のシフトが入ったりもして、とにかく忙しい。。。
 ふと、「このまま、ひとりディナーの機会も増えていくのかな…?」とぼんやり思いました。
 え?寂しいかって?? と~んでもないっ!!!
 それってパラダイスではっ??!
 還暦前にしてようやく諸々から解放されて、自分のために時間を使えるようになる~(^0^)♪♪♪
 栄養も考えずカップ麺食べて読書に耽ろうが、家人の嗜好に配慮せず辛い物を食べようが、誰も文句は言いません♪
202403  → 20240307
 両親が健康で自立していてくれればこそですが、"おひとり様"サイコ~♪♪♪

| | コメント (0)

2024年3月 9日 (土)

隅田川テラス(2024/3/4_昼)

 今週頭、翌日から雨になるという予報を聞き、お昼休みにちょいウォーキング。
 いつものコースを、カメラを担いでテクテク歩きました。
 この日は、痛恨のミスを2連発(T T);;;。
 1つ目は、久々にイソヒヨドリ♂さんをお見掛けして興奮し、「きれいな色で撮りたい!!」と、逆光の位置から順光の位置へと移動している隙に、あっという間に対岸に飛ばれてしまったこと(泣)。そろそろ求愛の囀りが始まる頃だよなぁ…と思って出掛けたので、大ショックでした。。。
 もう1つは、カルガモの交尾シーンを撮れなかったこと^^;;。隅田川で堂々と事に及ぼうとしているのを見て、急いでカメラを構えたものの、「こういうシーンって、撮ると顰蹙??」と躊躇していたら、ほんの2秒くらいのうちにあっさり終了~(苦笑)。シャッターを切る間もなく、2羽は離れてしまいました^^;;;。メスはほとんど河に沈められている感じでしたが、珍しいモノを見てしまった…。ネットへのアップは控えるべきなのかもしれませんが、迷わず撮っておけばよかったぁぁぁぁ~!
 まぁ、"いつメン"の皆さまは元気そうだったので、良しと致しましょう~^^。
20240304_suzume 20240304_seguro 20240304_umineko
20240304_yurikamome 20240304_tugumi 20240304_hiyo 20240304_muku
20240304_isosigi 20240304_hakusekirei 20240304_aosagi
20240304_umineko2 20240304_kijibato

 たくさんのムクドリとウミネコとユリカモメが、河原を占拠している感じの昼下がり。

 隅田川テラスは、近距離で撮影出来るのが本当にありがたい^^♪
 次こそはイソヒヨドリさんをきれいに撮りた~い!!!

鳥山明さんの訃報】昨日、突然の訃報…。若い頃、髪型と黒ぶちメガネのためか、"アラレちゃん"と呼ばれていた時期がありました。ご冥福をお祈りします。。。そしてTARAKOさんまでも?! 重ねてご冥福をお祈りします。。。

| | コメント (0)

2024年3月 8日 (金)

横浜ランドマークタワー

 先日、みなとみらいのニトリに、オープンブレザーチェストの品定めに行った際、せっかくだからと、横浜ランドマークタワーの展望台に立ち寄りました。
 私はおそらく初訪問。
 東京タワーやスカイツリーの上からの景色と違い、すぐ真下に海が見えるのが新鮮でした♪
20240303_01 20240303_02 20240303_03
 展望フロアでは、ドリンクやおみやげが販売されていて、「天空ソフトクリーム」というラムネ風味のソフトクリームを食べながら、富士山や鎌倉方面の景色を堪能^^。
20240303_04 20240303_05 20240303_06
 ランドマークタワーの根元には、ドックヤードガーデンというのがあって、これは旧横浜船渠の跡なのだとか。
 気持ちのいいお天気の日だったので、その後もあちこち散歩して、横浜駅から電車に乗ったのですが、駅のホームに、ずっと見てみたかったオレンジ生搾りジュースの自販機が…?!! しかもちょうど搾りかすの掃除とオレンジの補填作業中。。。いやぁ、維持管理はとっても大変そうですが、小さい子どもにこれを飲ませてあげているお父さんがいらして、ちっちゃい子は喜ぶだろうなぁ…と思いながら観ていました。
 横浜駅周辺やみなとみらいの街、歩くだけで楽しい~♪♪ また行きます!!

GUNDAMフィナーレ】この日の散歩中、たまたま友人からLINEが入ったので、「みなとみらい散歩中~」と返したら、「GUNDAMフィナーレ?」と返信が来ました^^;;。どんだけヲタクだと思われてるのやら…(苦笑)。

| | コメント (0)

2024年3月 7日 (木)

東高根森林公園(2024/3/2_AM)

20240302_01 20240302_02  先週末、諸々の宿題を頑張って終わらせ、約1年ぶりに東高根森林公園へ♪
 去年の今頃は、鳥見を始めて2~3ヶ月経った頃合いで、Liferに出逢う機会が極端に減っていた時期でした^^;;。
 今もその状態は変わりませんが、当時より、"いつメン"であっても個体によって表情や仕草が違ったりするのを、素直に楽しめるようになっている感じ(笑)。
 この日も、レンジャクさんに逢いに行ったようなものではありますが、「もし逢えなくても、誰か遊んでくれるだろう…」と暢気に構えて出掛けました^^。
 けれど、予想外にすぐにヒレンジャクの群れに出くわし、去年よりやや近い位置で、ヤドリギ大好きな彼らのお食事風景をたっぷり堪能することが出来ました♪
20240302_hirenzyaku01 20240302_hirenzyaku02 20240302_hirenzyaku03 20240302_hirenzyaku04
 例によって、あちらこちらにぶら~んと垂れ下がるアレも…(^0^);;!
20240302_hirenzyaku05 20240302_hirenzyaku06 20240302_hirenzyaku07 20240302_hirenzyaku08
 そんなに大きな鳥ではないのに、なぜか壮観…。
20240302_hirenzyaku09 20240302_hirenzyaku10 20240302_hirenzyaku11 20240302_hirenzyaku12
 お腹がペコペコなのか、ずいぶんとアクロバティックに食べまくってました(笑)。
20240302_hirenzyaku13 20240302_hirenzyaku14 20240302_hirenzyaku15
 どうやらキレンジャクは混じっていないようでしたが、ヤドリギの明るい色の中で、ヒレンジャクの朱色がとっても美しかったです♪
 この日は、レンジャクさんたち以外は、あまり鳥の気配がしなかったのですが、それでもヒヨちゃんやコゲラさんやエナガさんが顔を見せてくれました。
20240302_hiyo 20240302_kogera 20240302_enaga
 地元の常連さんらしき方が、「3~4年前は、トラツグミとかルリビタキとか、結構何でもいたんだけど、最近姿を見せなくなっちゃってねぇ…」とおっしゃってました。ちょっと便利な所にあるからかなぁ…。ペットのお散歩で訪れる方も多いようで、環境整備やルール作りも難しいのでしょうね^^;;。とはいえ、素晴らしいヤドリギは健在です!!

| | コメント (0)

2024年3月 6日 (水)

桃の節句の東京マラソン

20240301 20240302  先の桃の節句の日曜日は東京マラソンでしたね。
 3月に入って、やたらと雛祭りの食材が生協やスーパーで出ていたので、前の晩はつい"ちらし寿司"を作ってみたり。。。(笑)。
 その夜、マラソンコース途中にある公園の前を通ったら、何やら怪しげなテントが3つ並んで設置されていました。
 おそらく、沿道の水の補給所や、交通整理のための道具が収められていたのでしょう。
 準備も後片付けも相当大変だと思われますが、もはや欠かすことの出来ない東京の一大イベント。
 関係者の皆様、お疲れ様でした~!

20240304 【肉じゃが】NHKドラマ10「正直不動産2」で、近頃肉じゃがを頻繁に見たせいか、つい肉じゃがも作りました^^;;。
 いつもは牛肉で作るのですが、この所、食材費が上がっているため、今回は豚肉で(苦笑)。
 豚でも美味しい~♪ 肉じゃがって、具材はほとんどカレーなんだけど、なんかホッコリしますよね~^^。
 

| | コメント (0)

2024年3月 5日 (火)

境川遊水地公園③(2024/2/28_AM)

 境川遊水地公園レポートの最終日は、探鳥時の細かい説明は抜きに、とにかく出逢えた鳥たちの写真を掲載します。
 これを観ていただくだけでも、この場所の豊かさを感じていただけるのではないかと…^^。
(この日は当初、Liferゲットは難しかろうと思い、とにかく遭遇種数の最高記録を狙って、片っ端から撮影したのでした^^;;)
20240228_aoji 20240228_aosagi 20240228_daisagi 20240228_hakusekirei
 1.アオジ、2.アオサギ、3.ダイサギ、4.ハクセキレイ
20240228_hasibiro 20240228_hasiboso 20240228_hiyodori
 5.ハシビロガモ、6.ハシボソガラス、7.ヒヨドリ
20240228_hoojiro 20240228_hojiro 20240228_jobiko
 8.ホオジロ♂♀(もしかしてオオジュリン??)、9.ジョビ子さん
20240228_kaituburi 20240228_karugamo 20240228_kawarabato
 10.カイツブリ、11.カルガモ、12.カワラバト
20240228_kawarahiwa 20240228_kawasemi 20240228_kawau
 13.カワラヒワ(オオカワラヒワ?)、14.カワセミ、15.カワウ
20240228_kijibato 20240228_kogamo 20240228_kosagi
 16.キジバト、17.コガモ、18.コサギ
20240228_mejiro 20240228_mozu 20240228_mukudori
 19.メジロ、20.モズ、21.ムクドリ
20240228_ooban 20240228_oojurin1 20240228_oojurin2 20240228_sijukara
 22.オオバン、23.オオジュリン、24.シジュウカラ
20240228_suzume 20240228_tugumi 20240228_uguisu 20240228_yosigamo
 25.スズメ、26.ツグミ、27.ウグイス、28.ヨシガモ…
 そして、昨日一昨日とレポートした、29.ヨシゴイ、30.オオヒシクイで、全30種!
 他にもオカヨシガモも見掛けたし、ベニマシコやタマシギ等もいるかもしれないとなると、本当にすごいです!!
 いやはや、魅力的な探鳥地というのはたくさんあるものですねぇ。
 また違う季節に、是非お邪魔したいと思います♪

| | コメント (0)

2024年3月 4日 (月)

境川遊水地公園②(2024/2/28_AM)

20240228_oohisikui01  初訪問の境川遊水地公園で、サイクリングロードから開園前の今田遊水地を眺めていたら、なんとなんと、いきなりオオヒシクイが泳いでいる後ろ姿を発見!!!
 白いお尻と、両脇にチョコンと見えるオレンジの足が目立っていました♪
 シルエットはどことなく白鳥のような優雅さ。
 シックな顔立ちと、嘴の先のオレンジがきれい…♪
 ここではかなりの時間、葦の根っこを掘って食べていたようですが、ずっと脇に付いて、食べ物を横取りしていたオオバンがいました^^;;。
20240228_oohisikui02 20240228_oohisikui03 20240228_oohisikui04
 オオヒシクイの口をアップで撮ったら、舌と歯のようなものが写っていたのですが、ヒシの実を食べるのに便利なのでしょうか??
20240228_oohisikui05 20240228_oohisikui06 20240228_oohisikui07
 ようやくゲットした葦の根を、あっという間にオオバンにかっさらわれた時は、どことなく茫然自失の様相。。。(^0^;;。
 ずいぶん長い時間、たっぷりと観察させてもらいましたが、途中から、電気工事の車が大きな音を立ててバックしてきた際、驚いて音の方を見上げたかと思ったらーーー
20240228_oohisikui08
 あっという間に飛び立って、下飯田遊水地の方へと飛んで行ってしまいました。。。
20240228_oohisikui09 20240228_10 20240228_11
 私のすぐ上を飛んでいったので、結構アップで飛んでいる姿を撮ることが出来たのはラッキーでした^^。
 その後は、下飯田遊水地→俣野遊水地と移動して探鳥を続けたのですが、最後の最後に下飯田遊水地に戻ってきたら、なんとそこには、朝逢ったオオヒシクイが日向ぼっこしながら羽繕いしているではありませんか?!
20240228_12 20240228_13 20240228_14 20240228_15
 長閑な様子をのんびり眺めて、お別れを言うことが出来ました♪
 亜種オオヒシクイと、ヒシクイとの違いは、下嘴の薄さだということですが、私には違いはよく分かりませんでした^^;;。
 オレンジの鮮やかな太めの足が印象的で、やさしい雰囲気の鳥でした。出て来てくれてありがとう~♪
 明日は、境川遊水地公園で逢った鳥たちの総ざらえです!
 ヨシゴイとオオヒシクイを除いても、なんと28種もの鳥たちを撮影しました~♪ 乞うご期待!

【ニルスのふしぎな旅】この日、延々とオオヒシクイを眺めていたら、なぜかふと、小さい頃に観た「ニルスのふしぎな旅」というアニメを思い出しました。ニルスが、雁の群れと一緒に旅をしたので、その印象からでしょうが、2016年に「雁の里親友の会」という団体がクラウドファンディングを行なったり、田んぼの草刈りのボランティアのお礼にメダルを作ったりしたそうで、その時の銀メダルが「オオヒシクイ」だったのだとか?! とても平和的な印象のオオヒシクイ、守りたくなる気持ち、分かるなぁ~^^。

| | コメント (0)

2024年3月 3日 (日)

境川遊水地公園①(2024/2/28_AM)

20240228_01 20240228_02  先日、夫が振替休日を取ったのに合わせ、境川遊水地公園へ(初訪問!)♪
 なんでも、天然記念物のオオヒシクイが迷い鳥として飛来しているとか、ヨシゴイがいるとか、タマシギがいるとか、色々と噂に翻弄されていたため…^^;;。
 風の強い日だったのですが、谷の地形のためか、遊水地周辺はほとんど風もなく、鳥見日和となりました♪
 境川遊水地公園は、今田遊水地・下飯田遊水地・俣野遊水地という3つの遊水地が連なって出来ており、入園出来る時間帯も決められていて、なかなかよく整備された探鳥地でした。
 観察順とは前後しますが、本日は、一番最後に訪れた俣野遊水地で逢えたヨシゴイをご紹介ーーー。
20240228_03 俣野遊水地というのは、湘南台の駅からは一番遠く、鷺舞橋より奥にあります。
 どの遊水地も、実の成る樹はあまりありませんが、とにかく葦原が充実していて、ススキも綺麗に揺れて、この季節は鳥の観察には最適の環境に思えました。
 朝7:40くらいに今田遊水地に到着後、開園前にサイクリングロードなどをうろうろしてから、今田遊水地→下飯田遊水地→俣野遊水地の順に足を伸ばしたのでした。
 帰路に着こうとした矢先、葦原の茂みの中に、ヨシゴイを発見!!
20240228_yosigoi01 20240228_yosigoi02 20240228_yosigoi03
 見事な擬態で、一度目を離すと、再び見つけるのに難儀しましたが、なかなかに活動的でよく動いてくれたので、30分くらいじっくり観察することが出来ました^^♪(埼玉の古代蓮の上で見たいと思っていましたが、先に神奈川で見ることとなりました)
20240228_yosigoi04 20240228_yosigoi05
 日本最小のサギだそうですが、首の縦斑や黄色くて太目の足、黄色い虹彩が意外に目立ちました。
 池ではピチピチと小さな魚が飛び跳ねていたのですが、ヨシゴイは何度も水に嘴をつけて、何か獲物を捕らえていたように見えました。
 明日は、朝イチの今田遊水地で逢い、最後の最後に下飯田遊水地で再会したオオヒシクイをレポート致します~♪

| | コメント (0)

2024年3月 2日 (土)

高齢者の生命保険契約

 先日、母の要請により急遽実家訪問。
 なんでも、かんぽ生命の勧誘に合い、この際だからと新規保険に入ることにしたのだけれど、昨今はガイドラインが厳しくなっており、70歳以上の高齢者の加入時には、69歳以下の若い人の同意がないと入れなくなっているので、契約の際に同席して欲しいとのこと。
 事前に、検討しているプラン名を聞き、ネットで下調べして赴き、さらに担当営業の方から、現在の母の他の加入状況などもヒアリングして、自分なりに理解した後は、母の決断に任せました。
 結局契約することになったのですが、規約説明の受け答えは録音され、さらに本部の方と私が5分ほど話して了解の意思確認。
 正味2時間ほどかかった上、正式契約は最低でも一晩置いてからでないと出来ない決まりだとかで、営業さんは翌日再度訪問するとのこと^^;;;。
 両親は、もはや“高齢”を理由にお金の采配すら自身だけでは出来ないことにややショックを受けていましたが、私からすれば、おかしな詐欺に合うよりは、これくらい慎重な方がいいのかも…と、考えさせられました。ただ、こんなことで自信喪失して欲しくはないなぁ。。。
 今後増えるであろう“おひとり様”の老後は、他人の後見人を頼んだりすることになるのでしょうか…??
 奇しくもこの日、私のメインバンクからは「お取引目的等確認書に関するご協力のお願い」なるハガキが届きました。こちらは、マネーロンダリング等の不正防止の施策の一環のようで…^^;;;。不正をする人が、この確認書にまともに回答するものなのかが疑問です。
 また、両親のスマホにプリインストールされている余計なアプリに関しても、一定額引き落としされているような気配があるため、今度きちんと検証して、不要なものは消さないとーーー(泣)。一度は本人たちがショップへ行って、消去依頼をしたそうなのですが、ケンモホロロに「出来ません」と言われたとかで、こちらも業腹…。。。
 なんとも嫌な時代だなぁ。。。
 目下、友人が勧めてくれた「不適切にもほどがある!」なる"くどかんさん”ドラマを観ているのですが、昭和・平成・令和…と時代を重ね、良くなった面も多いものの、行き過ぎの面も見過ごせず、“適切”の程度とは難しいものよ…と、トホホな気分で世の中の諸々のことを考えさせられています(苦笑)。「薬も過ぎれば毒になる」ではないけれど、「コンプラも過ぎればハラスメント」ですね…^^;;。

20240225_8 【フィットネス】iPhoneに「フィットネス」というアプリがあり、私は1日170kcalのムーブを目標に設定しています。月に13~14日ほどこの目標を達成すると、バッジがゲット出来るのです(^0^)¥。一昨年の12月(ちょうど鳥見を始めた頃)からトライを始め、今月の三連休を終えたところで、バッジが12個になりました♪ 伊能忠敬万歩計と併せて、ウォーキングの良いバロメーターになっています。歳を取っても、自分のことは自分で出来る体力は極力維持したいですからね~!

| | コメント (0)

2024年3月 1日 (金)

葛西臨海公園(2024/2/25_朝)

 先の三連休最終日、4時起きで出張の夫を送り出した後、雨が降り出す前の2時間(6:30-8:30)、葛西臨海公園へ!
 ほぼ10日ぶりですが、前回が西側だったのに対し、今回は東側を散策。
20240225_01 20240225_03 20240225_02
 駅前の桜が満開で、浚渫作業や上の池の浄水設備工事などが行なわれている中、"いつメン"に癒されながら朝のひととき^^♪
 まずは安定のジョビ男とジョビ子。
20240225_jobi3 20240225_jobi1 20240225_jobi2
 暗くて証拠写真にもなりませんが、低い木の結構間近でコツコツやっていたアカゲラさん。
20240225_akagera1 20240225_akagera2 20240225_akagera3
 上の池には、コガモさんやマガモさんやキンクロさんご夫妻たち。
20240225_kogamo 20240225_magamo 20240225_kinkuro
 池の周囲には、チュウサギさんやハシブトさんや"ふくらヒヨさん"やアオジさん。
20240225_chusagi 20240225_hasibuto 20240225_hiyo20240225_aoji
 もちろんキジバトさんやムクドリさんやツグミさんも。
20240225_kijibato 20240225_muku 20240225_tugumi
 そして、一瞬姿を見せてくれたのは、クイナさんとウグイスさんとアカハラさん。
20240225_kuina 20240225_uguisu20240225_akahara
 怪しい空模様の下の方が、鳥さんたちは油断しているのか、単に人が少ないから出て来るのか、意外にたくさんのメンツに逢えました^^。
 最初は、秋ヶ瀬か東高根まで繰り出してレンジャクさんたちに挨拶に行こうかとも思いましたが、探鳥を終えて家の最寄り駅に着いた時には雨が降り出したので、遠出せずに正解だった…と日記には書いておこう。。。(笑)。

 

| | コメント (0)

« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »