2024年2月27日 (火)

大町自然観察園(2024/2/24_AM)

20240224_1  鳥見の禁断症状に抗えず、三連休中日には3週間ぶりに大町自然観察園へ。
 開園時間より早く到着してしまったため、大町霊園を抜けて裏口の方まで歩き、裏側から入園することに^^;;。
 前回は、ルリビタキやウソさんたちに破格のサービスを受けたのですが、今回は「おミソさん、いないかな~?」と思って出掛けました(一昨年の今頃はいたらしい…^^;)。東高根森林公園へヒレンジャクを観に行こうか…とも思ったのですが、なんとなくちっちゃい小鳥と戯れたい気分で。。。(笑)。
 地元の方に伺っても「ボクはここでミソサザイは観たことないなぁ…」とおっしゃって、案の定、私もこの日逢うことは叶いませんでした。この日は、結構大きなドラミング音が響き渡り、オオアカゲラの気配を何度も感じつつ、撮れたのはアカゲラさんのみ…^^;;;。
20240224_akagera1 20240224_akagera2 20240224_kakesu
 奥の方の高い樹の上にいたので、どれも証拠写真程度です(苦笑)。また、カケスも4~5羽はいたのですが、上から睨みつけられて、気づいた時には飛び去っていました(T T)。
 朝の光の中で、ヒヨさんやアオジさんやメジロさんも美しい♪
20240224_hiyo 20240224_aoji 20240224_mejiro
 一瞬ミソサザイかと思いきや、ジョビ男君だったものでガッカリしつつ(ゴメン!)、カワセミさんやモズさんと共に"いつメン”にも遊んでもらいました^^。
20240224_jobio 20240224_kawasemi 20240224_mozu
 暗い藪の周辺では、シジュウカラさんやシロハラさん。
20240224_sijukara 20240224_sirohara
 そして、いつものごとくサービス満点で出て来てくれたのは、ルリビタキさん♪
20240224_ruri1 20240224_ruri2 20240224_ruri3
 朝イチで出て来てくれた子はポールの上で、帰り際に歩道の上に出て来てくれた子は、なんと虫を捕まえていました(^0^)!
(開いた口の中にちっちゃい虫がいるのですが、アレを丸飲みしたのかな??)
20240224_ruri4 20240224_ruri5 20240224_ruri6 20240224_ruri7
 前回より若い2期目くらいのオスが多かった印象でしたが、瑠璃色がいろんな輝きを見せていました。
 「帰りたくない病」をなんとか抑えて出口に向かっていたら、最後の最後にルリ子さんが見送ってくれ、心残りなく帰路へ(笑)。
20240224_akagaeru  そうそう、池の中には、アカガエルのものと思しき卵がうじゃうじゃとありました!!
 今度来る時はみんなオタマジャクシになってるのかな~?

【パワフル鳥見】近頃、友人の鳥見ペースに驚かされています。三連休も、初日の雨の中でも鳥見、中日は2箇所のはしご、最終日の雨予報でも鳥見に行く予定と聞き、そのパワフルさに仰天!? この時期ならではというのもあるのでしょうが、スゴイ!!(完全に沼にどっぷりハマったな^0^!)

| | コメント (0)

2024年2月24日 (土)

ふれあい松戸川(2024/2/19_朝)

20240219_01  「ちょうど一年前の今日、ふれあい松戸川で初めてベニマシコに逢ったんだったなぁ…」と思いながら、先日再びふれあい松戸川へ。
 なにせこの週は、ほとんど雨模様で鳥見に出られそうにない天気予報だったため、折り畳み傘を携行して朝一番で!
(先日の三郷の河原には、もう菜の花が咲いていましたが、下流のこの辺りは3月下旬までお預け??)
 すごい曇天で時折小雨がちらついたりもしましたが、日差しもチラっと差したりして、なによりベニマシコ祭り状態で素晴らしい朝になりました(写真は暗いものばかりですが悪しからず…^^;;)。
 まず出迎えてくれたのはジョビ男くん。アオジさんも例によって堂々と歩道に出ています♪
20240219_jobio 20240219_aoji1 20240219_aoji2
 ツグミもたくさんいましたが、それに混じってオオアカハラさんも!
20240219_tugumi 20240219_akahara1 20240219_akahara2
 この日、半ば一緒に鳥見をしたような形になった常連の女性バーダーさんによると、このあたりには7~8羽のアカハラがいて、入口付近に出る子は一番人馴れしているのだとか?! 動きだけ見ると、ツグミとアカハラはホントに区別が付きません^^;;;。
(私はまだここで逢ったことはありませんが、アリスイも結構いるとのお話でした?!)
 エナガさんが大量の巣材を咥えているのを何度も見ましたし、シジュウカラさんやコゲラさんも木の芽を突くのに大忙し!!
20240219_enaga 20240219_sijukara 20240219_kogera
 恋と子育ての季節の始まりですね♪ ハシボソガラスも何やら長いヒモを咥えて飛んでいたし、キジバトやモズやムクドリも活発です。
20240219_hasiboso 20240219_kijibato 20240219_mozu20240219_muku
 そして、、、ベニマシコさんがこの日はなんと、軽く見積もっても十羽前後はいたのではないでしょうか…?!
 歩道脇の葦原や、対岸の藪の中ーーー
20240219_benimasiko01 20240219_benimasiko02 20240219_benimasiko03 20240219_benimasiko04
 江戸川沿いの樹の上にもーーー
20240219_benimasiko05 20240219_benimasiko06 20240219_benimasiko07
 なかなか目の前には出てくれず、枝被りばかりのピンボケ写真ですが、目視ではずいぶん楽しませてもらいました!
20240219_benimasiko08 20240219_benimasiko09 20240219_benimasiko10
20240219_jobiko  いつもは人懐っこく何度も出て来る強気のジョビ子さんが、この日はなんだか控えめで、遠巻きにこちらを気にしていたのが印象的でした。早朝にノスリやハイタカが飛んでいたそうなので、怖い思いでもしたのかな…?
 常連さんによると、以前は水質がとても良かったふれあい松戸川ですが、予算がなくて古ヶ崎浄化施設のモーターを回すことが出来なくなってからは、どんどん水が汚くなり、以前はたくさん来ていた水鳥が、パタリと見えなくなったのだとか。。。虫の種類も減っているように感じるのだとか…。公共の予算も、どこにどう振り分けるかは、その時々で判断が分かれるのでしょうけれど、水や空気や土壌をきれいに保つことは、ヒトにもいいことだと思いますし、あんまり削り過ぎないで欲しいなぁ~^^;;。
 ご近所なので、これからも時々お邪魔して、温かい目で見守りたい…♪

| | コメント (0)

2024年2月22日 (木)

三郷河川敷(2024/2/17_PM)

20240217_01  先週末、実家訪問タスクをこなした後、三郷の河川敷に寄り道(^0^)。
 なんでも夕方頃にコミミズクが出没するらしい…との噂を聞き、下見がてらちょこっと寄ってみました。
 隣駅の新三郷の駅前には、コストコやIKEAや巨大なショッピングモールがあり、戸建ての新興住宅が並んでいたし、三郷駅にもマンションや食料品店が新築されており、なかなか便利な雰囲気。
 駅からすぐの河原に着くと、河川敷にはたくさんの菜の花…♪ 空が広い!
 土手の上には、サイクリストのための"みさとの風広場”という休憩スポットがあり、トイレもしっかり完備。
 武蔵野線と"つくばエクスプレス”ラインとの間を往復して、コミミズクの飛来を待とうと歩き始めると、いきなり上空でチョウゲンボウがホバリング!(ホバリング中なら、私の腕でもなんとか撮影出来ます♪)
20240217_chogenbo1 20240217_chogenbo2 20240217_chogenbo8
 人工物の上に留まった姿も見せてくれ、予想外のLiferゲットとなりました♪
 ホバリングしていたのはオスのようですが、留まっている方は、頭部も背中も褐色で、トラのような横縞が見えるので、メスでしょうか…??
(目の周りの黒模様が、マスカラ付けて泣いたような感じ…^^;;;)
 他には、ハクセキレイやツグミやムクドリが大量にいて、あちこちの芝生を行ったり来たり。。。
20240217_hakusekirei 20240217_tugumi 20240217_muku
 早くもヒバリが高らかな囀り飛翔を見せてくれたと思ったら、こちらも芝生の上で休憩。。。
20240217_hibari 20240217_mozu
 藪の木の枝にはモズもいました^^。
 ホオジロのオスメスもかなりいて、賑やか賑やか。
20240217_hoojiro1 20240217_hiijiro2
 15時まで、と決めて歩いていたので、コミミズクには逢えないままカメラをしまおうとしたら、、、
20240217_chogenbo4
 最後にチョウゲンボウが再び頭上でホバリングして、まるでお見送りされているかのようでした(笑)。
(この河川敷では、アオジやシジュウカラを見掛けませんでしたが、チョウゲンボウに恐れをなして、別の場所に行っちゃったのでしょうか…?)
 …ということで、この日は予想外の"チョウゲンボウ”DAYとなりました。
 私の帰り際に、駅の方から河川敷に来たカメラマンの方は、「昨日も来たんですけど、コミミズクに逢えなかったんで、今日も来ちゃいました^^;;」とのこと。
 一朝一夕には出て来てくれそうにないので、私もまたいつか再チャレンジしたいと思います~!

| | コメント (0)

2024年2月19日 (月)

木場公園(2024/2/16_朝)

20240216_01 20240216_02  そういえば、今季はまだウメジローを撮ってなかったな…と思い出し、朝のチョコッと時間、木場公園へ♪
 前日に都内では春一番が吹き、この日の朝もかなり風は強かったのですが、ムクドリやオナガの群れは元気に飛び回っていました^^。
 大横川沿いの河津桜は、日向の樹はかなり艶やかになっており、園内では菜の花の黄色が鮮やか♪
 開錠前の"都市緑化植物園"の梅林周辺では、いろんな鳥たちが朝のお食事中~。
 シメやツグミやムクドリのもぐもぐタイムーーー
20240216_sime 20240216_tugumi 20240216_muku
 それを眺めるキジバトやアカハラ!(木場公園にアカハラなんているんですね?!)
20240216_kijibato 20240216_akahara
 ハクセキレイやヒヨドリやオナガも長閑に日光浴ーーー
20240216_hakusekirei 20240216_hiyo 20240216_onaga
 そして~、ウメジローももちろん撮れました(^0^)¥
20240216_umejiro1 20240216_umejiro2 20240216_umejiro5
 枝被りでなかなか前には出て来てくれませんでしたが、梅の"おしべ"を首元にくっつけた可愛いメジロが、飽くことなく"めしべ"の根元に嘴を突っ込んで甘味三昧(笑)。
20240216_umejiro6 20240216_umejiro3 20240216_umejiro4 20240216_umejiro7
 朝からそんなに甘いものばっかり食べてていいのかな?
 季節モノのシャッターチャンスを捉えて、ご満悦で帰宅したのでした^^。

【ヤマセミ】ところで、時々拝見する"鳥探しちゃんねる"ちれまるさんの最新動画が、ヤマセミ特集でした! これはマジスゴです!!

| | コメント (0)

2024年2月18日 (日)

葛西臨海公園(2024/2/14_朝)

20240214_01 20240214_mejiro  先の日曜日、夫が葛西臨海公園へイスカ探しに行ってフラれてしまったので、今度は私がトライ!
 まぁ、こんな都会のど真ん中でイスカに逢えてしまったら逆に怖い…と思いつつも、淡い期待を抱いて向かったのですが…。
 「朝の1時間半、芦ヶ池周辺だけ!」と決めて松の木のてっぺんばかり注視して歩きましたが、顔を見せてくれたのはメジロやシジュウカラやスズメやヒヨさんだけ(T T);;。(一瞬ビンズイっぽい鳥も見掛けました。) 
20240214_sijukara 20240214_suzume
 
赤いイスカの代わりに、吊り橋のたもとでカサカサやっていた普通のアカハラさんに逢えたのはせめてもーーー。
20240214_akahara1 20240214_akahara2
 顔も暗っぽくないし、紛れもない普通のアカハラ(笑)! ある意味Liferです♪
 また、小川沿いの石の上ではシロハラも♪
20240214_sirohara1 20240214_sirohara2
 かつてサメビタキさんに遊んでもらった場所を、この日はシロハラさんが行ったり来たりしていました。
20240214_02 今月の「安西さんの野鳥講座」は「冬を彩るツグミのなかま」と題して、ツグミ・シロハラ・アカハラのお話でしたので、シンクロした探鳥となりました^^♪(もちろん葛西にはツグミさんもたっくさんいました~)
 あっという間にタイムアップで、水仙なぞ眺めながらそそくさと帰ってきましたが、葛西臨海公園の観覧車って、いつ見ても傾いて見えるのは私だけ??

| | コメント (0)

2024年2月13日 (火)

秋ヶ瀬公園(2024/2/9_AM)

20240209_01  夫が有給を取ったのに合わせ、先週末はTimesCarで秋ヶ瀬公園へ。
 出来ることなら、普通のアカハラと、アリスイとクロジに逢いたくて…。
 また、噂では既にヒレンジャク&キレンジャク数羽が目撃されたというので、それも頭の片隅にーーー^^。
 まずはラジコンカー広場脇の駐車場に車を停めて、"さくらそう水門”の向こう側へ。
 途中、ジョビ男くんやアトリやベニマシコさんなどに迎えられましたが、この日はダンプカーが次々と河原沿いに入って来て、何かの工事をしていたせいか、思いのほか出が悪かった印象^^;;。
20240209_jobio1 20240209_jobio2 20240209_atori
 彩湖寄りの葦原は、夫が初訪問だったので粘ってはみたものの…。
20240209_benimasiko1 20240209_benimasiko2 20240209_mozu
 モズやカワラヒワやホオジロやツグミばかり。。。
20240209_kawarahiwa 20240209_hoojiro 20240209_tugumi
 結局、水門の向こう側ではあまり稀有な出逢いはないまま、さくら草公園の方に戻ってきたのですが…。
 草焼き後の広場の手前の葦原で、なんとなんとアリスイが羽繕いしている所に遭遇~!!!
20240209_arisui1 20240209_arisui2 20240209_arisui3 20240209_arisui4
 この子、以前私が水門の向こうで逢った幼鳥さんでは??
 友人が撮ったアリスイの写真は、図鑑通りのスリムさなのに、私が逢うのはどこか黒っぽい、アリスイらしからぬアリスイさんばかり…^^;;??
 とはいえ、夫は初めてのアリスイとの遭遇に感動していました(笑)。…ということで、夫撮影のアリスイさんも1枚掲載~♪
20240209_arisui
 風切羽のチェッカーフラッグ模様がすごい!!
 さくら草公園の草焼き後の原っぱには、ツグミやカワラバトやタヒバリの他、ムクドリの群れも来ていました。。。
20240209_muku
 その後は、Coffee Breakを挟み、子どもの森や水路の方へーーー。
 こちらでは、毎度お馴染みの"いつメン”さんの他、今季初のシメさんに逢えたのが収穫~♪
20240209_kogera 20240209_sijukara 20240209_seguro
 ウソさんのようななめらかな質感が美しい~♪
20240209_sime1 20240209_sime2
 水路では、人懐っこいジョビ子さんや、アオジやスズメとのんびりしてーーー
20240209_jobiko 20240209_aoji 20240209_suzume
 三ツ池や笹藪ではシロハラさんと逢い、アカゲラさんに見送られて探鳥終了~。
20240209_sirohara1 20240209_sirohara2 20240209_akagera
 まだそこここに雪が残っていましたが、雪と小鳥のコラボ写真はなかなか撮れないものですね^^;;。

【イスカ?!】先の三連休の初日に、葛西臨海公園でイスカを撮影した方のSNSを見てビックリ! 夫が早速翌朝行ってみましたが、見つからず。。。今年はイスカの当たり年だということですが、私も逢いたいよぉぉぉ~!!!

| | コメント (0)

2024年2月11日 (日)

新宿御苑(2024/2/7_noon)

 久々の降雪直後、昼休みの2時間ばかり、新宿御苑へ。
 雪の庭園を見たかったのと、明るい陽射しの下ならオシドリも少しはましに撮れるのでは…と思いつつ。
(ただ、このところ頼り切っているDxO Photolabという現像ソフトが、アップデート後なぜかRAWデータを認識してくれなくなってしまい、解像の悪い写真ばかりで恐縮です^^;;)
 入口前の広場には、うっすらと雪が残り、いくつかの雪だるまが鎮座ましましていました^^。
20240207_01 20240207_02 20240207_03
 庭園は空気が澄んで、雪の白さとあいまって清々しい!!
 まずは、メジロやコサギやヒヨちゃんがお出迎え♪
20240207_mejiro 20240207_kosagi 20240207_hiyo
 そして、日本庭園の池には、たくさんのオシドリたち(^0^)♪
20240207_osidori1 20240207_osidori2 20240207_osidori3
 いつも通り、暗~い暗い奥の方の日陰にいることに変わりなかったものの、雪の乱反射の影響か、心なしか明るい雰囲気。
20240207_osidori4 20240207_osidori5 20240207_osidori6
 同じオスでも、微妙にカラーリングやスタイルが違っていて面白い♪
20240207_osidori7 20240207_osidori8 20240207_osidori9
 地味ながらも可愛らしいメスさんも、牽制し合うオスの間をのんびり泳いでいました。
 この日はほとんど、オシドリだけを観に行ったようなものだったのですが、驚いたことに、去年の1月に小石川植物園で見たワカケホンセイインコが、御苑の空をあちこち飛び回っていました!
20240207_wakake
 エメラルドグリーンの身体が目立つ目立つ!
 13時前にそそくさと出口に向かうと、遠くの雪の上にシロハラが?!
20240207_sirohara
 そして、恐れ知らずのムクドリやカシラダカやヤマガラが、間近で見送ってくれました^^。
20240207_muku 20240207_kasiradaka 20240207_mayagara
 母と子の森と日本庭園の一画しか回らなかった割には、いろんな子たちに逢えて愉しかった♪
 ただ、雪景色の中での撮影は、設定がなかなか難しいことが分かり、また、現像ソフトのデモザイシング前提での撮影をしてちゃいけないな、と認識させられた探鳥でした^^;;。
 また時間のある時に、今度はのんびり散策しま~す(年パス買っちゃおうかな…?)。

| | コメント (0)

2024年2月 9日 (金)

水元公園(2024/2/5_AM)

20240205_1  今週頭、夫も息子も朝7時過ぎには外出し、私も諸々頭の整理が必要なタイミングで、雪予報にもかかわらず水元公園へ。
 どんよりとした空の下、公園管理の方々が凍結防止剤を撒いている中、アカハラの赤いお腹を拝むべく、ポプラ並木沿いの湿地まわりをウロウロ。
 先月、ふれあい松戸川でアカハラらしき姿は捉えたものの、肝心のお腹がほとんど写っていなくて消化不良だったため、この日はとにかく、アカハラかオオアカハラの赤いお腹だけを目当てに赴きました^^;;。
 最初に出迎えてくれたのは、タヒバリさんとジョビ子さん。
20240205_tahibari 20240205_jobi2 20240205_jobi1
 午後から雪が降るとの天気予報のせいか、いつもより人がまばらな印象で、鳥たちもどことなく油断している感じ…(笑)。
 湿地では、いきなりアカハラさんが出て来てくれました♪
20240205_oakahara1 20240205_oakahara2 20240205_oakahara3
 今回ばかりは、赤いお腹がしっかり見え、間違いなくアカハラ(か亜種オオアカハラ)!
 枝の上に留まったり、葦原の中をうろうろしたり、湿地でカサコソしたりと、活動的でした^^。
 GoogleLensで検索するとアカコッコと出るのですが、上嘴が黒っぽいので、やはりオオアカハラでしょうか…??
 今度は亜種でない、正統派のアカハラが観たいぞぉぉぉ~!
 早々に目的を果たしたので、あとはフラフラと園内を散策ーーー。
20240205_akagera1 20240205_akagera2 20240205_ruri
 アカゲラの雄雌が森から出て来ていたり、ルリちゃんが歩道に現われたり、
20240205_sijukara 20240205_jobi3 20240205_uguisu
 シジュウカラにメジロにジョビ男くんにウグイスさんなどが次々登場~♪
20240205_aosagi 20240205_tugumi
 湿地の主たるアオサギさんがじっと佇んでいる先で、たくさんのツグミが、“ツグミさんが転んだ”をしていました^^。
 撮影はしませんでしたが、ヒヨドリ、ムクドリ、シジュウカラ、カワラヒワなどの“いつメン”もたくさん!
 ほんの2時間弱の探鳥でしたが、曇天にもかかわらずいろんな小鳥に逢えてHappyでした♪

20240206 【立春後の雪】 この日、午後から都内でも雪が降り始めました!
 翌朝、東北に出張中の夫からはこんな雪景色の写真が…!!

| | コメント (0)

2024年2月 8日 (木)

北の丸公園(2024/2/4_PM)

 雨で始まった先の日曜日、午後になってようやくやんだので、有楽町への買物がてら、カメラも持たずに夕方ちょこっと北の丸公園へ。
 シジュウカラやエナガやヒヨドリやシロハラは目視できたのですが、いかんせん、双眼鏡もカメラもない中、iPhoneの25倍ズームで辛うじて撮影してみたものの、その非力さを痛感(T T);;;。
20240204_sijukara 20240204_sirohara 20240204_
 はっきり認識できたのは、1枚目のシジュウカラだけで、2枚目のシロハラっぽいのは「もしかしてヒヨ??」だし、3枚目のシルエットに至っては「スズメやシジュウカラではない何か…」としか分かりません(泣)。
 やはり、カメラも双眼鏡も持たず、なまじ探鳥の雰囲気だけを味わいに公園に赴くと、ストレスが溜まってしまいますね^^;;。
 同じ日、“ミニ野鳥友の会”の友人は、朝から北本自然観察公園へ行ったそうで、美しいシメやルリやジョビ子やタシギやシロハラさんの写真を見せてくれました。いつもカバンにコンデジをしのばせている彼女は、今日の私のようなストレスとは無縁だろうと思うと、俄然軽いコンデジが欲しくなってきます(笑)。まぁ、日常と探鳥をしっかり切り分けて暮らすしかないのかなぁ。。。^^;;

| | コメント (0)

2024年2月 6日 (火)

大町公園(2024/2/2_AM)

20240202_01 20240202_kawarahiwa  2月最初の鳥見は、3度目の大町公園へ。
 なにやら、アオバトがいるらしい…との噂を聞きつけてーーー^^;;。
 真冬のような寒さで曇天でしたが、小鳥をキレイに撮るには最適…?と思い、ブルブル震えながらもガンバリました!
 まだカメラを出す前から、カワラヒワやアオジやシロハラが公園入口でカサコソ…(帰り際はカメラをしまった途端、カワラヒワが明るい所に出てきたので、iPhoneでパシャリ!)
 歩き出すなり、きれいなルリ男君が登場~^^♪
20240202_ruri01 20240202_ruri02 20240202_ruri03
 いつぞやの北本自然観察公園のルリ男ファッションショーを彷彿させる、素敵なお立ち台状態♪♪
20240202_ruri04 20240202_ruri05 20240202_ruri06 20240202_ruri07
 曇天効果で瑠璃色が映える映える! ホントになんて美しい鳥なんでしょう!!
 地元のCMさんが「3羽くらいキレイなルリビタキがいるんだけど、この子が一番キレイなんだよ」と教えてくださいました^^。
 1~2mほどの至近距離でたっぷり堪能させてもらい、大満足で公園の奥へーーー。
 すると今度は、以前逢ったのと同じ場所で、ウソ夫妻に再会♪
 のんびりと小川の対岸の地面に降りて、下草を突いていました。
20240202_uso1 20240202_uso2 20240202_uso3
 4名くらいのCMさんと一緒に眺めていたのですが、全然こちらを気にする風もなく、ずいぶん人馴れしてきたようです。
20240202_uso4 20240202_uso5 20240202_uso6
 オスもメスも相変わらず、しっとりと美しい~^^。
 地元の方に「アオバトがいると聞いて来たんですが…?」とお尋ねするも、「いやぁ、ここでは見たことないな。里見公園の方じゃない?」とのこと^^;;。う~む、大磯までの遠征に踏み切れずにいたけれど、やっぱり今夏は大磯か??!
 とはいえ、安定の大町公園では、ルリやウソの他にもアオジや、アリスイと間違えそうになったヒヨや、
20240202_aoji1 20240202_aoji2 20240202_hiyo
 カワセミや、タヌキと間違えそうになったネコが、楽しませてくれました(^0^)♪
20240202_kawasemi1 20240202_kawasemi2 20240202_neko
 チバエナガがいるというフレコミもありましたが、目視できたのは普通のエナガ。そして、やたら臆病なかくれんぼツグミ^^;。
20240202_enaga 20240202_tugumi
 さらに嬉しかったのは、カサコソしていたシロハラをかなり間近で観られたことと、
20240202_sirohara1 20240202_sirohara2
 ウグイス・チャレンジに成功したこと!
20240202_uguisu2 20240202_uguisu1
 いやはや、いつ来てもこれだけの小鳥たちに逢える大町公園、素晴らしい~!!!
 3羽ほどのカケスの声や、アカゲラの声とコツコツする音も聴こえてはいたのですが、今回は姿を見せてはくれず、「また来いよ~」と言われたかのよう…^^;;。
 はいは~い、もちろん、またお邪魔しま~す^^¥

| | コメント (0)

より以前の記事一覧